2011年12月

2011年12月21日

ウンウンオクチウム原子の7i軌道

7i




























DV-Xα法のための統合支援環境でウンウンオクチウム原子の原子軌道を計算し、結晶構造、電子・核密度等の三次元データ、及び結晶外形の可視化プログラム VESTA Version 3.x.xで7i軌道の等値曲面を描きました。

詳しくはhttp://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/7i/index.htmlをご覧ください。より高解像度の画像(JPEGファイル)を閲覧・ダウンロードすることができます。


tgs0001 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

2011年12月20日

ウンウンオクチウム原子の6h軌道

6h




























DV-Xα法のための統合支援環境でウンウンオクチウム原子の原子軌道を計算し、結晶構造、電子・核密度等の三次元データ、及び結晶外形の可視化プログラム VESTA Version 3.x.xで6h軌道の等値曲面を描きました。

詳しくはhttp://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/6h/index.htmlをご覧ください。より高解像度の画像(JPEGファイル)を閲覧・ダウンロードすることができます。


tgs0001 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

2011年12月19日

ウンウンオクチウム原子の5g軌道

5g




























DV-Xα法のための統合支援環境でウンウンオクチウム原子の原子軌道を計算し、結晶構造、電子・核密度等の三次元データ、及び結晶外形の可視化プログラム VESTA Version 3.x.xで5g軌道の等値曲面を描きました。

詳しくはhttp://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/5g/index.htmlをご覧ください。より高解像度の画像(JPEGファイル)を閲覧・ダウンロードすることができます。



tgs0001 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

2011年12月18日

ネオジム原子の4f軌道

4f





























詳しくはhttp://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/AO/index.htmlをご覧ください。より高解像度の画像(JPEGファイル)を閲覧・ダウンロードすることができます。


tgs0001 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

2011年12月17日

鉄原子の3d軌道

3d





























詳しくはhttp://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/AO/index.htmlをご覧ください。より高解像度の画像(JPEGファイル)を閲覧・ダウンロードすることができます。


tgs0001 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

2011年12月16日

炭素原子の2p軌道

2p





























詳しくはhttp://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/AO/index.htmlをご覧ください。より高解像度の画像(JPEGファイル)を閲覧・ダウンロードすることができます。


tgs0001 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

2011年12月15日

水素原子の1s軌道

1s





























詳しくはhttp://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/AO/index.htmlをご覧ください。より高解像度の画像(JPEGファイル)を閲覧・ダウンロードすることができます。


tgs0001 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

2011年12月13日

ニュートンのノートが公開

英国、ケンブリッジ大学トリニティカレッジのニュートン(Sir Isaac Newton)の原稿がスキャンされ公開されました。自分の書いたものが2011年になって世界中のパソコンで閲覧できるようになるとは、ウェストミンスター寺院に眠るニュートンもびっくりの時代ですね。


tgs0001 at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 自然科学 | 教育

2011年12月05日

ウンウンクアジウム(Uuq)がフレロビウム(Fl)に?! ウンウンヘキシウム(Uuh)がリバモリウム(Lv)に?!

世界化学年(International Year of Chemistry:IYC2011)の最後の月となった2011年12月1日、IUPAC(International Union of Pure and Applied Chemistry)(国際純正および応用化学連合)からニュースが飛び込んできた。

周期表の原子番号114番の元素(現在の仮称:ウンウンクアジウム(Uuq, Ununquadium))の名称案としてフレロビウム(Fl, Flerovium)が、原子番号116番の元素(現在の仮称:ウンウンヘキシウム(Uuh, Ununhexium)の名称案としてリバモリウム(Lv, Livermorium)が提案され、これから検討・審議に入るという知らせである。

まだ叩き台(案)なので、変更があるかもしれない。これから五ヶ月間の意見公募の後に審議され、正式発表は2012年度が始まってからになるだろう。日本語での正式な元素名は、IUPACの公式発表を受けた後、公益社団法人日本化学会から発表になる。

今回のフレロビウムとリバモリウム、111番のレントゲニウム(X線を発見したレントゲンから) 、112番のコペルニシウム(天文学者のコペルニクスから)と比べると、一般には(由来が)馴染みが薄い命名(案)のように思う。

114番のフレロビウム(Flerovium)は、ロシアの物理学者、Georgy Nikolaevich Flerov から、116番のリバモリウム(Livermorium)は千葉県四街道市の姉妹都市である米国カリフォルニア州リバモア(Livermore)から、それぞれ名づけられた。

ロシアのDubnaには、Flerovの名を冠した新元素発見に関わる研究所、Joint Institute for Nuclear Research (JINR), Flerov Laboratory of Nuclear Reactions (FLNR)がある。地名のDubnaに由来して、すでに原子番号105番のドブニウム(Db, Dubnium)が命名されている。

アメリカのカリフォルニア州リバモアには、新元素発見に関わる研究所、Lawrence Livermore National Laboratory (LLNL)がある。アメリカといえば原子番号95番のアメリシウム(Am, Americium)、カリフォルニアといえば原子番号98番のカリホルニウム(Cf, Californium)、Lawrenceといえばアメリカの物理学者、Ernest Orlando Lawrenceのから名付けられた原子番号103番のローレンシウム(Lr, Lawrensium)を連想してしまう。

ドブナ(ドブニウム, 105Db)にあるフレロブ研究所(フレロビウム, 114Fl)、アメリカ(アメリシウム, 95Am)のカリフォルニア(カリホルニウム, 98Cf)のリバモア(リバモリウム, 116Lv)にあるローレンス研究所(ローレンシウム, 103Lr)、新元素発見に関わった人々が提案した名称とはいえ、なんかコテコテだ。

原子番号113番は、日本の理化学研究所で2004年に発見された(元素合成された)。113番目の元素名がどうなるかも、まだ先の話だが、とても楽しみだ。候補として、もし日本(ニホニウム)の埼玉県(サイタミウム)の和光市(ワコニウム)の理化学研究所(リケニウム)和光研究所の仁科加速器研究センター(ニシニウム)だったら、これらもコテコテだ。


tgs0001 at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 自然科学 | 周期表