脳内神経伝達物質エンドルフィンの電子状態肩こり・筋肉痛の薬、インドメタシンの電子状態

2013年11月26日

お茶の渋み成分、ガレート型カテキンの電子状態

F01


エピガロカテキンガレート(茶カテキン)の電子状態(分子軌道)をDV-Xα法計算支援環境で計算してみました。

参考:伊藤園「ガレート型カテキン」とは?

計算に用いた原子座標は、本間善夫先生、川端潤先生の「パソコンで見る動く分子事典(Windows Vista 対応版)」(講談社ブルーバックス, 2007年)の添付DVD-ROMに収録されていたものです。


エピガロカテキンガレート:没食子酸エピガロカテキン(Epigallocatechin gallate)

分子式:C22H18O11

分子量:458.375

CAS登録番号:989-51-5

原子数:51

原子軌道数:117

サンプル点数:1,014,800

総電子数:238

使用した原子基底関数:
 炭素原子:1s, 2s, 2p
 水素原子:1s
 酸素原子:1s, 2s, 2p

以下に、没食子酸エピガロカテキン(Epigallocatechin gallate)の最高被占軌道(HOMO, Highest Occupied Molecular Orbital)、最低空軌道(LUMO, Lowest Unoccupied Molecular Orbital)、静電ポテンシャルマップ(Electrostatic Potential Map, 等電子密度曲面に静電ポテンシャルの大小で彩色したもの)を示します。


HOMO


没食子酸エピガロカテキン(Epigallocatechin gallate)のHOMO(119) エネルギー固有値:0.50318 eV


LUMO


没食子酸エピガロカテキン(Epigallocatechin gallate)のLUMO(120) エネルギー固有値:3.84294 eV

HOMO-LUMO gap = 3.340 eV = 26937 cm-1 = 371.2 nm


POTMAP



図は VESTA Ver. 3.1.7 で描きました。




































tgs0001 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 分子軌道 | 電子

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
脳内神経伝達物質エンドルフィンの電子状態肩こり・筋肉痛の薬、インドメタシンの電子状態