黒川博行

2009年04月11日

黒川博行「蒼煌」4

芸術院会員の座を狙う日本画家の室生は、選挙の投票権を持つ現会員らに対し露骨な接待攻勢に出る 一方ライバルの稲山は、周囲の期待に応えるために不本意ながら選挙戦に身を投じる 
会員の座を射止めるのは果たしてどちらか? 金と名誉にまみれ、派閥抗争の巣と化した“伏魔殿”日本画壇の暗部を描く

まさにその通り!な一冊
久しぶりに疫病神も刑事も登場しない美術モノです
しかし、エグイ! 室生、そして子分な大村をはじめ、大物画商、画家をすべて
大物なのに、芸術院会員なのに、エグイ
エグくなければ偉くなれない世界 さすがに黒川博行な世界です
続きを読む

tg-wco4be2 at 22:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年08月14日

黒川博行「大阪ばかぼんど―ハードボイルド作家のぐうたら日記」4

この夏、関西の作家のエッセイを2冊読んだ(この夏って夏終わりか!)
どちらも面白い 何でもない日常の独り言ツッコミのコトバじたいが
東京モンの私には巧みすぎて多分そのあたりでやられるんだと思う

まずその第一弾がこちら黒川氏

毎度あとがきが楽しみですね
奥さんが登場し、漫才のように毎度オチをつけている(スゴイ)
続きを読む

tg-wco4be2 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年06月22日

黒川博行「悪果」4

人は、自分のしたコトの報いを必ず受けるのだ

マル暴担当の刑事は、捜査の為にヤクザと付き合いネタ元との付き合いにシノギが得る
何が悪で何が正しいのか、そんな疑問すらばかばかしく思えるほどの

堀内刑事は、ネタ元から賭場の情報を得て内偵をはじめる 一斉検挙の後、博打に参加し逮捕された
学校経営者をゆすり金を取ろうと、零細経済誌の編集長に接触を頼む
しかし、突然編集長が車にはねられ死亡 怪しんだ堀内は、事件を調べるうちに自分が
ヤクザに付回されているコトに気づく........

the「黒川博行」な一冊
堀内、そして相棒の伊達 たぶん現実にいれば、本中でヤクザにヤクザ以上に腐った奴と
言われるが、まさにその通り! 正義のために働く警察官を一人たりとて見たコトがない
しかし、そんなコト関係ないほど、彼らはどん欲に生半しく、悪い そして読むものを惹き込んでいく続きを読む

tg-wco4be2 at 16:10|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

2008年02月05日

黒川博行「迅雷」3

「極道は身代金とるには最高の獲物やで」
 でっへへへへ〜

そうでしょうか? 極道を誘拐していいんでしょうか?
ま〜こんな基本的な疑問を感じた貴方に贈る1冊
じゃない..

一度は成功したやくざの誘拐 それに味をしめと言うか
再度手を汚すことになった男達
今度は組長を狙い3000万をせしめる計画を立てた
彼らは身代金をせしめることが出来るのか?続きを読む

tg-wco4be2 at 02:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月25日

黒川博行 「大博打」3

金券ショップチェーンの会長が誘拐された
身代金は32億 重さ2トン
金塊を用意しなければならない
32億もの身代金の用意をしぶる息子

大阪府警が、犯人の本意を計れぬまま
犯人は身代金の受け渡しに無人の船を指定
そして、その船は沖合でタンカーと衝突 金塊は海の底に
犯人の狙いはいったい何なのか?

まず2トンもの金塊なんてどうすんの?なのであり、32億なんて用意できるか?が第一関門
続きを読む

tg-wco4be2 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月25日

黒川博行「国境」4

 殴ったら、すぐに蹴らんかい

そうなのだ! 殴っただけじゃダメなのだ
ダメージを与えた後に、さらなるダメージを
徹底的に相手に歯向かわせない程のダメージを与えるコトが
喧嘩の極意だと何かで読んだコトがある よっしゃー!
って、人を殴ったコトすらない私が、殴った後蹴り倒せるのか、かなり疑問だ

自分が強者になるコトを建設的かつ野性的に徹底的して知っているのはヤクザなのだろう
それも、ただの自己満足のために強くなるわけではなくて、強くなるための理由は「金」だ

このシリーズの主役二人、二宮と桑原の金に対する執念は凄い
どんなにカッコ良くしても「金」にウルサい桑原と
どんなに格好わるくても「金」にウルサい二宮 
彼らが、今度は「金」のため、詐欺師を探しに北朝鮮まで行った....続きを読む

tg-wco4be2 at 02:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年10月10日

黒川博行「疫病神」4

役見よこの表紙を
西尾維新の表紙もカバーをかけずにいられないが
この表紙もまたカバー無しでは女の子として持ち歩けない

例えて言うなら
子供の頃父親の本棚と言うか積まれた本のなかに絶対にあっただろう的な表紙
ではないか だね

好きな作家は誰ですか?と聞かれれば
森博嗣と舞城王太郎、それから黒川博行です うふっ!と答える私(嘘)としては、そろそろ読んでおかなきゃならない疫病神シリーズ
評判程読もうと言う感じではなかったんだけどぉ と長い前置き

胡散臭い
まさに胡散臭い奴らの話 もちろん舞台は大阪です続きを読む

tg-wco4be2 at 01:31|PermalinkComments(6)TrackBack(2)clip!

2007年08月24日

黒川博行「二度のお別れ」3

大阪の三協銀行新大阪支店に入った銀行強盗は400万を盗み、止めに入った客を銃で撃ち
負傷した彼を人質に逃走した   そしてその後、犯人は人質の身代金として1億円を要求
負傷した人質は無事なのか? 大阪府警捜査一課の黒豆コンビが犯人に挑む....

忘れた頃に少しづつ読む黒川博行本 たしかに半年近く読んでない....
私の作家カテゴリーを見ていると、ダントツ森博嗣が31冊と多いけど
今にさりげなく黒川博行をもっと読む計画を立てています(嘘)
意味のない嘘ですいません それくらい黒川氏の大阪弁が好きと言うコトです
では感想です続きを読む

tg-wco4be2 at 01:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年03月15日

黒川博行「暗闇のセレナーデ」3

美和と冴子は関西の美大生 課題に追われてドロドロ&貧乏な学生生活だ
ある日、美和の嫁いだ姉の家に遊びに行き、倒れている姉を発見し一
命を取り留めるが一時的な記憶喪失に
行方不明の義兄は別宅に子供まで作り、認知の問題が起こっていて、
姉は自殺したのか、誰かに襲われたのかわからない
そんななか義兄の死体が発見される 姉・愛人・それとも兄の腹違いの弟 いったい誰が犯人なのか?
女子大生コンビが謎に立ち向かう!

威勢良くあらすじを書いてみました
忘れたころに少しづつ読む黒川氏の作品...続きを読む

tg-wco4be2 at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月04日

黒川博行「文福茶釜」2

黒川博行を読み始めたきっかけはこの本
図書館で目立つセクションに置かれてて文福茶釜だって〜と手に取りました
実際読んだのは賞取ったのからにしようと他の本だったけど
取りあえず今年もおわりなので(意味があるか?)密かに黒川氏を読む会としては1册読もうかと....
黒川氏なので、ミステリーの題材が美術品になると言う、他にはないテーマを取り上げる方 
芸術と言うより、それに絡んだお金や欲みたいなのを書いてます

で、本作は美術品にかかわる騙し騙されの5編
「山居静観」
「宗林寂秋」
「永遠縹渺」
「文福茶釜」
「色絵祥瑞」

本を見ながらじゃないと書けないタイトル達.....
美術品と言うより骨董ですね続きを読む

tg-wco4be2 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!