2006年06月

2006年06月23日

悪友がまた一人・・・

また怪我した!!  本当に自分の不注意T_T あぁ〜反省。。

先日の火曜練習時に、少し痛いな〜と思いながら無理やり蹴りをねじ込んでいたらじん帯を伸ばしてしまったようだ。
それで、今朝は医者に看てもらってきた。

結果⇒
医者が言うには、左足外側じん帯を伸ばしてしまっていて、何度もやっているから既にじん帯が緩んでいるとのこと。(始めてじん帯を伸ばしたときは水が溜まるもの)
骨も使いすぎでガタガタだし、(確かにレントゲンで見て明らかにガタガタだった(驚!))まぁ〜スポーツ選手なら仕方ないね〜的な感じでサラッと。

元々この部分のじん帯は何度も伸ばしてしまっているので(使いすぎ)、ちょっとした使い方が悪かったり、予想外の動きをしてしまった場合にはいつもこういった状態になる。しかし、既に慣れっこになっているみたい。(つまり、へたっている)
関東大会に向け気合入って始動し始めたばかりなので何ともショックなことで。。

でも、まぁ〜(っと、ちょっと立ち直ってみせる)
走ったりもできるし、蹴りも可能なので、(当然少しの痛みはあるけど)ある程度抑え目で練習はやろうと思う。俺らの世界じゃ怪我なんて言い訳にならないしね。
しかし、やっとスタミナがついてきて、これから!というときに ッ苦!!

とりあえず、明日は様子見ながら動いてみるかぁ〜〜 -。-;

tftc_doujyouchou at 23:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) テコンドー記 

2006年06月14日

関東大会開催通知

関東大会(都大会)の開催通知がきた。

今年は8月6日府中第2体育館で実施される。8月初旬だから猛暑の中の関東大会となりそうだ。この季節の大会は、10年ほど前の新人戦を思い出す。あの息苦しくて暑い、そして熱い!大会が懐かしい!!
そして本大会から、ITF国際ルールに伴い、男女共に階級が5→7階級に増設される。(重要!) つまり、以前より自分に合った階級でエントリーできるようになったわけだ。(^^d) 以下の通り。
<男子>
・50Kg未満
・50-57
・57-64 ◎
・64-71
・71-78
・78-85
・85以上
◎今回狙うところ!

<女子>
・45Kg未満
・45-51
・51-57
・57-63
・63-69
・69-75
・75以上

自分もあと何年で出来るか?! ・・・いや、あと何年でもやるつもりでチャレンジしていこうと思う!! ^^;

そういえば、最近の暑さのせいか!? 2週間で2キロ絞れました。(67.5→65.5Kg)
日々の筋力トレとスタミナ強化がウェイトに出たのかな? 
だいぶ動けるようになってきたので、今度は実践的なトレーニング期間に入っていくわけだが、とにかく『ミットを蹴って!蹴って!蹴りまくり!』『マッソギ5R』を課すようにするのだ! 
しかし、64Kg以下にするには、体脂肪率9%にしなきゃ駄目なんです! ミドル級で戦う筋力付けて来たから、落とすのは結構きついなぁ〜!!!

筋力量増やすと、寝ている間でも痩せるんですよ!皆さん知ってましたか? 食べると体重が増えやすい人は、とにかく筋力UP!ファイティン!!

tftc_doujyouchou at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テコンドー記 

2006年06月13日

【W杯】日本vs 豪の勝手に反省会!?

『えー!』って感じですね。
たった9分で3点入れられるって何なんだ?!

結論からいうと、監督の力量に差が出たね。
ほんとジーコの采配ミスは明らか。

俺が監督ならなら・・・(勝手に言わせてもらうと)
後半疲れた選手を先手先手で代えるべきだったと思う。
特にMF中村⇒小笠原、中田⇒稲本、FW柳沢⇒大黒(もっと早くに)、高原⇒玉田
後半10〜20分くらいで先手で代えていたら、フレッシュな選手が前で追って、
その分後ろが落ち着いたと思う。豪は2列目から入れさせなければそれで抑えられたはずだと思った。
茂庭を小野に変えたのが一番のミスと思う。あれは意味ない! 
守りを不安定にするだけだったと思う。代えるのは中盤から前線の選手を代えるのは常識だぜ!
そりゃ失点もするよ〜。。

まぁーこれで予選突破は難しいと思うけど、諦めずに応援はしよう!
次は18日のクロアチア戦!!ASC大会終わったら速攻帰宅しますんで宜しく!!

頑張れ日本!




tftc_doujyouchou at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 普通の日記 

2006年06月06日

我、怪しむ!4

今朝は肩の治療の為、天王台の月辰会の肘井先生のところに行ってきた。

原因は3週間ほど前に柔道の練習中に背負い投げで投げられた際右肩から落ちて打撲。
右肩のじん帯を痛めているとのこと。全治1ヶ月
ほっときゃ治るかと思ってたが・・・う〜む!

そんなにひどく痛くないので、懸垂と腕立てはできるので続けている。

しかし、年のせいなのか、最近は治りが遅くなったような…。
若い頃は怪我しても何日か我慢して練習しているうちに治ったもんだが最近それは無理っぽい。

昔よく言われた。
「怪我したら、それ以外の箇所を鍛えられるチャンスだ」と。
これが師匠の教えだ。俺も教え子には常にそう言っているつもりだ。
ついでだから、、
「逆境はチャンスだ!」というのも好きな言葉で良く言われていました。

怪我をしてしまったら落胆せず、まず治す事に集中! そして使える部分は集中鍛錬できるチャンスと思え!ですかね。

☆私の生涯(?)の親友たち(!?)をご紹介致します(まとめ)
・腰痛:大学1年のときに無理がたたって。一番の悪友!
・右ひじじん帯:ヨプテリギを思いっきりやったらすっぽ抜けが原因
・右ひざじん帯:大学2年のときスキーで痛めた。
       更に勢い付けたサンドバックにトラがタイミングがづれて。。
・左足首捻挫:夜間のランニングで凸凹に気付かず・・。それから癖になってる。
・慢性的な頚椎痛:これだけは原因不明?! 何か憑いてるという噂が…
・右拳骨折による痺れ:2段昇段のときチルギの試割失敗!!指が変な方向に曲がってた(汗)
・(そして今回の)右肩打撲:柔道で受身損ね。

※怪我はどんな形でも自業自得だと思ってます。(自己責任)
 やはり気を抜いたりしたら怪我しますしね。
「我を怪しむ」とはよく書いたものです。(^^!)

みなさんも練習時は身と心を引き締めて怪我しないように!

tftc_doujyouchou at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テコンドー記 | 普通の日記

2006年06月01日

第6回埼玉県大会 感想

5・28第6回埼玉県テコンドー大会が行われ、柴田彰(取手)がトゥル、マッソギでダブル優勝!ケイスケ(取手)がトゥルで初金、少年部スペテクで亮介(土浦)が優勝などの活躍を見せた!ちなみに私は審判で観戦できた試合はほとんどなかった(泣TT)


雨がかなり降っており会場着いたときはかなりのドシャブリな状況で参りましたが・・・。お昼には快晴になって外でランニングでもしたかった気分♪

さて!今回うちから20名が参加!
それにしても最近ほぼ試合に出る面子も固定されてきたな〜。

結果として日大主将の柴田くん、ダブル優勝は褒めるべきだろうね。
トゥルは”全日本チャンピオン”としては当然の結果だよね(!?)
マッソギ決勝では相手選手が棄権となって残念。今回も他のコートで審判やっていてまったく見れなかったからマッソギの決勝ぐらいはほんと見たかった。。(つーか、今回は会場行ってほとんどうちの子たちの試合見れてないし…これが一番辛い(汗))

ちなみに、日大部員もなかなかいい面子で、特に『組長』こと高橋くん(※1)は濃キャラだ! 体格がいいだけかと思ったら、終わってみたらトゥルで金メダール! なかなかやる!今後の日大テコンドーサークルが楽しみだ!!

少年部の試合は良かったり悪かったりだった。(らしい:見てないから)
一人ひとりここではコメントしてあげられませんが、(いつも言っていることですが)試合に出て負けた人ほど得るものは大きいことを常に覚えておいてほしい。
常に勝てる人は勝った時にも反省が出る。勝てない人はほど反省がなく諦めるのが早い。私はこのブログで(自分に対しても)言い続けてきましたが、必ず負けるか勝つ!これが非常なまでの『勝負』の世界です。しかしながら、「その結果が全て」では武道をやっている意味がありません。結果をしっかりと冷静に受け止め、そのプロセスを大事にして、次につなげられるようにすることが大事です。それが『克己』であり、『忍耐』であり、『百折不屈』のテコンドー精神を意味するものだと思います。 
また、私なんかは昔『反省はサルでもできる!』とも言われたことがありますが・・・実はまったくその通りで!(?)(私がサルと言われる由縁か?!)反省しそこに課題を見つけることこそ大事だと思う。これは世界的な有能な選手でも、町道場に通う子供でもできることだし、何より最も重要とするべき項目だと思う。 実践するには、基本的に『稽古日記』で可能です。『自筆で書く!』ということは、自分自身になかなかウソは付けません。また、そのときの気持ちや場面を具体的にイメージしたり、よく考えたりするので考える力と豊かな心を育てます。  ですから少年部に限らず、うちの指導員をはじめ、道場生全員が書くことを強く薦めます。
成年部は、うちで配っている稽古日記ではスペースに限りがあったり、多少子供向けの欄があったりと大人にはあまり向いていないので、A4ノートに書き出しいくだけでいいと思います。 無理なく続けるには、あくまでも「日記」程度に留める。全てを書くとなると無理があるのでポイントを書くだけでGood!だと思います。

さて次は・・・ASC大会ですね! 皆さんファイトです!

ところでBBQの日程どうしよーー!?(オムスクール5周年祝賀会と被ったので)

※1:日大の部員紹介のときに、高橋君が『副部長の高橋です』と言ったのを聞き間違えて『組長の高橋です!』って聞こえたのでこのあだ名を授けた!!!

☆HPの写真は後日掲載します。
☆携帯版は当道場生のみの結果が載っています。(早いじゃん!):http://www.hamq.jp/i.cfm?i=TFTC
☆協会HPの結果:http://www.taekwon-do.co.jp/index1.htm

tftc_doujyouchou at 12:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) テコンドー記