神田

2011年05月31日

立科そば 小川町(神田)3

小川町の裏通りにあるお店。

近くにあった『松そば』が、『らぁ麺 波』に変わってしまいましたが、こちらはしっかり営業していました。

ランチメニューのかき揚げ丼セットを注文。
そばにかき揚げ丼、お新香がついて500円とはお得ですね。


そばは割と歯ごたえがあり、汁にふやけにくい感じです。
最近はこの手のそばも進化しているんでしょうかね〜。
わかめがのっていますが、こちらはエキスが出るようなものではないですね。

かき揚げ丼は揚げたてという訳では無いので、若干油がまわっている感じがします。
ご飯は多いので、しっかりお腹が満たされました。

価格を考えれば妥当ですが、欲を言うとかき揚が揚げたてだと嬉しいですね。



tg-ryuman at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月16日

ほん田 小川町(神田)4

このお店の前は頻繁に通りますが、昼時はいつも大行列だったので訪問する機会はありませんでした。
この周辺のラーメン店も殆ど行き尽くしてきたため、どうしようかと考えているうちにこのお店の前まで来てました。
いつもは10人くらいの行列ですが、この日は3人くらいと比較的空いていたので訪問してみることに。

メニューは沢山ありますが、とりあえずオススメっぽいラーメン+半チャーハンを注文。
大盛りがサービスなのでお願いしました。
そしてなんと玉子までサービスだったので遠慮なく頂きます。

店内はやや年季が入っていますが、まぁこんなもんでしょう。
カウンターへ座り待っていると、暫くしてラーメンと半チャーハンが出てきました。
ほん田@小川町 ラーメン・半チャーハンセット+ゆで卵(550円)

ラーメンは大盛りにしただけあって麺の量が多そうな感じ。
チャーハンは茶碗一杯分くらいの常識的な半チャーハンです。

ラーメンのスープは、動物系+化調に野菜の旨みを感じる醤油味。
意外なのは麺が結構な太麺でモッチリと食べ応えがあります。
大盛りで230gということですが、なかなかのボリューム感です。
具はチャーシュー1枚、海苔、メンマ、わかめ、ネギ、玉子と十分でしょう。

半チャーハンはそれほど味が濃くないので、ラーメンと相性が良いです。
ややしっとりとした家庭的な雰囲気のチャーハンです。

恐ろしいことにこの内容で550円!
ホント大丈夫かと思っちゃいますね(笑)。
機会があればジャンボラーメンも試してみたいです。

ほん田 ( 小川町(東京) / ラーメン全般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




tg-ryuman at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月03日

つけ麺もといし 新日本橋(神田)3

神田界隈で人気のつけ麺屋さんということで訪問しました。
店主は『けいすけ』系列で修行を積んだ方との事です。

昼時で混雑をしていましたが、ちょっと待って直ぐに入れました。
カウンターへ座り、つけ麺を注文。
温野菜を頼む方も結構いるようですね。
つけ麺もといし@新日本橋 つけ麺(780円)

出てきたつけ麺は見た目はオーソドックスな魚介濃厚系です。
早速、麺をつけ汁に漬して食べてみますと、やはりなかなかの濃さです。
粘度の強いつけ汁ですが、豚耳が溶け込んでいるとのこと。
つけ麺もといし@新日本橋 つけ麺 麺とつけ汁

麺は太目のプリッとしたもので、丁寧な作業が伺えます。
粘るつけ汁がしっかり絡んで美味しいです。

なかなか美味しいかなと思ったのですが、食べ進むうちに底に沈んでいたと思われる魚のカスが徐々に口に入るようになってきました。
これが時々、ガリッときてどうも宜しくない。
出汁ではなく、粉砕された魚を食べているような感覚に陥りました。
つけ汁や麺自体は悪くないと思ったのですが、最後までそれが払拭できませんでした。
なので★3です。

つけ麺(酒け麺)もといし ( 新日本橋 / つけ麺 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月29日

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 神田4

一年前に神田でオープンしたというこのお店。
機会が無く訪問が遅れていましたが、とうとうやって来ました。
カラシビ味噌らー麺 鬼金棒@神田 味玉カラシビ味噌らー麺・カラ増し、シビ増し(880円)

最初は、カラシビって聞いてもピンとこなかったのですが、辛くて痺れる味噌ラーメンのお店です。
でもこのカラシビってキーワードは凄くて、インターネットで検索すると数万件がヒットして、このお店の事しか出てきません。
最近はカップラーメンにもなっているようで、なかなかの盛り上がり様ではないですか?

さてお店は神田駅から歩いてすぐ近くにありまして、オープンが1年前なので割りと新しい感じです。
外にはサラリーマンが3名ほど並んでいました。
店内に入ると中にも数名が並んでいて、狭い店内は人が一杯。

注文はとりあえず、カラシビらー麺を味玉付きにしました。
880円とはラーメン1杯にしては、なかなかのお値段です。
辛さと痺れを聞かれたので、初訪にもかかわらず、両方とも増しにしました。
周囲では両方とも増しにする人はいなかったため、おそらくかなり辛いんだろうなと思いましたが、それなりに坦々麺やら激辛ラーメンを食べた事はありますので、正直なところ舐めておりました。

やや窮屈なカウンターへ座り、暫く待つと出てきました。
香りからして辛そうなラーメンですが、スープを少し一口飲むと、やはりかなりのカラシビである。
痺れがかなりのもので、スープの出汁などは殆ど分からない。
後から辛さも追いかけてきて、舌がビリビリ、ヒリヒリです。
こういうスープは多少時間をかけても焦らずに食べる方が良いというのが私流ですが、一口目でかなり難敵の予感です。
スーツを脱ぎ、腕まくりをして現状ベストの体制で臨みます。
カラシビ味噌らー麺 鬼金棒@神田 味玉カラシビ味噌らー麺・カラ増し、シビ増し 麺

徐々に食べ進みますが、想像を超えるカラシビは頭まできているのを感じます。
この感覚はカーナ・ピーナでホットを食べたあの時以来と記憶が蘇ります。
カーナ・ピーナはペッパー系の辛さですから、こちらの花椒の痺れを強く感じるのとは異なりますが、限界を超えているのは同じです。
額に滲んでいた程度の汗は、食べるほどに加速して、滴り落ちる程の勢いとなってきます。
麺を啜る際にスープで咽ないように最大限の注意を払いながら、食べ進みます。
そのうち出てきた鼻水もこのラーメンの完食を妨げてきます。
この頃には既に出汁どころか味噌さえも感じない程の状況です。

ようやく麺を完食した時には、気持ちは既に折れかけていました。
ところが、日頃からの鍛錬?により手が勝手にまだ挑み続けようとレンゲでスープを掬い上げます。
しかし、舌は殆ど受付を拒絶しているので、もはやここまでと理性が判断したため、スープは半分くらいで止めて退席をしました。

今回は辛さと痺れが強すぎて、味という意味では殆ど感じる事ができなかったので、次回訪問時にはとりあえず普通としてみたいと思いますが、その反面さらに激辛にしたらどういう事になるのかという好奇心を拭い去れないのも事実であります。

このような個性的なラーメンを提供するお店は限られていると思いますので、その点を高く評価したいと思います。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 ( 神田(東京) / 味噌ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月27日

かつぎや 小川町(神田)4

かつぎや 排骨坦々麺激辛(980円)

昨年あたりにオープンした際、坦々麺専門店が開店したのは認識していたのですが、なかなか機会が無くてやっと訪問しました。
(この辺りは飲食店だらけですからね〜)

近隣にも『辣椒漢』がありますが、辛いもの好き人口が増加しているのでしょうか?
このお店も昼時に通るといつも数人待ちになっています。
今回は3人待ちの後ろにつきました。

カウンターだけの店内はかなり狭いのですが、明るく清潔感があり女性客もかなり大勢いました。

オーダーは排骨坦々麺をいきなり激辛(5段階中の最高レベル)で。

タイミングが悪かったのか、結構待たされました。
出てきた排骨坦々麺はすり鉢状の白い器の表面を排骨が埋め尽くしており、もともと容積が小さい器なのでミッチリと入っている感じです。
かつぎや 排骨坦々麺 麺と具

とりあえず麺がどうなっているのかと思ったのですが、排骨の下には更に野菜が敷かれており、麺はその下でした。
ワイシャツに汁が飛び散らないようにゆっくりと麺を引きずり出しますと、モチッとした中太麺が登場。
想像よりスープとマッチしていてなかなか美味しかったです。

スープは激辛にしたので当然辛いのですが、花椒よりも辣椒が中心の辛さのようです。
かなりストレートな辛さですが、それ程後を引く感じではなくて爽やかでした。

排骨はかなりライトな感じで、さくっとしており美味しいのですが、イマイチ存在感は薄め。
『亜寿加』なんかだとライスのオカズになる位のものがのってますが、コンセプトの違いでしょうね。

個人的には排骨よりもその下のシャキシャキした野菜とスープのバランスが良くて、むしろこちらの方が好印象でした。
この野菜を食べているうちにスープもドンドン飲んでしまうので、思わず激辛なスープを完飲してしまいました(汗)。

かつぎや ( 小川町(東京) / 担々麺 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月17日

松そば 小川町(神田)3

松そば@神田錦町 かき揚げそば(310円)

飲食店が乱立するこの界隈で地味ながら存在感を放つ看板と外観。

なぜか初めて入るとは思えない感じがする。。。
店内で迎えてくれる夫婦と思わしき年配の方たちもものすごく自然なのです。
メニューはセットものなどもあり豊富で迷ってしまうのですが、とりあえずかき揚そば+ミニ焼肉丼を注文。

かき揚そばは、揚げたてではないのですが、そこそこカリッとしてました。
そして汁は濃い目です。
そばは色が黒っぽくやや太目なもので、それなりに食べ応えがあります。
これで310円(確か?)なら十分かと。

そしてミニ焼肉丼はタレがまるでウナギの蒲焼にでも塗るようなもので、一見かなり濃い目に見えますが、思ったほど辛くは無かったです。
まぁ濃い目であることは確かですが。

蕎麦チェーン店のような、企画目白押しなインパクトは無いのですが、こういうお店も残ってほしい感じがします。

松そば ( 小川町(東京) / そば )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



※この間、近くを通りがかったら、どうやら『らぁ麺 波』に変わっているようでした。なんか寂しいですね。

tg-ryuman at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月06日

二代目つじ田 味噌の章 淡路町(神田)4

二代目つじ田 味噌の章 味噌ラーメン(800円)

前の週に来たときは満席だったので『きび』へ流れた。
今日は12時を回っていたが座れそうだったので寄ってみました。

店内はカウンターのみの小さいお店ですが、清潔感がありそれほど居心地は悪くありません。

メニューは辛みそも惹かれたのだが、今回は基本の味噌ラーメンを注文。

出てきたラーメンはおろし生姜や青海苔がのっており、味噌ラーメンとしてはこのビジュアルは初めてかも?
その他の具は肉、メンマ、モヤシ、玉ねぎ、ネギである。
二代目つじ田 味噌の章 味噌ラーメンの麺

スープは動物出汁と味噌が濃いインパクトのあるもので、ニンニクも効いている。
このパンチのあるスープに対して、麺は黄色い歯ごたえの良いちぢれ玉子麺だ。
濃い味のスープに歯ごたえの良い麺がなかなかよろしい。
そして、徐々におろし生姜や青海苔を混ぜながら食べると変化を楽しめる。
味噌ラーメンはそんなに好んで食べる方ではないのだが、これはなかなか良い。

決して上品なラーメンではないのだが、『純連』とも違う、このパンチのあるラーメンはまた食べたくなるかもしれない。


めん徳 二代目 つじ田 味噌の章 ( 淡路町 / 味噌ラーメン )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月25日

神田 風神 神保町2

博多ラーメン神田 風神 博多ラーメン(500円)

お店の前の看板には、『博多ラーメン』、『濃厚魚介』、『どらスープ』と書いてあるのですが、実態は『天神』っぽい感じのお店でした。
替玉が2玉まで無料というのは『由丸』っぽい。

出てきたラーメンを食べようとすると、箸が無い?
引き出しにありますよ〜って店員さんに教えていただいたので、手元の引き出しを覗くと中に割箸が!
カウンターテーブルを少しでも広く使おうというアイディアなんでしょうか?

ラーメンは、そんなに出汁は効いてませんが、それなりに喰えちゃいます。
『天神』はもうちょっとクリーミー感があるのですが、こちらは油が勝る感じ。
この油が表面に浮いていて、細麺にガッチリ絡みます。
初めの1玉は結構油っぽい感じだったのですが、2玉目は意外にバランスが取れてきます。
そして調子に乗って3玉目を頼んだら、スープがかなり薄くなって完全にダメでした。
卓上には追加のタレは無いんですね〜。
あとゴマや胡椒はあるのですが、紅生姜がありません。
この紅生姜が無い点は、私に取ってはものすごいマイナスポイント。

具はチャーシュー1枚、海苔1枚、木耳、ネギ。
チャーシューは固めのものですが、噛みしめると意外に肉の味がした。

色々不思議でなんか違和感もあるのですが、500円なのは安いです。


神田 風神 ( 神保町 / ラーメン一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tg-ryuman at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月28日

いわし料理 かぶき 本店  神田4

a95941c1.JPG酒蔵 かぶき
最寄駅:三越前 / 新日本橋 / 神田 / 小川町 / 岩本町
料理:居酒屋 / 魚料理 / 鍋料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:飲み会/宴会



新鮮いわし料理続きを読む

tg-ryuman at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)