1
 先月、フランスは-光の都パリを含め-世界で最も広範囲の光に関する法が施行されると同時に、夜がより暗くなった。
 例えば、午前1時から午前7時まで、店の照明は消されたままであり、従業員が職場を退出してから1時間以内にオフィスの照明を消さなければならなくなった。
 大都市や世界の多くの場所での過剰な照明が、私たちの健康と私たちが依存している多くの自然環境の健全性を脅かしているという理由で、フランス環境省は対策を講じることとなった。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。