ワンタンメン

2011年06月23日

こうや麺房 本郷三丁目4

『こうや』系は大好きなのであるが、なかなか訪問の機会が無かった。
履歴をみると、どうやら2009年7月に飯田橋の『高はし』へ行ったきりである。
という訳で、暫くぶりに食べたくなったので暖簾分けのこちらへお邪魔しました。

お店は昼時ということもあって満員です。
2人待ちで少し待ってカウンターへ着席。

店内には動物的な匂いが漂っています(笑)。
やはりこうやですね〜。

注文はワンタン麺です。
こうやではワンタンを食わねば!


出てきたワンタン麺はなるほどこうやの雰囲気です。
スープを飲むと、強い豚骨と鶏出汁です。
ウマイ!
動物系が嫌いな人にはおススメできませんが、好きな人ならクセになる味です。

麺は汁に馴染んでおり、このスープを存分に味わえます。

そしてワンタンもちゃんとこうやです。
大きい肉餡が食べ応え充分。
熱々でたまりませんね〜。

他に具はチャーシュー2枚、メンマ、ネギ、海苔1枚。
チャーシューはトロトロしていて美味しいです。

久しぶりにこうや系のラーメンを食べましたが、やはり私には合ってますね〜。

こうや麺房 ( 本郷三丁目 / 豚骨ラーメン )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月23日

あさの 南松本(長野県)3

蕎麦どころで蕎麦を食べないへそ曲がり。
Ryumanでございます。

地産地消に拘ったというキーワードが頭から離れずに訪問。

お店に着いて中に入ると、数名のお客さんが居ました。
私はカウンターへ座りワンタンメン・大盛を注文。
その後、12時を過ぎる頃には地元客が徐々に入ってきました。
根付いている感じですね〜。

すぐに登場したワンタンメンは、巻きチャーシューが中央にあるなんとも好感の持てる見た目です。


スープを一口飲むと、動物系のシンプルな味。
麺は縮れた細めのもの。


屋台風な雰囲気ですが、具は結構立派です。
巻きチャーシュー、ワンタン5個、メンマ、ナルト、海苔、モヤシ、ネギ。
チャーシューはウマイが、ワンタンは皮がイマイチかな。

スープ表面の脂は多めだがそれ程しつこさは無い。
地産地消については、あまり特徴は感じないが、シンプルで好感は持てる。
飲んだ後にシンプルに支那そばを食べたい感じである。

あさの ( 南松本 / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月04日

みうら 宇都宮市4

こちらは白河ラーメンとら食堂の流れを汲むお店とのことです。
なかなかの人気店で、昼時に訪問すると駐車場が満杯になっていました。
出直そうかと思っていたところ、ちょうど1台出ていったので、うまく入れました。

店内も満席状態で、地元の方々が多く居るようでした。
4人掛けテーブルに相席で着席。
注文は白河系ということで、ワンタンメンとしました。

程なくしておばちゃんに運ばれてきたワンタンメンは、なるほど『とら食堂』系であることを彷彿させるトッピングです。


スープは鶏がらと醤油が前面に出てくるもので表面の油は多めです。
手打ち麺は激しく縮れており、やや固めに茹でられていますが、徐々にスープを吸い込んで馴染んでいくのが良い。
今回は普通盛りにしましたが、大盛りが100円増しというのは手打ちにしては良心的な設定ですね。


具はチャーシュー4枚、ワンタン4〜5個、海苔1枚、メンマ、青菜、なると、そして大量の長ネギ。
チャーシューはかなり燻された様なもので、かなり燻製のクセがあるので好みが別れると思います。
ワンタンは餡が小さく、皮の喉越しで食べるものでした。
海苔はとら食堂系でお馴染みの三角形(笑)。
白河ラーメンらしく、輪切りの長ネギがパンチを効かせています。

この宇都宮の地で、本格的な白河ラーメンが食べれるとはありがたいことです。

みうら ( 氏家 / 醤油ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月24日

栄華軒 小田原3

このお店は普通の麺と手打ち麺が選べるのだが、手打ち麺が未食だった。
いつか食べたいと思っていたのだが、いつも間にか1年半も経過していた。
時間が経つのが早いな〜。

お店はビルの外壁をメンテナンス中の様で足場が組まれていたが、店内は前と同じでした。
半チャンラーメンも食べたいと思ったが、ここ2日間小田原系(むら田しら鳥)を食べていたせいもあって、流れでワンタンメンを注文。
そして麺は手打ちを選択。
これは100円増しである。

暫くして、一年半越しの、待望の手打ち麺が登場。
見た目はただの中華系ラーメンで、やわらかそうなワンタンが見える。


肝心な手打ち麺をゆっくりと箸で引きずり出す。
それは平打ちのかなり縮れたものだった。
不揃いなその麺を啜ってみると、なかなかの弾力である。


う〜ん。
この手の手打ち麺だともう少しコシがあった方が良い気もするのだが、趣向が違うのかもしれません。
個人的には、佐野系の手打ちのほうが好きかも〜。

ワンタンは肉は少なめで皮と楽しむタイプ。
でもこの皮がしなやかでスルスルとウマイ!

スープは鶏がら化調系でこの日は化調がやや強め。
以前のバランスとはちょっと違う気がした。
前回は塩だったので、醤油ダレによるものがオンされているのだろうか?

塩の手打ちも面白いかも?
機会があったら試してみたい。

栄華軒 ( 小田原 / 中華料理その他 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月23日

しら鳥 富水(小田原市)3

小田原系を代表するお店の一つである『しら鳥』へ訪問しました。

外観は歴史を感じさせますが、暖簾はきれいです。

昼時の訪問なので、店内はかなり混雑しています。
この辺りで考えれば、結構な集客だと思いますよ。

とりあえずカウンターに座りメニューを見ると、小田原系お決まりのチャーシューワンタンメンもあります。
悩みましたが、今回は様子見でワンタンメンを注文。

暫くして出てきたワンタンメン。
スープは動物系のミックスといった雰囲気です。
ラードが香ばしく、化調がちょっと効きすぎな感じですが、これが小田原系なんでしょう。


麺は平縮れです。
弾力があって、なかなか食べ応えがあります。
パンチのあるスープに負けてませんね。


ワンタンは細長く包まれたものが5個。
これもスープがマッチします。
ハフハフしながら食べますが、喉越しの良い皮がまた良い。

チャーシューは大きいのが2個ゴロリ。
肉の脂が少なめで、個人的にはもうちょっとシットリしているのが好きです。

具は他に、太いメンマとシャキシャキしたモヤシ、ネギ、水菜、海苔1枚。

ラードと化調に好みが別れそうだが、それなりにパンチのある美味しいラーメンでした。

しら鳥 ( 富水 / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月17日

万福 開成(南足柄市)3

この辺りでは有名なデカ盛のお店らしいこちら。
周辺は人影も疎らですが、このお店の駐車場は混み気味です。
歴史のある店内に入ると、中には沢山の人がいました。

カタヤキソバの大盛りやご飯もの、定食などが人気のようですが、あえて『ワンタンメン』を大盛りで注文。
一見、普通のワンタンメンですが、丼がかなり大きめです。
万福@南足柄 ワンタンメン・大盛(650円)

細麺なので、最近の太麺の大盛り系に比べるとボリューム感はありませんが、そこそこの量です。
スープは化調の効いた動物系なもの。
ただ、懐かしい感じがして、結構飲んじゃいました。
万福@南足柄 ワンタンメン 麺

具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、ワンタン。
ワンタンはオーソドックスなものですが、皮がしなやかなのもで餡もそれなりに入っていました。
チャーシューが意外に悪くないので、チャーシューメンやチャーハンも良いかも。

しかしワンタンを食べているとスープを飲みすぎてしまい、ちょっと流石に化調が効いてきますね。

量的にはカタヤキソバなど、他のメニューに比べるとやや拍子抜けな感はありますが、650円のワンタンメンとしては十分かと思います。

万福 ( 開成 / 定食・食堂 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ




tg-ryuman at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月21日

精養軒 万店 佐野(栃木)4

精養軒@佐野 野菜ワンタン麺・大盛(700円)

佐野でも老舗というこのお店。
他のお店がラーメンと餃子をウリにしている中、ここは普通に中華屋っぽい。
中に入ると地元の方がのんびり昼食中でユルーイ雰囲気が流れている。

チャーハンや中華丼、シュウマイもあるが、今回は野菜ワンタン麺を大盛にしてみた。

ボリュームがありそうな気がしたのだが、昼を食べそびれて14時前になっており腹が減っていたので大盛である。
精養軒@佐野 野菜ワンタン麺 麺

出てきた野菜ワンタン麺は、ワンタンが表面を覆い、その下には野菜が盛られており更に下に手打ち麺という構成だ。
片栗粉でトロミがかったスープが熱を封じ込めており、かなりの熱さである。
9月に入ったところであったが、まだまだ暑いときだったので食べ進むほどに汗が滲む。

ワンタンは餡かけのトロミで持ち上げづらくなっているので崩れ気味であるが味については問題ない。
手打ち麺を引きずり出してみるとちょっとやわらかめになっており、なかなかスープに馴染んでウマイ。
やはり手打ち麺っていいな〜。

野菜や肉も多いので、食べても食べても減らない感じがするが何とか完食した。
この内容で700円とは良心的!

精養軒 万店 ( 佐野 / ラーメン全般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月16日

大塚支店 銚子(千葉県)4

大塚支店@銚子 ワンタンメン(770円)

銚子といえば魚介類。
でもこんなワンタンメンもありました(笑)。

昼時に訪問すると広い店内に地元のお客さんで賑わっていました。
皆さんワンタンメンを頼んでいるので、やはりワンタンメンを注文。

このワンタンメン、ワンタンがデカくて餡がドップリ入っています。
シューマイも有名らしいのですが、このワンタンから容易に想像できますね〜。
デカイだけじゃなくて旨みを封じ込めた肉がなかなかのものです。
それほど脂がコッテリしていないのは、豚肉だけじゃないのかもね。
大塚支店@銚子 ワンタンメン 麺

そしてワンタンだけじゃなくて個性的なのは、冷麦のような麺。
平打ちのやわらかい麺が化調を感じるスープと良く合っている。

なんとも不思議なバランスだが、あっという間に完食!!


大塚支店 ( 銚子 / ラーメン一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月28日

とらや分店 那須塩原4

とらや分店@那須塩原 ワンタンメン(810円)


白河ラーメン『とら食堂』の分店です。
この那須には同じとら食堂系の飛切などあり白河ラーメンが身近になっているようだ。

通りから奥まっていてちょっと分かりずらいのだが、お店は割りと新しく座席も結構ありました。

とりあえずワンタンメンを注文。
黒っぽいスープにチャーシューが3枚、ワンタンは5個と具沢山です。
そして手打ち麺がパワフルで歯ごたえ十分。
小麦の味がしっかりします。
ワンタンはちゃんと丁寧につくられており、皮がツルツルで美味しかったです。
とらや分店@那須塩原 麺アップ

スープは見た感じのままですが、醤油ダレを強めに感じます。スープ表面の脂は多目。
実は本店で食たことが無いのだが、白河ラーメンはこういうものなんだろう。
出汁については醤油に隠れてしまっているが、この力強い麺との相性は良い。
私の地元横浜ではとら食堂系はこちらがある。
個人的にはこちらの方が鶏出汁を感じるようで好み。


とらや分店 (ラーメン / 黒磯、那須塩原)
★★★☆☆ 3.5



tg-ryuman at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月28日

らーめんの龍岡 神田(小川町)2

らーめんの龍岡 ワンタンメン(680円)


昼時に通るといつもサラリーマンで一杯だったので気になっていたがとうとう訪問した。

横に細長い店舗は4人掛けのテーブル席が4席ほどでかなり窮屈である。
先客1名のテーブル席へ相席。
その後、次々とお客さんが入ってきて、結局1つのテーブルに知らぬ顔が4人相席することとなる。
これはキツイ。

あんかけ焼そばを頼んでいるお客が多かったので、それが無難だとは思いつつも、ラーメンに筋を通し(?)ワンタンメンを注文。
案の定、4人掛けテーブルで後から来た人のあんかけ焼そばやラーメンから出されて私のワンタンメンはかなり後から。
そしてワンタンは冷蔵か冷凍されていたものだろうか?
全部くっついてしまっているので、何枚入っているのか分からない状態。
ワンタンの餡はあまり入っていないので、何を食っているのか分からない。

ラーメンは化調と出汁が弱めのもので、それなりな優しさがある感じである。
飲んだ後に良さそうなスープだ。
麺はやわらかめでストレートな感じで意外に食べやすい。
具はチャーシュー2枚、メンマ、青菜、ネギ。

機会があればあんかけ焼そばを試してみたい気もするが、大分先の事になるような気がする。

龍岡 (ラーメン / 小川町、淡路町、神保町)
★★★☆☆ 3.0




tg-ryuman at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月18日

宝来軒 佐野4

宝来軒 ワンタンメン(800円)

佐野のワンタンメン。

近くを通る事があったので寄ってみました。
昼時に行くと既に半分くらいの席が埋まっている。
メニューを見ると、餃子はありませんとの事。
佐野ラーメン屋では餃子を出すお店が多いが、ここはラーメンだけ。

とりあえずワンタンメンを注文。

出てきたワンタンメンは見た感じ普通のワンタンメンだが、中には手打ちの縮れ麺がタップリ。
宝来軒 ワンタンメン・麺アップ


この手打ち麺はホントウマイ。
スープはやや化調な醤油スープなのだが、これが良くマッチする。
佐野ラーメンのスープにしては化調は弱めである。

ワンタンはちゃんと仕込まれているのだろう。
客の回転が悪い店でうっかりワンタンメンを頼んだりすると千切れたり、ワンタン同士がくっついたりする事があったりするが、このお店のものは素晴らしいワンタンだ。
また来る事があったらワンタンメンにしたい(笑)。

麺、スープともに佐野ラーメンの特徴がはっきりと感じられ、完成度の高い佐野ラーメンだと思いました。
流石老舗。


宝来軒 (ラーメン / 佐野、佐野市)
★★★★ 4.0




tg-ryuman at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(1)