2006年12月31日

米澤穂信「春期限定いちごタルト事件」

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生
二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す それなのに二人の前には頻繁に謎が現れる
名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、
果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?

いったい何故二人は小市民になりたいのか?
読み始めてこれって続編だっけ.....と、初米澤穂信です
わからんな〜と思いながら、普通にどんどん話は進んじゃうし(当たり前だ)
あまりに謎で、気になりながら読みました でも続編ってわけじゃないのね....
なので逆気になる!

全5編の連作短編集

なんてコトないんです 消えたポシェットを探したり、器を汚さずココアを
何故3杯作れた解明したり、美術部の先輩の置きっぱなしの二枚の絵の謎とか.... 
謎をとく小鳩君 続編..とか悩みながら、事件はとても小さいし...で、
あまり面白くない.... なんで話題なの?と

だんだん読みすすめるうちに、二人の性格とか
(特に知らないうちに人の後ろに立てる小佐内さんとか..?)
しれ〜とした会話とか面白く、小市民を目指しながらも小鳩君の冴えが
渡りはじめ面白くなってきます

面白かったのは「おいしいココアの作り方」
私もココアはミルクを少しとココアをまぜまぜしてから、ミルクをど〜と入れる派なので
なかなか面白い どうやってココアを作ったかなんだけど、答えを小鳩君が見つけた時の
健吾お姉さんのふざけんな〜!が面白い 私も叫びますよ

そう、この健吾と言うのが過去の小鳩君を知ってる人で、なんだかんだ彼を引き込むんですが
彼の異常に動じないキャラクターが、なかなか面白い 好きです
ま〜あんなココアの作り方するくらいだから細かいことには気が付かないようなのだあろう

小鳩君のきっと過去は小生意気な探偵風に色んな事件を
これみよがしに解明してた感じがわかりますが
小佐内さんは、クレープ食べたり、いちごタルト買って盗まれたり、
ケーキ多べ放題でバカ喰いしたり位な登場の仕方でなかなかわからない

最後の「狐狼の心」で、やっと小佐内さんの過去....
行き着くトコまで相手を追い詰める性格とかが判ります
これは小鳩君どころじゃないいはず!と思ったところで本作終了 
次の夏期限定..に続きます(たぶん)

小さな事件ながらもミステリーなのですが、やっぱり私は人気の程までわからなかった
実は先程ボトルネックを読み終わり、なんとなくこういう感じか...とか思いだしたんですけどね
まだまだ消化不良と言うところ ま〜実際私も消化不良じゃないけど二日続けてパフェを食べたら
(ストロベリーパフェ&ブルーベリーパフェ)口内炎が出来ました 
あっホールのチョコケーキも食べてたしな〜
と、こんな弱くちゃ小市民だよ


tg-wco4be2 at 03:31│Comments(12)TrackBack(4)clip!米澤穂信 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 春期限定いちごタルト事件 〔米澤穂信〕  [ まったり読書日記 ]   2006年12月31日 15:27
3 春期限定いちごタルト事件 ≪内容≫ 小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。 きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。 それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。 名探偵面などして目立ちたくないのに....
2. 春期限定いちごタルト事件/米澤穂信  [ 徒然書店 ]   2007年01月01日 00:32
電車に乗っていたら 急にバナナジュースが飲みたくなりました。 本日はこちららら。 「春期限定いちごタルト事件」/米澤穂信 小鳩くんと小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが相恵関係にある高校1年生。 きょうも2人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目...
3. 春期限定いちごタルト事件 [米澤穂信]  [ + ChiekoaLibrary + ]   2007年01月03日 19:54
春期限定いちごタルト事件米澤 穂信 東京創元社 2004-12-18 中学時代の自分を反省し、高校進学を機に「小市民」になることを決意している小鳩常悟郎と小山内ゆき。日々の平穏と安定のため、お互いの存在を盾に使い、なるべくひっそりと過ごそうとする2人ですが…。 読み...
4. (書評)春期限定いちごタルト事件  [ たこの感想文 ]   2007年01月04日 16:34
著者:米澤穂信 「小市民」を目指す小鳩くんと小佐内さんは、恋愛関係でも依存関係で

この記事へのコメント

1. Posted by エビノート   2006年12月31日 15:34
こんにちは!
二人が小市民を目指すきっかけというのが非常に気になる書き方ですよね〜
シリーズの途中から読んだか?という戸惑い分かります。私もちょっと不安になりました(^_^;)
甘いもの満載で、食傷気味になるかなと思いきや、話の内容はビターテイストで、バランスがとっても良かったです。

今年はお世話になりました〜
来年もよろしくお願いします!
どうぞよいお年を♪
2. Posted by えち   2006年12月31日 17:53
なんだか煙にまいた話だね。短篇の不思議をまとめて一つにまとめるのは、伊坂幸太郎や加納朋子なんかすごくうまくやるし、好きな本のタイプだけど。漫画の原作みたいだね。きりりさん来年も書評期待してるよ!よいお年を!\(^O^)/
3. Posted by きりり   2006年12月31日 20:05
エビノートさん
こちらこそお世話になりました 来年もよろしくお願いします
なかなか不思議というか味のある二人
夏限定読むのが楽しみです 少しでも真相に近づきたい
4. Posted by きりり   2006年12月31日 20:08
えち君 
もっと冷たいものとかが合う人と思ったんだけどね
そしたらボトルネック..... ん〜
えち君いつもコメントありがとうございます 独自な意見でいつも楽しみですよ 来年もよろしく
5. Posted by 弥勒   2007年01月01日 00:36
きりりさん、あけましておめでとうございます!
旧年はお世話になりました!!
本年も宜しくお願いします☆☆

小佐内さんの追い詰めっぷりには
読んでいて内心すんごいワクワクしてました(笑)
ただ単にお菓子が好きな女の子じゃないのね!みたいな。
小さな謎かけも飽きなくて面白かったです。
夏期限定〜は読まなければと思いつつもまだ未読です。。。
早いとこ読まなければ。
6. Posted by きりり   2007年01月01日 18:43
弥勒さん こちらこそよろしくお願いします
小鳩君の調べる前に先回りしてた小佐内さんが好きです
次作で活躍してるのかな〜気になります
7. Posted by ソラチ   2007年01月03日 09:43
あけましておめでとうございます!!
今年も読書レビュー楽しみにお邪魔します。
「春季限定〜」では私もココアの話が秀逸で大好きです。
そして小市民を目指すという素晴らしいポリシーを掲げる可愛い二人が気になる。
そのうち3作目が出るらしいので楽しみですね〜。
8. Posted by chiekoa   2007年01月03日 19:55
同じ読み方しちゃいましたね〜(笑)。
続編というかシリーズは読んでいくとなかなか楽しくなってきます!はやく秋が出ないかなあ〜。
9. Posted by きりり   2007年01月04日 00:02
ソラチさん
おめでとうございます こちらこそソラチさんのブログ楽しみしております
健吾のすっとぼけたキャラを一段とアピールしたココア..が楽しかったです
続編でも健吾がとても楽しみ
10. Posted by きりり   2007年01月04日 00:04
chiekoaさんの感想見て、同じだ!と思ってしまいました
でも次がどうなってるか知りたくて読むのが楽しみです
11. Posted by まじょ。   2007年01月05日 19:10
あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします♪
しだいに明らかになるふたりの過去がとっても気になりますよね?
どんなツライことがあったのか…でも、全然小市民じゃないふたりが好きです。
米澤穂信は『犬はどこだ』が個人的に一番好きです。
ダークだけど『ボトルネック』よりは救われている…はず。
12. Posted by きりり   2007年01月06日 20:37
まじょ。さん
おめでとうございます 今年もよろしくお願いします
家だとまじょ。さんのブログを見れないので週明けおじゃまいたしますです
全然小市民でないとこがかわいい二人ですね
犬はどこだ読んでみます〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔