小田原市・足柄

2011年03月31日

味の大西 大井店(足柄上郡)3

湯河原を本店として西湘を中心に多舗展開している俗に言う小田原系のお店。
今回、私としては初めての大西ですが、ここ大井店を足がかりとする事に。


お店は国道255号線沿いにあり、大きな看板ですぐに分かります。
一階は駐車スペースになり、店舗は二階です。

店内に入り、長いカウンターの1席に座る。
小田原系ということで、チャーシューワンタンメンを注文した。

出てきたチャーシューワンタンメンは、なかなか迫力のある見た目です。
大小のチャーシュー5〜6枚がどんぶりを覆い、その下に麺とワンタンが配置されています。


麺は縮れた平打ち麺で、やや固めの食感です。


表面をラードが覆うスープは鶏豚化調系でしょうか?
小田原系に見られる焦がしたような香ばしさはあまり無いのですが、チャーシューやワンタンを食べ進むと、そちらの味がしてくるのであまり気にならなくなりました。

チャーシューは若干ボソつく感じですが、ボリュームがあり、なかなか満足です。
ワンタンも大きいのが5個入っていて、こちらもかなりのボリューム。
このワンタンが後半に結構効いてきて、満腹になりました。

見た目やボリューム(特にワンタン)については、ダイナミックな感じですが、スープについてはもっと熱くして欲しかった。。。
チャーシューが熱を奪っているらしく、どんどん温くなっていきました。
ボソついたチャーシューも熱々スープを吸わせれば、それなりになったと思います。
そして、あともう少し小田原系の焦がした香ばしさもプラスしてくれればなぁという感じ。

味の大西 大井店 ( 相模金子 / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月24日

栄華軒 小田原3

このお店は普通の麺と手打ち麺が選べるのだが、手打ち麺が未食だった。
いつか食べたいと思っていたのだが、いつも間にか1年半も経過していた。
時間が経つのが早いな〜。

お店はビルの外壁をメンテナンス中の様で足場が組まれていたが、店内は前と同じでした。
半チャンラーメンも食べたいと思ったが、ここ2日間小田原系(むら田しら鳥)を食べていたせいもあって、流れでワンタンメンを注文。
そして麺は手打ちを選択。
これは100円増しである。

暫くして、一年半越しの、待望の手打ち麺が登場。
見た目はただの中華系ラーメンで、やわらかそうなワンタンが見える。


肝心な手打ち麺をゆっくりと箸で引きずり出す。
それは平打ちのかなり縮れたものだった。
不揃いなその麺を啜ってみると、なかなかの弾力である。


う〜ん。
この手の手打ち麺だともう少しコシがあった方が良い気もするのだが、趣向が違うのかもしれません。
個人的には、佐野系の手打ちのほうが好きかも〜。

ワンタンは肉は少なめで皮と楽しむタイプ。
でもこの皮がしなやかでスルスルとウマイ!

スープは鶏がら化調系でこの日は化調がやや強め。
以前のバランスとはちょっと違う気がした。
前回は塩だったので、醤油ダレによるものがオンされているのだろうか?

塩の手打ちも面白いかも?
機会があったら試してみたい。

栄華軒 ( 小田原 / 中華料理その他 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月23日

しら鳥 富水(小田原市)3

小田原系を代表するお店の一つである『しら鳥』へ訪問しました。

外観は歴史を感じさせますが、暖簾はきれいです。

昼時の訪問なので、店内はかなり混雑しています。
この辺りで考えれば、結構な集客だと思いますよ。

とりあえずカウンターに座りメニューを見ると、小田原系お決まりのチャーシューワンタンメンもあります。
悩みましたが、今回は様子見でワンタンメンを注文。

暫くして出てきたワンタンメン。
スープは動物系のミックスといった雰囲気です。
ラードが香ばしく、化調がちょっと効きすぎな感じですが、これが小田原系なんでしょう。


麺は平縮れです。
弾力があって、なかなか食べ応えがあります。
パンチのあるスープに負けてませんね。


ワンタンは細長く包まれたものが5個。
これもスープがマッチします。
ハフハフしながら食べますが、喉越しの良い皮がまた良い。

チャーシューは大きいのが2個ゴロリ。
肉の脂が少なめで、個人的にはもうちょっとシットリしているのが好きです。

具は他に、太いメンマとシャキシャキしたモヤシ、ネギ、水菜、海苔1枚。

ラードと化調に好みが別れそうだが、それなりにパンチのある美味しいラーメンでした。

しら鳥 ( 富水 / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月22日

支那そば むら田 上大井(小田原市)5

こちらは小田原系の代表的なお店と聞いて訪問しました。

しっかりと駐車場が広くとってありとても入りやすいです。
その駐車場とは対照的に、お店はカウンターのみの小さい店舗です。

店主が頑固とかいう情報もあったのですが、特にそれ程の圧迫感はありませんでした。

オーダーはこのお店の全てが味わえる『チャーシューワンタンメン』を注文。
価格は1050円と高めです。
親父さんが調理して、接客は息子さんでしょうか?
なんかぶっきらぼうです。
やはり相州気風でしょうか?

カウンターに座り暫く待つとラーメンが登場。
どんぶりにはチャーシュー、モヤシ、メンマが盛り沢山です。
その下にはワンタンと麺が。
なかなかのボリューム感ですねー。


とりあえず麺を引きずり出して啜ってみます。
太目の手もみ風平麺ですが、やわらかく弾力がありウマイ!


スープは動物系で焦がしたような香ばしさである。
化調も感じるが、ヤミツキ系の予感が。

そして、チャーシューを食べると、この店が普通ではないと理解します。
肉の旨みと厚みがベストです。
このダイナミズム!
スバラシイ!
すっかりツボに入っちゃいました。
しかも5枚も入ってる!

チャーシューでスッカリやられてしまいましたが、ワンタンにも箸を伸ばします。
これは生姜が効いていてなかなかウマイ!
これも7個くらい入っています。

兎に角、肉が凄過ぎる〜。

肉食べ過ぎな気もしますが、たまには良いでしょ!!

ブレが少ないことを祈りつつ★5を献上!!

支那そば むら田 ( 上大井 / 醤油ラーメン )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月11日

G系ラーメン 豚壱家  足柄(小田原)3

残念ながら1月31日にG系ラーメン 豚壱家 国府津店へ統合されたとの情報です。
私が訪問したのが1月11日ですから、直前だったという訳ですね。
一応、訪問時の情報を残します。

G系というのは、ガッツリ系という意味があるようですが、ラーメン二郎っぽいシステムです。

とりあえず、G小豚ラーメンを野菜・脂増しにしてもらいました。
二郎では最後のトッピング時に好みを聞かれますが、こちらは事前に聞かれます。


出てきた小豚ラーメンは、なかなかの見栄えです。
野菜はモヤシ中心ですが、それなりの盛りになっています。
ただ、野菜が多いというよりもどちらかというと麺が多い感じがしました。
脂はブロックタイプではなくて、細かい脂がふり掛けられています。

スープは豚系ですが、意外に優しい味わいです。
タレは二郎特有のカネシとはちょっと違いますね。
このスープに縮れ気味の黄色っぽいモッチリとした太麺の組み合わせです。
この太麺はどういう訳かラーメンショップ系の味がしました。
麺は量が多く、野菜はすぐに片付きましたが、麺に手こずりました。


豚は巻いてあるものですが、厚みもあって2枚でもなかなかのボリュームです。

完食後はすっかり満腹になりました。
私がそれなりに満腹になるのですから、相当な量があると思います。

こちらの店舗は閉店との事ですが、機会があれば国府津に行ってみたいと思います。


G系ラーメン 豚壱家 ( 足柄(神奈川) / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月17日

万福 開成(南足柄市)3

この辺りでは有名なデカ盛のお店らしいこちら。
周辺は人影も疎らですが、このお店の駐車場は混み気味です。
歴史のある店内に入ると、中には沢山の人がいました。

カタヤキソバの大盛りやご飯もの、定食などが人気のようですが、あえて『ワンタンメン』を大盛りで注文。
一見、普通のワンタンメンですが、丼がかなり大きめです。
万福@南足柄 ワンタンメン・大盛(650円)

細麺なので、最近の太麺の大盛り系に比べるとボリューム感はありませんが、そこそこの量です。
スープは化調の効いた動物系なもの。
ただ、懐かしい感じがして、結構飲んじゃいました。
万福@南足柄 ワンタンメン 麺

具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、ワンタン。
ワンタンはオーソドックスなものですが、皮がしなやかなのもで餡もそれなりに入っていました。
チャーシューが意外に悪くないので、チャーシューメンやチャーハンも良いかも。

しかしワンタンを食べているとスープを飲みすぎてしまい、ちょっと流石に化調が効いてきますね。

量的にはカタヤキソバなど、他のメニューに比べるとやや拍子抜けな感はありますが、650円のワンタンメンとしては十分かと思います。

万福 ( 開成 / 定食・食堂 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




tg-ryuman at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月09日

静蓮 小田原4

静蓮@小田原 担々麺(800円)

ここの料理人の平野さんは、赤坂四川飯店などで修行をした末にこの小田原でt独立した方らしい。
そしてこの坦々麺は四川飯店のレシピに基づいてつくられたものだというのです。
陳麻婆豆腐もなかなか美味しそうなのだが、まずは坦々麺を食べてみることにした。

店内は30〜40代女性のグループに支配されており、おそらくお店の対面にある生保ビルから来たのだろう。
噂話を顔色を変えずに話すさまは傍で聞いているだけで恐ろしい。。。

暫らくして私の坦々麺が運ばれてきた。
ランチタイムはライスがサービスということだったので、おもわず付けた。
坦々麺のスープとライスって合いますよね?

坦々麺は見た目が赤黒くて辛いのかな〜と思ったのですが、全然辛くなくて中国山椒も上品に効いている。
マッタリとしていながらもそれ程のクセも出さずにいるこのスープに低加水の麺が絡む。
肉味噌を崩しながらスープ啜るとまた旨味が増す感じである。
青梗菜は非常にサッパリしており、このスープとうまくバランスをとっている。
ここの坦々麺は優しいですね〜。

静蓮 (四川料理 / 小田原、緑町)
★★★★ 4.0



tg-ryuman at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月09日

栄華軒 小田原4

栄華軒 半チャーハンセット 塩ラーメン(850円)


小田原にはらーめん宿場町があるのだが、何故か一歩踏み入れる事が出来ない。

この日はこちらへお邪魔する事にした。

ラーメンと半チャーハンセット(850円)を注文。
ラーメンは醤油、塩、味噌と選べるが、今回は塩にした。

まず出てきたのは半チャーハン。
小さめの器であるが、かなりの盛りである。
茶碗1杯分はありそうだ。
そしてこの半チャーハンがあまり油を使用していないようでパラパラ感は無いものの、くどさが無くてとても良い。
具はほぐしチャーシューが混ざっており味付けも丁度良い。
栄華軒 半チャーハン


塩ラーメンはスープを一口飲むと、薄いのかな?と思うくらいサッパリしていたのだが、具などと合わせると丁度良い感じになった。
麺は細い平麺で手もみしているのか?かなり縮れていた。
この麺がアッサリしたスープによくなじむ。
具は画像では沈んでいるのだが、大きめの肉が1枚、もやし、メンマ、海苔1枚、ネギである。

中華屋さん半ちゃんラーメンとしてはかなりハイレベルである。
手打ち麺という設定が100円増しであるので、機会があれば試してみたい。


栄華軒 (中華料理 / 小田原、緑町)
★★★☆☆ 3.5




tg-ryuman at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月11日

つけ麺処 くっちゃいな  小田原店4

つけ麺処 くっちゃいな
最寄駅:小田原 / 緑町
料理:つけ麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食






実は『味壺』に行ったのですが定休日。。。
『味壺』は何故か定休日率が非常に高く、何度も店の前まで行っているのだが未だに食べていない。
こういう相性の店ってありません?

そして、道中に会ったこのお店へ行ってきました。

つけ麺専門のお店でした。
専門と言うとどんなつけ麺なのか楽しみだったのですが、ごく普通のつけ麺な感じでした。
そして、小田原らしいと言ってよいのでしょうか?
醤油がたっぷりで塩辛いです。
ただ、麺は丁寧に〆られているので、濃厚なつけ汁と微妙なバランスを保っています。

このつけ麺だけですとちょっと不完全燃焼を起こしそうですが、雑炊セットが救ってくれました。
続きを読む

tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月05日

銀月 湯河原3

5a6a6214.JPG銀月
最寄駅:湯河原
料理:醤油ラーメン / ラーメン一般 / チャーシューメン / 中華料理一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


伊東に向かう途中で立ち寄りました。
しかし、まだまだ連休中の人が多いですねー。
渋滞でへばりました。

出汁はいい感じなんですが、タレの甘みが気になります。
それ程後味が悪いものではないのですが、薄めの塩味で低加水気味の極細麺なんかにしてもらえるとかなりツボに入りそうな感じなんですが。。。

tg-ryuman at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)