2019年08月26日

「遊びと交換してみよう。」こどもたちへのメッセージ。


こんにちは


8月も最後の週、夏休みも残すところ1週間となりました。

館庭では鈴虫の音色が聞こえ、季節の移り変わりを感じます


こどもたちにとって、8月が終わるということは夏休みが終わるということ。
そして、学校生活が始まります。

生活や季節の変わり目は、気持ちも新たになる分、落ち込んだりストレスを抱えることもあるでしょう。
そんなみんなへのメッセージを全国の児童館から発信しています

asobitokoukan

遊びと交換してみよう。

かなしい。くるしい。さみしい。つらい。

そんな気持ち、遊びと交換してみよう。

言葉にできない、もやもやいらいら。

そんな気持ち、遊びと交換してみよう。

何かあったら、来ていいよ。何もなくても、来ていいよ。

ひとりで悩まず、抱え込まず、児童館へ遊びにおいで。

笑って、話して、しばらく過ごせば、

ふっと気持ちが、軽くなるから。

きっと遊びと、交換できるよ。



児童館は、こどもたちにとって居場所です。
ふらっと気軽によって過ごすことのできる場所。

ひとりでも、友だちとでも、やりたいことがあってもなくても、
児童館においでよ







tgo_kosodat at 17:44│ 日常 | おしらせ・行事予定