神保町

2011年05月24日

神保町 可以4

神保町にいつの間にか出来ていたお店。
近くには、ラーメン二郎 神田神保町店覆麺 智など行列店があるが、こちらはひっそりとした感じである。
馬場の渡なべ2号店という位置づけらしいのだが、注目度はやや低目か?
暫く入る切欠が無かったが、とうとう訪問した。

地下の店内へ入ると、中は薄暗い。
カウンターへ座り見回すと、意外に女子率が高い。
なるほど、二郎や覆麺や用心棒に入る女性は少ないだろうね。

とりあえず味噌らあめんを注文。

やや待たされて登場した味噌らあめんは、なかなかの迫力である。


スープを飲むと、これが濃い。
魚介出汁も結構効いている。
また、花椒も使っているようだ。

麺はムッチリした太い平麺で、このパンチのあるスープに合っている。


具はチャーシュー3枚、ひき肉、白髪ネギ、青ネギである。
チャーシューは肉厚でチャーシュー麺といっても良いほどの肉量だ。(価格もチャーシューメン級だが。)
また、ひき肉にはかなりの生姜が効いており、存在感がある。

濃厚魚介出汁味噌スープ+花椒に生姜の効いたひき肉、更に肉厚のあるチャーシュー3枚とインパクトは充分である。
濃いのが嫌いな人には不向きかもしれないが、なかなか面白い実験的な味噌ラーメンであった。

ちなみに可以というのは、中国語では『〜しても良い』という意味らしい。
渡辺氏は何を思ってこの店名としたのか?
味の追求のために何をしても良いということだろうか??

※私の訪問後にメニューのリニューアルがされて、現在はつけ麺のお店となっているようです。
また、店舗が地下にあると勘違いをしておりましたが、ご指摘があったので確認すると一階でした。

可以 ( 神保町 / ラーメン全般 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



tg-ryuman at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月24日

麺祥来 神保町3

すずらん通りの路地にあるお店。
昼時の訪問でしたが、列が出来ていて4人待ちでした。
この辺りのラーメン屋では珍しく、店内にウェイティングスペースが有るほどの広さです。
暫く待ってカウンターを案内されました。

メニューを見ると家系風のラーメンの様です。
とりあえず基本のラーメンをオーダーし、ランチサービスのライスも付けてもらいました。
麺の固さを調整できますが、普通にしました。

出てきたラーメンはやはり家系風の見た目です。


しかしスープを啜ってみますと、家系とは異なるスープでした。
鶏と豚のブレンドスープですが、結構化調も効いています。
表面の油は多めですが、吉村家などの直系と比べるとライトボディーですね。


麺はモッチリ系の中太麺で悪くないです。
具はチャーシュー1枚、海苔3枚、青菜、タマゴ半分。
チャーシューはやわらかくて美味しいのですが、薄めです。
海苔はスープに漬してライスと一緒に食べるとよく合います。

家系の見た目とスープのギャップを感じますが、拘らなければ宜しいかと。

麺祥来 ( 神保町 / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月17日

麺処 美空 神保町4

神保町の飲食店が乱立するエリアから少し離れたところにお店はありました。
美空っていう地味な看板が気になっていたのですが、とうとう訪問。

カウンターのみのお店ですが、開店から時間が経っていないこともあって清潔で居心地は悪くありません。
発券機を見ると生姜らーめんというのが目に付いたので迷わず購入。

店主一人の作業ですが、それ程待ちませんでした。
出てきた生姜らーめんは、かなりの量の生姜が盛ってあります。
これは面白い!


早速スープを啜ってみますと、ライトな動物系です。
あえて生姜が必要かどうかと思いながら、生姜を少しずつ溶かして飲んでみると意外に合う様な気がします。
おろし生姜なので、少し辛さがあるかなとも思いましたが、それ程きつくはありません。

麺はもちっとした食感でなかなか美味しいです。
この麺に対してスープはややおとなしめか?


少しずつ溶かしていた生姜を全部溶かして見ると、生姜オンリーの味になるかと思いきや、生姜の風味がきつくないせいか想像してたほどハチャメチャにはなりませんでした。
トッピングサービスの昆布もいただきましたが、こちらはイマイチ合わないですね。

しかしこの生姜は独創的な発想を感じさせるもので、今後の変化が気になるお店ではありますね。

麺処 美空 ( 神保町 / ラーメン全般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月04日

用心棒 神保町4

神保町二郎の向かいにあるお店。
ジンボウチョウノヨウジンボウである。
略してヨウジンボウチョウ。。。
では無い。

何故、二郎の目の前でお店を開いたのか?
真相は不明ですが、長蛇の列を成す二郎の行列を見てこちらに来る方も結構多いのでは?

お店は狭く、カウンターが10席程度。
ウェイティングスペースもかなり限られており、窮屈です。
私が入った昼時では、4名待ちだったのですが、長時間は待てないですね。

オーダーは豚ラーメンにしました。

暫くしてカウンターへ座ります。
カウンターも広くないのでやはり窮屈ですね〜。
隣にガタイの良い方が座っていたので、余計にキツイ感じがします。

無料トッピングは、ニンニク、ヤサイ、アブラ、カラメに特徴的なのは辛玉というのがあります。
ラーメンを出される前に聞かれましたので、ヤサイ、アブラ、辛玉をコール。
辛玉はカラダマと言ったら、カラタマが正しいようです。

出て来たラーメンは、モヤシを中心としたヤサイが山盛り。
なかなかの見た目です。
辛玉はいかにも辛そうな赤い玉が脇にのっていました。


麺をそっと引きずり出してみると茶色くて固めです。
二郎に負けじと結構な量です。

スープを飲んでみると、豚骨な出汁も割りと感じるスープで、タレも二郎風です。
二郎に比べると、こちらの方がやさしい感じかも。

モヤシの盛りがすごいので、なかなか食べるのに時間が掛かりますが、スープが悪くないのでドンドン食べれます。
途中で辛玉を入れると、また味が変わってよいですね。

トッピングした豚は、かなり厚みのあるもので、脂も結構ありますね。
これが3個ほどのっていますが、食べ進むにつれてキツクなってきました。
脂分も多いのですが、アブラ増しにした手前、ここで残すのも負ける様な気がしたのでド根性で完食。

二郎のカネシを効かせたものとは少し違いますが、満腹具合はなかなかのものです。

用心棒 ( 神保町 / 豚骨ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月28日

まんてん 神保町4

前回訪問から1ヶ月と、私にしては短いスパンでの再訪である。

この頃は学生も草食系が増えたせいか、カウンターで嬉しそうに食べているのは、その昔に肉食系学生だった、肉食系サラリーマンの方が多そうである。

この日は、基本に立ち返って(?)、カツカレーを大盛りで注文。

どんどん揚げられていくトンカツがカット後にのせられて、あっという間に目の前に登場。
早速、カイエンヌペッパーと福神漬けをトッピングして、いただきま〜す。


カツカレーは四角い皿に盛られますが、これが深くて大盛りご飯がタップリ入っています。

揚げたてトンカツを濃い目のソースに絡めながら、ご飯を頬張ります。
ひき肉を噛み締めながらこの『まんてん』の美学に酔いしれていきます。

大盛りもアッサリ完食。
ご馳走さんでした〜。

まんてん ( 神保町 / カレー・カレーライス )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月24日

ライスカレーまんてん 神保町4

久しぶりの訪問です。
以前より試してみたかった、コロッケとシュウマイのコンボ?(通称コロシュウ)を注文。
今回も慎重に普通盛りで。


コロッケは揚げたてサクサクの2個を二つにしてのせています。
このコロッケは軽い感じなので、あっさりいけちゃいそうですね。

そしてもう一つのトッピングである揚げシュウマイですが、表面がカリッとしていて中には肉が詰まっている。
これが3つあるとかなりのボリュームです。
流石に私も満腹状態。
でもこのジャンクさ、嫌いじゃないですね〜(笑)。

しかし2種類でも結構きつかったので、更にトンカツとソーセージをのせて全部のせにするのは無理かなぁ。。。

まんてん ( 神保町 / カレー・カレーライス )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月13日

らーめん せい家 神保町店3

らーめん せい家@神保町店 味付け玉子ラーメン(580円)

靖国通り沿いにいつの間にか出来ていたこのお店。
都内にかなり多店舗展開中の様である。

店名に家がつくので、家系インスパイアみたいだが、ネギラーメンとか『ラーメンショップ』的なメニューもある。
麺も太麺と細麺が選べるので、それほどの拘りは無いのだろう。

今回は基本のらーめんに味付け玉子を付けて注文。
麺は太麺にしました。
らーめん せい家@神保町店 味付け玉子ラーメン 麺固め

パッと見た目は家系そのもので、海苔や青菜の使い方もそのままという感じ。
スープは豚骨中心のようだが、マイルドに仕上がっている。
麺はモッチリした太麺で家系直系のそれとは異なるが、まぁ相性は悪くない。
なにより、ラーメンだけなら500円というのが特徴ですね。

そこそこ美味しいし、ライスでも付ければお腹も満たされる。
このデフレ時代に適応したお店だ。

せい家 神保町店 ( 神保町 / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月30日

ライスカレーまんてん 神保町

華麗まんてん 店前

近くの『かの矢』を覗いたら生憎の満席。
ここのビーフカツには久しくありついていないなぁ。

そしていつも行列のとなりのまんてんを見ると行列が無い?
学生が夏休み中だからかな?

まぁせっかく直ぐに座れるのだからと入ってみた。

今回はちょっとビビッてカツカレー普通盛り。
それでも結構迫力あります。
華麗まんてん カツカレー(600円)

挽肉入りのコッテリしたルゥが相変わらず個性的。
そして揚げたてカツは価格を考えるとご立派。
なんか知らんがご飯も結構ウマイです。

しまった〜。大盛でいけたかな〜。

まんてん ( 神保町 / カレー・カレーライス )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月26日

キッチンマミー 神保町4

キッチンマミー@神保町 ミックスフライ(800円)

12時を回ったところでランチするところを探したのだが、既に人気ラーメン屋は行列が発生。
『かの矢』でビーフカツとも思ったのだが、こちらも列が出来ている。

悩んだ末に、このマミーに辿り着いた。
こちらは流石に夏と言うこともあって、若干の空席がある。
このお店は厨房がカウンターを挟んでいるだけなので暑いというイメージがあるかもしれないのだが、空調が効いているのでそんなに居心地悪くありませんよ〜。

そして注文は調子に乗ってミックスフライ!!

このミックスフライは、鶏をスティック状にしたフライ4個、薄めのヒレカツ2個、ポテトフライ1個という構成で、フライの下には山盛りのキャベツ!更にハム2枚ものせている。ボテッとのせたマヨネーズがジャンクなイメージを増幅させている。
ジャンクな見た目からは意外だが、フライの揚がり具合はあくまで軽くてサクッとしている。
このお店では、若鶏スティックフライとポテトフライを必ず食べたいのだが、この組み合わせはミックスフライかミニセットのみであると思う。
食べているとミニセットで十分な気がするのだが、どうもミックスフライを選択してしまう。

最後の方はかなり苦しくなったが、山盛りキャベツも平らげどうにか完食。

キッチン マミー ( 神保町 / 定食・食堂 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ





tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月24日

牛すじ野菜つけそば 竜馬  神保町4

牛すじ野菜つけそば竜馬 デミグラスソースラーメン(700円)

いつもは決まってトマトチーズつけ麺を食べていましたが、新たにラインナップされた、デミグラスソースラーメンを狙っていきました。

日本で初めてというデミグラスソースラーメンは、ラーメンの上にデミグラスソースがかかっているもの。
そのまんま(笑)。
牛すじ野菜つけそば竜馬 デミグラスラーメン 麺アップ

ラーメンスープはこちらのお店でスタンダードのものかと思われますが、タレはあまり入れていないようなので、上にかかっているデミグラスソースを混ぜながら食べるとちょうど良さそうです。
デミグラスソースは、あまり甘さがないのでラーメンと食べてもそんなに違和感がありません。

発想が奇抜ですが、ラーメンとしては上手く纏めちゃっているのが流石です。
そしてさらに驚きなのは、後味がとても良いと言うことです。
ほとんど化調を使用していないものと思われます。
デミグラスソースというイメージからコッテリしたものを想像していたのですが、全く舌に残るような感じはありません。

ラーメン店は700軒くらい訪問していますが、このラーメンは記憶に刻まれました。


牛すじ野菜つけそば竜馬 ( 神保町 / つけ麺 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ




tg-ryuman at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月24日

麺屋33 神保町4

麺屋33 丸鶏旨味そば 醤油(700円)

以前に通ると新しいラーメン屋さんが出来ていて、行列が出来ていたので気になっていたが、今日は『直ぐに入れますよ〜』と言われたので入ってみた。
店頭には石神氏とえなりかずきが訪問したという説明が貼り付けられている。
しかし、えなり君もすっかり大人ですね。

食券をお店の外で購入し店員さんに渡してカウンターへ座る。
今回は、丸鶏旨味そば(醤油)とした。
カウンター席であるが、まぁそんなに窮屈な感じではない。

出てきたラーメンは店内が暗く、器も黒いので、見た目がちょっと冴えないかと思った。
丸鶏スープを一口飲むと、醤油が効いているのだが、この醤油の風味が悪くない。
出汁があとから効いてきて、結構好みです。

麺は歯ごたえが良いもので、ちょっと普通の小麦な麺と違うような気もするのですが、これも悪くないです。
意外にスープを吸い込む事もなく、喉越しも歯ごたえも最後まで良かったです。

具は鶏肉2片、バラ肉1片、デカメンマ3本、カイワレ、ネギ、そして中心にあったのは刻み生姜です。
スープ自体は生姜を要するとは思えなかったので、味の変化を楽しむものなんだと思います。
でもこの生姜は辛さもなく悪くないです。
鶏肉は肉の旨味を残したものです。バラ肉は脂がトロッとしています。
2種を入れていると言うのも、飽きが来ないようにという工夫かと思いますが、悪くないです。

なんか小技が連発で小癪な〜!
っという感じもするのですが、悪くないラーメンなんです。
空いてたら今度は塩食べにこよ。


麺屋33 ( 神保町 / 醤油ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月23日

麺処 おかじ 神保町4

麺処おかじ 清湯塩らーめん(700円)

暫らくぶりに『とんかつ かの矢』でビーフカツでも食べようかと思って来たのですが、反対側にいつの間にかラーメン屋ができている。
鶏白湯と清湯ラーメンのお店だという。

かの矢のビーフカツも食べたかったのだが、とりあえず新店の様だったので、一回入ってみようと思い訪問。

店内はやはり真新しく、カウンターのみであるがスペースは十分で居心地的には問題ない。
オーダーは鶏白湯と清湯を悩んだのだが、今回は清湯とした。

清湯塩ラーメンは黄金色の鶏油が浮かんだもので、春菊やチャーシューがらー麺 本丸亭なテイストである。
チャーシューの下にはキャベツなどの野菜がかなり盛られている。
スープはジンワリと出汁が効いてくるもので、『本丸亭』ほど塩は主張してこない。
近江鶏の出汁というこのスープは好みです。
麺は縮れた手打ち感のあるもので、これがなかなか良い。
表面の鶏油がなかなか効いているのだが、これは野菜と絡めることでバランスが取れてくるような気がする。
ぐる々巻き々チャーシューも肉厚でやわらかくなかなか美味しい。
最後にスープ飲み干すと、鶏油が口の中に残るのだが、全体的には好みだし美味しいラーメンだと思います。


麺処 おかじ ( 神保町 / 塩ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ





tg-ryuman at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月15日

牛すじ野菜つけそば竜馬 神保町5

牛すじ野菜つけそば竜馬 トマトチーズつけ麺・ご飯付き(800円)

暫らく食べてなかったトマトチーズが久しぶりに食べたくなって訪問。

この日は券売機で女性3人組みがなにやらトマトラーメンやトマトチーズつけ麺などを購入していた。
密かに固定客が出来つつあるようだ。

何も言われなかったので、1階の出入り口近くのカウンターへ座った。

この日のつけ汁は動物系がやや弱めのような気がしたが、全体のバランスはまずまずであった。
麺を一気に平らげた。
ご飯はやはりこのつけ汁に良く合う。
つけ汁が冷たくなったので、ポットから温かいスープを補充。
スープも全部完食!!


牛すじ野菜つけそば竜馬 ( 神保町 / つけ麺 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月25日

神田 風神 神保町2

博多ラーメン神田 風神 博多ラーメン(500円)

お店の前の看板には、『博多ラーメン』、『濃厚魚介』、『どらスープ』と書いてあるのですが、実態は『天神』っぽい感じのお店でした。
替玉が2玉まで無料というのは『由丸』っぽい。

出てきたラーメンを食べようとすると、箸が無い?
引き出しにありますよ〜って店員さんに教えていただいたので、手元の引き出しを覗くと中に割箸が!
カウンターテーブルを少しでも広く使おうというアイディアなんでしょうか?

ラーメンは、そんなに出汁は効いてませんが、それなりに喰えちゃいます。
『天神』はもうちょっとクリーミー感があるのですが、こちらは油が勝る感じ。
この油が表面に浮いていて、細麺にガッチリ絡みます。
初めの1玉は結構油っぽい感じだったのですが、2玉目は意外にバランスが取れてきます。
そして調子に乗って3玉目を頼んだら、スープがかなり薄くなって完全にダメでした。
卓上には追加のタレは無いんですね〜。
あとゴマや胡椒はあるのですが、紅生姜がありません。
この紅生姜が無い点は、私に取ってはものすごいマイナスポイント。

具はチャーシュー1枚、海苔1枚、木耳、ネギ。
チャーシューは固めのものですが、噛みしめると意外に肉の味がした。

色々不思議でなんか違和感もあるのですが、500円なのは安いです。


神田 風神 ( 神保町 / ラーメン一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月07日

背脂醤油のあ 神保町4

背脂醤油のあ 脂そば・大盛(600円)

約1年7ヶ月ぶりの訪問である。
のあ吉から渋谷時代の背脂醤油に変わっていたのは既に知っていたのですが、牛すじ野菜に嵌ってからは訪問の機会を逸していた。
しかしながら、牛すじ野菜の2階席がどうもイマイチなので、オペレーションに慣れるまで暫らく控えた方が良いかと思い、今日はこちらへ。

お店に着くと、今日はラーメンとつけ麺はやっておらず、脂そばと脂めしのみの営業だと表記があった。
脂そばが 「油」 じゃなくて 「脂」 なのが妙に気になるが、まだ食べたことが無かったので、一応喰って見ることにした。
とりあえず 「脂そば」 のみの注文をすると、どうやら大盛もあるようなので、なんとなく大盛とした。
正月明けて暫らく経つというのに胃袋はまだ何も気づいていないようです。

さて暫らくすると 「大盛脂そば」 が私の前に運ばれてきた。
沢山の麺の上に、まさに脂と引き裂かれたような豚肉、それに鰹節、ネギ、モヤシ、海苔がのっている。

はてどうやって喰ったらよいのかな?

本当に分からなかったので思わず店主に尋ねると、既にタレがかかっているのでそのまま麺を食べればよいとのこと。
脂は冷めると食感が悪くなるので麺に辛め過ぎないように、また味に変化が欲しければ卓上のラー油やタレをかければ良いと、とても親切に教えてくれた。

なるほど、ではまず初めにそのまま麺を食べてみよう。
麺は黄色味がかったプリッとした加水率の高いものでなかなかの弾力である。
これは渋谷時代からわりと好みの麺です。
店主の言うとおりタレが初めからかかっているので、丁度良い味である。
背脂醤油のあ 脂そば・アップ

そして恐る恐る 「脂」 に箸をつける。
脂は大きいものではなく、細切れ肉に付いている脂を切り離したようにも見える。
これはどこの脂なのかはちょっと分からない。
脂自体をそのまま食べてみると、結構味がしみこんでおりそのままで十分食べれる味付けである。
思ったよりは普通に食べれそうなので安心した。

次に肉を食べてみた。
肉は細かく裂かれている分、味が染みこみ易いのか、ちょっと塩気が強い気がする。

しばらく食べ進み、途中でラー油を投入。
大盛り麺がかなりのボリュームで半分くらいでお腹が膨れていたのだが、このラー油を投入する事で鈍った箸の動きに活が入る(?)

脂に気をつけながら、鰹節、モヤシ、ネギなどを上手くかき混ぜていくとまた結構変わった感じになる。

なかなかの大盛りで後半は結構キツくなったが、なんとか完食。

しかし、ここのお店はホント個性が強いですね〜。

背脂醤油のあ ( 神保町 / 醤油ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:45|PermalinkComments(2)TrackBack(1)