有川浩

2010年08月16日

有川浩「キケン」3

久々の有川浩
今回は理系学生
それも小学生の時から爆弾を作っていた部長・上野と
魔が隠されている大(魔)神副部長率いる「キケン」
いや「機研」成南電気工科大学機械制御研究部の話

 成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」
 彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、
 周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた
 これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である

話は、新入生である「お店の子」こと元山君と、その友人である池谷君が
”クラブハウス一の快適空間”と言ううたい文句とキケンに入部したところから始まります
続きを読む

tg-wco4be2 at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月01日

有川浩「三匹のおっさん」4

60歳の誕生日に定年退職を迎えたキヨは、家での還暦&退職の祝いの席で
息子夫婦に赤いチャンチャンコを着させられ、生徒のいなくなった自宅の剣道の道場を
取り壊さないかと言われ逆上! 家を出て仲間のシゲの居酒屋「酔いどれ鯨」を訪ね
クダをまいた翌日、シゲから暇持て余してるならオレたちで私設自警団を作り
街の見回りをしないかと持ちかけられる.....

幼なじみの三人の悪ガキは還暦を迎え今度は「三匹のおっさん」となり
街の悪と闘うと言う話 ま〜タイトルからして、ま〜有川浩として期待の通り面白い!
キリッと背筋スキッと真面目な剣道の師範であるキヨ
超ガラッパチな黒のジャージがトレードマークな柔道家のシゲ
唯一の頭脳派、でもある意味一番危険な男・工場経営者のノリ
ジジイでたまるか!と還暦迎えて自警団で暴れようって言う愛すべき三人のジジイ、いや おっさん
彼らが、悪質カツアゲ、痴漢レイプ、詐欺、動物虐待などを成敗すると言う話 全6篇続きを読む

tg-wco4be2 at 23:59|PermalinkComments(8)TrackBack(3)clip!

2009年03月21日

有川浩「阪急電車」3

 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……
 関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語

と言うことで8つの駅・15分の旅と言う阪急今津線のお話 全16篇

同僚に婚約者を取られたOL
嫌がおうでも純白のドレスをまとって乗り込む貴方には負のオーラが...
図書館で見かける女性を発見した青年、彼女の視線の先には川縁に石で書かれた「生」の文字...
暴力彼氏と別れようか悩んでいる時に、聞こえた女子高生のアホな彼氏の話に真実の愛を見つけちゃう女子大生...続きを読む

tg-wco4be2 at 21:22|PermalinkComments(14)TrackBack(5)clip!

2008年08月02日

有川浩「図書館革命」4

国際テロ! そこまで行くのか図書隊な出だし...
シリーズ最終章 とうとう来てしまいました
考えてみれば、学校がサバイバルになったり、唄いながら生まれてくる
赤ちゃんが登場したり、妖怪が登場したり...どんな不思議な設定の話でも
違和感を感じたコトがなかったけれど、さすが図書館&戦争(ホントの)
と言うのに当初戸惑いを感じてしまった

それに輪をかけた超甘々な展開に、なんじゃ〜と思いながらも
今や別れが哀しい図書隊たち
郁、柴崎、堂上、小牧、手塚、玄田.... ん〜離れがたい...

今回は念願の堂上とのハーブティーデート中に緊急事態発生
国際テロの元になったと追求される作家を救うために戦う図書隊
続きを読む

tg-wco4be2 at 00:13|PermalinkComments(4)TrackBack(2)clip!

2007年12月27日

有川浩「図書館危機」4

 あたし王子様から卒業します!
シリーズ第三弾です 前作の終わりに、とうとう堂上が王子様と知った郁
本シリーズ ベタです なので痛いほどドギマギする姿が、なかなかと思ってしまう程、
読むのが楽しみになってたりする...

高校生の時に助けられた図書館隊の人を「王子様」と憧れ
自らも図書館隊になり、一身不乱に王子様に憧れ捲ってた郁ですが
ま〜自分の教官であり上司であり喧嘩相手でもある(?)堂上が王子様本人とわかって
逆に意識しちゃって狼狽な日々を過ごすんですが、王子とわかる前からの
堂上への気持と向き合うため「卒業!」宣言が出るわけです

本作、そんな卒業を決め、少しづつではあるけれど
縮まりつつある二人の距離、気持を、ちょっと照れ気味に読んだり続きを読む

tg-wco4be2 at 01:10|PermalinkComments(9)TrackBack(3)clip!

2007年10月06日

有川浩「図書館内乱」3

メディア良化法の成立から良化委員会と戦い本の自由を守る図書館、図書館隊
その戦いを描いた(だけじゃないけど)「図書館戦争」の第二弾
今回は郁と堂上との話に留まらず、各レギュラー陣が次々と事件に巻き込まれる

幼なじみの高校生の女の子を意識している小牧
何年も前に家を出た兄を心のなかで慕う手塚
常にクールで頭の回る柴崎の恋愛本音?
それを良化委員会とか第三者に狙われるわけですが、弱み的なものがあるだけに
今まで結構クールな態度を取って来た三人の違う一面が見られます続きを読む

tg-wco4be2 at 01:30|PermalinkComments(6)TrackBack(4)clip!

2007年03月20日

有川浩「図書館戦争」3

お父さん お母さん お元気ですか?
私は元気です 東京は空気が悪いと聞いていましたが...
念願の図書館に採用されて、私は今----
毎日軍事訓練に励んでいます.........

メディア良化法の成立から良化委員会が法務省に設置され
各都道府県におかれた執行機関が、公序良俗を乱す本を独自の裁量で本を狩っていく
それに対抗して作られた図書館自由法 
彼らの閲覧権に対抗し、図書館の資料の収集や提供の自由を有すると言うもの

と、はしょってこんな感じですが、もっとはしょると図書館が本を守る為に防衛隊まで作って
良化委員会と三十年間も戦い(銃とかでね)を繰り広げて来たと言う設定
主人公の郁は、高校生の時、本屋で良化特務機関に大好きな本を取り
上げられそうになった時に図書館隊の人に助けられ、その本を手に入れる 
その時から郁にとって、その人は王子様
その王子様みたいになりたい!(会いたいでない)と思い新入生として訓練を受ける毎日続きを読む

tg-wco4be2 at 02:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!