Island BJJ Basecamp Ishigaki 〜石垣島柔術キャンプ〜 渡辺直由

石垣島に日本初のブラジリアン柔術キャンプ地が誕生☆ 大自然の中でのトレーニングと癒しの日々の記録です♪ ブラジリアン柔術/格闘技/護身術/フィットネス/マリンツアーなど🌴

東京→石垣移住10年目
主に海人(漁師)と歌手活動
たまにイグアナハンター
2019年夏に石垣島柔術キャンプ/マリンツアーを設立

1975年8月4日生まれ
177cm 75kg(現役時代)
東京都千代田区出身
ブラジリアン柔術黒帯

元プロミュージシャン/サバイバルキャンプインストラクター/元海人(漁師)という異色の肩書きを持つ、日本柔術界黎明期から活動を続けてきた柔術家。

現役時代には柔らかい動きと豊富な練習量に裏打ちされた独創的な技術、そして決して諦めることのない粘り強さを武器とし、国内トップ選手の一人として長年に渡り活躍した。

また、インストラクターとしての指導力にも定評があり、格闘技未経験者・経験者を問わず多くの人を柔術の道へと導き、強豪選手を育てきた他、企業・学校等における護身術指導などの活動にも積極的に取り組んできた。

略歴
■1997年
東芝EMIとのアーティスト契約終了→更新の交渉を待たずに修斗ジム「K'z FACTORY」に入門し総合格闘技を始める
■1999年
和道稔之氏に師事し「ACADEMIA  AZ」にてブラジリアン柔術を本格的に始める
■2004年
早川光由が総代表を務める「トライフォース柔術アカデミー」に創設メンバーの1人として参加
■2006年
ヨーロピアン選手権アダルト茶帯ライト級優勝
早川氏より柔術黒帯を授与される
■2007年
ヨーロピアン選手権アダルト黒帯ライト級3位(シード1回戦敗退)
世界選手権アダルト黒帯ライト級ベスト16
■2008年トライフォース秋葉原設立
■2009年 柔術においては師弟関係である須藤元気氏に黒帯を授与する

同年、怪我の悪化により事実上の競技生活からの引退となる
■2011年
「石垣島の柔術道場 TUFAO+」オーナーとなる
DVD「渡辺直由 ブラジリアン柔術ベストテクニック ボトムポジション編」発売
DVD「渡辺直由 ブラジリアン柔術ベストテクニック トップポジション編」発売

2000年代前半に度々修行に訪れたブラジルでの所属はブラジリアン柔術世界選手権チーム優勝を最多を誇る名門中の名門「アリアンシ」。ファビオ・グージェウやマルセロ・ガルシアなどから直接指導を受け、その技術を日本に持ち帰り広めてきた。

継続参戦したプロ柔術興行「GI(グラウンドインパクト)」では、体重差30キロの強豪カバウカンチ・ジュニオールを撃破。
更に一年後に同興行で、世界的に有名な寝技師である青木真也(パラエストラ東京)を一階級下(約5キロ差)の渡辺が技術で翻弄し8-0の判定で勝利。
※GIアマチュア大会では北岡悟にも判定勝利
また元柔道オリンピック強化選手で30キロの体格差がある小齊武志と柔術ルールで対戦し3-0で敗れるも小齊をして「今まで対戦した柔術家の中で最も手強かった」と言わしめた。

渡辺の柔術テクニックは体格差を克服しやすく、文字通り「柔よく剛を制すスタイル」を体現している。
その技術を習得しようと渡辺に教えを請うプロ総合格闘家は数多く、修斗・UFC・PRIDE・DREAMで活躍した「野生のカリスマ」桜井マッハ速人も、幾度となく渡辺の道場を訪れ技術を吸収している。また、パンクラス/UFC/HERO’sなどで活躍した須藤元気に柔術黒帯を認定授与したのも、なんとこの渡辺である。

2011席年に選手・指導者ともに一線を退き海人を目指して石垣島に移住。
2016年に八重山漁業協同組合の組合員に認められ正式に海人(漁師)となる
2011年以降は趣味の範囲での柔術指導と試合を楽しんでいたが
※2014年には須藤元気本人からの強い希望で彼のプロディース大会“一騎討”に一時的ではあるが現役復帰。
優勝者の細川顕(当時の現役全日本王者にして柔術連盟の殿堂入り選手)と一進一退の攻防を繰返し延長の末、旗判定により惜敗
敗れはしたが健在を世にアピールした。

2018年夏
元同門同期の盟友であるMMAレジェンド五味賄気らの呼びかによりGFC(沖縄本島で開催されるケージ大会)第10回大会でチャリティーグラップリングマッチ(エキシビション)で対決
五味には膝の怪我など不利な要素もあったが
目まぐるしい攻防の末に渡辺が腕十字固めを極めた
怪我を押して出場し大会を盛り上げた五味、そして引退して尚錆び付かない技術を見せた渡辺
両者に惜しみない拍手が送られた。

2019年
令和元年7/7
石垣島に日本初の柔術キャンプ地(柔術道場とマリンレジャー)を開設

2024年
時間無制限バーリトゥード復活と道着MMAの世界共通ルールの普及を目指し
R.O.M.A.N.(ルーツオブマーシャルアーツネットワーク)通称ローマンを設立。



【電灯潜り・矛突き(銛突き)漁師】

□所属 中二組ハーリー屋/電灯潜り研究会

□資格
八重山漁業協同組合準組合員
潜水士
一級小型船舶操縦士
特定操縦免許
特殊小型船舶操縦士(マリンジェット)
第二級海上特殊無線技士
警戒船
PADIダイブマスター
丸釣り

【八重山ネイチャーエージェンシー】代表
□業務内容
外来種対策→グリーンイグアナ/アメリカザリガニ/ヒアリ/プレコなど

【ブルー・ジャングル・ジャーニー(ネイチャーツアーガイド)】

ヘビ(サキシマハブ・サキシママダラなど)、オオコウモリ、巨大テナガエビ、オオウナギ、ホタル、夜光虫、ヤシガニなどなど
夜行性の生き物を見に行きたい方は是非

【お仕事の依頼・ツアー申し込みなど】
▪️電話←現在準備中

昨年
胃を患い救急車で運ばれまして
それ以来ブログを更新まで気が回らず放置しておりました。

現在はInstagramやFacebookを中心に
時折Twitterなどでも近況を書いておりますが
最低月一回くらいでもこちらの更新も再開して行こうかと思います。

よろしくお願いします。IMG_1499
今年は音楽プロジェクトや音楽フェスやテレビ出演など忙しい年になりそうです。


グリーンイグアナなど
外来種生態調査同行ツアーのご案内

石垣島で増えつつあるグリーンイグアナなどの外来種の生態調査へ同行するツアーのご案内です。

IMG_0423
↑石垣島に生息するグリーンイグアナ。
※体長約1.7メートルの個体。



《ツアーガイドについて》
石垣島で約10年以上のグリーンイグアナの調査/捕獲に参加。
イグアナを捕獲するテレビ番組などへの出演多数。


《現状》
20年以上前に脱走したグリーンイグアナが石垣島の北部で大繁殖をし
現在は少なくとも数百〜数千(人によっては万とも)と言われる程増えています。
ある程度の大きさになると天敵がいないイグアナはこのままでは石垣島全体に広がるのは時間の問題です。
そうなると色々な問題が起きてきます。
※問題については後述します。


《ツアーの目的》

…敢困魴兮海気擦燭ぁ

数年前までは環境省からの依頼で駆除活動などをして来ましたが予算などの関係で打ち切られ
その後はテレビの取材などから得る資金で駆除班が活動を続けてきましたが
近年その取材も減りつつありグリーンイグアナの生態調査や駆除の継続は非常に困難な状況にあります。

△匹譴世曳某しているかを一般の方々に知っていただきたい。

テレビやネットなどで石垣島のイグアナの事は度々話題にされていますが
近年はヤラセ問題などもあり「本当にいるのか?」と疑問に思われて質問して下さる方が沢山います。
そんな方々に実際にイグアナを見ていただき問題意識を持っていただく事が大切だと考えております。


資金を貯めて捕獲活動を再開する。
そして新たな捕獲方法を模索したい。

いま現在イグアナを捕獲するには
高所作業車と捕獲の為の高度な技術や専門知識がある人間が5〜10名必要になる為
一回(1日)の調査&捕獲作業に数十万円の費用がかかりますが捕獲出来るのは平均して2〜3匹にとどまります。
この方法ですと石垣島でかなり生息域を広げていると見られるイグアナを駆除し続けることすら難しく
根絶などは夢のまた夢というのが現実であります。

木登りの専門家やパラグライダーの専門家、またはイグアナを捕獲するトラップの作成など何か別のアプローチでイグアナを捕獲出来ないか日々考えておりますが、予算の関係でこの十年は新たな調査/捕獲方法のテストや専門家を呼んで意見を聞く事すら殆ど出来ていないのが現状です。

い靴辰りツアー化する事によりルール作りをする。

石垣島のグリーンイグアナはテレビ等で話題になると共にYouTuberさんや一般の方々がイグアナを捕獲する為に現地に押し寄せ近隣住民や集落に迷惑をかける行為が多発しております。

これは別にそんな方々を非難する意味で書いているのではありません。

私もイグアナがいると聞いたら同じように捕りに行きたいですし
知らなければどこにでも捕りに行ってしまう人間だからです。

なのでそんな方々に立ち入り禁止の場所などをしっかり伝えていきトラブルを未然に防ぐ為にもツアーとして確立したいと考えるようになりました。
IMG_0488

《参加者の皆様の疑問》

.ぅ哀▲覆増えるとどうなるの?

天敵がいない国や地域ではイグアナが増え続け、リゾート施設のプールで泳いだり糞をするなどの被害や
農作物を荒らす被害が出ております。

また空港の滑走路で日光浴をするイグアナの影響で発着便が遅れるなどの重大な問題も報告されており
成体のイグアナの天敵がいない石垣島でも同じような未来がやってくるだろうと予想されています。

また外来種の被害は表面化してしまう頃には既に手遅れで対処が不可能になってしまうと言う事例が多数報告されています。

∧瓩泙┐織ぅ哀▲覆呂匹Δ覆襪痢
イグアナなどの爬虫類好きの方には悲しい事だと思いますが
生かしておく事は難しい状況にあります。

現在まだ捕獲数があまり多くないうちはなるべく食べて供養しています。

※イグアナが冬を越せない地域の方で飼育するスキルや設備があると判断した方にはお譲りする場合も稀にあります。

しかし基本的には駆除と言う事で殺処分になってしまうのですが
このまま増え続ければ将来的により多く
現在より何百倍〜何千倍ものイグアナを殺処分にしなければならなくなりますので心は痛みますが
そのような未来が来ないように
現段階で殺処分などの数を可能な限り減らす為に出来ることをしたいと言う想いで活動しています。

悲しい現実ではありますが間違った事はしていないと信じて
誇りを持って調査や駆除活動に当たっています。

《ツアーの注意》

,海離張◆爾蓮團ぅ哀▲覆鮓る》だけが目的のツアーではありませんので
まだ少数ながら目撃報告があった場所や
未確認ながら生息域の拡大が予想される地域の調査(見られる可能性が低い調査)も行います。

個体が沢山目撃された地域であっても
生き物ですので必ず見れる保証はありません。

△海離張◆爾任魯ぅ哀▲覆鯤甞予侏茲覯椎柔は限りなく0%に近い事を事をご理解ください。

十数年に及ぶ駆除活動の中でも徒歩/素手での捕獲に至ったケースは数件しかありません。

グリーンイグアナはまず手の届く範囲には滅多にいないからです。

仮に手の届きそうな場所にいても
専門ガイドが《捕獲に至る可能性が低い》と判断した場合は捕獲を中止します。

何故かと言うと
いたずらに刺激して警戒心を強めるリスクを避け
後日プロの捕獲チームに駆除の依頼をして処理にあたってもらうようにします。

※イグアナの捕獲が目的の方は別のツアーをご案内致しますのでご相談ください。

またイグアナを発見しましても
お客様ご自身の判断で捕獲にトライすることは転倒や落下、イグアナの爪や尻尾による攻撃などで思わぬ事故に繋がる可能性がありますので絶対におやめください。

1の日は高性能望遠カメラが使用できず
また豪雨の場合は双眼鏡やフィールドスコープも使えない為
ツアー決行は可能ですが
発見率はかなり低くなります。

ご了承ください。

🟢グリーンイグアナ生態調査ツアー(約4時間)
《費用》
・1名様 25,000円
・2名様 35,000円
・3名様 43,000円
・4名様 50,000円
・5名以上/4時間以上←ご相談ください。
・テレビ/メディア取材同行 50,000円〜
※内容/料金などカスタマイズ可


《時期/時間帯》
※上から順に現段階で1番イグアナを見やすいとされる時期と時間帯
11月〜4月の晴天の日の日の出からお昼まで
11月〜4月のお昼以降の曇天か小雨の日
11月〜4月のお昼以後の晴天の日
5月〜10月の日没から夜明け前
イ修梁召竜╂瓩篁間帯
※い亡悗靴討呂泙誠回の調査しか行われておらずイ亡悗靴討亘悗疋如璽燭ありませんので調査にご協力いただけましたら幸いです。

《お持ち頂くもの》
☆必須
・飲み物
・長靴 ※無ければ汚れても良い靴
ーーーーー
☆推奨
・双眼鏡/フィールドスコープ
・軍手

【その他の外来種ツアー】
■孔雀/プレコ/ヒキガエル/など

その他の外来種調査ツアーに関しましては内容によりますが1名様8,000円〜ご用意させていただいております。

島内観光にプラスしてちょっと外来種を見たり外来種問題にも触れてみたいみたいな感じで気楽な参加も大歓迎です。

※料金/時間帯やツアーのカスタマイズに関してなどはお気軽にお問い合わせください。

【提携ツアー】
ハブとりツアー(サキシマハブ)もやっておりますので是非ご参加ください。


連絡先》
📧渡辺直由のSNS(Instagramやtwitterなど)へのDMまたはislandbjjb@gmail.comまでお願い致します。
☎0980879086←折り返しは携帯電話からになります(電話番号の下4桁が2995)
※ツアーや夜間漁にでかけていて電話が繋がらない事がよくありますので上記のDMやメールの方が確実です。


石垣島ハブツアーの動画です!是非ご覧ください。
※動画は少々ショッキングな内容になりますのでヘビやヘビが捌かれるのを見たくない方はご遠慮ください。

◆石垣島ハブツアーのご案内◆

■主な内容
日没後、2時間〜3時間かけ車で島内を回り夜行性のハブ(サキシマハブ)を探します。ハブとその他のヘビの見分け方&捕り方レクチャー&生態調査などをします。

《ハブを食べてみたい!》
ご希望があれば追加オプションとしてハブの解体ショーもやっています。生きたハブを捌くシーンは迫力満点です。食べるところまで(提携の居酒屋さんなどを紹介)セッティング出来ます。※下記に料金などの詳細を乗せています。

《ハブ酒を作りたい》
免許や資格がないとハブ酒を作って販売は出来ないのですが作り方を教える事や作ってくれるところの紹介などは可能です。お気軽にご相談ください。

《こんな生き物もいます》
ハブを探す過程で数々の珍しい野生動物や天然記念物、外来種のグリーンイグアナに出会える可能性もあるかもしれません!
⭕外来種生態調査ツアー(準備中)もお気軽にお問い合わせください。
20211224_103943306


《ツアーガイド自己紹介》
私は小さな頃よりヘビが好きで捕まえては飼っていました。初めてハブを自力で捕らえたのは15歳くらいの時です。
そして2011年に石垣島移住した時には毎晩原付きで島内を周りハブとりで生計を立てられないかチャレンジしました。
(結果ハブを売るだけでは暮らして行くのは無理でした)
以来10年間趣味ではありますがハブとりを続けて来た私の経験と技の全てお伝えします。

■《ハブ観察&捕獲ツアー料金》
1名様17500円
2名様25000円
3名様30000円
4名以35000円〜☜内容詳細はお問い合わせください。
※石垣島北部などへの遠征費(燃料代)3000〜5000円
※延長(移動を含め4時間を超える場合)1時間5000円
■ハブを目的としない《ナイトツアー》は以下の料金になります。
1名様15000円
2名様17500円
3名様20000円
4名以上はお問い合わせください。

■短時間ツアー
1〜3名様まで12000円
送迎の時間を入れて1時間半ほどのツアーで1箇所のみ限定で生き物が多いポイントを探索します。

■《アドバンスハブツアー》
35000円〜
※ジャングルに分け入り沢登りなどをしたり
ハードな内容となりますので
基本的にはリピーターの方かアウトドアの経験がある事が参加条件となります。
不明な点はお問合せください。

★《送迎について》
市街地から近いホテルであれば無料送迎が可能です。
市街地から離れたホテルの場合はご相談ください。

※エリアや時間などはお気軽にお問い合わせください。
※野生動物の為ハブが見つからない事もございますのでご了承ください。

《ハブ解体ショー料金》
ハブのサイズにより10000〜20000円。解体までをこちらでやります。
※ご自身で調理する場合は炭火やバーベキューセット、調味料などはご用意ください。
※提携の居酒屋さんなどで召し上がる事も出来ます(追加料金はかかります)。

■ハブが出にくい期間について■
冬の時期12月〜2月はハブが出にくくなります。あまりにもハブが出にくいコンディションの日はガイドの判断で直前であってもキャンセル料をいただかずにキャンセルさせていただきます。

■イザリ漁ツアー(ハブが出にくい冬季限定)
夜の干潮時に浅瀬を歩きながら生き物を観察します。
※準備中

《注意事項》
※お客様の都合によるツアーやショー前日の20時以降のキャンセルには100%のキャンセル料がかかります。
※ハブが沢山獲れましても解体しお渡し出来るのは1匹になります。
※生きたままのお持ち帰りにはケース代1000円がかかります(お客様がケースを持参する事も可能ですが安全性に問題があるケースではお渡し出来ませんのでご了承ください)
※超巨大個体や色彩変異種は研究の為こちらで買い取り(ツアー料金より割引致します)
※生きたままのハブを島外に持ち出す事は法律上できませんのでご了承ください。

《お持ちいただく物》
◇履物
長靴やブーツがベストです。
最低限クツはお履きください(基本サンダル不可=行けるエリアに制限がかかります)
※長靴レンタルもご用意出来ますが衛生面的にオススメは出来ません。
◇飲み物
◇虫除け(こちらにも用意してありますが、出来れば肌に合うものをご用意ください)
◇雨の日は
傘/レインコートなどをご用意ください。
※歩かない内容のツアーも可能です。


《連絡先》
📧渡辺直由のSNS(Instagramやtwitterなど)へのDMまたはislandbjjb@gmail.comまでお願い致します。
☎0980879086←折り返しは携帯電話からになります(電話番号の下4桁が2995)
※ツアーや夜間漁にでかけていて電話が繋がらない事がよくありますので上記のDMやメールの方が確実です。

昨夜はアームバー石垣島でスタッフミーティングをしました。

IMG_9741

最近は入会者が大爆発しています😆
※あくまで石垣島としては←と言うレベルですが。

これも皆スタッフさんたちのおかげです。

2000年前後に地元の方々がスタートし
その灯火を消さないよう努力/継続し続けてくれた
その柔術聖火リレーとも言えるようなバトンタッチを経て遂にその花を咲かせた←と言っても過言ではない偉業を、このスタッフたちは見事にやってくれました👍


※写真に写っていないスタッフや関係者も沢山います。

長期に渡り決まった人間しかいなかった石垣島の柔術界に
毎月のように新しいメンバーの加入があります。

これは数年前には全く考えられない事でした。

とにかく
今まさに柔術への熱が1番熱いスタッフさんたちの立場と気持ちになって考えれば
柔術との関わりがもう長過ぎてドライ(決して悪い意味ではない)になっていたりする私から発せられるチーム維持や拡大に関する提案/アドバイスは
その温度差的に正直受け入れ難いものも沢山あったでしょう。

しかしそれも大きな心で受け入れてくださったおかげで今日という日があると思います。

そして何より
私のアドバイス云々よりも
社会不適合者の私ができない事を
スタッフのみんなが全力サポートしてくれたのが
一番の成功の理由だと思います。

3周年記念イベントでも言いましたが
石垣島で道場から溢れんばかりの会員さんが練習するような風景を
まさか私が生きているうちに見られるとは思いもしませんでした。

不可能を可能にしたこのメンバーで
石垣島の柔術を更に盛り上げて行きたいと思います。

今は一緒に練習はしていませんが
石垣島の柔術を守り続けてくれた
かつてのチームメイトにも
この場を借りて《ありがとう》の感謝の気持ちを伝えたいです。


FZj38KqaQAAvC8N

遅ればせながら
レアンドロ・ロ選手のご冥福をお祈りしたいと思います。
※【柔術世界王者が凶弾に倒れると言う事件がありました】
詳細はググッてニュースなどご覧下さい。

『世界王者と言えど武器には敵わないのだから逃げるべきだ』とか
色々な意見が散見されましたが
私が思うに、、、まあ想像の域を出ませんが
銃社会で生きるレアンドロ選手は私達日本人よりも深くそれを考え
それでも行動しなければならないような状況だったのではないか?と。
※↑は1つの可能性であり、ただ単に酔って気が大きくなっていたのかも知れないし、それは現場を見ていない私には正直わかりませんが。

銃社会の国の防犯カメラの映像などを見ると
店主や店員が銃やナイフに立ち向かっているモノが多数あります。

正解などないのでしょうが
銃やナイフが相手であっても
その日常に生きる者には『やられっぱなしでいられるか!』と言う
生き様と覚悟と魂の叫びがあるのではないでしょうか。

日本のように一生に一度も銃を突きつけられないで人生を終える人が99.9%の国と
それが日常の国では全く考え方が異なるのは間違いないです。

またその土地に住む人々の間でも考え方は様々でしょう。

レアンドロ選手の事件については私は詳細は知りませんので何とも言えませんが
海外のスーパーの防犯カメラの強盗などに立ち向かう店主の行動も
私は『バカだなぁ』とばかりは思えません。

警察がちゃんと機能していない場所などでは
それがあるから強盗も簡単には出来ないとか
そういう抑止力にもなっているかも知れないではないですか。

誤解を恐れずに言えば
例え敗れて死んだとしても
悪や不正に抗う(戦う)と言う選択肢がある(取れる)人間を私は応援し支持したいのです。

私はレアンドロ選手が誰かに危害を加えそうな暴漢を正義感から抑え込んだのであれば
結果撃たれたとしても
彼の行動を称え、ご冥福をお祈りしたいと思います。

繰り返しますが
完全な正解はありませんので
異論がある事は理解しています。

#bjj
#leandrolo
#柔術
#ブラジリアン柔術
#銃社会
#銃
#世界王者

早いものでアイランドBJJもOPENして3周年を迎えました。

OPEN時と、その後に開催したセレモニーには沢山の方々にお祝いに来ていただきまして本当に嬉しかったですし
その日の事は昨日のことのように覚えています。

OPEN3周年の今日2022年7月7日はスタッフの皆が忙しいとの事で
改めて7/24に3周年記念バーベキューをやる事になりましたので
また改めてメンバーさんには詳細を告知したいと思います。

最近は劇的に会員数も増え
離島の道場とは思えない程の活気があり
次の1年でまたどんな仲間と出会えるのかが凄く楽しみです。

私個人の私生活の話を少しさせていただきますと
本日でバーをOPENしてちょうど1ヶ月が経ち
段々とペースが掴めて来ましたので
ブログの更新などももう少し出来そうな感じがします👍
20220701_143820968

↑写真,脇讃豈娠張瓮鵐弌悉撒箸気鵑代表を務めるコワーキングスペース《チャレンジ》に須藤元気さんとお邪魔した時のものです。

20220701_135132620

↑写真△脇韻犬道場運営メンバーの比屋根さんの
《比屋根牧場》

須藤元気さんと比屋根さん夫妻は畜産の在り方について意気投合していて
お互い目を輝かせながら語りあっていました。

今回は格闘技/柔術から繋がった須藤元気さんを石垣島のこれまた柔術繋がりから広がった仲間に紹介出来て感無量です。

柔術から出来る繋がりは本当に素晴らしい☺

バーのオープン準備などが忙しくて更新サボり気味でしたすみません💦
言い訳です💦

しかし
私のそんなサボりを余所目に
道場は入会ラッシュでとんでもない盛り上がりを見せています!

20220605_201521612

何がびっくりしたって…もう
道場に入る前に駐車場にある車の数にびっくりしました😅

会員さんたちも増えてきたし強くなってきたし
間もなく僕のメイン指導者としての役目も終わりを迎えるでしょう☺
※悪い意味でなく良い意味で。

もちろん一生チームメンバーではありますし
イチ指導員ではあるつもりですが
こんな引退した怪我だらけの私だけがメインでずっといるようではチームに未来はありません。

人間いつ大怪我するか病気するか死ぬかわかりませんのでチームの柱となる人間は何人もいないといけないと思っています。

私のごく近い未来のメインの仕事は
テクニック指導やスパーリングパートナーではなく
全国の柔術家や柔術指導者の方々に
石垣島を知ってもらい
来ていただいて
楽しんで帰っていただいて
また来たいと思ってもらう事になるでしょう。
※既にそうなっているかもですが💦

実際、最近も沢山の出稽古の方々がいらしていますし
この流れは今後更に加速するでしょう。

とにかく今日は石垣島の柔術に明るい未来を感じた日でした🏝


皆様ご無沙汰しております。

石垣島に小さな《弾き語り&カラオケバー》
Armbarをオープンする準備に追われ
なかなかブログ更新まで手がまわりませんでした💦

ブログ更新をサボって期間にあった事などは
また余裕が出来ましたら投稿します。

さて
Armbarのグランドオープン日が
6/7に決まりました。

DSC_1993



オープンの日に関しては
ユタ(沖縄の霊能力がある人)の家系の方からのアドバイスを参考に
縁起の良い日を決めました。

そしたら何と何と
その日からちょうど幼馴染が東京からこちらにかけつけて
Armbarを手伝ってくれるそうで
色んな偶然も重なり完璧な日取りになりました。

5月中旬からは友人やその繋がりの方々をお呼びして
5月下旬よりプレオープン予定。

※友達優先←とかではなく
6/7まではサービス面の問題で完璧な形でお客様をお迎えできないのが理由です。

何卒ご理解の程よろしくお願い致しますm(__)m

そんな理由で6/7を正式オープンとします。

工事などの関係でグランドオープンの日程がずいぶん先になってしまう事をお許しください。

《場所》
沖縄県石垣市美崎町10-8オフィスビル202

《電話》0980879086(アイランドBJJで出ます)

《営業時間》
・6/7のグランドオープンは21:00スタート
・その後、弾き語りライブなどの準備が整うまでは
しばらくカラオケバーとしてのみの営業になりますので22:00以降からのオープンとなります。
※詳しくはInstagramのストーリーにバーの開店状況をアップして行きますのでご確認ください。

🍹バーのInstagramアカウント↓
https://www.instagram.com/armbar_r444


#石垣島
#石垣島カラオケバー
#石垣島スナック
#石垣島民謡酒場
#石垣島弾き語りバー
#ユタ

↑このページのトップヘ