伊勢佐木町

2009年08月14日

華隆餐館 伊勢佐木町5

華隆餐館 四川坦々刀削麺セット(650円)

たまたま前を通りかかったので昼に利用。
14時半頃であったのだが、道路向かいの『二郎』は凡そ20人は行列が出来ていただろうか?

この華隆餐館はすぐ入れました。
お店に入ると相変わらずの匂いが(笑)。

注文はもちろん四川坦々刀削麺をランチセットで。
ランチのセットは650円でライスとキムチが付いてボリューム満点だ。

出てきた刀削麺は赤い!辛い!ウマイ!
タップリと入っている麺は喉越し良くそして弾力がある。
この麺に辛いスープがとても良く合う。
個人的にはもっと辛くても好い位だが、十分な辛さである。


華隆餐館 五目刀削麺

こちらは五目刀削麺

華隆餐館 (四川料理 / 伊勢佐木長者町、関内、日ノ出町)
★★★★ 4.5




tg-ryuman at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月17日

華隆餐館 伊勢佐木町5


地獄刀削麺


ピータン豆腐


相変わらずの辛ウマ

続きを読む

tg-ryuman at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月13日

華隆餐館 伊勢佐木町5





久しぶりの四川坦々刀削麺続きを読む

tg-ryuman at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年07月19日

イヤムプシャナー 伊勢佐木町5

106c2fcf.JPGイヤムプシャナー
最寄駅:日ノ出町 / 黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:タイ料理 / タイ風ラーメン
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


激ウマグリーンカレー続きを読む

tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(4)TrackBack(2)

2007年07月06日

華隆餐館 伊勢佐木町5

e0088251.JPG華隆餐館
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:四川料理 / 担々麺
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:飲み会/宴会


今日は激辛の日でした。続きを読む

tg-ryuman at 22:30|PermalinkComments(8)TrackBack(1)

2007年03月23日

山賊 日ノ出町4

c667d93e.JPG山賊
最寄駅:日ノ出町 / 伊勢佐木長者町
料理:醤油ラーメン / チャーシューメン / 味噌ラーメン / 餃子 / 北京料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


その場で打った手打ち麺をすぐに食べさせてくれるラーメン店はここぐらいじゃないでしょうか?

もう少し行ったところに『華隆餐館』があるのでなかなか行く機会が無かったが、やっと訪問。

柔軟性のある麺がいい感じです。

具もたっぷり。

今度は辛い麺を食べてみたいです。

tg-ryuman at 11:55|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年03月16日

華隆餐館 伊勢佐木町5

3bdae7a1.JPG華隆餐館
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:四川料理 / 担々麺
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夜食


福田フライ→ホッピー仙人→あさひやとハシゴして最後は締めに刀削麺。

そして今回は四川チャーハンも食べてみました。
このお店に入った時点である程度の覚悟が必要ですが、このチャーハンも例外なく辛かったです。

しかし、その後は記憶が断片的になり、どんだけ食べたのかも思い出せません。

駅を乗り過ごすこと数回、結局終電で帰った様なんですが???続きを読む

tg-ryuman at 22:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2006年02月08日

太源 伊勢佐木町3

6d9de7cf.JPG太源
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町
料理:醤油ラーメン / チャーシューメン / カレー・カレーライス / ラーメン一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


前からずっと気になってたお店でしたがとうとう訪問。
本当は「アルペンジロー」でも行こうかと思ったのですが、カレーのキーワードにつられてこちらを選択。
夜は混んでて、昼は空いているみたいですね。
ココでは味濃い目は「ちょいしょぱ」と言うのですが、思わず笑ってしまいそうになります。
私の小学生の頃は、この辺りはカツアゲゾーンになっており、友達が何人も被害にあっていたことを思い出しました。
私も近くの「オデオン」に行くときにはドキドキしていたものです。
今でも、決して柄の良いところではありませんが、何処と無く閉鎖的なこの空間は妙に落ち着く感じがするのも事実です。

tg-ryuman at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)