2013年06月28日

化学を専門としない理系大学生の方々に覚えていただきたい元素40選

periodictable2_1


化学を専門としない(する予定のない)理系の大学生の方々にも、現代社会で理系人間として生きていくうえで、これぐらいは知っておいてほしいという元素を40種類、(私が勝手に)選んでみました。

【pdfファイル】

http://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/BlankPeriodicTable2.pdf

http://goo.gl/JW3Gd
 (Google URL Shortener で作成)

ダウンロードして、印刷してご利用いただければ幸いです。

上半分が問題、下半分が解答です。

用紙を半分に折って、問題に挑戦していただければと思っております。


periodictable2_2
 

この40種類の元素(解答で、黄色に塗られた赤文字の元素記号)については、周期表での位置が分かり、元素記号が書け、元素名を話すことができ、できたら英語の元素名を書けると素晴らしいと思います。

現在、114種類もある元素の、周期表での位置、元素名(日本語、英語)、元素記号を、全て暗記するのは大変です。

無機化学を専攻する大学生・大学院生の方々だったら、遠慮なく114種類全部覚えていただきたいと思いますが、化学を専攻していない大学生の方(例えば、生物系の大学生の方々)だったら、まずは私が(勝手に)選んだ40種類の元素に親しんでいただければ、いかがでしょうか。

元素に囲まれた物質文明社会で生きていくうえで、きっといつかどこかで、役に立つと思います。

個人的な意見ですが、高等学校の化学で、原子番号1番から20番ぐらいまでの元素を暗記することが多いと思いますが、もっと小学校高学年や中学校の段階で、周期表とは関係なく、今回私が選んだ40種類ぐらいの元素については、その元素名(日本語の元素名のみ)ぐらいは、紹介してしまったらよいのではないかと思います(元素記号は必要ないと思います)。

元素の名前を40種類ぐらい知っていれば、身近な物質が原子という粒子からできていること、その原子という粒子には種類があって、鉄、アルミニウム、銅、酸素など、いろいろな名前で呼ばれていること、などを知って、物質、原子、分子に親しみを感じることができるのではないかと思います。
 

tgs0001 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 教育 | 周期表

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字