おはようございます! 

今日は朝から気合い充分です!!
DSCN9025
 

卒業制作展の搬入。
トラックがやって来ました。

大きなものから〜
DSCN9038
小さなものまで〜〜〜
DSCN9044
 
どんどん積み込んで!
DSCN9028

積み込み隊長は、毎度、このお方。
 カッコイイ写真、撮っておくのを忘れたー;
DSCN9035
房先生の指示で、順序良く、
荷物がパズルのように積まれていきます。


  あ〜、これで最後だなぁ。
DSCN9055
なんて、彼女が思ったかどうかは解りませんが。

この数ヶ月間… というより、応用科に進級した時からスタートしていた
卒業制作。
一年間をかけて、あたためあたため、カタチになった作品。
いよいよ、この研究所から外へ、運ばれていきます。

トラックいっぱいに。
DSCN9081


さぁ、現地へ、出発です!
いってらっしゃ〜い!
DSCN9088
DSCN9090

これから、現地での展示。
ここからが大変!
今日は長〜〜〜い、一日となるでしょう。
でも、大切な
一日。 

もう後は無いよ、 ガンバレー!!!

DSCN9094


*2017年 卒業制作展は、明日からの開催です*
 皆様のお越しを心よりお待ちしております。
   ◉卒業制作展のお知らせはコチラです◉
 


←素晴しい展覧会になりますように。応援をどうぞ宜しくお願い致します。



 


DSCN8974

駐車場で・・・
何やら相談? 悩む? 先生と生徒が一人。


ブルーシート生活、始めました。
DSCN8977
玄関は、コチラです。
 DSCN8980

さぁ、彼女は、展示台全体にサンドブラストを施したいとのこと。
そんな大きなものはサンドブラスト機に入らないゾ。と、
急遽、特設ブルーシートサンドブラスト室が作られました。

DSCN8981
DSCN8986

砂まみれになりながら、彼女はシューシュー頑張ります。



さて、コチラは?

DSCN8990

展示台の天板の下には・・・

DSCN8989
なんと〜
こんなことに。
DSCN9016
電気系統の事はサッパリ分からないワタクシには、どんな装置なのか解りませんが。
会場で楽しみに拝見しましょう。


さ、ここまでは、数日前のお話です。

今現在は、みんなすっかり準備が整って、打ち合わせも終了。
教室には人も少なく、英気を養っている様子。
だって、いよいよ明日、搬入ですから!
   ・
   ・
   ・
ま、まだ・・・!?

DSCN9020
白い展示台がむき出し状態の生徒が一人・・・
バタバタしています

明日、搬入です!!!

やっと、梱包作業に入った様子。
ガンバレー!!!


明日の朝、搬入トラックがやって来ます 




←展覧会の前は、ギリギリまでバタバタしますよね〜 汗ダク。


卒業制作作品も完成し、余裕の応用科。

もう吹きガラスの授業も終わってしまうとあり、
この日は、たくさんの生徒が授業に参加していました。
卒業制作に追われると、泣く泣く吹きガラスの授業をお休みしないといけない状況もたくさんあって。
まぁ、そんな事のないようにしっかり計画を立ててほしいのですが。

DSCN8803

 優雅な吹きガラスの授業風景。


と、 思いきや・・・
賑やかなベンチが、ひとつ。 

DSCN8799

おっ、この期に及んで、まだこんなビッグサイズの作品を!?

実はコレ、彼女は『展示台』を作っています。
卒業制作展で、作品を展示する為の展示台。
透明な台が欲しい為に、なんと、吹く事にしたそうです。
しかし、かなりのビッグサイズ!

DSCN8809

彼女はもうヘトヘトですが。
『コレは、まだまだガラスが足りないぞ・・・』という協議の結果、
さらにガラスを足します!


DSCN8812

ゲゲゲ、
ヤバくないか?
   


DSCN8813

DSCN8815


あぁ・・・
彼女の展示台は、果たして・・・



そうなのです!
作品が完成したからと言って、ゆっくりのんびりな毎日ではありません。
応用科の面々は、まだまだやらねばならない事がたくさん!
作品の展示台と搬入箱の制作に頑張る毎日。
DSCN8877

特に展示台は、作品を見せる為の大切な役目を担う物。丁寧に作業を進めているようです。
アッチコッチで、慣れない手つきで ” 箱 ” と格闘中。
DSCN8821
DSCN8882
コレも、良き経験ですね^^
DSCN8891


手伝う房先生のサービスカット。笑
DSCN8889


という訳で、研究所内は『箱』で  いっぱい。
DSCN8969



だいぶお疲れの様子ですが、
体調にはくれぐれも気をつけて、悔いのないように、精一杯 がんばれー!

◉卒業制作展のお知らせはコチラです◉

DSCN8915

 


 ←クリックで皆の応援をお願いしまっす!





 

恒例の集中公開講座の日程が決定致しました。
待ちに待っていたという方もそうでない方も、
ちょっと見てやってください

春期集中講座2017













★普段お仕事で一般講座を受講できない方、まとまった休みを利用して作品をたくさん作りたい方、技術をあげたい方、一連の基礎的な作業工程を体験したい方、ガラスについて講師に相談したいことがある方などにお勧めです。
★パート・ド・ヴェールは普段体験教室を行っていない技法です。
この機会にぜひ始めてみませんか?

吹きガラス
期間:3月13日(月)〜15日(水) 3日間
時間:10:00〜16:00 昼休み1h
定員:8名
受講料:37,800円(税込)

・パート・ド・ヴェール
期間:3月23日(木)〜24日(金) 2日間
時間:10:00〜16:00 昼休み1h
定員:5名
受講料:27,000円(税込)


■お申込み先
講座受講お申込みフォーム

皆様のお申込みをスタッフ一同、心よりお待ちしております。


 ←チョコもまだ受付中にゃぁ〜〜。こちらも忘れずに〜クリックお願いいたします

 
 

いよいよ近づいてまいりました。

卒業間近の応用科の生徒達。
当研究所で学んだ2年間の全てを『卒業制作』というカタチで展示発表いたします。


Glass Works 2017
2017年 東京ガラス工芸研究所卒業制作展
2017卒制DM

2017卒制DM2


東京ガラス工芸研究所を巣立ち行く生徒達の、
ガラス作家としてのスタートを、
ぜひ、ご高覧下さいますようお願い致します。 
そして、厳しいご意見と、温かいエールも、どうぞお聞かせ下さいますようお願い致します。

より多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  Glass Works 2017
東京ガラス工芸研究所 卒業・修了制作展 
  総合応用科第35期・研究科34期 
  総合基礎科第36期・夜間部第1,2,3期

    3月1日(水)〜5日 (日) 
  10:00〜19:00(最終日15:00閉場)

【会場】アートガーデンかわさき  →アクセス
    川崎駅降りたらスグ!



→作品は仕上がっても、まだまだやる事はいっぱーい! 生徒達はアタフタ応援お願いします!


 

DSCN8527

カット室に集まる応用科。
中には、特設写真撮影スタジオが。

DSCN8528

卒業制作のカタログ用写真の撮影です。

DSCN8531

2年間の全てを集結させた卒業制作。大切な写真。

ガラスという素材の最大の特徴は、『光を透す』こと。
ライティングひとつで、ガラリと作品の印象が変わります。
写真は、ただの『記録』ではありません。
作品に込めた思いを表現する、ひとつの手段でもあります。

あーでもない、こーでもない、考えながら、
自分の持つイメージに少しでも近づくように、進んでいきます。


さぁ、終電に間に合うのかな〜

DSCN8534

 


さて、別日には。
教室に集まる面々。

DSCN8470

DSCN8477

この日は、卒業制作作品展の展示について、相談中です。
会場と作品の模型を準備して、
どの位置にどの作品を展示しようか…
全体のバランスを保ちつつ、ひとつひとつの作品が引き立つ、
素晴しい展覧会になりますように。 

と、悩み中。


 DSCN8474



卒業が近づく応用科。
あと少しの時間、できるだけ多くの事を吸収して卒業を迎えてほしいなぁ。
と思います。



【おまけ】
川崎市からご注文のトロフィー。出来上がって最後の仕上げ中。
あまりに美しかったので写真をパチリ。

DSCN8666
 





←上のトロフィーが美しいと思ったらクリック! まめまきもしなきゃな!
 

(アップがだいぶ遅くなってしまいましたが…)


基礎科では、 年明け早々から始まっています!

DSCN8547
 

 酸素バーナー
DSCN8544
 
 教えて下さる 柳 健太郎 先生 のデモは、相変わらずの迫力です!


炎の扱い方は、『巧妙』という言葉がピッタリ!
大きくしたり小さくしたり、熱したり冷ましたり・・・
テキパキと迷いなく動く『手』に、ついみとれてしまいます。 
ガラスを自由自在に操る技術に感動します。


DSCN8539


授業は、柳先生のお人柄通りに、
DSCN8541
 楽しく賑やかに、
でもピリっとスパイスの効いた雰囲気で進んでいきます。
生徒の中には、酸素バーナーをやりたくて入学して来た子もいて、
皆、精力的に取り組んでいます。



生徒の制作途中の作品 ↓
DSCN8537




さて、後半。
皆がマジマジと覗き込むのは・・・

DSCN8580
DSCN8589



ステンドグラス

DSCN8588

柳先生は、ステンドグラスも教えて下さいます。
酸素バーナーと平行しての授業、
この2つの技法をmixしてアイデアを考えたら…
可能性がグンッと広がりそうです。


夜、静かになった教室で。

DSCN8653

夜間の生徒が静かに静かに、でも情熱的に(笑)、ハンダと格闘中。



DSCN8658



作品の完成を、楽しみに待つ事にしましょ。




炎アツく燃える情熱のバーナー!  クリック〜!



 


あけましておめでとうございます!


DSCN8372


さて、2017年。
研究所へ来てみると、溶解炉はカッカカッカ準備万端

新しい年の始まり。
まずは、 大切な火入れ式から。

DSCN8381
 松尾所長から生徒達に。


今年もまた一年、無事にガラスが溶けて、素晴しい作品が生まれますように。
そして何よりも、ケガや事故がなく、制作に打ち込める毎日でありますように。

DSCN8385
 研究所開設時から受け継がれる祈願文。

DSCN8388

DSCN8398
 お神酒をいただきましょう。

三度の移転を経て、今日に至る東京ガラス工芸研究所。
長年、ずっと見守り続けて下さっているガラス工芸の神様に感謝の気持ちを抱きつつ、
また一年を楽しく頑張ろうと思ったのでした。




さっ、ここから、
新年会に突入します!

ハイ、
DSCN8408
ハイ、
DSCN8417
ハイ〜!
DSCN8464

いつの間にか恒例行事になった、 もちつき大会
東北の美味しいもち米^^ スタッフの故郷から届きます。
DSCN8441

みんな、 食べる食べる食べる、呑む呑む呑む、
呑む呑む呑む、呑む呑む呑む、呑む呑む呑む呑む呑む呑む…

まぁ、よく呑みますこと!

DSCN8468



みんな、元気に研究所へ戻ってきてくれた様子、安心しました^^


さぁ!
明日から、早速、授業が始まります。
基礎科は、酸素バーナーとステンドグラス。
応用科は、卒業制作の写真撮影。

しっかり気持ちを入れ替えて、ぶっ飛ばしていきましょう!




 ←みんな、二次会だって! 呑むね〜〜〜
 


学生作品展の、その後…

研究所は、冬休みに入ります。
ふゆじたく、ふゆじたく。

DSCN7933


大掃除ね。
研究所全体を、生徒達みんなで手分けしての大掃除。
今年の汚れを 


みんな大好き吹き場も
DSCN7929

学生作品展の準備でドロドロになった加工室も
DSCN7939

賞味期限切れがいっぱいの冷蔵庫も
DSCN7932

こんな細かいところも、抜かり無く、
DSCN7943


今年の汚れを 
学期末をしめくくる、これも、大切なイベントです。


さてさて、大掃除の、その後…

DSCN7947
DSCN7949

打ち上げですよねぇ。

コレはもう、東京ガラス恒例の、大切な(大掃除よりも大切な )イベントです。

それが、今回は…
ちょっと気合いが入っていて、ワタクシ、ビックリしました!


コレ。
DSCN7957

すごっ!!!
そりゃ、美味です。

こうなりますよね〜♪
DSCN7959

とっても楽しそうですけれど^^
冬休み、応用科の生徒達は残り少ない研究所での学生生活を思いながら、
有意義に過ごして下さいよ。

これで、学生達のやるべき事は、全て終了。
冬休みです。

みんなそれぞれに、楽しい年末年始を過ごして、来年また、元気な顔を見せて下さい^^



さぁーさぁーさぁー、
大掃除&打ち上げのその後…
まだ続きます。

スタッフは、もう少し頑張って、吹き場のメンテナンスです。

DSCN8151
 結構キテますね。

まずは、溶解炉とダルマの補修。
テキパキと順調にこなし、余裕のペースで仕上げていきます^^
DSCN8163
DSCN8159

せっかく大掃除したのに、またグチャグチャですけれどね。ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
DSCN8282

そして…
アッという間に、美しい姿に。
2017年、また快適な環境で、皆様をお迎え致します!
溶解炉は、年明けの投入に向けて、ゆっくりと温度UP 中です!
DSCN8286



コレは?
DSCN8287

房先生が、白いのをペタペタしています。
DSCN8292


夜間部のイトウさんが、
ダルマが小っちゃくて、上手く出来ないんですぅ〜
と言うので…

作りましたよ!

DSCN8290

小っちゃ過ぎず、でも、大っき過ぎず、
いいサイズのダルマ。
設置スペースも、燃費も、制作費も、省エネです♪


DSCN8304
 どらどらどら? ちゃんとつくの?つくの?
DSCN8305
 点火ーーー!

ドラム管を利用して、手軽に作れてしまうダルマ。
バーナーヘッドも、スタッフの手作りです。

テマエミソではございますが、
創意工夫をして、何事にも柔軟に対応出来る力、
東京ガラスの素晴しいところだなぁ。と思います^^
DSCN8296


またひとつ、研究所が豊かになりました。

さぁ、イトウさん、素晴しい作品を作って頂きますよ! ニヤッ。
 


各設備の補修と、小ダルマの新設。
後は、 ちょこちょこと細かいところをバージョンアップさせて、
メンテナンスは終了。

大締めの掃除。

やっと、スタッフも、冬休みです。

DSCN8315
 ↓お手伝いを頑張ってくれた学生さん。アリガトウ!
DSCN8301


DSCN8318



今年も、皆様には大変お世話になりまして、
ありがとうございました。
4月に移転して、なにかとご不便もお掛け致しましたが、
変わらずに温かいお気持ちで当研究所にお付き合い下さいまして、
感謝の気持ちです。
この際ですから、また来年も!
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。


  DSCN8357-1(ドラッグされました)
 メンテナンスの、その後… 新年を迎える準備もバッチリです!




  おしらせ  

新年  1月5日  10:00〜  火入れ式です。
また一年、無事に過ごせますよう、火の神様にご挨拶を。

火入れ式の、その後…
恒例の『もちつき大会!』開催します。
スタッフOが張り切って準備を進めておりますので、
講座生の方も、卒業生の方も、通りかかりの方も、
どなた様もお誘い合わせの上、どうぞ遊びにおいで下さい!
お待ちしております^^



 ←お餅をつくつもりで、クリック!



 



第54回  東京ガラス工芸研究所学生作品展
終了致しました。

IMG_20161215_093914
DSCN7977 のコピー

昨日、無事に搬出を終え、今日はゆっくりと後片付けをしました。


この特別授業、生徒達は何を感じ取ってくれたのでしょう?
ひとりひとり、何か少しでも、得るものがあって欲しいと、願います。
スタッフもまた、より良い学生作品展を作っていかねば! と気持ちが引き締まりました。


DSCN7968



会期中には、わざわざ足を運んで下さった方々、
通りかかりにちょっと面白そうだなとお立ち寄り下さった方々、
いつも応援して下さっているご家族やご友人の方々、
皆々様にこころより御礼申し上げます。

これからも、生徒達へ励ましのお言葉と共に、
厳しいご意見を下さいますようにどうぞよろしくお願い申し上げます。

そしてまた来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


DSCN7998 のコピー



さて、
ワタクシ個人的には、『あー、またひとつ、イベントが無事に終わったなー。』と
ホッコリした気分ですが…

次は…
いよいよの、卒業制作展です


DSCN8008 のコピー





 ←スタッフは吹き場のメンテナンス中。もうちょい頑張ります!クリック応援ください〜!

 

↑このページのトップヘ