2007年10月06日

有川浩「図書館内乱」3

メディア良化法の成立から良化委員会と戦い本の自由を守る図書館、図書館隊
その戦いを描いた(だけじゃないけど)「図書館戦争」の第二弾
今回は郁と堂上との話に留まらず、各レギュラー陣が次々と事件に巻き込まれる

幼なじみの高校生の女の子を意識している小牧
何年も前に家を出た兄を心のなかで慕う手塚
常にクールで頭の回る柴崎の恋愛本音?
それを良化委員会とか第三者に狙われるわけですが、弱み的なものがあるだけに
今まで結構クールな態度を取って来た三人の違う一面が見られます

前作を読んで面白いコトは面白いけど、どうしても引くな〜と言うところが
あったんだけど いや〜本書、前作より面白かったです
慣れ?とか思ったけど、そんなんでなく、コッパズカしいはしゃぎっぷりが少なくなり
各自の今まで見れなかった秘密と言うか事情と言うかが描かれてるからでしょうか

ま〜ベタっぷりと言えば小牧の幼なじみとの会話とか、おいおいっ
けっこう犯罪ギリ!的な二人の会話とか、お約束的にあるんだけど
昔なら きゃ〜!的に思ってたよな〜 こう言う事もあるよね〜きっと私の人生と
哀しくも疑わなかったあの頃の私 遠い目 再び

問題の郁と堂上は、相変わらずですが、他の人達が張ってた為に少々話題少なめ
しか〜し郁に会いに来た父親に何となく託されちゃった堂上と
最後の最後で、王子様の正体が分かって焦りまくる郁(どうする!)
私的に柴崎と手塚って線はないのか?とか、手塚の兄と新館長とか気になって次作読まずにはいられません!

レギュラー陣みんな好きですが、相変わらずの玄田の山賊かよ!的な発想大好きです
残念ながら今回は出番少ないんですが

図書で既に軍隊チックに防衛してるなんて、それじゃ〜この時政治はどうなってたんだろう?

この本のなかで堂上は、よく郁の頭をなでたり、くしゃっとしたりとしてます
こんな頭をよくなでる男の人っているのか? どう考えても私が16〜8の時だって
頭なんかなでてもらうコトなどなかった気がするが...
頭をなでるって、ある種究極であると思う私(語るよ〜 嘘...完)
次回、憧れの王子さまと面と向った時の郁... 楽しみです


tg-wco4be2 at 01:30│Comments(6)TrackBack(4)clip!有川浩 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 図書館内乱  [ どくしょ。るーむ。 ]   2007年10月06日 22:25
著者:有川 浩 出版社:メディアワークス 紹介文: やっと「〜危機」を借りることができました。 その前に「〜内乱」の感想を書いておきます。 図書館シリーズの第2弾は「レインツリーの国」の元になったという小牧教官の恋の話、ニューキャラ手塚・兄の登場、そして...
2. 図書館内乱⇔有川浩  [ らぶほん−本に埋もれて ]   2007年10月07日 07:01
4 図書館内乱 有川浩 「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメント第1位に輝いた『図書館戦争』有川浩、最新刊!! 図書館の明日はどっちだ!? やきもき度絶好調のシリーズ第二弾、ここに推参。 ランキングエントリー中! ■□■□■□■□ 人気blogラ...
3. 図書館内乱 〔有川 浩〕  [ まったり読書日記 ]   2007年10月09日 19:20
4 図書館内乱有川 浩 メディアワークス 2006-09-11売り上げランキング : 27556おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問....
4. 「図書館内乱」有川浩  [ AOCHAN-Blog ]   2007年10月09日 20:53
タイトル:図書館内乱 著者  :有川浩 出版社 :メディアワークス 読書期間:2006/12/14 - 2006/12/15 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 武蔵野第一図書館の図書隊員・小牧が、耳の悪い少女に難聴者がヒロインの恋愛小説「レインツリーの国...

この記事へのコメント

1. Posted by ia.   2007年10月06日 22:25
「頭をなでられたい?アンケート」面白いですね♪
あえて「なでられたい」というわけではないけど、
ちょっと嬉しいかも。
その場では何とも無くて、後から思い出して、ウフフって感じで(^^
もちろん嫌いな人からされたらセクハラですけどね。

玄田隊長、私も好きです♪

2. Posted by らぶほん   2007年10月07日 06:59
こんにちは。
最後に頭をなでられたのっていくつのときだろう?と思い出そうとしたけれど、無駄でした(笑。
思い出せないくらい昔なのでしょうね。
登場人物のそれぞれが抱えている事情や背景が描かれていて、作品に奥行きが出たきがする第二弾でした。
3. Posted by きりり   2007年10月07日 17:55
iaさん
微妙ですね〜たしかに嫌いな人に撫でられたら むかー!とかすんでしょうね
玄田隊長の晴れ晴れするほどの体当たり作戦とか好きです
彼が話してると当たり前な作戦に思えてきます
4. Posted by きりり   2007年10月07日 17:56
らぶほんさん
そうですよね〜記憶にないほど私も昔です
二作目面白かったです もう三作目が気になって仕方がないです!
5. Posted by エビノート   2007年10月09日 19:29
きりりさん、遅くなりましたっ〜。
気になるところで終わってますよねぇ。
このヒキの上手さは憎らしいです。
脇役たちもこの作品で光ってきて、
その後どうなっちゃうの〜と気になるところも満載ですね。
6. Posted by きりり   2007年10月14日 03:57
エビノートさ〜ん そうなんですよね〜ここで!って言うところで終わっててドラマの続き...を見るような
そんな終わり方で気になってしかたがないです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔