和食・寿司

2011年10月24日

ウイスキーディナー 山の上ホテル 御茶ノ水5

2011年10月24日、ウイスキーディナーなるものが御茶ノ水にある山の上ホテルにて開催されました。
一言でいうとサントリー社と山の上ホテルのコラボレーション企画です。
ウイスキーはサントリー社が提供し、その肴が山のホテルの和食というなんとも実験的且つ贅沢な試みかと思います。
縁あってRyumanも参加させてもらいました。

入り口で受付を済ませ、席へ座るとサントリー社のPRビデオが流されていました。
ウイスキーの拘りを伝えるもので、期待が膨らみます。
とりあえず、ウェルカムドリンクのウイスキーソーダが提供されます。
ウイスキーは普段はあまり飲まない私ですが、このソーダが美味しい事は良く分かります(笑)。
しかし、こんな私ですが、この会について行けるのでしょうか?

暫くすると、どこか個性的な老男若女が次々と集まってきました。
全部で20名弱くらいですかね。

司会進行はサントリー社の元チーフブレンダーと山の上ホテル料理主任によって進められます。

まずは下記の前菜が提供されました。
温燻柿見立(スモークサーモン)、穴子鳴門南蛮漬壬生菜菊花浸し帆立山吹和え合鴨ロース紅葉蒸し菊菜松の実和え京芋蕎麦の実餡(画像は芋を1個食べた後です。。。)
そして合わせるウイスキーは、白州12年ソーダ割りです。


7点の前菜はどれも凝っていて流石と思いますが、目を引くのはスモークサーモンを柿に見立てた温燻柿見立です。
そしてこの温燻柿見立は、流石にスモーク繋がりということもあって白州ソーダ割りとの相性が良いですね〜。
また、ふくよかで肉厚のある合鴨はそれだけでとても美味しいですが、ソーダ割りと合いますね。
帆立は割いて軽く炙ってあるようで、これも良いです。
他の菜ものや芋は、繊細なので、このソーダ割りの濃さ以上だと難しそうです。
そういう意味では、ウイスキーの調整も微妙な感性が要求されると言うことが分かりました。

次に煮物です。
内容は、松茸と和牛サーロイン すき焼仕立 紅葉麩 ミニアスパラ です。
合わせるウイスキーは、白州18年 濃い目の水割り です。


まずは、松茸を食べた後に水割りを飲んだのですが、これは完全に松茸が負けてしまいます。
あぁ。。。ちゃんと考えて食べなければ。。。
すき焼と水割りは良く合います。
しかし、水割りを沢山飲むとこれは口がスッキリして良いのですが、牛肉の旨みの余韻が消えてしまいます。
そこで、水割りの飲む量をチビチビにして、その混ざり合い具合を味わいながら飲むという事がよさそうです。
その後、サントリーの方も同様の話をしていました。
特に松茸については、水割りを舐める程度で充分かと。
既にウイスキー3杯目なので、少し酔いがまわって来た感じです。

次に凌ぎとして、笹巻き栗おこわが提供されました。
ウイスキーは響17年のお湯割りです。


サントリーさんの話では、ここはウイスキーを無しにすることも考えたらしいのですが、結果的にお湯割りを合わせてみることにしたそうです。
たしかに栗おこわとお湯割りの相性は微妙です。
付け合せの漬物は合いますが。。。
ただ、おこわを食べた後にお湯割りを飲むとサッパリとしますね。
響のお湯割りは美味しいですが、4杯目で更に酔いがまわってきました(笑)。
参加された方々も大分ほぐれて来た様で、意見交換も活発になっていました。

次は焼き物です。
真名鰹西京杉板焼 水晶杏 松葉銀杏 はじかみ です。
対してウイスキーは、山崎18年 オン・ザ・ロックスとなります。


ここに来て、鉄板の組み合わせともいうべき料理が登場しました。
この杉板焼により、真名鰹から上品にスモークされた匂いがしてきます。
これに充分熟成された深い山崎の香りがミックスされると素晴らしいですね。
これは、逆にウイスキーが負けてしまうかもしれないという事で、オン・ザ・ロックスでの提供です。
濃度については自分の舌で調整すれば、一番良いところが見つかるはずです。
銀杏も塩が効いているのでウイスキーとよく合いますね。
これは間違いなくアリの組み合わせです!

そしてお食事です。
贅沢に本鮪の 鮪握り三種 中とろ・炙り・赤身漬け です。
ウイスキーは山崎12年 ソーダ割りが選択されました。


山の上ホテル料理主任から、漬けの熟成について話がありましたが、本当にこの漬けは素晴らしいです。
より円やかに、鮪の中で旨みが凝縮されたようになり、この日一番のご馳走です。
本来の目的を忘れてしまいましたが、この漬けとソーダ割りは残念ながら一緒に味わうことが出来ませんでした。
旨みを閉じ込めた炙りも、上品な脂の中とろも美味しすぎる!
最後にソーダ割りを飲み干すと、既に6杯目です。

〆のデザートは水菓子です。
彩り果実盛り という事で、クラウンメロン、柿、ぶどうでした。
ウイスキーはブレンド前の原酒ということで、山崎ミズナラ ストレート が登場。


このウイスキーは日本のミズナラで樽を作り醸造したものです。
通常は購入することが出来ないもので、サントリーさんが特別に持参されたものでした。
トロミを感じるこの原酒は、やはりフルーツの甘みを増幅する役割があるようです。
かなりのアルコール度数かと思うのですが、とても滑らかで喉に引っかかる事もありませんでした。
7杯目ですが、このミズナラは奥深い甘みがあり、不思議と後を引くもので、もう一杯飲みたくなる感じです。

これで、今回のディナーは終了です。

参加する前までは、ウイスキーと日本食が合致しなかったのですが、漸く理解できたようです。
特に真名鰹西京杉板焼と山崎18年 オン・ザ・ロックスは良かったですね〜。
今回の料理もウイスキーもそれぞれで最高のものでしたが、自分でもウイスキーと料理の組み合わせは色々とやってみる価値はありそうです。
また、ウイスキーと料理をあわせるときは、その濃さを自分の舌で調整する必要がある事が良く分かりました。

しかし、ウイスキー7杯ということもあり、私も含めた参加者の皆さん方は、かなり上機嫌かつ興奮気味に帰っていかれたようです(笑)。

tg-ryuman at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月14日

魚菜小売市場 陸奥湊(青森県)4

こちらは、市場の中のお店で販売している刺身や惣菜を購入し、別売りのご飯とあわせて食事するというスタイルのお店です。
市場という性質上、朝から昼間での営業なので、朝ごはんを食べるのが通常かと思います。
私の場合は都合上、昼時に訪問したのですが、まだ営業しているお店があったので昼食として頂きました。

既に刺身系は殆ど終わってしまっており、唯一残された近海魚の小魚である『せぐろ』を購入。
また、惣菜系のお店で、『うにの貝焼き』『たらこ』も購入。
せぐろが100円で、うにの貝焼きが350円、たらこが200円です。
ご飯は100円だったので、合計で750円の定食が完成!


せぐろはどのように食べるのが良いかお聞きしたところ、酢で食べるのが一般的との事でした。
酢は臭味を消してくれますが、多少のクセがありますので、私は醤油も掛けて食べました。
なんというか、ご飯にも合わない訳ではありませんが、やはりお酒が合いそうです。

うにの貝焼きは、小さいのを購入したのですが、中までうにがギッシリつまっており、甘みが凝縮されており美味しいです。
これが350円とはいいですね〜。
うぅ。。やはりこれもお酒が。。。

たらこは一食分にしては相当な量です。
これはご飯とバッチリ合います。
ただ時間が遅かったせいか、ご飯が少し冷え気味でした。
ぜひホカホカのご飯をあわせたかったですね〜。

しかしこれだけのバリエーションで750円とはスバラシイです。

また、遅い時間の訪問ということもあって、お店は営業終了モードだったところが多かったのですが、皆さんに親切にして頂きました。
機会があったら朝ごはんに再訪したいです!

八戸市営魚菜小売市場 ( 陸奥湊 / 定食・食堂 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月22日

友栄 風祭(小田原市)5

食べログのお食事券プレゼントに当選してご招待をいただきました。
たまには良いことがありますね〜。
ありがとうございました!

箱根観光とも合わせて訪問を考えていたのですが、どうも天候に恵まれず、お邪魔した日は雨がちの曇りでした。
お店に来たのは初めてですが、この前は良く通っていましたよ。
ここだったんですね〜。

天気は良くなかったのですが、こちらの店内はほぼ満席状態。
なかなか人気のお店ですね〜。

席はお座敷へ案内されました。

さて、コースはまず先付けの五種盛りが登場です。


蛍烏賊山椒味噌、ほや塩辛、筍、きゃらぶき、こごみ、山葵漬、抹茶豆腐、海苔、プチトマト
沢山の種類で楽しいです。
と言うか、5種以上あるんですけど(笑)。
あぁ。。。車で来なければ、確実に、絶対的に日本酒が欲しいところである。

そして次に登場は、はまちの重ね盛りです。


幾十にも盛られたはまちの上には、雲丹とイクラがなんとキウイの上にトッピングされています。
味付けは出汁醤油のようなものをジュレ状にして散りばめています。
大根や人参が綺麗に盛り付けられており、洋風な雰囲気です。
なかなかのボリュームです。

3品目は、水茄子の酢味噌がけです。


水茄子のサクッとした食感に酢味噌が爽やか。
紫蘇の葉、ネギ、茗荷のトッピングも丁度良いです。

これと同時にごりの南蛮漬けも出てきました。


小さなごりに衣を付けて揚げてあります。
またまたお酒が欲しくなりますねー!!
丸ごとのごりですが、若干ガリッと来る事があるので、カリッと揚げられていると良かったと思います。
小さいので手間が掛かりそうですが。。。

お次はとうとう鰻が登場。
しら焼きです。


薬味は山椒味噌、山椒醤油、柚子胡椒でいただきますが、そのままでも美味しいです。
フンワリと程よく脂の落ちた鰻が口の中でとろけます。
この薬味はそのままお酒とも合いそうです。。。(涎)

そして満を持してうな重と胆吸いが運ばれてきました。


コース中のお食事なので、鰻は1枚です。


フンワリとした鰻は脂がトロリとしており、口どけも素晴らしい。
この鰻はアオうなぎと言うらしい。
私はもう少し皮が香ばしいのがベストだが、これでも充分ウマイ!!
後でホームページを見ると焼き加減など注文ができるそうなので、好みがあれば事前に伝えておけば良いようです。
散々食べた後の鰻であったが、ハッキリ言ってもう一食くらい平気で食べれそうな鰻である。
やっぱり鰻ってイイですね!

最後にデザートはぴいなっつ豆腐です。


ピーナッツを混ぜて作った豆腐に黒蜜が掛かっています。
地味ですが、なんともやさしいデザートですね。

鰻のお店ではありますが、コースの内容が充実しておりトータルの満足度が高いと思います。
お酒の合う料理も多いので、一杯やりながらであれば最高でしょうねー。(車で来たのが悔やまれます。)
鰻については、好みは事前に伝えておけば良いようです。
そのままで充分美味しいですが、個人的には若干皮を香ばしくしてもらったらと思います。
(実際やってみないと分かりませんが。。。)

お店はそれほど大きく無いですし、人気店ですから事前に予約をする必要があるかと思います。

今回はご招待でしたが、ぜひ再訪したいと願います!


tg-ryuman at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月07日

大助 海鮮問屋 新潟(古町)4

1年半前と同じシュチュエーションだったので、前回の印象が良かったこちらへ訪問。
外の人通りはそれ程でもなかったのですが、2階の入り口から入ると店内には結構人がいました。

そして注文はやはり前回同様に樽盛りで。
出てきた樽盛りは、期待を裏切らない品種の豊富さ!


刺身の厚みも結構なものです。
今回も十分に堪能いたしました〜。

大助 海鮮問屋 ( 白山(新潟) / 居酒屋 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月22日

韻松亭 上野5

親族の祝い席に御呼ばれをしてお邪魔しました。
こちらは上野公園を開園した明治6年の後、明治8年から始まる老舗らしい。
店舗は内装を修繕しながら当時の建屋を使用しているというから、運良く震災、戦災も免れたのかと思われます。
画家の横山大観の別宅だった事もあるという佇まいはとても風情があります。

いくつかの部屋の内装は新しくリニューアルがされているようですが、案内されたのは割と落ち着いた歴史を感じさせる部屋でした。
窓からは紅梅が、下には五條天神社、その先には弁天堂まで見えました。
梅も良いですが、桜の時期は素晴らしいでしょうね〜。


さて料理は豆菜料理ということで、いきなり先付けが5種類の豆です(笑)。
青大豆が塩で味付けされているだけなのですが、これがウマイ。


そして2品目は、紅白生麩の椀。
この生麩がモッチリとしてちょっと濃い目の白味噌がよく合います。
生麩って美味しいですね〜。


次にお造り、精進盛り合わせが運ばれてきます。
精進盛り合わせは、よもぎ麩、おから、こんにゃく刺、湯葉重ね揚げ、蒲鉾と色々と楽しめました。
おからがボール状で面白いですね。


そして真打ともいえる湯葉刺しが登場。
この湯葉刺しがとても滑らかでウマイ!ウマイ!
御代わりの湯葉まで付いてくるのが嬉しいですね〜。


料理は次々と出てきます。
さらに海老とホタテの揚げ物が出てきました。
特に不十分さは無いのですが、やはり揚げ物があると私的には有難いですね〜。
海老の身が引き締まっていてウマイ!


次の煮物は、麩と湯葉がまた使われてますね〜。
この麩と湯葉はいくらでも食べれちゃう感じです。
割り醤油で味の変化をつけられますが、私はこの麩と湯葉は全然飽きませんよ〜。


かなり満足しているところですが、最後にお食事が出てきました。
大根ご飯にとびっ子がかかっています。


この大根飯が侮れなくて、それ程味付けがされていないので、素材の風味が良く感じられます。
同じタイミングで赤出汁と漬物も出てくるので、ご飯が進み、思わず2杯食べてしまった(笑)。


最後はほんのり甘い豆腐とキウイのデザート。
これは軽めですが、既にお腹一杯なので丁度良いです。


歴史ある佇まいや豆菜料理ということで、私の様な大食漢には少し物足らないものかと想像していましたが、かなりお腹も満足でした。
そして沢山食べたのですが、もたれた感じがしないのは流石ですね。
これは豆菜料理に開眼してしまうかも??
ご馳走様でした!


子供用のお膳も凝っていて美味しそう。



主役は残念ながらまだ食べれませんが、お膳はこちら。



韻松亭 ( 京成上野 / 会席料理 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 15:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月30日

かっぱ寿司 都岡店(横浜市)3



年の瀬の12月30日のお邪魔しました。
結構な混み具合で、それなりに待ちました。
皆さんファミリーで来ています。
特に小さい子供が多いですね〜。

暫くして奥のテーブル席に案内されました。
ここは殆どが100円/皿です。


タッチパネルで注文が出来るので、流れていないお寿司の発注も簡単です。
板さんが忙しそうにしていると、頼むタイミングに気を使いますからね。
また、オーダーしたお寿司は電車の形をした台にのって届けられるので、子供も喜びます。


タネは珍しいものはあまり無いですが、割り切って変わりネタやサラダ系軍艦などを混ぜて食べた方が意外と満足します。
ここでは細かいことを言わないほうが楽しめますね。




かっぱ寿司 都岡店 ( 鶴ケ峰 / 回転寿司 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月28日

三州屋 神田本店4

ランチは定食を何度も頂いておりますが、今回が初めて夜の訪問でした。
年の瀬の12月28日、18時を回ったころでしたが、店内はほぼ満席状態。
年齢層は高めで、皆さん魚が好きなんでしょうね〜。
おばちゃんに案内されて、座敷席へ着く。

今回頂いたのは、刺身の盛り合わせ、銀むつあら煮、お新香でした。
お酒はビールと白鶴。
刺身はマグロ、たこ、いか、ブリ、アジ、ホタテの6点盛。
これに白鶴でもう完璧でしょう。
大衆割烹 三州屋 神田駅前店 刺身盛合わせ(940円)


更におばちゃんオススメの銀むつあら煮の登場。
大衆割烹 三州屋 神田駅前店 銀むつあら煮(650円)

脂ののった銀むつですが、この脂は蕩けて消えてくどくない。
おいしいなぁ〜。
いつも昼に来たときは焼き魚を頼んでいましたが、この銀むつも悪くなさそうです。

他にも色々と美味しそうなメニューがあるので、またお邪魔させていただきま〜す。


三州屋 神田本店 ( / 魚料理・海鮮料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月14日

ガキ大将 清水魚市場4

観光の方々はこのお店の前のおがわで並んでいることが多いようですが、こちらのガキ大将は割りと気軽に入れる感じです。
メニューも割安なランチセットなどがあり、今回はお得なAランチを注文しました。
Aランチは海鮮丼と桜海老かき揚丼がセットになります。
ととやガキ大将@清水魚市場河岸の市 Aランチ(800円)

海鮮丼は、マグロぶつとハマチの切り身の上にとろろがかけられています。
マグロ、ハマチの切り身はぶ厚くてなかなかのボリュームです。
酢飯が面白くて、シャリに桜海老とシイタケが混ぜられていました。
特に桜海老の風味とギシッという食感がなんとも贅沢です。
ととやガキ大将@清水魚市場河岸の市 Aランチの海鮮丼

桜海老のかき揚丼は、一見どこかの駅蕎麦のようなグレード感なのですが、実際に食べてみると桜海老がタップリ入っています。
流石に生を揚げた訳ではなさそうなので、サクフワッと言うわけにはいきませんが、思ったほど油っこくなくて良かったです。

この2つの丼に、かに汁と漬物が付いて800円とはスバラシイ。

ととや ガキ大将 ( 清水(静岡) / 魚料理・海鮮料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月25日

お食事処 大原 早川漁港(小田原)4

お食事処 大原 刺身3点とアジフライ定食(1200円)

早川漁港すぐ傍にあるお店。
前回この漁港に来たときは魚市場食堂で食べたのだが、その時にこちらに人が集まっていたので気になってました。
店内はテーブル席が数席でそれ程広くありません。
今回は直ぐに座れましたが、その後数人が待っている状態でした。

この辺りのお店ではやはりアジフライは外せないと思ったので、アジフライと刺身3点の定食を注文。

定食の内容は、アジフライ2枚、マグロ、ハマチ、タコの刺身にご飯、味噌汁、小鉢、漬物が付いてきます。
そこそこのボリューム感です。

さてアジフライはというと、やはり表面がサクサクで身はフンワリです。
冷凍もののガリガリとは全く異なる食べ物のように思います。
このアジフライなら毎日食べれるな〜。

刺身はどれも身が締まっていて美味しいです。
特にタコは良かったです。
地物なんだろうか?
お食事処 大原 刺身3点とアジフライ定食 の刺身

私的には若干ご飯をもうちょっと欲しくなりましたが、普通の方なら十分だと思います(笑)。

お食事処 大原 ( 早川 / 魚料理・海鮮料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月24日

魚苑にんじん 直江津(新潟)4

夜の直江津駅

直江津に到着してとりあえずGWに行き損ねて心残りだった寿司割烹ふる川へ向かったのだが、爆安の定食は昼のみで『夜は寿司になっちゃうよ』とお店の人に言われたので、その周辺を覗いて見る事とした。

直江津の街は暗くてパッとしないのだが、路地裏にはスナックやら飲み屋が意外に集まってますね(笑)。
直江津港は漁港ではなく、輸送の要として中国や韓国などと定期的な航路で結ばれているそうだ。
そんな所なので、港湾関係者や遠方から来た旅人をもてなす場所が必要なんだろう。

そうは言っても土地勘も無く、いきなりその辺の飲み屋に飛び込むほど度胸が無いので(飛び込んじゃう時もあるのですが。。。)、あらかじめ宿でもらった手製の周辺ガイドを参考にこのお店に辿り着いた。
この手製の周辺ガイドには宿の女将さんのおススメ情報が書いてあったのだが、この『にんじん』には『海鮮丼』と記されていた。

お店に入ってビールを頼み、とりあえず海鮮丼を頼んでみると、個性的な大将が『もうご飯?』というので、とりあえずおススメの岩牡蠣をもらう事とした。
訪問したのは8月下旬であったので、まさにシーズンだったのだが、佐渡で採れたというこの岩牡蠣はミルキーでプリッとしており臭みも無くてとても食べやすい。
魚苑にんじん 岩牡蠣

こんなの食べたらビールじゃ我慢できなくなったので、とりあえず冷酒を小瓶で追加した。

冷酒を頼むと大将が小鉢を2つこさえてくれた。
その1つがイカの塩辛で、肝量が2倍というのだが、これがまた酒に良く合う。
もうひとつは印象に無いのだが酢の物だったと思う。

そのうち、お店に居た長野から来たお客さんや大将と話しているうちに調子が上がってきて冷酒を1本追加。
もう海鮮丼のことは忘れて、イカの塩辛をもう1皿つくってもらった。

そして最後に大将が鯖の刺身を出してきた。
この鯖も脂がのってウマイな〜。
魚苑にんじん 鯖刺身

ちょっと海鮮丼を食べて失礼するつもりが長居しちゃった。


魚苑にんじん ( 直江津 / 魚料理・海鮮料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月01日

すし玉 ルミネ横浜店3

すし玉@横浜ルミネ 椿にぎり(2,625円)

横浜港の花火大会に行く際にルミネ横浜の7階にあるこちらへ食事に寄りました。
店内には食べ放題に来ている人がかなり多いと感じましたが、花火が控えていましたので今回はおきまりの椿にぎりを注文しました。
すし玉@横浜ルミネ いくら手巻き、鯵、鰯、細巻き(梅きゅうり)

椿にぎりはマグロやウニ、カニ、エビなどで10貫の構成。
寿司だねとしてはそれ程インパクトは無いのだが、中では鯛がなかなか良かったです。
シャリについては噛み応えがしっかりとしていて、個人的には好みでした。
また、追加で頼んだ鯵と鰯は美味しかったので、セットの中にも入れてもらった方が良かった感じです。
すし玉@横浜ルミネ 椿にぎりに付いてきた茶碗蒸し

椿にぎりには茶碗蒸しが付いていますが、蟹風味であってもそれ程具が入っていないのでやや拍子抜け。

この日のシャリなら今度は食べ放題に来ても良いかな〜という感じ。


今回はそごうとスカイビルの間から見た。
神奈川新聞 花火大会2010.8.1


築地玉寿司 横浜ルミネ店 ( 横浜 / 寿司 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月14日

斎太郎食堂 石巻(宮城県)4

斎太郎食堂@石巻 入り口

以前にこちらへお邪魔したのは2年半以上前。
そのときは、刺身盛り合わせ定食を頼んだのだが、様々な刺身が盛られている中で、金華かつおが抜群にウマかった記憶がある。
そこで、時期はどうかとも思ったのだが、かつお刺身定食を注文。

程なくして、『かつお定食の方〜』っと呼ばれました。
この市場食堂は割と広くて、また市場関係者以外のスーツ姿の利用者も多く、昼時は割りと活気があります。
皆さん普通に500〜600円の日替わり定食やそばなんかを頼んでいます(笑)。
斎太郎食堂@石巻 かつお刺身定食(870円)

さてかつお刺身定食ですが、厚めのかつお刺身が7切れ付いてきました。
ちょっとつつくと、冷凍ですか?
中心が少し凍っています。
一切れ食べると、脂がのっており旨みが良いですね〜。
って言うことは、昨年の戻りかつおって訳ですか?
斎太郎食堂@石巻 かつお刺身定食 かつおアップ

少し時間を置いて自己解凍しながら食べすすみますが、ホントウマイな〜。
これが870円なんですから、コストパフォーマンスに優れてますね〜。


斎太郎食堂 ( 渡波 / 刺身 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月13日

まんぷく食堂 釜石(岩手県)4

まんぷく食堂 ミニ海宝漬定食(2000円)

釜石駅を降りて右側を見ると、サンフィッシュ釜石という施設がある。
ここは魚市場になっているが、その2階にこのお店がありました。
東北ではよく見かける海宝漬ですが、このまんぷく食堂の本店にあたる中村家の料理とのことです。
そういう訳で、このお店にもミニ海宝漬定食なんてのもあるのですが、2000円と平日の昼飯にはちょっと贅沢すぎるか?
でもオーダーしちゃいました。

海宝漬は、鮑の貝の中にメカブがタップリで、鮑、イクラも入っています。
このメカブの粘りが強く、美味しかったです。
味付けはちょっと濃い目なので、ご飯がすすむ。
まんぷく食堂 ミニ海宝漬 アップ

マグロ、イカ、タコの刺身も付いているが、特にタコが新鮮でウマかった。
まんぷく食堂 ミニ海宝漬定食の刺身(マグロ、イカ、タコ)

また、牛肉と野菜の煮物も自然な味付けが良かったです。

おかずがかなり充実しているので、思わずご飯をおかわりしました(笑)。


まんぷく食堂 ( 釜石 / 魚料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月02日

五頭の山茂登 新潟店4

五頭の山茂登@新潟店 入り口

五頭山の麓にあるお店の支店のこちらへお邪魔しました。

休みの日には満席になってしまうほどの人気のお店らしいのですが、開店後すぐに訪問してなんとか問題なく入れました。
店内は座敷やテーブル席などが沢山ありますが、スペースがかなり広くとられており開放的です。
今回は座敷へ座りました。

まずビールをいただくと、出てきたのは鯛のお通しですが、肉厚に切られた鯛がプリッとしていてなかなか美味しいです。
五頭の山茂登@新潟店 ビールのお通し

また、納豆を挟んだ栃尾の油揚げも香ばしくて美味しかったです。
五頭の山茂登@新潟店 油揚げ

その後、釜飯セットの漬物と煮物が出てきて、それをつつきながら待っているとようやく五目釜飯の登場です。
五頭の山茂登@新潟店 釜飯のセット

もちろん釜飯は注文を受けてからつくるので多少時間がかかるのは常でしょう。
五頭の山茂登@新潟店 釜飯外観

五頭の山茂登@新潟店 五目釜飯

早速釜から茶碗に取り分けていただきまーす。
五頭の山茂登@新潟店 五目釜飯 取り分け

五目だけあって、鮭、帆立、海老、キノコ、竹の子、山菜、銀杏など具材もさまざまです。
一口目は、薄味な感じでちょっとインパクトは薄い感じがするのですが、具材からの旨味っていうよりも固めに炊かれた米が何よりもウマイということに気づきます。
噛み締めると米の甘みがどんどん増してきます。
魚介やキノコの旨味成分が強すぎるとそこが感じにくくなってしまうのでしょう。
五頭の山茂登@新潟店 五目釜飯 おこげ

しばらく食べると釜にくっついたおこげ部分が出てくるのですが、出汁が染み込んだこのおこげも香ばしくてウマイ!
いや〜非常に満足度する釜飯ですよ〜。
米、山海の食材が豊富な新潟だからこその釜飯ですねぇ。
五頭の山茂登@新潟店 茶碗蒸し

最後に茶碗蒸しもいただいたのですが、これは出汁がハッキリと感じられるもので、中の具も沢山入っていてとても美味しかったです。

五頭の山茂登  新潟店 ( 関屋(新潟) / 和食一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月21日

もりもとや 新居浜(愛媛県)4

もりもとや 外観

タクシーの運転手さんのご紹介で訪問しました。

21時を過ぎていましたが、店内にはお客さんが数組。
お店周辺の人影から考えるとそれでもかなりの集客だと思います。

ふぐはもう時期から外れているのですが、まだ作れるという事で、まずは『ふぐざく』を注文。
このふぐざくは、私は初めてだったのですが、ふぐの皮や肉を細切りにしたものへ白子と紅葉おろし、ポン酢などで食べるものです。
白子はふぐのものを使いますが、カワハギなんかも用いるようです。
シーズンから外れていたので、今回はカワハギだったでしょうか。
もりもとや ふぐざく

初めて食べたふぐざくは、ザクザクした食感にポン酢と紅葉おろしの爽やかな味付けと、白子のコッテリした感じがなかなかのバランスです。
ふぐをこんな風に食べたのは初めてですが、アッサリと完食。
もりもとや エビフライ

次にエビかつを頼んだのですが、想像していたものとは異なり、小さなエビが7匹ほど串刺しになって揚げられたものでした。
これが程よい塩加減になっており、お酒の肴に丁度良いです。

そして、他に何かおススメは無いかと大将にお聞きすると、ふぐざくの器に湯豆腐を入れたらよいとの事だったので、そのままそれに従い、湯豆腐を入れてもらいました。
もりもとや 湯豆腐(ふぐざくの食べ後に入れた)

ふぐざくの器にはポン酢、紅葉おろしなどが残っていますが、湯豆腐を入れてもらうと、なるほど良く合います。

最後に釜飯を頼みますと、閉店も近いタイミングだったのですが、快く応じてくれました。
もりもとや 釜飯(850円)

釜飯の具は鯛ですが、これがフンワリと蒸されておりなかなか美味しいものです。
もりもとや 釜飯 茶碗に盛って

米もちゃんと釜で炊かれており、出汁が染みこんでおりウマイ!

また近くに来るような事があれば、お邪魔したいですねぇ。

もりもとや ( 新居浜 / その他郷土料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)