2009年11月

2009年11月19日

茨城大会5

皆さん大会お疲れ様でした
大会盛り上がりましたね(^-^)/
テコンドー行事が続いて、仕事がたまって忙しいよね〜だから今回は帰宅中の電車で初めて携帯から書き込んでます。仕事と道場運営の両立も9年やって慣れましたが、やはりバランスが難しいですね

…話しは戻して
毎年この大会だけは皆の試合が見れるのでホントに楽しみなんです 審判、スタッフやってると見れないですからね。だから今回も審判方々には本当に感謝しています

少年部から壮年部まで好試合の連続で一日あっと言う間の一日でした 活躍した選手もちろん素晴らしいですが、勝ち負け関係なく一所懸命頑張ってる姿は最高に輝いてますよね

大会を通してホントに皆成長していく。大会に向けて頑張ってきた人とそうでないひとでは差が開く瞬間ですね。 でも本当に伸びる奴はココが違うってところがあるんですよ 皆わかるかな〜

簡単ですよ。
徹底的にReviewすることです。つまり反省会をする。最高の秘薬ですよ。Reviewは自分を客観的視点でみる。そうすれば自然に見えてくるはず次はこうしたらよいこうしたらどうだと。かたっくるしくなんて考えなくていいと思うんです。
最近よく親御さんからもこんな悩みを聞くんです。
『うちの子は負けて悔しいとかがないんですよ、そこがね〜』っと。
子供って素直なだけに、うまく悔しい思いが出ない場合だってあるし、ずっとそれに執着しない子が多いですから、悔しさは見えにくいだけで皆大なり小なりありますよ。
そんな時は、帰りの車の中やビデオ見ながら、
『あんときこうすればよかったんじゃない』とか親も一緒に熱くなるのがいいと思います(^-^)/
そうすれば、チャレンジ精神も意欲も出て来る。自然と練習も変わってきますよ。Reviewしたあんときの一言が頭のどこかに残っていますから。
脳科学によると、記憶はその時の感情が強い程持続しやすいらしいです。つまり、大会やイベントなど感情が高ぶる時は、普段の練習の何倍も記憶に残る。
だから、練習の時反省するより効果が高いのではないかと思います。
家族や仲間と反省会を行うのも大事ですが、先生にどうだったかを聞くのは的確にダメ出ししてもらえるのでいいです。普段から練習で言ってるように積極的に試合でれ〜ていうのはそういう事からなんよ。

家族で、仲間で反省会、先生にもチェックいれてもらって次回大会も頑張ろう!!

<TRTC年末予定>
12月12日:『納会&祝勝会!』
◎世界大会や茨城県大会の打ち上げ会、今年一年振り返って反省会しましょう。
大会DVDも流す予定です。
12月19:昇級審査 取手
12月20日:昇級審査 土浦

<大会スケジュール>
12月6日:学生大会(中央大学)
12月23日:荒川区大会

お知らせ!
大会の写真ですが、大会中『はいチーズ!』のプロカメラマンが一所懸命に撮ってくれました!『はいチーズ!』のHPでログイン
https://8122.jp/
まだ準備中です・・・。
◎掲載期間は以下です。良い写真あったら是非購入してあげて下さい。
2009/11/25〜2010/05/31


tftc_doujyouchou at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テコンドー記