2008年03月29日

中国の不思議な資本主義 東 一眞3




中国って確かに不思議

1年間に回収した偽札は約174億円。
音楽ソフトの海賊版率は85%。
模倣品市場総額2〜3兆円。
国有銀行の贈収賄事件55件/年

とてもありえない数字である。
この数字から感じるのは、とにかく信用できない社会というイメージ。
でも実は社会は信用できなくとも、小さいコミュニティ(血縁、友人)では信用社会だったりするらしい。

中国社会を表現する事例にエレベーターの話があった。

エレベーターが到着したと思ったらすぐにドアが閉まった。
乗ろうとしていた人の肩がドアにぶつかった。
何故かというとエレベーターの中で急いでいると思われる中国人が閉まるボタンを連打していたのだ。

またこんな話もあった。
エレベーターが着いたのでみんな乗った。
すると重量オーバーを告げるブザーが鳴った。
しかし、誰一人降りようとする人がいなかった。

何れにしてもとにかく個人主義である。
これがマナーの悪さや社会的規範の薄さとリンクする。


現在の中国はというとチベット問題で揺れ動いているが、共産主義と仏教国はやはり相容れないものがあるのだろう。

オリンピックはホントに大丈夫だろうか??

tg-ryuman at 22:22│Comments(0)TrackBack(0) ★BOOKS 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔