2013年02月16日

薬置箱(やくちばこ)の作り方

bako

薬(くすり)を包む紙は薬包紙(やくほうし)といい,化学の実験現場ではよく使われます.

しかし,はかり取る試薬の20 g などと量が多い場合,1枚の薬包紙には乗らない(こぼれてしまいそうになる)ことがあります.

そんなときに便利なのが,薬(くすり)を置く箱,すなわち薬置箱(やくちばこ)です.

【pdfファイル,ダウンロード,印刷できます】
薬置箱の作り方
~上皿天秤で大量の薬品を量りとるときに便利です~
http://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/yakuchibako/yakuchibako.pdf

吸湿性のある試薬は使用不可です.

化合物の合成の実験で,溶液中から析出した結晶(粉末)を吸引濾過で回収し,濾物の収量を上皿天秤で量るときなど,必要な有効数字はそれほど桁数が多くありませんから,こぼれる心配のないこの薬置箱(やくちばこ)はとても便利です.

不要の雑紙や新聞広告など,折って畳んで薬置箱を作っておけば,重宝すると思います.

岡山理科大学理学部化学科の3年次無機化学実験では,コバルト錯体の合成の実験で,この薬置箱を活用しています.

tgs0001 at 17:37│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 化学実験 | アイデア

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字