渡辺直由ブログ

職業としての柔術家を引退し、漁師を目指しながら趣味で柔術を楽しむ男のブログ。

皆さまにお知らせがあります。

わたくし渡辺直由は秋葉原の道場閉鎖後に池袋・新宿の道場で指導に当たる予定でした。

しかし家庭の事情と怪我によりそれが非常に難しい状況になってしまいました事をお詫びいたします。

家庭の事情と言うのはここに書くような内容でもないのでフェイスブックやミクシィで繋がっている方はメッセージいただければお答えします。

納得いただける内容とは思います。

そしてもう一つはやはり怪我ですね。

僕の膝はもう多分一生、シリアスな試合に耐えうるような状態には戻らないでしょう。

2006年に初めて救急車で運ばれて以来6年間リハビリもずっと頑張ってきました。

とくにこの半年間ぐらいは石垣島にいた事もあり(石垣滞在自体は3カ月)スパーリングはほぼ封印しウエイトトレーニングなどで補強し続けて来たのです。

ところが先日のスパーでは青帯の方とのスパー中にまたも膝が外れてしまい、いよいよ現実を見なければ全ての事が先に進まないと気付きました。

これだけ休んでもダメだったか・・・という気持ちです。

世界中から注目されている東京という日本の中心でトライフォースの看板を背負って指導員をして行く事が、僕のスタイル的には厳しくなって来たと感じています。

※もちろん生徒や出稽古の人とスパーしない素晴らしい先生は沢山います。

ただ僕はどうしても強い人が来るとスパーしてしまうし、我慢が出来ないのです。

どんなに強いんだろう?とわくわくして自分を試さずにはいられません。

昔は東西南北どこでも、強いと言われる人がいれば道着を持って旅に出るくらいの勢いで出稽古しまくり『直さんに聞けば殆どの選手の事が分かる!』と言われるほどでした。

そしてそれこそが僕を柔術に駆り立てる最高のモチベーションだったのです。

最近試合会場にあまり足が進まないのも、かつて一緒に練習したり肌を合わせた仲間の試合を見て彼らの成長を目の当たりすると、怪我で動けない自分との埋められない差を感じ落ち込んでしまうからと言う理由も正直ありました。

その時点で指導者としてはダメですしね。

※落ち込むだけならイイのですが、追いつく為の練習が出来ないと言うのが辛すぎるのです。

膝をからめる50/50ガードの練習は絶対出来ないし、デラやスパイラルやベリンボロも膝が抜けそうで思い切ってかけれません。

あと何より得意だった三角→十字の展開が使えないのです。

スッポリ入ればイイのですが、組み直す三角を全力でやると半分くらいの確率で膝が抜けます。

必殺技が出来ないのでは、選手としてはもう終わりですね。

まあバックからの絞めが得意になったりイイ部分もありますが、拮抗したレベルのライバルに通用するかと言えば微妙です。

柔術と言うのは生涯をかけて取り組むスポーツなので、引退と言うのは無いと自分は思っていますがTFの指導員という看板を背負って試合をする事は多分もうありません。

試合後の美味しいお酒を飲むためにエントリーする事はあっても、あくまで趣味の範囲です。

実際そういうレベルの練習しか出来ていませんし。


東京にいる時はもちろんTFで練習したいですし、代打で指導させていただける事もあるかも知れません。

が、基本的には一会員のような感じにさせていただこうかと早川先生には相談しています。

【聞けば基本技は教えてくれるおじさん】的な。

↑この辺に関してはまだ早川先生に相談している段階なので僕の先走りかも知れません(決定事項ではないです)

『あの渡辺って人、昔はそこそこ強かったらしいよ』くらいに誰かが憶えていてくれればいいかな〜って(笑)

悲しいですが。

でもやり切った感もあるにはあります。

世界王者にはま〜〜〜〜ったく手も届かないどころか、近くにすら行けませんでしたが、沢山のチャレンジはしてきたと思います。

青木くん、杉江アマゾン、小斎さん、北岡くん、K太郎くん、鶴屋さん

エドムンド・カバウカンチ、チアゴ・アウベス、フィリッペ・デラモニカ

勝ったり負けたりですが、強い人たちといっぱい戦いました。

でも一番怖かったのは実は自分よりも経験が浅い人たちとの試合でしたね。

紫帯時代に団体戦でパラの青帯の椎名さんや近藤さんと当たった時やGiグラップリングで黒帯なのに一階級下でさらに青帯の小鈴さんと試合したのが一番怖かったです(笑)

でもそういう全てのプレッシャーに負けずにやってこれたので今は満足しています。

今後東京滞在中はTFでのんびり練習し、石垣島滞在中は大石代表をサポートする指導員としてマイペースで柔術に取り組んで行く予定です。

さっきも言ったように柔術に引退はないのですが、日本のトップ選手としての自覚を持ってやった試合としては2007年の世界選手権が結果的には最後の試合となりました。

一回戦シード

二回戦フィリッペ・デラモニカに抱え十字で勝ち

次でチアゴ・アウベスに0−9で負けました。

グラップリングも戦績に入れればK太郎くんにチョークで負けたのが2009年でしたかね。

生涯初の一本負けでした。

それで終わるのも綺麗で良かったかも知れません。

格闘技人生の第一章はこれで終了する事とします。

これからは趣味としての格闘技人生、第二章をスタートさせたいと思います。

とは言っても最近試合もしていない(出来ていない)し周囲の方にとって僕のやっている事はこれからも殆ど何も変わらないと思いますが、自分の中にそういう心境の変化があったので(特に元生徒や現TF会員様に)お伝え致します。

むしろ自分の中の【ここまでは最低限準備をして試合に臨む】というハードルが物凄く下がったので、逆に試合に出たりするかもしれません。


膝はずっと悪かったので、こうなる事は何年も前から頭の片隅にはありました。

なのでいつ終りが来てもイイようにDVDには得意技のほぼ全てを残したんです。

オファーをいただいた時は自分程度の人間がDVDを出して良いものか、正直悩みましたが最終的には僕が柔術界にいた証として出させていただこうとの考えに至ったのです。

大袈裟に言えば【遺書】的な感じですね。

ですから柔術界で関わりがあった方々には是非一度見ていただきたいなと。


長くなりましたので最後にまとめると。

○固定の指導クラスを持つ指導員として東京でやる事は今後しばらくはありません。
※怪我の状態や家庭の事情がクリアになれば復帰する可能性もあります。

○トップ選手として復帰出来るようにリハビリに励んできましたが、その道からは引退します。

柔術をやめる事はありませんので今後ともよろしくお願い致します。

鶴田さんの披露宴→二次会→三次会に行ってまいりました!

披露宴では新郎新婦に歌をプレゼント。

最初は僕一人で歌う予定でしたが、本番では鶴田さんもマイクを持って二人でデュエット♪

新婦の教子さんに向けて鶴田さんはSAY YESを熱唱しました!

お二人とも末永くお幸せに。

鶴田さんとお父様。

披露宴の締めでは鶴田さんのお父様のスピーチが冴え渡って、最高の盛り上がりでしたね。

僕もあんなに面白いお父さんが欲しいです(笑)

二次会には沢山のTFの仲間が集まりました。

元彦くんが新郎新婦へのプレゼントにとんでもないモノを彫って来たので、それを中心に記念撮影!

そうそう余談ですが、シュクタツの嫁さん。

前から面白いとは思ってましたが、あの人は僕が知っている限り女性では世界一面白いですね。

もちろん面白さには色々な種類や方向性があるので、その中の一つではありますが。

二次会で塚田さんにからんでる姿見て確信しました(笑)


三次会はカラオケ。

写真撮り忘れました、、、。

曲の7割ぐらいをオチさんが歌ってて、だから支払いも7割オチさんが、、、ってなるかと思いきや矢張りそうならないのがオチさんでした!!

おしまい。

お疲れ様です!

iPhoneでiosアップデートなるものをやったら全てのデータが消し飛んでしまい散々な目に合いました(T_T)

後々調べたら色々と危険をはらんでいたようで、もっと慎重にやればよかったです。

電話帳のデータはdocomoにあるので大丈夫なのですが、なにか僕と約束してる人がいたら連絡下さい。

14日の鶴田さんの結婚式だけは憶えてますが、他は記憶が怪しいです。

何かとんでもない事を忘れているような…(^_^;)

久しぶりの更新です。

最近livedoorのアプリが消えてしまったり、Facebookにはまっていたりでなかなかこちらの更新まで気が回りませんでした。

すみません!

今日はパン選手権で入賞した芝本先生と練習してきました。

やはり現役バリバリの芝本さんからは得るもが大きいですね!

勉強になりました、ありがとうございます。

えーブログ更新してなかった間にはヒデズで久しぶりに良太くんと練習したりもしました。

お互い怪我人だったので様子見スパーでしたけどね。


今後はもう少し頑張ってこのブログを更新するようにします(⌒-⌒; )




昨日はTF新宿で練習させて頂きました。

怪我は相変わらずで、前回り受身をすると痛みが走ります。

なので会員さんたちとのスパーは軽くやらせて頂きました。

で、逆に芝本先生ぐらい超テクニカルな相手になると結構本気に近い感じでスパー出来ましたね。

体重が軽いので胸骨への負担が少ないのも有難いです。

もちろんヤラれましたがスパー相手してもらいました。

怪我してるぶん少し冷静なので芝本さんの新テクニックに気付き、スパー後にそれを教えてもらいましたよ〜。

あ、あと次回の帯授与式で青帯に昇格されるカンオウさんの身体がめちゃめちゃビルドアップされててびっくりしました。

他にも伊勢屋さん、グジョウさん、竹内さんら元アキバ勢とも会えて嬉しかったです〜!


余談ですが、今クシャミしたら胸骨がまたバキっと鳴りました(汗)

花粉症と胸骨の怪我は相性が最悪です。

早く花粉症の無い場所に避難しないと治らなそうですね。

参りました。

花粉症のせいでクシャミし過ぎて胸骨の打撲箇所が悪化している気がします。

クシャミするとミシっと言うんですよね。

明らかに数日前より痛くなってます。

スパー復帰の日がまた遠のいたのでしょうか。

とりあえずスクワットなど下半身の強化だけはしっかりやっておこうと思います。

※写真はみんなで飯食い行った時のモノです。

e2ef465f.jpg本部インストラクターの井賀さんが本を出版されます。

詳しい事は本部ブログのリンクを最後に貼っておくので、そちらをご覧下さい。

今回僕がここに書きたいのは『井賀さんマジ凄い!』って事です。

トライフォースに入って来た時は柔術もまだ青帯で、ちょっとした趣味でやっている印象でした。

それが、その後は一緒に欧州選手権まで遠征して戦ったし、コツコツとやり続けてTFのインストラクターで茶帯にまでなり

そしてある日、趣味で山に登り出したかと思ったら瞬く間にとんでもないレベルの山に登り出して遂には本まで出してしまった。

俺の5つ年上で1970年生まれの井賀さんですが、まだまだ進化している事には驚きと尊敬の念を抱かずにはいられません。

自分は今年37になるのですが『残りの人生で何が出来るだろう?』と悩んでいた時に井賀さんに良い刺激をいただきました。

俺もまた新しいチャレンジをしようと思っています。

そんな勇気を貰う意味でも、是非この本は購入したいですね。


本部ブログの記事はこちら

空腹感のビッグウェーブが来ました。

ヤバイです!

腹がへって仕方ないです。

最大の原因はやはり胸の怪我でスパーリングが出来ない事でしょう。

昔から動いてストレス発散しないと食いに走る傾向があるのです。

スパー出来ないに加えて、胸や背中の筋トレは軽くしかやれません。

下半身だけは(下ネタではなく)ビンビンですがスクワットとかはあまり日数つめてやるとギックリ腰になりそうなので、要注意です。

更に恐ろしい事に、久しぶりの帰京なので食事やら飲み会の予定がギッシリ(^_^;)

嬉しいのですが体重増加でポッチャリボディに拍車がかかりそうで怖くて震えています。

とりあえず今夜走ったので、明日も走るかプールでも行きましょうかね、、、。

その点では石垣島は海や獲物捕りがあってイイんですよね〜。

都会の遊びには全く興味がないんで引きこもり気味で腰も重い。

困ったもんです。

あと今現在たぶん格闘技人生で一番長期で濃い練習出来ていないので、どれだけ弱くなったのかも考え出すと頭痛がします。

とりあえず今月いっぱいはこれ以上太らない事にフォーカスして、強さの事は忘れます(苦笑)

さ、眠くなるまで今から英語の勉強です!

※今夜は飯食わないで冷凍みかんだけで眠れるかチャレンジです。

昨夜は本部の指導に行って参りました。

先ずサイトウさんの青帯姿を見れた事が嬉しかったです。

他にも懐かしい面々に会えて最高の夜でした。

さて、胸骨の経過ですがまだまだスパーは厳しそうです。

まず前転運動が出来ません。

あとは胸を押されたり胸を合わせられると激痛が走って動きが止まってしまいます。

という事で昨夜のスパーは一本と半で終了(>_<)

二ヶ月くらいはスパーしない方がイイかもとのアドバイスをいただきました。

う〜、しかし東京滞在があと一ヶ月くらいしかないのでスパイダーガードだけでスパーするとか、何か方法がないかと昨夜から色々妄想しています。

皆さんお疲れ様です。

胸の怪我もやっと私生活に支障がないくらいまでは回復いたしました。

今日は早川さんからオファーを頂きまして19時半〜のクラスを指導します。

スパーのお相手は出来るか分かりませんが、お時間のある方は是非ともいらして下さい。

※写真は三好さんに連れて行ってもらった二丁目です(笑)

三好さん面白い写真ありがとうございます!

怪我してる間は久しぶりに会う友人たちと飲みまくってました。

それもまた良しなんですが、やはり練習できないと体がうずきます。

練習ガッツリやってから飲む方がメリハリあってイイですね。

このページのトップヘ