2008年11月11日

11月22日(土)に神戸にて分子軌道計算講習会開催!5

58f57264.gif平成20年11月22日(土)に、JR神戸駅から徒歩10分間という便利な場所DV-Xα法およびその具体的な使い方を解説・実習する講習会が開催されます。

午前中(2時間)はDV-Xαプログラム開発者・足立裕彦先生(京都大学名誉教授)によるDV-Xα法の入門講座(講義)、午後(3時間)は兵庫教育大学の小和田善之先生、私(岡山理科大学の坂根弦太)も講師として加わってWindowsパソコンによる実習を行います。

午後は2コースに分かれて実施されます。

1.CUI(コマンドプロンプト画面でMS-DOSコマンドを使用)が苦にならない(慣れている)方向けで、DV-Xα法およびその関連ユーティリティプログラムについて、入力ファイルや出力ファイルの作り方や読み方も含め、ゆっくり丁寧に詳説しながら簡単な分子の電子状態計算を実習します。このコースでは会場に設置されているWindowsパソコンを使用します。講師は小和田先生および足立先生が担当されます。MacintoshやUNIXでDV-Xα法を使いたいと考えておられる方もこちらのコースがお奨めです。

2.CUI(コマンドプロンプト画面でのMS-DOSコマンド)に馴染みのない方向けのコースで、GUI(Windowsのマウス操作)でDV-Xα法およびその関連ユーティリティプログラムについてその使い方を解説・実習します。CIFやPDBなどの座標ファイルを出発とし、DV-Xα法計算支援環境および三次元可視化システムVESTAを多用して電子状態計算およびその計算結果の三次元可視化をスピーディーに行う実践的なノウハウを伝授します。講師は私(坂根)が勤めます。CUIに馴染みのない方、単結晶X線構造解析や粉末X線構造解析結果の原子座標ファイルを持っておりその量子化学的な電子状態計算を素早く容易に行いたい方、大学の講義や実習で簡単な分子の分子軌道計算および計算結果の可視化などの実習を学生に行わせたいとお考えの方などにお奨めのコースです。教育向けに造られた教育用分子軌道計算システムeduDVも使用します。このコースではご参加の方々にはご自分のノートパソコン(Windows XPもしくはVista)をご持参いただき、講習会の中で計算環境構築も行います。ライセンスの関係で「秀丸エディタ(シェアウェア)」だけはご持参されるノートパソコンにインストールしておいていただけますようお願いいたします。講習会で構築・実習した電子状態計算環境をそっくりそのままお持ち帰りいただけますので、お帰りいただいたらすぐに実践的にご使用いただけるものと考えております。

本講習会の詳細および申し込み方法につきましては、こちらのウェブサイトをご参照ください。

神戸という便利な場所での開催です。関西地区、中国四国地区など近郊の方々のご参加をお待ちしております。


tgs0001 at 08:24│Comments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 教育

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 入門講座UNIX  [ もぼなもな書房 ]   2009年05月10日 12:50
入門講座UNIX これからUNIX(Linux)を仕事で使い始める人に。 昔UNIX使いだったけど、久々だと細かいトコ忘れてるな〜という人に。 ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字