2015年04月

2015年04月20日

柔道整復学科2年生になりました

皆様お久しぶりです。

ログインパスワードを忘れて、面倒くさがって、しばらく入っていませんでした@@;

さて、脱サラして1年が経ちましたーー。まぁーなんとか生きています。
つまり、柔整学校に通い始めて1年が経ちました。

※柔整とは柔道整復師のこと。つまり接骨院(整骨院)の先生ですね。整体とは違います。

この4月、無事に2年生に進級を果たすことが出来ました。有難うございます。
おまけに1年生は、無遅刻無欠席!生まれて初めて皆勤賞を頂きました!
やはり大事なのは、”健康第一””勤勉””継続”ですね!
そして、生まれて初めて学校に学びに行く楽しさを感じています(笑)
(友達や部活動目的ではないところがミソ)

さて。。
2年生はどうやらお勉強かなり大変そうです。先生達にも散々大変さを脅され。。
初っ端から四苦八苦しております。

運動学、一般臨床、脱臼、骨折、生理学、整形外科、解剖、病理学、柔整理論っと、、、
ん〜なかなかボリュームありますね。
これは本気でやらないとついていけなくなるかもしれません。
それに、初老を迎えた私の脳は覚えたそばからこぼれるこぼれるT_T
いや〜〜情けないッス。

しかし、学ぶことが楽しいので、勉強することが苦を感じません。
やはり目的がはっきりしている勉強って楽しいんですよね。
小学生とか中学生の頃とかって本当何のために勉強するのか意味わからんから苦しいんですよね。
たぶん、これくらいの年齢で勉強楽しい子って、探究心が半端ないんでしょうね!
何になるとかなくても知りたい!知りたい!って気持ちになれればなんでもスイスイ頭に入っちゃうんですよね。まぁ〜今の僕と小学生の違いは、一応入るが暫くするとすぐ忘れてしまうって所でしょうか(泣笑)

あと、医療関係の勉強をしていると、誰かの役に立ちたいって気持ちに本気で思いますね!
例えば、足が痛い、腰が痛い、って言う人本当に多いんですけど、なんで痛いんだろう、どうしたら治せるんだろうって思うわけです。もし自分にそれだけの知識と技術があれば治せると思うと勉強にも自然と力が入ります。

柔道整復師は国家資格だけあって難しいですが、この勉強したことが誰かの役に立つのですから、とにかくあと2年間学校通って、国師取るまで気が抜けません!がんばりまーす!


tftc_doujyouchou at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)