◎横浜市 鶴見区・神奈川区

2011年05月15日

らーめん ShiNaChiKu亭 反町(横浜市)4

1年半ぶりの訪問でした。
こちらは、このあたりにしては駐車場が充実しているので車で行きやすいですね。

注文は、やはり塩ら〜めん。
他の味も美味しいと思うが、私は塩が好きですね〜。
今回はお腹が減っていたので、大盛にしました。


出てきたラーメンは、大盛なので器の面が広くなっています。
鶏ベースのスープは変わらず美味しいです。

麺は大盛なので、結構ありますね。
スープから若干出てしまっています。
スープ量は変わらないのかもしれません。
細麺はスルスルと食べやすく、歯ごたえも良くて美味しい。

具はチャーシュー2枚、メンマ、ネギ、柚子。
バラ肉+柚子がこのラーメンに合っている。

久しぶりですが、ブレも感じさせず、相変わらず美味しい塩ラーメンでした。

ShiNaChiKu亭 ( 反町 / ラーメン全般 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月03日

めん創 桜花 神奈川新町4

ここの麺は、弾力があって歯ごたえもよく、小麦の風味もしっかり残っていてなかなか好きなのであるが、機会が無くて約2年ぶりの訪問である。


店内は狭く、カウンターのみで相変わらず薄暗い感じである。
久しぶりだったので、とりあえずトッピングが全部入っている特性つけそばを注文。

暫く待って出てきたつけそばは、以前と変わらない見た目です。


麺は相変わらず力強い弾力で、噛み締めると小麦の風味がよろしい。
前より少しやわらかくなった気もするが、十分特徴的でウマイと思う。


つけ汁は、以前はデュラム粉にあわせるべきか、ちょっと洋風のテイストも感じたのだが、ここ数年は魚介と動物系で酸味を効かせたタイプのようである。

具は炙り肉と鶏のつくね、味玉、メンマ、ネギと盛り沢山である。
特にこの鶏のつくねは、酸味のあるこのスープによく合っている。
味玉はしっかりと味が染み込んでいる。

久々に食べるとこの店の良さを改めて感じますね。

店主の姿を見かけなかったので、姉妹店の『大和製麺所』に行っているのだろうか?
今度はそちらにもお邪魔しようと思います。

めん創 桜花 ( 神奈川新町 / つけ麺 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2011年01月07日

麺場 浜虎  横浜駅3

横浜駅周辺は東京副都心などと比べると、ラーメン密度は高くないのであるが、その中ではトレンドを感じさせるお店である。

この日は、例によって懇親会の後、横浜に着いて〆のラーメンを探していました。
しかし、既に22時を回っていたため選択肢は限られる。
こちらは夜中までやっていたはずと思い出し、久しぶりに訪問してみた。

おおよそ2年半ぶりの訪問です。
店内は22時過ぎではあるが、かなり混雑の様子。
どうにかカウンターに着席。
その後も並ぶ客が出てくる状態だ。

相変わらず工事現場風の内装で店員さんもワーク系のコスチュームである。
なにも変わらない気もしたのだが、久しぶりに来ると古さは感じない。
こういうコンセプトを持っているお店は、暫く時間が経つと店員さんの質が下がったり、陳腐化する事が殆どだと思うのだが、こちらはその点において頑張っている様に思います。
暗いので細かいところは分からないが、ラーメン店としては清潔そうなのが好印象ですね。

そういえばつけ麺を食べたことが無かったので、オーダーはつけ麺にしてみた。
大盛、特盛が無料だったので、大盛を注文。
流石に私も22時過ぎの特盛は自粛しました(笑)。


つけ汁は濃厚鶏白湯とメニューに表示があるのだが、ほとんど獣臭さは感じずに何故か和風を強くでています。
鶏白湯を想像しているとかなり拍子抜けであるが、万人受けを考慮した結果でしょうか?
この場合、こちらでオーダー時に好みを選択できるとありがたい気もしますね。

麺は白い平打ち麺で固めの食感です。
ほとんど無個性な麺なので、つけ汁に依存するところが大きい感じですね。
もう少し茹でてから〆た方が美味しくなるように思うのですが、どうでしょうかね?



具は鶏肉2枚、海苔3枚、メンマ、青菜、糸唐辛子。
鶏肉は薄いのでインパクトがあまりないですね。
海苔は固めで、つけ汁に漬けておいても表面に油がのるだけで汁に馴染まないので、麺とも合わせ難い。

麺がもう少しモッチリしていると全体的な印象はだいぶ変わりそうな気もする一杯でした。

麺場 浜虎 ( 横浜 / 塩ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月07日

鶴一家 横浜駅3

横浜近辺のラーメン屋で話題にあがっていたので訪問してみました。

一昔前のこの周辺は横浜でも薄暗い部分だったと思いますが、今はそんな事はお構いなしに人の往来がありますね。
横浜も以前より更に人の数が増えたような、そんな気がします。
お店の場所は電飾がハッキリ見えましたので、すぐに場所がわかりました。
鶴一家@横浜駅 外観

扉を開いて中に入るとカウンターがバーの様になっていて、奥にはテーブル席が見えました。
どうやらテーブル席は立ち飲みやと兼用となっているようです。

とりあえず並ラーメンの食券を購入しカウンターへ座ります。
好みは普通にしました。

店主一人ですが丁寧に作業をされているようです。

出てきたラーメンはチャーシュー1枚、海苔3枚、青菜という家系の基本スタイル。
鶴一家@横浜駅 豚骨ラーメン並盛(680円)

スープを飲むと表面の油が大目で、マッタリとしています。
豚骨は効いていますが、加えてマイルドな甘みを感じますね。
この感じは、おーくら家壱國家(今は三國家)などに通じる雰囲気です。
個人的には吉村家のパンチが効いたスープの方が好みですが、これはこれでアリだと思います。

麺は中太でモッチリしています。
茹で上がりはちょうど良かったです。
多少時間はかかっていましたが丁寧に作業をされています。

豚骨醤油以外にもメニューがあったので、機会があれば試したいと思いますが、豚骨ラーメンについては多少歩いても吉村家に行くと思います。

鶴一家 ( 神奈川 / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月12日

タイガー 京急鶴見4

タイガー@鶴見 タイガーメン・大盛(650円)

京急鶴見駅のすぐそばにあるお店。
タイガーという店名と外観がとても個性的で、幾度となく引き寄せられたが訪問するには至らなかった。
今回は躊躇しながらも、私の前に人が入っていくのが見えたので、勇気付けられて訪問してみました。

歴史のありそうな店内は奥行きがあり、なかなかの広さです。
テーブル席に腰掛けて、メニューを見るとタイガーメンというのがあったので、迷わず注文しました(笑)。

出てきたタイガーメンは大盛りにしたせいもあって、餡かけ野菜が山盛りになっています。
麺はどうなっているのかと下の方を探ってみると、細めの中華そばが出てきました。
タイガー@鶴見 タイガーメン 麺

サンマー麺ぽいのですが、具はモヤシ、ネギが中心なので若干異なるようです。
ただ、この野菜類が餡かけということもあって、かなりのボリューム感となっています。

麺はスープを吸いやすいので、熱々の餡かけを平らげた頃にはのび気味でしたが、まぁそんなに悪くないです。

この内容で650円というのは、なかなか良心的ですね〜。
チャーハンなどの飯ものを頼む人も多かったので、今度試してみたいと思います。


タイガー ( 京急鶴見 / 定食・食堂 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月10日

とろとろ肉そば てんか 鶴見(横浜市)4

とろとろ肉そばてんか 肉そば並(750円)

鶴見の人気店のこちらに訪問。
信楽茶屋を通り過ぎ、そのまままっすぐ行ったところにありました。
カウンターだけの店内は満席でしたが、ちょうど入れ替わりですぐに着席。
左側に券売機があるので、そこで肉そば・中盛を購入。

周りを見ると、汁なし坦々麺の様な、唐辛子で真っ赤になった変わり坦々麺を食べている人が半分くらいだったのですが、初訪なのでノーマルな肉そばとしました。

皆さん二郎の様に好みを伝えているのですが、ちょっとタイミングがわからずそのまま普通での登場。(事前に頼めばよさそうです。)

普通といえども、もやしが山型になっており、その野菜にとろ肉がのっています。
見た目、二郎っぽいので、味もそんな感じかと思ったのですが、スープは魚介系が強いものでした。
想像よりクドさもなく、このスープは悪くないかも。

麺は空き箱から浅草開化楼のもののようです。
かなり極太な麺で、低下水の粉を感じるタイプでした。
これは結構主張する麺ですが、スープに馴染ませて良く噛んで食べると良かったです。

具の肉は店名どおりトロ豚肉で、焼肉に出てきそうな雰囲気のものです。
焼いて脂を落とす訳ではないので、結構な脂量になってしまいますが、もやしとバランスをとって完食。

意外性のあるラーメンでなかなか面白かったです。


てんか ( 京急鶴見 / 醤油ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月22日

ラーメン厨房 麺バカ息子 鶴見4

ラーメン厨房 麺バカ息子 徹  特製つけ麺・極太麺・大盛(900円)

宮城からの帰路、新幹線の中で既に夕食は六厘舎TOKYOと決めていた。
東京駅に着いて早速、八重洲地下街のラーメンストリートへ向かう。
しかし遠くからも分かる人の列。。。
近くに行って見ると、六厘舎はおおよそ100人ほどの行列が。。。
一時期の麺屋武蔵 新宿本店や中村屋を髣髴させる凄まじさだ。
いくらなんでもそんなに並べない!

そういうことで、東京駅を後にして以前よりチェックしていたこの麺バカ息子へ向かった。
JR鶴見駅を降り、京急鶴見駅を通り越して暫らく歩くとありました。
しかしここでも行列が。。。
でもここは4人待ちだったので、我慢して列に並ぶ事にした。

暫らくして店内に入ると、狭い店舗に人がびっしり。ちょっと窮屈です。
つけ麺は、普通の中太麺と極太麺が選べる。
今回は、特徴的な極太麺の特製バカつけ麺を注文しました。
極太麺は茹でるのに時間がかかるのかと思ったが、それほどでもなかったので、あらかじめ準備しているのかもしれない。

出てきたつけ麺は、なるほど結構な極太麺である。
また、麺の後ろに大きい海苔が1枚付いてきた。
この海苔は自分で千切って好きなように食べれば良いようだ。
しかし、味とは無関係だが、照明が私の後頭部から当たっていて、近くで画像を撮影しようとするとどうしても影が映ってしまう!ムキーッ!!
ラーメン厨房 麺バカ息子 徹  特製つけ麺・極太麺

多加水の極太麺はすごく太くて弾力があり、つけ汁よりやや勝っているような感じがしたが、この店ならではの特徴を出している点が良いとおもう。
つけ汁は、濃厚なダブルスープであるが、まったりとクリーミーな感じがなかなか良い。
また、この手のスープにしては、魚がエグエグでなくて良かった。

特製は厚めのチャーシュー3枚と味玉が付いている。
ちゃんと炙られたような香ばしさがあるが、中はジューシーでやわらかくウマイ。
味玉はまぁ普通な感じである。チャーシューほどのインパクトは無い。
タマゴの剥き方がちょっとワイルドだ。

極太麺を大盛りにしたので、流石に途中でつけ汁がだんだん冷たくなってきた。
そこで、麺を完食する前に早めに割りスープを頼んだのだが、これは和風と豚骨から選択できる。
今回は豚骨を選んだが、これがマッタリ感を増してかなり私好みのスープとなった。
また、豚骨スープは臭味が少なく、丁寧な作業が窺える。

機会があれば、普通のラーメンも食べてみたい。



麺バカ息子 徹 ( 京急鶴見 / ラーメン一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月30日

らーめん ShiNaChiKu亭  反町(横浜市)4

らーめん ShiNaChiKu亭  塩ラーメン+味玉(850円)

前回訪問が2年9ヶ月前という久しぶりの訪問。
前回は味噌ラーメンを食べて美味しかったのだが、やはりここは塩や醤油が基本でしょう。

今回は塩味ラーメンに味玉をつけた。
基本のラーメンが750円なので結構お高めです。

カウンターのみであるが、圧迫感を感じない店内は、明るくて清潔な感じがします。
4歳児を連れて行ったのですが、幼児用椅子とお椀とフォークを貸してくれました。

ラーメンが登場すると、これは以前とほとんど変わらない外観ですね。
透明感のあるスープが綺麗です。
らーめん ShiNaChiKu亭  塩ラーメン アップ

スープは鶏のエグミを感じさせないものですが、出汁はしっかりしています。
塩味というだけあって、塩もきちんと主張しています。
麺は白くて細いストレートで、からむ事も無く食べやすかったです。
このバランスはなかなか良いですね〜。

具はバラチャーシュー2枚、刻みネギ、メンマ、味玉、柚子が多少。
チャーシューはやわらかくて脂身もありアクセントとしては良いです。
メンマはいつも思うのだが、店名にShiNaChiKuと付けている割にはどうって事はない。
他の意味があるのだろうか??
タマゴはややトロミがあるもので、黄身の味を感じるもので美味しい方だと思います。

接客はオーダーを間違えたり、注文の促し方とかがお客さんをもっと大事にした方が良いようにも思うが、ラーメンはなかなか美味しいと思います。

ShiNaChiKu亭 ( 反町 / ラーメン一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ





tg-ryuman at 14:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年01月26日

めん創 桜花 神奈川新町5




相変わらずすごい麺!
(′∀`)続きを読む

tg-ryuman at 12:00|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2008年08月08日

麺場 浜虎  横浜駅3




飲み会で中華を喰ってきたはずなのだが。。。続きを読む

tg-ryuman at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2007年03月16日

ShiNaChiKu亭 反町4

49d4925a.JPGShiNaChiKu亭
最寄駅:神奈川 / 東神奈川 / 反町
料理:ラーメン一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


この方の情報により行ってきました。

このお店は醤油と塩の支那そばや系のラーメンが美味いお店なんですが、期間限定の味噌ラーメンとは?

このお店らしい味噌スープはすっきりとして飲みやすい。
動物系のしつこさが無いので、丸鶏からの出汁オンリーなんだろうか?
にんにくの溶け込み方も上品な感じがする。

ガツンとくる味噌じゃありませんが、このすっきり感は面白いです!

tg-ryuman at 11:50|PermalinkComments(4)TrackBack(2)

2007年03月10日

湘丸 片倉(横浜市)4

dead9f10.JPG湘丸
最寄駅:片倉町 / 三ツ沢上町
料理:醤油ラーメン / 味噌ラーメン / つけ麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


全開訪問が1ヶ月前とは私にしては短期間でのリピート。

今回はつけ麺を食べてみました。

相変わらず魚介が効いたダブルスープです。
丁寧な作業でおいしいです。

ここは横浜ではありそうで無いお店なので、ぜひとも頑張って欲しいところです。

tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月09日

湘丸 片倉(横浜市)4

046f534c.JPG湘丸
最寄駅:片倉町 / 三ツ沢上町
料理:醤油ラーメン / 味噌ラーメン / つけ麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


看板がどことなくチェーンっぽい感じがして訪問が後回しになっていましたが、やっと行ってきました。

醤油らーめんは動物と魚介のダブルスープでこの近辺では貴重な存在。
そしてとても丁寧です。

鳥居式ラーメン塾の方は皆さん丁寧で真面目ですねー。

それなりに混んでいるのですが、もっと人が来ても良いくらいだと思います。
湘丸というネーミングはこの場所と関係ない感じがして、ちょっと損している気がする。

tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(6)TrackBack(2)

2007年01月23日

馬さんの店 龍仙  三ッ沢上町店3

馬さんの店 龍仙
最寄駅:三ツ沢上町
料理:中華粥 / 上海料理 / 飲茶・点心
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


仕事の新年会が中華街のローズホテルであったのですが、ほとんど食べてられませんでした。。。(この料理って重慶ですよねぇ。。。)

19時過ぎにピンで食べれるところはと『梅香亭』に向かったのですが、どうもピンとこない。

「!!」
「そういえば関内に行ってないラーメン屋があった!」
それは『ねぎごぼうらーめん つちや』です!
まさにこういうタイミングにふさわしい店だと本気に決め付けてまっしぐら。

店に着くと。
「!!!」続きを読む

tg-ryuman at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年12月01日

らーめん千座の岩屋 東神奈川(横浜市)4

ca34a85f.JPGらーめん 千座の岩屋
最寄駅:仲木戸 / 神奈川 / 東神奈川 / 反町
料理:豚骨ラーメン / チャーシューメン / 醤油ラーメン / ラーメン一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


千座(ちくら)の岩屋って種子島にある岩の事だったんですね。
ということは種子島らーめんなんでしょうかね?
黒豚をふんだんに使ったスープとの事です。
ちょっと甘いのですがいい感じのスープです。
とんこつらーめんといっても髄臭さもなく色々バランスをとっている感じがします。
豚の肉からの出汁が結構出てるんですかねー。
豚といってもそれなりに魚介系も入っているような。。。
甘みが後味で損してますんで残念。
お冷をジャスミンティーにするとか(笑)?

tg-ryuman at 20:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)