2019年11月08日

秋の昇級審査会

いつもテコンドー道場長のブログを見て頂き本当にありがとうございます!


今週は秋の昇級審査会をみらい平道場(取手道場生)とつくば道場で行いました。
IMG_6079

みらい平は、白帯(幼年、1年生)5名と黄帯1名が受審。

白帯の子たちは、ちょうど1年前に幼年部を開設した際にテコンドーを始めた子たちです。

IMG_6824
〈これは昨年の写真〉


右も左もわからないまま、ここまで先生だけでなくいろんな先輩たちにテコンドーのイロハを教わりながらここまで来ることができたことに心から感動し、成長してきたことを振り返りつつ実感しました。

道場の良いところはこういった小さいうちから先生以外の人からいろんなことを学んで成長できることだと思います。 このような小さいうちから親以外の人と関係をもって社会経験を積むことですごく賢い子になるものです。それをすごく実感します。

親以外のいろんな人に迷惑をかけて叱られたり褒められたり…人間性豊かに育つにはすごく大事なことです。そういうのが現代社会は減ってきているので、そういった育成にお役に立つ道場でありたいと思います。

我々としては、親御さんに信頼されて預けてくださることにいつも感謝しています。

つくば道場は、今回4名が受審。
つくば道場でも同じように、幼年部から始めた白帯の子が今回昇級を受けました。
IMG_6118


小さい子には難しい審査内容でしたが、しっかり練習してきたことができてこちらも感心!
IMG_6095
IMG_6114


昇級審査は、テストとは言っても、実際のところそういった成長を見れる場なんだと思います。

大人の方でも昇級審査は緊張するものです。
私も受審者と同様に毎回緊張します。
それはすごく良いことです。
IMG_6085


緊張感があるということは、自分の力を出さねばならないということですから、完全なるOUTPUT!
大多数の方は、INPUTが得意でもOUTPUTするのが苦手。。

INPUT=読む聞く(学校の授業やセミナー)
OUTPUT=他や大衆に向かって話す書く伝える(指導者、先生、テスト、試合)

言い換えるなら、INPUTは試される場はない。
OUTPUTで試されるわけです。
ここで力を出せるか出せないかが実力となるわけですね。

自信がないと出来ません!

自信は、なんども繰り返して身につくものです。(センスもあるでしょうが。。)

今回受けた方々が力を思う存分出せたとすれば、それは自信があった証拠でしょう。
もっと言えば満足に練習してきたということです。

ぜひ、テコンドーを通してそういうものを身に着けて頂ければと思います。

私も審査官として、毎回緊張して審査を見ることができるのは、そういった努力が感じることができるからと思います。

最後にこんな言葉を聞いたので記載したいと思います。

”人から言われてやることは努力とは言わない”

兎にも角にも、審査結果が楽しみですね。

以上、お疲れさまでした。


お子さんに武道をやらせたいと思うなら、TFTCテコンドー道場にぜひ足を運んで下さい!
tftcbanner






TFTC道場ホームページへ
茨城県<取手・守谷・つくば・土浦・みらい平>テコンドー道場のホームページ >>>道場生募集

一緒にテコンドーやりませんか!?
まずはご予約から!
予約⇒http://airrsv.net/taekwondo/calendar


https://www.instagram.com/taekwondo.itf.tftc/
インスタでは、日々の生活やテコンドーの面白写真とかを撮ってます。良かったらフォローしてください。


tftc_doujyouchou at 13:24│Comments(0) テコンドー記 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。