2008年08月26日

三次元可視化プログラムVESTAを活用した先進的な授業事例5

社団法人 私立大学情報教育協会が、全国の334校の私立大学、125校の私立短期大学に対して「授業改善調査」を実施し、その調査結果をまとめて、『平成19年度私立大学教員の授業改善白書』を公表しました。

上記調査対象校の教員には印刷された冊子として配布されますが、ウェブ上にpdfファイル(16 MB, 20ページ)としても一般公開されております。

この白書の12〜15ページには、全国の私立大学・短期大学の中から特に先進的な授業として、以下の8つの事例が紹介されています。

1. Web制作会社と連携した双方向授業 名古屋学芸大学短期大学部

2. 病理組織画像データベースによる自主学習支援 日本歯科大学生命歯学部

3. 授業支援システムを活用した討論・対話型授業 甲南大学理工学部

4. 英語の使用場面Web化による動機付授業 大阪産業大学教養部

5. 三次元可視化システムを用いた基礎化学教育 岡山理科大学理学部

6. LMSを活用したスピーチコンテスト 清泉女学院短期大学

7. 医療人養成のためのWebベースによるPBLテュートリアル 昭和大学歯学部

8. LMSによる授業支援システムの活用 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部

岡山理科大学理学部の事例は、岡山理科大学理学部化学科の学部2年次生対象の講義「無機化学III(担当:坂根弦太)」での授業事例を紹介したものです。

分子軌道計算システムeduDVこの授業では、岡山理科大学情報処理センターの学生実習用パソコンに環境構築してあるDV-Xα法計算支援環境教育用分子軌道計算システムeduDV三次元可視化システムVESTAを活用し、自乗すれば電子が発見される確率の大小となる“波動関数・原子軌道関数・分子軌道”という位相もある小難しい三次元的な物理量について、学生諸氏ひとりひとりにパソコン画面を見ながらマウス操作をしてもらい、自分自身の脳裏に直感的な三次元的イメージを構築していただくことを目指しています。

平成19年度(2007年度)の時点で、私立の大学・短期大学のみの世界とはいえ、全国規模の調査の中で「先進的な授業事例」として、DV-Xα法計算支援環境教育用分子軌道計算システムeduDV三次元可視化システムVESTAが取り上げられたことは、DV-Xα法のための統合支援環境(含eduDV)やVESTAが、基礎化学分野の教育に大いに貢献できる存在であることを示唆していると言えるでしょう。

三次元可視化システムVESTA特に門馬綱一氏泉富士夫氏が開発された結晶構造、及び電子・核密度等の三次元可視化プログラムVESTAの存在感は絶大です。平成19年度といったら門馬綱一氏がまだD2の時です。博士課程在学中の大学院生の方が、このような全国規模(全世界規模)に波及効果の大きなプログラムを開発・普及させた実例は誠に希有なのではないでしょうか。

是非、高等学校での科学部・化学部・物理部などの部活動をはじめ、大学・短期大学等での基礎化学教育に、DV-Xα法計算支援環境教育用分子軌道計算システムeduDV三次元可視化システムVESTAを積極的にご活用ください。

必要なプログラム類の入手方法(入手先リスト)、環境構築方法から具体的なプログラムの使用方法まで、日本語で丁寧に解説した文書も公開しております。



tgs0001 at 08:26│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 岡山理科大学 | 教育

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字