2012年05月

2012年05月28日

週末イベント3本勝負!

正直、今週土日はBIGイベントが多くかなり疲れましたーー! はっは^^;もう年かな・・・。


でも、皆さんも昇級審査に向けて頑張ってきただろうし、来週のBBQも楽しみにしている人もいますし、守谷道場で体験会を楽しみに来る人もいたので、とにかく準備しっかりやったつもりです!

とにかく、私がいつも言っているのは、うまくいくかは、準備で8割決まる!ですからね。


☆さて昇級審査が終わりどちらかというとスッキリしているんじゃない!?
まぁとにかく結果をドキドキして楽しみに待っていてください

IMG_0339


IMG_0349


私の方は審査結果を出すのに今ちょうど頭を抱えて悩んでいます。。
みんな一生懸命練習したことでしょうから、結果を出す方も真剣に悩みますよ!


☆BBQは楽しみですよね。
守谷道場生父兄の皆さん、準備いろいろお手伝いしてくださって頂きありがとうございます。
すご〜く協力的にいろいろ動いて頂いているので本当に助かっています!!
あとは天候ですね!
でも大丈夫です! 私がいますから!!
それは過去のブログを読み漁ればすぐにわかります!!ふっふっふ



☆守谷道場の体験会、たくさん来てくれてありがとうございます!これからよろしくお願いしますね!
テコンドーに興味を持ってくれる人をもっともっと増やして、茨城県がテコンドーのメッカといわれるくらいにしたいです! そいった意味で、皆さんは将来のリーダーですからやりがいもあるでしょう。それと同時に、立派な黒帯ほど責任感が強くなるはずなので、目の前にいる生徒を分け隔てなく本気で教えようという気持ちが大切です。
それはテコンドーの技術を高めることと同時に、テコンドーを学ぶことを真剣に教えてくれる指導者を育てなければ将来はありません。私もその責任は重大です。ただ人を集めて教えるだけにならないように注意しなければなりません。 私なりの信念を理解してくれる仲間と生徒達とともに大きくなりたいと思います!

昇級審査や道場開設を節目に改めて考えさせられます。初心に帰って頑張ります!


では、来週BBQでいろいろ皆さんとお話出来ることを楽しみにしています!
でも結構、焼くの集中しちゃうんですよね(*゚▽゚*) 火遊び大好き!!アハ 



tftc_doujyouchou at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テコンドー記 

2012年05月06日

第6回アジア大会 感想などなど

IMG_1399


はじめに、この度アジア大会に出場の機会を与えて下さった関係者各位様に大変感謝致します!
また、家族や道場関係者の方にもいろいろご協力頂き本当に感謝しています!

今回の大会に参加したいと強く思ったのは、やはり自分の生徒達に年齢や立場に関係なく常に上を向いて”チャレンジ”する気持ちが大事というのを感じてほしかったからだと思います。

私自信は、選手としてのピークはとっくに過ぎていると感じていますし、怪我も絶えない厳しい状況ですが、自分自身を少しずつ乗り越えていくという楽しさがそこにはあります! そこらへんは、個人の成績を一番に考えていた若いころと違って、今は道場長や親である立場を考えると他に与える影響が大きいと感じています。 なので、常に与えられたチャンスは逃さないという姿勢でいることが大事だと思っています
うちの道場生は、未来のテコンドー界を担う若者から私より年上の方も多く在籍していますので、本当にここら辺はみんなの目標になれればと思っています。 テコンドーに関しては、続けること、諦めの悪いことを!

だからと言って、勝負に拘っていないわけではありませんよ!!当然、一人のアスリートとして、勝つことが絶対使命くらいの気持ちで臨んでいます!出るからには勝ちにいくというのも大事な要素ですからね。

また、A級国際大会に出場するのは今回で4回目(第11回世界選手権、第1回アジア選手権、第16回世界選手権、第6回アジア選手権)でしたが、今までの中では一番落ち着いて競技に集中出来たと思います。特にトゥルのような淡々と自分の動作をする競技では、それが出来るかが勝負の分かれ道と感じていましたので良かったです。個人トゥル結果としては思うようなものではありませんでしたが、全日本大会で動作を間違えて負けてしまったこともあり、今回はやりきった感じがありました。そういう意味では非常にスッキリしています
・・・でも、もっといけるような気がするのでやはりまだまだ諦めません

団体トゥルについては、個人マッソギ同様に代表メンバーに選ばれた当初から団体トゥルメンバーに入る気はサラサラなかったのですが、メンバーがギリギリのなかでのメンバー入りだったのではじめは困惑していました。

最終的には、練習は5人揃って練習する時間がない中、5人が力を合わせて非常に良いものが出来ていたと感じています。 私は元々チームの歯車になるのがすごく苦手なんですが、今回は出来るだけ若い子たちのパワーに乗る感じにしてチームに馴染もうとしました。 いろいろ考えが違う形でジェネレーションギャップを感じましたがなんとか最後まで団体トゥルを楽しむことが出来たと思います。 まぁ正直団体トゥルはもういいかな〜 もうこの年になると自分のペースで練習したり、自分の考えで練習を10年以上やってきているのでしんどいんだよね。。いい思い出にはなりました。

とは言え、日本の団体トゥルの出来栄えはなかなかだと思うので、国内で披露する機会があればもっと良かったですねー。 一人ひとりのポテンシャルが高いメンバですから、もっと練習を積めば世界に堂々と通ずるものができていったと思います

体調面では、タジキスタンに到着してから試合までの期間が思ったより日が空いたので、地元の空気や人に成れた事がよかったのですが。(食事はちょっと口に合いませんでしたが。。) 到着してすぐの練習で古傷である右膝の痛みが出てしまい、熱と腫れが引かなくなってしまいました。 大事を取って1日半ほど別メニュー・・・。 これは一番辛かったですね。 結果、最終日の団体マッソギを優先させて、とりあえず個人マッソギについては棄権することにしました。 心中、膝を潰すなら、最終日の団体マッソギに使いたかったという思いがありました。 とにかく、自分が出れなかったから負けたとかでチームに迷惑をかけるのは絶対に避けたかった。 結果的に自分の番が来ることもありませんでしたが、状態は良くなっていたので朝鮮との試合は出たかったですね

今回、日本は金メダルを持って帰れませんでしたが、来年の国内大会に向けて調整していきたいと思います。
また次のブルガリアの世界選手権では、年齢的に出場ができるか微妙ですが出場機会があればぜひ頑張りたいと思います

成田いざ出発!彰と
IMG_1248


ドシャンペ空港からバス移動
IMG_1271


ホテル部屋IMG_1281


ホテル飯
IMG_1289


大会ポスター
IMG_1301


ドシャンペ道場
IMG_1330


通訳のニールIMG_1360


ソモニ公園
IMG_1371


ホテル正面
IMG_1394


街のタジキスタン女性
IMG_2534


メダル表彰式
IMG_2600


tftc_doujyouchou at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テコンドー記