行動→言葉→考え(犬飼ターボさん「CHANCE」より)

みなさん、お元気ですか?

最近、ラーメン店の記事が多かったのですが、久々に「読書のススメ」へ行ってみたいと思います。

いつもいつも
みなさんの、
Blogランキング・クリックに感謝!!m(__)m


今、この本を読んでます。お勧めです。


チャンス犬飼ターボセミリタイア生活をおくっていらっしゃる本田晃一さんのブログメルマガで紹介されていたので、ついつい購入したのですが、非常に面白いです。

犬飼ターボさん作の「CHANCE」です。

アメリカで言えば、オグ・マンディーノの作品を思いこさせるような作品です。

今、半分読み終えたところなのですが、「成功哲学」の非常にすばらしいエッセンスがちりばめられた著作です。

途中まで読み終えて非常に気に入ったことばをご紹介します。


「考えがあって、次に言葉になって、行動になる。それが現実の結果になっている。これが世界の法則だ。」
犬飼ターボ著 「CHANCE」66ページより


「最初の支えになっている『考え』が正しいものだと、常に喜びを生む。ところがそれがひどいものだと地獄を生み出すことになる」
犬飼ターボ著 「CHANCE」68ページより


では、ひどい考えしかもてない人の場合、どうすればいいのか?
この本では下記のように言います。


「それは、さっきの法則を逆に体験するんだ。考え、言葉、行動という順序を逆さまにして、行動、言葉、考えの順にするんだ。」
犬飼ターボ著 「CHANCE」69ページより


これは、なにかと言いますと、いい考えに基づいて行動できていない人、いい結果が出ていない人は、

お手本としている人の真似をする。
どんな目標や理想であれ、すでにそれが実現されたように行動する。


ということです。


通常、

考え→言葉→行動

※ナポレオン・ヒルの「Think and grow rich」とはまさにこのことですね。

という順序で動いているところを
逆にしちゃえばいいということです。

行動→言葉→考え

この手法は、別の切り口で、モデリングだとか、目標を毎日口にするだとかで、ノウハウとしては、他書にも書かれていることだと思いますが、このように新しい言葉で聞くのは非常に新鮮でした。

ほかにも1ページごとに気づきのある本です。

まだ、本書の半分のところですが、また、気づきがありましたら、記事に書きます。

考えを変えるためには行動しましょう!!

では。二三日中に読み終えます!


2005年もクリックありがとう!バナーfutari






「トークるズ!イングリッシュ・クラブ」で英語に親しもう!Talkles