2009年09月

2009年09月29日

与ろゐ屋 浅草4

与ろゐ屋 玉子らーめん(800円)


京急から東武へ乗り継ぐ際にちょうど昼時だったので寄ってみました。

客筋は観光客が多いのですが、常連も多そうです。
チャキチャキした客捌きが浅草って感じで私的には心地よい。

玉子ラーメンを注文。
動物系と魚介系のバランスがとれたスープはこの多様な客筋にうまく対応していると思います。
ストレート麺はムッチリとした食感がいい。表面の脂も良く合う。
少し魚介系の後味が後を引く感じであるが、まぁ小さい事だろう。

具はチャーシュー1枚、メンマ、海苔1枚、ネギ、味玉。
味玉は双子だろうか?黄身が二つあるのが面白い。


与ろゐ屋 外観



与ろゐ屋 (ラーメン / 浅草、田原町、本所吾妻橋)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★らーめん | 台東区

2009年09月28日

とらや分店 那須塩原4

とらや分店@那須塩原 ワンタンメン(810円)


白河ラーメン『とら食堂』の分店です。
この那須には同じとら食堂系の飛切などあり白河ラーメンが身近になっているようだ。

通りから奥まっていてちょっと分かりずらいのだが、お店は割りと新しく座席も結構ありました。

とりあえずワンタンメンを注文。
黒っぽいスープにチャーシューが3枚、ワンタンは5個と具沢山です。
そして手打ち麺がパワフルで歯ごたえ十分。
小麦の味がしっかりします。
ワンタンはちゃんと丁寧につくられており、皮がツルツルで美味しかったです。
とらや分店@那須塩原 麺アップ

スープは見た感じのままですが、醤油ダレを強めに感じます。スープ表面の脂は多目。
実は本店で食たことが無いのだが、白河ラーメンはこういうものなんだろう。
出汁については醤油に隠れてしまっているが、この力強い麺との相性は良い。
私の地元横浜ではとら食堂系はこちらがある。
個人的にはこちらの方が鶏出汁を感じるようで好み。


とらや分店 (ラーメン / 黒磯、那須塩原)
★★★☆☆ 3.5



tg-ryuman at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★らーめん | 栃木・群馬

2009年09月27日

有昌 横浜中華街4

有昌 肉まん蒸かす前(1個315円)


店頭にあるショーケースにつるされたチャーシューが中華街らしい雰囲気のお店。
豚足や豚耳も美味しそうなのだが、今回は肉まんを購入。

有昌 肉まん 蒸かした

皮がふっくらとしていて美味しそうである。

有昌 肉まん 中身

『華正楼』などに比べると肉の量はおとなし目であるが、華正楼は値上げして420円なので価格を考えると妥当。

有昌 肉まん 中身アップ

筍と椎茸も結構入っていて、価格も315円と手軽である。
なかなかバランスの良い肉まんだ。


有昌 (中華料理 / 元町・中華街、日本大通り、石川町)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★デザート | 肉まん

海南飯店 横浜中華街4

海南飯店 ランチメニュー


Y150もこの日が最終日。
入場者数はからっきしの様だが、我々家族も会場へは入らずに関内から中華街へやって来た。
しかし、何で税金まで払って、さらに高い入場料を取られなければならないのか?
しかも横浜開港とあのクモやらなにやらがどういう因果関係があろうというのか?
全くもってコンセプトがメチャクチャなような感じがするのは気のせいだろうか?
いや、入場者数が如実に物語っている。

この日の中華街はかなりの混雑ぶりである。
中秋節を祝う獅子が踊ってたりする。

軽く昼飯でも食べようと以前より気になっていた『海南飯店』まで来た。
メイン通りにあって外は賑やかだが店内は空席もあるようだ。
店構えも気楽な感じで遠方から来て気張って入るタイプのお店ではないのは一目瞭然。

お店へ入ると1階奥にある円卓へ案内される。
表のメニューで選択済みのエビ野菜セットを注文。
名物のネギそばと迷ったが、このエビ野菜が旨そうに見えて仕方なかったのである。

ランチはかなりお得な内容となっている。
私が頼んだエビ野菜セットはエビと青梗菜を中心とした炒め物だが、塩味がサッパリとしてなかなか好みな感じである。
これは夜に再訪したくなる。
海南飯店 エビ野菜セット(980円)

セットに付いてきた玉子スープはトマトが入っていてこれがまたサッパリとしている。
あとは春雨サラダに水餃子2個、エビ餃子1個、シウマイ1個。
食後には杏仁豆腐も付いてくる。

これで980円なんだから文句も出ない。

海南飯店 (広東料理 / 元町・中華街、日本大通り、石川町)
★★★★ 4.0




tg-ryuman at 14:45|PermalinkComments(6)TrackBack(1) ★その他グルメ | 中華

2009年09月25日

三四郎 新御茶ノ水4

三四郎 うしお・大盛サービス(780円)


三四郎が9月末まで大盛サービス中だったので行ってみた。
1年前の開店直後はかなりの行列が出来ていたのだが、現在は昼を過ぎるとカウンターに数人が座っている様な状況で、どうもうまく集客が出来ていないような感じである。
というか景気を反映してか、この周辺自体の外食への足並みが悪いように思う。
営業をやめてしまうお店もちらほら見かけ、キッチン南海の小川町店もどういう理由か分からないが8月末で閉店してしまった。

大盛はバランスが悪くなるというのが『中村屋』のポリシーだったかと思うが、もはやそんな事を言っていられないのだろうか?

この日は12時過ぎの訪問であったが、大盛効果であろうか既に満席で3人待ちであった。(その後、7〜8人程度の行列が発生)
とりあえず塩味のうしおを大盛で注文。
つけ麺の大盛(400g)もあったのだが、やはり未食のうしおが食べたかったのだ。

出てきたうしおは金色に輝く鶏油が眩しいウマそうな見た目。
麺は大盛りにしたのでスープからはみ出ていました(笑)。
スープはちょっと磯っぽい感じがしますが、テイストは『中村屋』の塩ラーメンが基本のようだ。
もちろん舌が痺れるような感覚も皆無。

麺は細麺の低加水気味で、むらさきと同様。
前回も感じたが、箸が割箸じゃなくて再利用が効くものなので、ツルツルとした麺をつかむのが難しい。
大盛りしてもスープの量はそれ程変わらないようなので、やはりバランスは悪くなるが、これは自分の選択だから仕方ない。

具はハムっぽい肉が2枚と味玉半分、青菜、メンマ、ネギ。
前回にむらさきを食した際には味玉半分は無かったので、これはお得な感じがする。そしてこの味玉はコッテリした黄身がウマイです。
ハムっぽい肉はなかなか奥深いのだが、このラーメンとの相性が良いとは思えない。

この周辺で三四郎ほど研究しているラーメン屋は数少ない。
頑張って営業を続けてもらいたい。


三四郎 (ラーメン / 新御茶ノ水、小川町、神保町)
★★★★ 4.0




tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★らーめん | 千代田区

2009年09月22日

富士宮やきそば学会 アンテナショップ 富士宮3

富士宮焼そば学会アンテナショップ 大盛(600円)


B級ご当地グルメの原動力となった富士宮やきそば学会が出しているアンテナショップへ行ってきました。

このアンテナショップがある周辺が全て飲食店となっていて、フードコートの様になっていました。
静岡おでんや浜松餃子などのお店もあるのですが、皆さんもちろん富士宮やきそばが狙い。
おやつ程度に食べることを考えて来たのですが、すごい混雑でした。
オーダーしてから20〜30分待ちとなり、しかも座席も不足気味。
アンテナショップ以外にも富士宮やきそばを扱っているお店があるのですが、やはり人気はアンテナショップにあるようです。

普通盛りが450円で、大盛は600円。
今回は大盛をオーダーしました。
番号札を渡されてから30分程度経過して、やっとありつけました。

出てきたのは以前に別のお店で食べたものとほぼ同じような感じですが、魚粉はこちらの方が多そうです。

麺がモッチリとしていて味が染み込んでおり美味しい。
ソースと出し粉がなかなか良い味付けです。
ちょっと具が少ないような気もしましたが美味しかったです。

しかし、30分待って食べるかというと難しいかも。
それと大盛りにしたのですが、大した量ではなく、600円という価格もちょっと高め。


道路を挟んだ向かいが浅間大社なので、お参りもしてきました。
浅間大社 アップ

全国にある浅間神社の起源にもなったとされるこの浅間大社へお参り出来た事は感慨深い。

富士宮やきそば学会 (焼きそば / 富士宮、西富士宮)
★★★☆☆ 3.0




tg-ryuman at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★その他グルメ | 餃子・焼そば

2009年09月20日

李さんの台所 福富町4

李さんの台所 マッコリ1リットル(2100円)


『萬里』を出た後、野毛界隈を彷徨うが行く店が閉まっていたり、満席だったりとことごとく振られてしまった。
暫くするとだんだん夜も涼しくなってきて、計らずとも鍋を喰らうによい状況であった。
福富町へ行くと韓国料理屋が軒を連ねており、目移りをしてしまうのだが、以前来たときよりもお店が綺麗になって店内にもお客が沢山居るこちらへ入ることにした。

酒はとりあえずマッコリ。
マッコリってほとんど飲んだことが無かったので、比較が出来ないのだが、飲みやすくてドンドンいってしまいそうである。
後で調べると米の醗酵酒で酵母の他に乳酸菌も使用するそうだ。
アルコール度数は6〜8%とビール程度。
乳酸菌が入っているだけあって、ヤクルト系の風味がジュースみたいなのだが、暫らく飲んでいると流石に酔ってきた。

李さんの台所 突き出しとキムチ

突き出しは5品。
1皿はポテトサラダだったのだが、これが実はスゴク美味かった。
韓国料理屋だろうが、ポテサラが美味ければそれは良い事だ。
友人がお代わりする事数回。
便乗して私も沢山食べちゃいました。
(´∀`)

李さんの台所 キムチ(1,050円)

キムチは白菜、オイキムチ、カクテキの3点盛り。
辛い中にも独特なくさみがあって本格的な感じがする。

李さんの台所 ブデチゲ(3150円)

程なくしてブデチゲが登場。
何をブデチゲと呼ぶのかも知らなかったが、一般的なキムチチゲとの違いは、ソーセージやランチョンミート(スパム)などが入れるところらしい。
そしてこのソーセージとランチョンミートはジャンクないい出汁を出します。
具は他に野菜やら豆腐やらキノコやら餅やら色々入って、スープは辛いだけじゃなくて複雑な味がしてこれはウマイ!
たぶん自宅でランチョンミートを入れただけではこの味にはならないのだろう。

李さんの台所 ブデチゲ雑炊(500円)

大分腹も膨れてきたのだが、やはり〆は雑炊で。
汁が煮詰まるまで煮込むとオコゲっぽくなって香ばしい。
4人でシェアするとそんなに多くは無かったのだが、すっかり満腹である。

あぁ、満足満足。

李さんの台所 (韓国料理 / 日ノ出町、関内、桜木町)
★★★☆☆ 3.5



tg-ryuman at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 野毛周辺の飲み歩き | 韓国料理

萬里 野毛4

萬里@野毛店 餃子2人前


久しぶりの野毛、この日は4人で飲み会である。
まず始めに来たのは萬里。

萬里に来たらやはり焼餃子。
カリッと焼いているが、皮はムッチリ目で美味しい。
向かいにある三陽のニンニク爆発餃子は強烈なインパクトであるが、こちらは普通の餃子。
その普通の餃子だが、男4人を前にしてあっという間に無くなった。
ビールにも良く合う。

萬里@野毛店 蒸し鶏(500円)

蒸し鶏も相変わらず美味い。
これは個人的には外せないメニューだ。
500円という価格も嬉しい。

萬里@野毛店 チャーハン

チャーハンも頼んだ。
初めて食べたけどこれも美味い。
ただの中華屋さんのチャーハンなのだが、飲んだときには丁度良い感じの味付けだ。
具のチャーシューがなかなか良い味。

萬里@野毛店 たんめん

同行者が頼んだたんめんを少しもらった。
モッチリ麺に塩味の野菜系スープ。
アッサリ目の感じで、飲んだ後の〆にも良さそうだ。

萬里は一人でも団体でも家族連れでも入りやすい店が良いところだと思う。

とりあえず軽く腹を満たしたので次の店へ向かう。


萬里 (中華料理 / 桜木町、日ノ出町、関内)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中華 | 野毛周辺の飲み歩き

2009年09月15日

さっぽろ純連 東京店(高田馬場)3

純連@東京店 味噌ラーメン・大盛(900円)


とても久しぶりの訪問。
実に6年ぶりだ。

その当時はたしか味噌ラーメンが800円だったが、今回訪問すると850円となっていた。
ここのラーメンは美味しいのだが、この価格がネックなのである。
大盛りにすると50円増しだが、これは割安な感じがする。
そうは言っても味噌ラーメン大盛で900円である。
やはりちょっとね。。。

ラーメンは相変わらず湯気は立っていないのだが、激熱である。
出汁自体には結構エグミが出ているような気もするのだが、激熱のラードと濃厚な味噌が不思議なバランスを醸し出している。
ここがこのラーメンの全てではないかとさえ思っている。

麺は黄色い縮れた固めのもので、激熱スープにも負けずに最後までシッカリとしていた。
茹で具合も良い。
大盛りにしただけあってなかなかの量である。
この大盛が50円増しというのが、唯一このお店で割安な感じがする。

具は肉片とメンマ、もやし、ネギ、挽肉。
肉は一枚ではなくてバラバラとなっているのが、なんか端っこみたいでグレード感に欠ける。

しかしながら、店を出る時にも数人が並んでおり、この高田馬場でこの価格でも集客できるのは流石に純連である。


さっぽろ純連 東京店 (ラーメン / 高田馬場、下落合、西早稲田)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 11:50|PermalinkComments(2)TrackBack(1) ★らーめん | 新宿区

2009年09月14日

牛すじ野菜つけそば竜馬 神保町5

牛すじ野菜つけそば竜馬 トマトチーズつけ麺・ライス付き(800円) 0909


神保町にある個性的なお店。
同じラーメン屋になかなか行く事の無い私ですが、かなりのリピート率である。

その目的は、トマトチーズつけ麺にライスである。

このトマトつけ汁は化調があまり感じられず、味は濃いのだが後味は意外に良い。
つけ汁の中にはチーズやらきくらげ、味玉、ヨーグルト、玉ねぎ、イタリアンパセリ、レモン、牛すじ肉など盛りだくさん。
結構ごちゃごちゃかと思うのですが、トマトスープのベースがシッカリとしているので複雑な中にも統一感があります。

正直なところ中太麺は逸品とはいえないのですが、このトマトスープによって全てが許せてしまう。
そして、ご飯がまた素晴らしく良く合う。
麺を完食した後につけ汁に少しスープ入れた後、それをを飲みながらご飯を食べるのがタマリません。
全て完食すると、これがまた『二郎』を食べたくらいの満腹感。


このトマトつけ汁に牛すじと美味しいライスがあればもう何もいらない。
(*´Д`*)
ご馳走様でした。

牛すじ野菜つけそば 竜馬 (つけ麺 / 神保町、御茶ノ水、新御茶ノ水)
★★★★ 4.5




tg-ryuman at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★らーめん | 千代田区

2009年09月11日

モンシュシュ ウィズ トラベルカフェ ラゾーナ 川崎プラザ店4

モンシュシュ 堂島ロールアップ


ラゾーナ川崎にあるモンシュシュで堂島ロールを購入。
たまに覗くと既に売り切れ状態だったのだが、この日は20時頃に行くと何故か行列もなく残っていた。
最近はこんな感じなのか、たまたまただったのか?それは不明。

ロールケーキといっても、外側だけをモッチリとした生地が覆うだけなので、クリームの存在感がかなり大きい。
それゆえにクリームの劣化はこのロールケーキにとって大事な事なんでしょう。
賞味期限は1日だけです。

モンシュシュ 堂島ロール(1200円)

クリームは北海道産の生クリームを使用ということですが、ベタつきも少なくてとてもサッパリしています。
ロール生地についてはモッチリと密度が高そうな弾力があり、主役のクリームに負けないように頑張っているという感じ。

クリームの中に何も入っていないシンプルなロールケーキなのですが、それにしては飽きがきませんでした。(・∀・)


モンシュシュ ウィズ トラベルカフェ ラゾーナ川崎プラザ店 (カフェ / 川崎、京急川崎)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★デザート | ケーキ

2009年09月10日

たまぞう 北府中3

たまぞう 味玉豚バク麺(750円)

東京農工大の目の前にあるお店。

カウンターのみの小さい店内で12時過ぎの訪問でほぼ満席だった。

メニューが多いので迷っていると、店員の女性が細かく説明をしてくれた。

メニューは大まかに
豚麺・・・九州豚骨系
豚バク麺・・・背脂こってり系
正そば・・・醤油アッサリ系
となっている。

今回は豚バク麺を味玉付きで注文。

ラーメンは背脂がぎっしり表面を覆っている。
スープは豚骨がベースだと思うが、多少魚系をブレンドしているのだろうか?
(豚麺と正そばのスープで調整しているのかも)
想像ほど脂のしつこさは無いのでそんなにもたれそうな感じはしない。
麺は黄色い細縮れ麺でわりとスープと馴染む。

具はチャーシュー1枚、岩海苔、ネギ、青菜、味玉。
味玉は半熟でそれ程味を染み込ませていない様だ。

バランスも後味も良いラーメンでなかなかのレベルだと思うのだが、ヤミツキ系では無い。

たまぞう (ラーメン / 北府中)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★らーめん | 23区外

2009年09月09日

栄華軒 小田原4

栄華軒 半チャーハンセット 塩ラーメン(850円)


小田原にはらーめん宿場町があるのだが、何故か一歩踏み入れる事が出来ない。

この日はこちらへお邪魔する事にした。

ラーメンと半チャーハンセット(850円)を注文。
ラーメンは醤油、塩、味噌と選べるが、今回は塩にした。

まず出てきたのは半チャーハン。
小さめの器であるが、かなりの盛りである。
茶碗1杯分はありそうだ。
そしてこの半チャーハンがあまり油を使用していないようでパラパラ感は無いものの、くどさが無くてとても良い。
具はほぐしチャーシューが混ざっており味付けも丁度良い。
栄華軒 半チャーハン


塩ラーメンはスープを一口飲むと、薄いのかな?と思うくらいサッパリしていたのだが、具などと合わせると丁度良い感じになった。
麺は細い平麺で手もみしているのか?かなり縮れていた。
この麺がアッサリしたスープによくなじむ。
具は画像では沈んでいるのだが、大きめの肉が1枚、もやし、メンマ、海苔1枚、ネギである。

中華屋さん半ちゃんラーメンとしてはかなりハイレベルである。
手打ち麺という設定が100円増しであるので、機会があれば試してみたい。


栄華軒 (中華料理 / 小田原、緑町)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★らーめん | 小田原市・足柄

2009年09月06日

デュベル デュベル・モルトガット4

Duvel ベルギービール


デュベルのビールです。
若かりし頃ツボルグを好んで飲んでいた時期があったが、海外ビールは久しぶりである。

店頭で500円程度と内容量が330mlにしては結構高めですが流石に美味い!
アルコール度数が8.5%と高めですが、程よい苦味と意外に軽い飲み口でグイグイ飲んでしまう。
また、泡のきめの細かさとその軽さがすごいなぁ〜と思いました。
この泡はまるでメレンゲです。
Duvel メレンゲの様なキメの細かさ


国産プレミアムビールも良いですが、この上面醗酵・瓶内二次醗酵には及ばないようです。


なぜこんなビールを買ったかと言うと
この本に影響されました(笑)。

この本はサッポロビール価値創造フロンティア研究所の編集によるビールのマニアックな本ですが、ビール好きには関心の高いものとなるかと思います。
飲み方や料理などはそれぞれ好みがあるだろうなぁと思いましたが、歴史やカテゴライズなどは流石。




tg-ryuman at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ビール・日本酒 | ★BOOKS

2009年09月05日

ルワンダの涙 マイケル・ケイトン=ジョーンズ4



94年にルワンダで発生したフツ族によるツチ族の大量虐殺を描いた映画。
BBC記者の原案をもとに製作され、虐殺を免れた人々がスタッフとしても参加している。
虐殺の様子などがリアルに表現されており恐ろしくなる。
原始的な衝動のように殺戮を繰り返す人々に対し、しがらみによってどうする事も出来ない国連。
憤りを覚えるとともに何かが足りない様な気がした。

tg-ryuman at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DVD