居酒屋・バー

2011年07月08日

世界のカクテル 山荘 野毛4

野毛の小路に光り輝く緑色の看板。
良く見ると山荘と書いてある。

雑踏を離れ、山荘でゆっくり静かにカクテルでも飲みましょう。。。

。。とドアを開けると、なにやら騒がしい?
二階ではカラオケ?

今日は何か団体でも入っているらしい。
まぁ仕方ない。こういう山荘もあるでしょう(笑)。

ソファーに座り、オーダーは『山荘』とうい名のカクテル。
過去数回の訪問では、ポピュラーなものを頼んだと思うのですが、このオリジナルカクテルの存在に気づきませんでした。
なにやら山をイメージしたとの事です。


ベースはジンで、ミントが入り、月桂樹がのっており、グラスの縁には塩が付いています。
飲み口はミントがさわやかで、ジンがスッキリしています。
少し甘さが残るのが、また後を引く感じです。
なかなかよろしいんじゃありませんか〜。

80歳を超えるマスターが居たはずですが、この日は不在のようでした。
お元気だろうか?

世界のカクテル 山荘 ( 桜木町 / バー )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

三陽 野毛5

第一亭を後にして、二軒目に三陽はどうだろうか?と覗いてみると、中のテーブル席が空いているらしい。
久しぶりの野毛で外せないのは、この三陽の餃子である。



相変わらず狭い店内だが、三陽とはこういうものである。
テーブルに座るとまずバクダンがだされた。
これを食べることで始まりとなる。


『いや、ちょっとニンニクは。。。』などとはあり得ないのである。

ビールを頼むと同時に、おつまみ三兄弟(焼き餃子、ネギ鶏、豚バラ肉のネギ炒め)を勧められるので、とりあえず全部注文し、焼餃子だけを2人前追加した。
ここは素直さが要求される。
オリジナリティーを発揮するにはまだ早過ぎる。

早速だされたネギ鶏は特製のタレで炒められており、白髪ネギが敷かれている。
鶏はやわらかく、香ばしく、味が濃いのでビールが進む。


次に餃子と豚バラ肉ネギ炒めが一気に出てくる。
餃子は3人前にしたので、結構なボリューム感である。
一口頬張ると、練りこまれたニンニクの香ばしさがスゴイ。
相変わらず、ウマいですねー!!
すかさず、2、3個連食してしまう。


豚バラ肉のネギ炒めは、バラ肉とネギ、キャベツが炒められている。
餃子の餡がマッタリしているため、こちらのネギ、キャベツの歯ごたえのバランスが良い。

そうこうしているうちに、おつまみ三兄弟はあっという間に無くなった。

次に餃子をもう一枚頼もうかと話していると、店主がクーニャンを薦めてきたので、そのまま注文。
クーニャンとは何か分からなかったのだが、エビ、イカ、ネギ、ピーマン、ニンジンを特製ダレで炒めたものだった。


ずっと動物系だったので、たまにはこういうのも良い。
(※後で調べたところ、クーニャンとは中国語で若い娘の意味だった)

すっかり満腹となり、店を出た。

ラーメン三陽 ( 桜木町 / 餃子 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

第一亭 野毛4

野毛で飲むのも久しぶりだが、こちらも2年半ぶりの訪問である。
友人3人で飲む予定であったが、とりあえず早く到着した2名で時間合わせに飛び込んだ。

既に19時をまわっていたので、店内は混雑している。
なんとか待つことなくテーブル席へ座ると、ホルモンを注文。
この店ではホルモンを頼まなければ。
そしてもう一品はピータン

ホルモン炒めですが、こちらはちょっとピリッとした味噌味でネギと一緒に炒められています。
ホルモンはぶつ切りにしており、プリッとした歯ごたえが良いですね〜。


そして味付け、炒め具合が素晴らしい!
塩味のチートも美味しいんですが、ホルモンは外せないですね。

そしてピータン。
2個分をカットしていますが、黄身の濃厚な味がしっかりしてますね。


こちらでピータンを食べたのは初めてですが、ちゃんとしたピータンです。
ネギともよく合います。

瓶ビールが1本空いた頃に待ち合わせの友人から連絡が入ったので、とりあえずこれだけで退店。
なかなか充実した内容で、この日の野毛は幸先よい。

第一亭 ( 日ノ出町 / 台湾料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月07日

大助 海鮮問屋 新潟(古町)4

1年半前と同じシュチュエーションだったので、前回の印象が良かったこちらへ訪問。
外の人通りはそれ程でもなかったのですが、2階の入り口から入ると店内には結構人がいました。

そして注文はやはり前回同様に樽盛りで。
出てきた樽盛りは、期待を裏切らない品種の豊富さ!


刺身の厚みも結構なものです。
今回も十分に堪能いたしました〜。

大助 海鮮問屋 ( 白山(新潟) / 居酒屋 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月28日

三州屋 神田本店4

ランチは定食を何度も頂いておりますが、今回が初めて夜の訪問でした。
年の瀬の12月28日、18時を回ったころでしたが、店内はほぼ満席状態。
年齢層は高めで、皆さん魚が好きなんでしょうね〜。
おばちゃんに案内されて、座敷席へ着く。

今回頂いたのは、刺身の盛り合わせ、銀むつあら煮、お新香でした。
お酒はビールと白鶴。
刺身はマグロ、たこ、いか、ブリ、アジ、ホタテの6点盛。
これに白鶴でもう完璧でしょう。
大衆割烹 三州屋 神田駅前店 刺身盛合わせ(940円)


更におばちゃんオススメの銀むつあら煮の登場。
大衆割烹 三州屋 神田駅前店 銀むつあら煮(650円)

脂ののった銀むつですが、この脂は蕩けて消えてくどくない。
おいしいなぁ〜。
いつも昼に来たときは焼き魚を頼んでいましたが、この銀むつも悪くなさそうです。

他にも色々と美味しそうなメニューがあるので、またお邪魔させていただきま〜す。


三州屋 神田本店 ( / 魚料理・海鮮料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月22日

立ち飲み 富士屋本店 渋谷4

都内でも有名な立ち飲み屋らしいのですが、ある居酒屋本を読むまではその存在に気づくことはありませんでした。
この辺は昔はよく歩いたのですが、こりゃ知らなきゃ気づきませんよ!
っていうか気づいても入らないと思う。

ビルの入り口にはシンプルな看板が光っている。
狭い入り口を下っていくとその下には。。。

厨房を中心に配した、想像以上のアンダーグラウンド立ち飲みワールドが広がっていました。
立ち飲み 富士屋本店@渋谷 店内

年末ということもあり?酒場はスゴイ活気です。
老男若女が立ち飲みカウンターで入り乱れており、隣では、ピンで来たお爺さんが若い女性2人組みと世間話をしている。
そこへ若いサラリーマン風が話へ加わっている。
まさに立ち飲みの醍醐味であろう。

支払いはお金をテーブルに出しておいて、注文する度に店員さんがそこから差し引いていく形をとっている。
1000円を置いておいて、ビールとつまみを注文すると、お釣りがそこに置かれていくのである。
だから2000円迄と決めてお金を置いておけば、飲み過ぎる事が無いという仕組み。
立ち飲み 富士屋本店@渋谷 ハムキャベツ(300円)

つまみはどれもリーズナブルで、特にハムキャベツ(300円)は人気のようだ。
マカロニサラダも200円にしてはなかなかのボリューム。
貝ひも刺なんてのもある。
立ち飲み 富士屋本店@渋谷 貝ひも刺(250円)

とりあえず、生ビールを空けて、レモンサワーを頼むと寶の小瓶とサイダー、レモンを渡された。
このサワーを自分で割りながら飲みつづけ、2本を空けてすっかり酔ってきた頃にラストオーダー。
21時半で閉店というのも良い点である。

富士屋本店 ( 渋谷 / 居酒屋 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



参考となった居酒屋本
【送料無料】東京居酒屋名店三昧

【送料無料】東京居酒屋名店三昧
価格:1,365円(税込、送料別)



tg-ryuman at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月03日

華隆餐館 伊勢佐木長者町4

華隆餐館@伊勢佐木町 坦々刀削麺


武蔵屋あさひやと贅沢なハシゴをした後で最後に日の出理容院で〆ようかと思っていたのだが満席(スペースはあるのだが。。。)で入店不可。
日の出理容院 外観

そのままホッピー仙人に向かうも、こちらも満席&立ち席もスペース無し。

そこで久しぶりの刀削麺を喰らいにこちらへお邪魔した。

道路の反対側ではラーメン二郎が長蛇の列をなしている。
こちらの『華隆餐館』は混雑はしているが、待たずに座れました。

とりあえず、ビールと餃子、坦々刀削麺を注文。

餃子は具がしっかりと詰まっているが、表面がサクッと揚がっており美味しいです。
ビールにとても良く合う!
華隆餐館@伊勢佐木町 餃子

そして次に出てきたのはお目当ての坦々刀削麺。
華隆餐館@伊勢佐木町 坦々刀削麺 麺

表面の赤さは以前ほどではないものの、なかなかの辛さです。
しかしスープ自体は数年前に比べると薄っぺらいというか、豚骨感をぜんぜん感じなくなっている様に思う。
華隆餐館@伊勢佐木町 坦々刀削麺 麺を持ち上げて

辛さはまぁ許容範囲であるが、出汁が薄いのだろう。
刀削麺はブッとくてボリューム感はあるのだが、食後の余韻はもう一つという所か。

この手のお店にありがちだが、人気が出てくると徐々に内容は逆行していくような。。。

華隆餐館 ( 伊勢佐木長者町 / 四川料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

あさひや 日ノ出町(野毛)5

あさひや@野毛 おでんと梅割り

武蔵屋で老舗の雰囲気を堪能してから、こちらにハシゴです。
ひょっとして満席かな〜と思ったのですが、運良くすぐに座れました。
カウンターのみの狭い空間ですが、居心地は十分確保されています。

女将さんと常連客との掛け合いも健在。
(後で調べたら3年9ヶ月ぶりの訪問でした。)
どうでも良いような、しかし大事なような世間話はやや鈍くなりつつある思考回路にはちょうど良い。
こういう場では、生の人間性を問われる様な気がしてきますね。

そして名物ともいえる梅割りがキクな〜。
久しぶりでしたが2杯目でかなりキテました。
そして事もあろうに、2杯目を半分飲んだところで、ウッカリとグラスに手をぶつけて厨房へ梅割をこぼすという失態を。。。
スミマセンデシタ。_(..)_

さて肝心なおでんですが、じゃがいも、玉子、厚揚げなどなど、どれでも全部ウマイです。
種類が沢山あって、何を頼もうか迷ってしまいますが、何を選んでもウマイのでご心配なく。
お多幸なんかの一般的な関東のおでんと比べると、出汁の色は薄い関西風ですがしっかりと味付けはされていますよ〜。
ウマイので思わず2皿食べちゃいました(笑)。

おでんはウマイし、面白いし、梅割りはキクし、いいお店だな〜。

3杯目の梅割を飲み干したところで(正確にはこぼしたので2杯半)席を立ち、次の店へ向かう。

あさひや ( 日ノ出町 / おでん )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ




tg-ryuman at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

武蔵屋 野毛5

野毛を代表する老舗の武蔵屋さん。
残念ながら今まで機会が無く未訪のままでした。

お店は普通の一軒家のようで、看板も何も無いのですが、並んでいる人が居たのですぐにわかりました。
待っている人が居ないと判りにくいでしょうね〜。
混雑していましたが、カウンターなら直ぐ入れるということで、我々2名は並んでいる3人組より先に入れてもらいました。

カウンターということで通されたのですが、空いているのは1席です。
状況が把握できなかったのですが、お店の方がカウンターへ向かって一番右側にある洗面台にお盆をのせるとそこが2席目に早変わり!!
いきなりスゲー店だなとインパクト十分の第一印象です。
武蔵屋@日ノ出町 おから、酢玉葱、豆とキリン一番搾り

やや動揺しながらも、とりあえずのビールを注文するとおから、酢玉ねぎ、豆が一人一鉢で出されます。
何も頼まなくてもいきなり3品も出てくるのでビックリですが、どれも体によさそうなアットホームな品々です。
特に山盛りのおからが個人的には嬉しいですねぇ。

ビールを飲み干し、日本酒を1杯頼むと、今度は鱈入りの湯豆腐が出てきます。
武蔵屋@日ノ出町 鱈豆腐

この鱈豆腐の煮干し出汁が素晴らしく、エグミの無いとても上品な汁である。
これでこの武蔵屋さんの良心を知った感じがしました。
すっかりよい気分となり、ちょっと早めだったのですが次に行きたいお店があったので、引き上げる事としました。

お酒は3杯までとか、肴は決まっているとか、色々とルールがありそうなので敷居が高いのかなぁ〜と思ってました。
でも、いざ入ってみると実に気さくでとても雰囲気の良いお店でした。
そして、お店の内装や空気は私ごときが懐かしいと感じるレベルを遥かに超越した未知の領域でした(笑)。
終戦時に酒屋から酒場へ業態を変化させ、戦後の混乱を逞しく乗り越えてきたのでしょうね。
カウンターに立つ大女将さんの毅然とした態度がなんとも言えません。
こちらも背筋が伸びる感じがしますね〜。

後で知ったのですが、本来は日本酒2杯目で納豆、3杯目でお新香が出て〆るのが通常らしいです。
次回はゆっくりと3杯目までいただきま〜〜す。

武蔵屋 ( 桜木町 / 日本酒 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ




tg-ryuman at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月16日

ライブハウス山唄 弘前5

山唄 津軽のけやぐ煮(1135円)

黒石から弘前へ移動しホテルに着いた。
1時間前に『すごう食堂』でつゆやきそばを食べていたので、この山唄で軽く飲むことにした。

お店は2階に入り口があり、中に入ると天井も高くて広々としている。
先客が4組。2〜4名のグループだ。
私は一人。寂し〜。

とりあえず熱燗を頼み、つまみは津軽のけやぐ煮と漬物にした。
津軽のけやぐ煮というのはイカの中にミックスベジタブルが詰まったもので、酒のつまみとしては悪くないのだが、1,000円くらいするというのはチト高過ぎのようにも感じた。
漬物は自家製とのことで結構ウマイ!

熱燗は1.5合となっており、結構辛めに感じた。
まぁ特に文句は無い。

19時半近くになって、とうとう津軽三味線のライブが始まる。
山唄 津軽三味線ライブ

初めは若い方2名、そのうちベテランを交えた3名となり、民謡の歌い手2名と最後は大御所の福士りつさんも加わった。
三味線をこのように聴いたのは初めてだが、寒いときに聴く三味線はなんか良いね。
目にはギリヤーク尼崎の『じょんがら一代』が浮かんでくる(爆)

酒もすすみ、一人で3合飲んでしまった。

ライブハウス山唄 (ダイニングバー / 弘前、弘前東高前、中央弘前)
★★★★ 4.0



tg-ryuman at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月27日

骨付鳥専門店一鶴 横浜西口店4

骨付鳥専門店一鶴@横浜西口店 親鳥(977円)

金曜日に横浜で飲むのは久しぶりである。
人はそれなりに多いようにも思うのだが、以前より少し減ったと思うのは気のせいだろうか?
このお店は20時前で5人待ちくらい。
丁度入れ替わりな感じだったのでそんなに待たずに済んだ。

お店に入ってとりあえず枝豆やかわ酢、揚げ物などを注文。
骨付鳥専門店一鶴@横浜西口店 かわ酢、揚げ物、えだまめ

かわ酢というのは、鶏の皮を揚げて甘酢で味付けたもの。
酒の肴には良い。
揚げ物の名前は忘れたのだが、さつま揚げの様なものの中に鶏肉が入っている。
鶏に拘っていると思うのだがバランスは今ひとつに思う。

暫らく飲んで、真打の骨付鳥を親鳥、ひな鳥それそれを注文。
一人1本かぶりつくのも良さそうだが、今回はバラしてもらって3人でシェアした。

親鳥はシッカリとした肉で皮はパリパリ。
噛みしめる感じでこれはなかなか美味しい。
パリパリの皮も香ばしくてウマイ!
ひな鳥は肉がやわらかく皮は同じくパリパリである。
好みが分かれるところだと思うが、私は親鳥派。
因みに鳥の産地を聞くと、その時の美味しい鳥を選んでいるので特定はしていないとのことだ。

学生バイトと思わしき店員の対応がちょっとイケて無いのだが、骨付鳥が旨いのでまぁ良いか。。。

骨付鳥専門店 一鶴 横浜西口店 (鳥料理 / 横浜、平沼橋、新高島)
★★★★ 4.0



tg-ryuman at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月07日

リトル沖縄 新橋(銀座8丁目)4

『秋田屋』で散々飲み食いしたのだが、どういう訳か麺で〆たくなってきた。

浜松町近辺ではあまり思いつかなかったので、ブラブラ歩いてこの『リトル沖縄』へ。

近くまで来ると三井アーバンホテルの名前が変わっている??
そういえば何年もこの界隈は来ていない。
まさか、このお店は大丈夫だろうか?
ちょっと不安になったのですが、健在でした。

早速店に入り、奥のテーブルへ。
入り口は狭いのだが、店は意外に奥が深い。

そして、いつも頼むメニューといえば、海ぶどうとモズクの天ぷら。


リトル沖縄 うみぶどう

ここの海ぶどうはやはり質がちがうなぁ〜。
口に入れるとプチッとするのだが、その後は何も残らない。
他所で食べると皮みたいのが残る事があるのだが、あれは不快なんだよな〜。


リトル沖縄 もずく天ぷら

もずくの天ぷらはソースで食べる。
サクッとした天ぷらと中のヌルッとしたモズクの食感のコントラストが素晴らしい。
ソースがまた良く合う。


リトル沖縄 瑞泉水割り

酒は瑞泉の水割り。
沖縄系の酒は結構豊富。


リトル沖縄 ソーキそば

そして最後は〆のソーキそば。
こんだけ喰ってまだソーキ付けてしまう自分が怖い。

リトル沖縄 ソーキそば・アップ

このお店に来る楽しみはこのソーキそばだったのだが、スープを飲むと何時ぞやより化調が強くなっている。
そして、やわらかくてプリンとしたものを想像していたソーキはなんか硬くてちょっと拍子抜け。
こんなだったろうか?どうも安っぽくなった様に思える。
今回が不出来であったと祈る。

まぁ海ぶどうもモズクの天ぷらも酒も美味かったから特に大きく不満は無いのだが。。。

リトル沖縄 (沖縄料理 / 新橋、内幸町、銀座)
★★★★ 4.0




tg-ryuman at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

秋田屋 大門(浜松町)5

秋田屋 牛モツ煮(450円)

この日は夕立というか、突然の集中豪雨でここに来るまでにかなりびしょ濡れになってしまった。
浜松町に着くと雨は止んでいてムワッとした湿気が辺りを包んでいる。
浜松町駅から大門の方へ歩いていくと人だかりが見えてきた。
この人だかりは秋田屋の立ち飲み客である。

大衆酒場の典型とも言うべき浜松町の秋田屋。
あのやきとんの匂いがなんとも言えず、雰囲気も接客も程よい。
この日は1階は既に満席で、2階のカウンター席に着席。

まずは生ビールに牛モツ煮を注文。
プリッとしたモツ煮は濃すぎずにビールでも冷酒でも良く合う。


秋田屋 レバー2本(360円)

ビールを飲み干し、高清水の冷酒に切り替えた後、やきとんが次々と登場。
秋田屋だけに高清水である。
これは偶然ではなく必然なのである。
大ぶりのレバーはやわらかく臭味も少なく食べやすい。
ここまで来てプリン体などと言ってられるか!!(笑)


秋田屋 ハツ2本(360円)

そしてハツも登場。
これも大きくて食べ応えがある。
香ばしさと程よい弾力がなんともいえない。


秋田屋 小袋&ナンコツ 高清水(350円)

次は小袋とナンコツ。
ナンコツは最後の1本だったため、友人と分けあう。
既に高清水も3杯目だろうか?
かなりいい気分になっているが、サッパリとした塩味の小袋とナンコツの歯ごたえがたまらなく美味い。


秋田屋 ほや(450円)

流石に肉は追加する気にならなくなったので、あまり好んで食べないホヤを注文してみた。
三陸産ということであるが、わりとクセもなく終盤には丁度よい。
他に漬け物等いくつかを頼んだ気がするが、良く覚えていない。
この高清水の冷酒は呑みやすく、ついつい調子に乗ってしまった。

店を出るとまだ湿気を感じるが、もう既にそんな事は気にならなくなっていた。。。



秋田屋 (居酒屋 / 大門、モノレール浜松町、浜松町)
★★★★ 4.5




tg-ryuman at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年05月29日

魚河岸大作 アスティ静岡東館店3



生で食べる桜海老続きを読む

tg-ryuman at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月17日

横濱くじら 野毛4

珍宝!!


ユッケ!!


鯨だらけ!




ホッピー仙人かと思いきや一気に鯨モード!続きを読む

tg-ryuman at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)