教育

2019年07月06日

アプリ「もしも原子が見えたなら」リリース

moshi

アップルストアでアプリ「もしも原子が見えたなら」が本日リリースされました(数百円の有料です)。

自分がもし原子・分子のサイズになったら、空気や水の分子はこんなふうに見えるかも!

という体験ができます。百聞は一見にしかず。

温度を変えたり、見る方向変えたりできます。温度が上がるって、こういうことだったんだ!と発見体験。

このアプリ1本で、原子・分子の世界の授業ができます。英語版に切り替えることもできます。







tgs0001 at 16:07|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年01月26日

かがやく蛍光ペン!

UV1_400

「かがやく蛍光ペン!」のワークシートを改訂しました。

黒い背景の中の白い小さい枠を、いろいろな色の蛍光ペンで塗りつぶすだけで準備完了です。

部屋を真っ暗にして、UV-ライトを照射すれば、まぶしいぐらいに明るく蛍光ペン(のインク)が輝きます!

UV-ライトを、ワークシートにくっつくまで近づけるのがコツです。

UV4_400

以下のURLよりダウンロードしてお使い下さい。

かがやく蛍光ペンワークシート(pdf)
 http://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/UV.pdf

かがやく蛍光ペンワークシート(ワードファイル)
    http://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/UV.docx



tgs0001 at 17:20|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月31日

学長表彰

20171031a_400

岡山理科大学 学長表彰 を受けました。

20171031b_400

あなたは 授業アンケートにおいて学生から高い評価を受けるとともに 教育改革推進補助事業では 初年次教育における理科教材の開発・普及に取り込むなど理科教材を用いた理科教育の充実に大いに貢献されました
また 独立行政法人科学技術振興機構 理科支援員等配置事業において「卓越した理科特別講師」に認定されるなど理科教育に関する啓蒙活動にも積極的に取り組まれました
よって これまでの努力と成果を讃え ここに記念品を贈り表彰します

平成29年10月31日
岡山理科大学学長
柳澤康信

20171031c_400

20171031d_400




tgs0001 at 20:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年01月07日

元素周期表テンプレート_Wordファイル_公開

word1

Microsoft Wordで編集して使っていただける周期表テンプレートを公開しました。

ダウンロード後、Wordで開き、ご自由にお使いください。

化学の授業のプリント作成、化学のテスト問題作成、周期表の穴埋め問題の作成などに便利かと存じます。

Wordで自由自在に編集・加工できますので、元素記号の文字色を変えたり、フォントの種類を変えたり、周期表の枠に色を塗ったりできます。

【Wordファイル,ダウンロード可,編集可,保存可,印刷可】
元素周期表(Periodic Table of the Elements) A4サイズ

【Wordファイル,ダウンロード可,編集可,保存可,印刷可】
ランタノイド・アクチノイドを欄外に出さない横に長い元素周期表

word2

周期表はWordの表機能で作成されています。

例えば任意の元素の枠に色を塗りたい場合は、元素の枠の範囲をドラッグして選択後、マウスの右側クリックでプルダウンメニューを表示させて、「表のプロパティ」を選択します。

「表」のタブページで「線種/網かけの変更」をクリックし、「線種とページ罫線と網かけの設定」ダイアログボックスを表示させ、背景の色を「色なし」から適当な色に変更、網かけは「□なし」に設定し、「OK」をクリックします。

word3

16族のカルコゲン元素たちを黄色にしたり、17族のハロゲン元素たちを黄緑色にしたりできます。

教育目的にご活用いただければ幸いです。

なお、かなり作り込まれていますが、英語版の周期表ワードファイルは、

www.science-teachers.comサイトの

http://www.science-teachers.com/printable_periodic_tables.htm

からダウンロードできます。

−−−−+−−−−1−−−−+−−−−2
700-0005 岡山県 岡山市 北区 理大町1−1
(学)加計学園 岡山理科大学 理学部 化学科
 准教授 坂 根 弦 太(SAKANE, Genta)
e-mail gsakane[あっと]chem.ous.ac.jp
−−−−+−−−−1−−−−+−−−−2


tgs0001 at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年08月11日

2013年8月の岡山理科大学と2014年8月の岡山理科大学

20130830

2013年8月に撮影した岡山市北区理大町1-1の岡山理科大学。

20140811

2014年8月に撮影した岡山市北区理大町1-1の岡山理科大学


 

tgs0001 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年06月14日

DV-Xα法に関する情報紹介(18)

hidemaru

学校現場や自宅のWindowsでDV-Xα法を使い始めてみようという方、

http://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/index.html#assistance_environment

をクリックしてみて下さい。

1.〜7.のそれぞれのウェブサイトを訪れ、必要なファイルをダウンロードし、「DV-Xα法計算支援環境利用の手引き」(PDF)をご覧の上、作業していくだけで、容易に環境を構築することが出来ます。

秀丸エディタのみシェアウェアで、残りのプログラム・ファイル類はすべて無償で入手できます。

秀丸エディタの価格は、現在、4,320円です。
銀行振り込みやクレジットカード決済で送金できます。

量子化学に興味のある方、是非、お試しください!

 

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年06月12日

DV-Xα法に関する情報紹介(16)

DVSummerSchool

今年の夏も、DV-Xα夏の学校が開催されます。

詳細はこちら→第9回(2014年)DV-Xα夏の学校ホームページ

今年は京都での開催。

8月18日(月)から8月22日(金)までの四泊五日の合宿形式。

五日間、たっぷりとDV-Xα法や量子化学、量子材料化学などについて学べます。

講師はDV-Xαプログラムの開発者でもある足立裕彦先生と、金属・合金の分野で長年DV-Xα法を活用・成功されている森永正彦先生。

企業や大学などの研究者の皆様、大学院生や大学生の皆様、是非、この機会を逃さずにご参加ください! 

tgs0001 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年12月24日

塩素が含まれるもの調べ

131224_img7_w400


独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運営する「SciencePortal」(サイエンスポータル)の「科学教育」ページに本日(2013年12月24日)、「塩素が含まれるもの調べ(著・坂根弦太)」と題する記事が掲載されました。

JST Science Portal 「塩素が含まれるもの調べ」

有機化合物(プラスチックやラップなど)に、塩素などのハロゲン原子が含まれているのか否かを、100円ショップで買い集められる道具で、容易に検出できる実験方法を紹介したものです。

古くから知られている有機定性分析法の一つで、覚えておいて損は無い実験だと思います。

岡山理科大学理学部化学科の無機化学実験では、この「塩素が含まれるもの調べ」を受講者全員が体験しています。






tgs0001 at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年12月17日

化合物の元素分析結果を考察するためのエクセルファイル

chns1_400


新しい化合物(結晶)を合成した場合、どのような元素がどれぐらい含まれているのかを調べるために、元素分析を行います。

錯体の場合は、金属イオン+(架橋原子)+配位子+結晶溶媒となっている場合が多く、特に結晶溶媒の数については、単結晶X線構造解析の結果からは一義的に決まらないため、通常は元素(炭素、水素、窒素、硫黄、できれば金属元素)分析および比重(密度)を調べ、結晶溶媒の数を最終的に確定します。

実験で得られた元素分析結果(および比重)と、単結晶X線構造解析で求めた単位格子の体積とZ値を合い照らし、結晶溶媒の数を検討するときに便利なエクセルファイルを一般公開しています。

錯体用(錯体以外も可)元素分析考察テーブルccCHNS


これは私が大学院生(M2)のころ(1992年)、私自身や後輩たちの必要に迫られて、私が作成したものです。

当時はNECかEPSONのPC-9800シリーズのパソコン(OSはMS-DOS)にLotus 1-2-3 という表計算ソフトをインストールし、そこでこの元素分析考察テーブルを作成しました。

まだWindowsが世間一般に普及する前(普及したのは、Windows 95)で、ワードプロセッサーといえばジャストシステムの一太郎、表計算と言えばLouts 1-2-3という時代でした。

その後、Windows 95が発売された1995年に、この元素分析考察テーブルをExcelに移植(いわゆるDOS/Vパソコン)、IUPACが公表する原子量の値が変更されるたびにアップデートを繰り返し、現在に至ります。

今回は、IUPACの2013年原子量表の値にデータをアップデートしました。

このIUPACの2013年原子量表では、水素、リチウム、ホウ素、炭素、窒素、酸素、マグネシウム、ケイ素、硫黄、塩素、臭素、タリウムについては、試料によって同位体組成に変動があるとして、原子量が変動幅(最小値〜最大値)で示されています。

しかし、この最小値〜最大値というデータでは、元素分析考察テーブルの中で化合物の分子量(式量)が一義的に求まらないために、支障をきたします。

幸い、IUPACの2013年原子量表では、原子量に変動幅がある元素の原子量も、意味のある有効数字の範囲でえいやっと言う原子量が記載してあるので、元素分析考察テーブルではその値を利用しています(ただし、原子量の不確かさはなし)。

教育、研究目的に、この元素分析考察テーブルをご活用いただければ幸甚です。






tgs0001 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年12月04日

DV-Xα法計算支援環境利用の手引きを小改訂

hajimete512


DV-Xα法計算支援環境利用の手引き(176頁, 17.4 MB)を小改訂しました。

DV-Xα法のための統合支援環境(DV-Xα法本体プログラム, displatプログラム群, DV-Xα法計算支援環境(秀丸マクロ集), 秀丸エディタ, OpenBabel, 教育用分子軌道計算システムeduDV(Auto-eduDV機能実装版), 三次元可視化システムVESTA)全般が使いこなせるよう、解説されています。










tgs0001 at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年11月07日

DV-Xα法計算支援環境利用の手引きにおけるeduDVのモデル図を改訂

hajimete512


DV-Xα法計算支援環境 利用の手引きにおけるeduDVのモデル図(VESTAで描いた分子・イオン等の棒球表示図)を22種類、差し替えました。

DV-Xα法計算支援環境(含・eduDV, VESTA)利用の手引き
2013年11月7日(木)版 pdfファイル、全176ページ、17.3 MB


HidemaruDV.pdf(17.3 MB)

入れ替えた図を以下に紹介します。


a2


図1.システム名:a2(d8h2), D∞h対称, A2型の等核二原子分子(水素分子、窒素分子、酸素分子など)


ab


図2.システム名:ab(c8v11), C∞v対称, AB型の異核二原子分子(一酸化炭素分子、一酸化窒素分子、塩化水素分子など)


ab2


図3.システム名:ab2(d8h12), D∞h対称, AB2型の直線分子(二酸化炭素分子、二硫化炭素分子、二フッ化キセノン分子など)


a2b2


図4.システム名:a2b2(d8h22), D∞h対称, A2B2型の直線分子(アセチレン分子、ヨウ化水銀(I)分子など)


abc


図5.システム名:abc(c8v111), C∞v対称, ABC型の直線分子(シアン化水素分子、シアン化フッ素分子、シアン化塩素分子など)


abcd


図6.システム名:abcd(c8v1111), C∞v対称, ABCD型の直線分子(雷酸分子など)


c2v12


図7.システム名:c2v12, C2v対称, AB2型の折れ線分子(水分子、硫化水素分子、オゾン分子、二酸化硫黄分子、二酸化窒素分子など)


c3v13


図8.システム名:c3v13, C3v対称, AB3型の三角錐分子(アンモニア分子、ホスフィン分子、アルシン分子、スチビン分子など)


d2h24


図9.システム名:d2h24, D2h対称, A2B4型の分子(エチレン分子、テトラフルオロエチレン分子、テトラクロロエチレン分子、四酸化二窒素分子など)


d3d26


図10.システム名:d3d26, D3d対称, A2B6型(ねじれ型)の分子(エタン分子、ヘキサフルオロエタン分子など)


d3h13


図11.システム名:d3h13, D3h対称, AB3型の平面三角形分子(三フッ化ホウ素分子、三塩化ホウ素分子、三臭化ホウ素分子、三ヨウ化ホウ素分子など)


d4h14


図12.システム名:d4h14, D4h対称, AB4型の平面正方形イオン(テトラクロリド白金(II)酸イオン、テトラクロリドパラジウム(II)酸イオン、テトラクロリド金(III)酸イオンなど)


d6h66


図13.システム名:d6h66, D6h対称, A6B6型の平面正六角形分子(ベンゼン分子、ヘキサフルオロベンゼン分子、ヘキサクロロベンゼン分子、ヘキサブロモベンゼン分子、ヘキサヨードベンゼン分子など)


td14


図14.システム名:td14, Td対称, AB4型(正四面体型)の分子(メタン分子、四塩化炭素分子、シラン分子、ゲルマン分子、スタンナン分子など)


oh16


図15.システム名:oh16, Oh対称, AB6型(正八面体型)の分子(六フッ化硫黄分子、六フッ化モリブデン分子、六フッ化タングステン分子、六フッ化オスミウム分子、六フッ化ウラン分子、六フッ化プルトニウム分子など)


td144


図16.システム名:td144, Td対称, A(BC)4型(正四面体型)の分子(テトラカルボニルニッケル錯体など)


oh166


図17.システム名:oh166, Oh対称, A(BC)6型(正八面体型)の分子(ヘキサカルボニルクロム錯体、ヘキサカルボニルタングステン錯体、テトラカルボニルモリブデン錯体、テトラカルボニルバナジウム錯体など)


mh2o6


図18.システム名:mh2o6, D2h対称, M(H2O)6型のヘキサアクア錯陽イオン(ヘキサアクアコバルト(II)イオン、ヘキサアクアコバルト(III)イオン、ヘキサアクアニッケル(II)イオン、ヘキサアクア鉄(II)イオン、ヘキサアクア鉄(III)イオンなど)


ml4


図19.システム名:ml4, Td対称, [ML4]n-型(四配位正四面体型)錯イオン(テトラクロリドコバルト(II)酸イオン、テトラブロミドコバルト(II)酸イオン、テトラヨージドコバルト(II)酸イオンなど)


ml6


図20.システム名:ml6, Oh対称,  [ML6]n-型(六配位正八面体型)錯イオン(ヘキサフルオリドクロム(III)酸イオン、ヘキサクロリドクロム(III)酸イオン、ヘキサブロミドクロム(III)酸イオン、ヘキサヨージドクロム(III)酸イオンなど)


atom


図21.システム名:atom または ion, 対称軌道は使用せず, 現在は水素(H)からプルトニウム(Pu)まで対応(将来はレントゲニウム(Rg), コペルニシウム(Cn), フレロビウム(Fl), リバモリウム(Lv)まで対応予定)。

eduDVに関して、より分かりやすくなった「DV-Xα法計算支援環境 利用の手引き」をご利用下さい。


分子の対称と群論
中崎 昌雄
東京化学同人
1973-01



物質の対称性と群論
今野 豊彦
共立出版
2001-10









群論の化学への応用
F.Albert Cotton
丸善
1980-01

 




















tgs0001 at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年10月31日

全176ページのDV-Xα法計算支援環境 利用の手引きを公開

HidemaruDV


従来のDV-Xα法計算支援環境 利用の手引きに30ページ加筆して、合計176ページとなったものを、本日公開いたしました。

DV-Xα法計算支援環境 利用の手引き(pdf, 176ページ, 17.2 MB)

最近公開したAuto-eduDVの情報から、VESTA 3で波動関数を描く際の上級テクニックまで、DV-Xα法VESTAに興味がある方には、きっとお役に立つかと思います。


f01


上の画像は、一酸化炭素(CO)分子(C∞v対称)のHOMO(5σ軌道)をVESTAで三次元可視化したものです。 

秀丸エディタを起動するところから、上の画像に至るまでの具体的な方法が、今回公開したDV-Xα法計算支援環境利用の手引きには書いてあります。


ura

明後日に神戸で開催されるDV-Xα分子軌道計算講習会のアドバンスAコースにご参加の方には、この利用の手引きをカラー両面印刷・製本したものを差し上げます。


はじめての電子状態計算―DV‐Xα分子軌道計算への入門
足立裕彦監修
小和田善之・田中功・中松博英・水野正隆著
三共出版
1998-05

(現在、入手することが困難な状況です)



tgs0001 at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年09月11日

元素記号が消える周期表クリアファイル

koka1


子供の科学(誠文堂新光社)2013年10月号(第76巻10号)は2大特集、
  • ダイオウイカ
  • 元素周期表
です。


koka2


特集2では、元素周期表のヒミツ大公開!

結晶美術館さんの美しい写真と共に、周期表や元素を、子供たちにも伝わる有機化学美術館さんの言葉で解説してあります。

そして特別付録「元素周期表クリアファイル」!


koka3


なんと、クリアファイルの中に白い紙を入れると、みるみる元素記号が消えて色も変わるのです!

元素記号がみるみる覚えられるというこの不思議なクリアファイル、これを入手するためにも「子供の科学2013年10月号」は取り急ぎ「買い」でしょう。


koka4


たぶん、昨日か今日、全国の書店で発売だと思います。

何といっても人気の「ダイオウイカ」と「元素周期表」の特集、もしかすると売り切れは意外に早いかもしれません。


90年目突入!記念特大号!
2大特集ダイオウイカ&元素周期表
特別付録KoKa元素周期表クリアファイル 






tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年09月09日

磁石のひみつ

ridaifu1


ある中学校に依頼され、出張して理科実験教室を行いました。

上の写真は、電気が流れるか、流れないかを確かめる装置(坂根の自作)です。


ridaifu2


授業のタイトルは「磁石のひみつ」

人数が多かったため2回に分けて、同じ内容の授業を2回行いました。

アンケート結果は以下の通り。

◎1回目(8班、合計27名)
 5点:とても楽しかった  14名
 4点:楽しかった     11名
 3点:ふつう        1名
 2点:つまらなかった    0名
 1点:とてもつまらなかった 1名
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
       合計     27名(平均4.37点)

◎2回目(8班、合計30名)
 5点:とても楽しかった  27名
 4点:楽しかった      3名
 3点:ふつう        0名
 2点:つまらなかった    0名
 1点:とてもつまらなかった 0名
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
       合計     30名(平均4.90点)
 
授業の流れは以下の通りです。
  1. 物質と原子、原子と元素、周期表(説明)
  2. 鉄とアルミニウム、電気は流れるか?(演示実験)
  3. 鉄とアルミニウム、磁石にくっつくか?(生徒実験)
  4. N極とS極、引き合いと反発、地磁気(生徒実験)
  5. 決して反発しない不思議な磁石玩具(生徒実験)
  6. 磁気を見る(磁気ビュアシート)(生徒実験)
  7. 超強力磁石のすごさ(ガウスライフル)(生徒実験)
  8. 磁石にくっつく青色の液体(生徒実験)
  9. 磁石にくっつかないのに転がらないレール(生徒実験)
  10. 磁石の落下の様子が違う3種類のパイプ(生徒実験)
  11. 磁石から逃げていく物質(生徒実験)
  12. 磁性流体のスパイク現象(生徒実験)
生徒実験を主体に授業を組み立てたので、準備・運搬・設置は大変でしたが、参加した生徒さんたちの多くには、理科実験の楽しさ、不思議さを感じていただけたのではないかと思っております。

出張理科実験は、一に無事故、二に楽しさです。事故なく(それなりに)ウケたので、何よりでした。

坂根の過去の出張実験(小学校・中学校・高等学校・その他)はこちら

以下の「Gonzo gizmos」は、ガウスライフル(ガウス加速器)についての説明がある書籍です。


※書籍


Gonzo Gizmos: Projects & Devices to Channel Your Inner Geek
Simon Quellen Field
Chicago Review Press
2003-12-01
※キンドル用電子書籍
 

こちらは、その続編


※書籍
 

※キンドル用電子書籍



tgs0001 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年08月19日

ゆかいな元素たちの下敷き

PlasticSheet1c


科学キャラクター図鑑「周期表」ゆかいな元素たち! の下敷き(プラスチックシート)です。


PlasticSheet1b


サイモン・バシャー(Simon Basher)さんによるイラストです。


PlasticSheet4


出版社は、東京都町田市にある玉川学園、玉川大学出版部


PlasticSheet1a


是非いつか、コペルニシウム(112Cn)、フレロビウム(114Fl)、リバモリウム(116Lv)も描かれた改訂版を入手したいと思っております。


科学キャラクター図鑑 周期表―ゆかいな元素たち
サイモン・バシャー、エイドリアン・ディングル
玉川大学出版部
2009-12-15



Basher Science: The Periodic Table
Simon Basher, Adrian Dingle
Kingfisher Books Ltd
2011-04-18







tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年08月05日

元素単体の実物がついてくる元素図鑑

Vault2


2013年3月28日の本blogで、「実物の元素の単体も添付されている元素の書籍」を紹介いたしました。

なんとその洋書の日本語版が、発売されることになりました!


世界で一番美しい元素図鑑【デラックス版】世界で一番美しい元素図鑑【デラックス版】 [単行本]
サイモン・クェレン・フィールド(著者)
セオドア・グレイ(著者)
ニック・マン (写真)
若林文高 (監修)
武井摩利 (翻訳) 
出版:創元社
(2013-10-16)
 

2013年10月16日発売予定、8,400円だそうです。

日本語版も、洋書版と同じだけの付録がついてくるのでしょうか?!


Vault1
 

これは、英語版に付録していたキュービックジルコニア。


Vault4


フッ素樹脂。

私が持っている英語版はこちら(下のリンク)です。 


Theodore Gray's Elements Vault: Treasures of the Periodic Table With Removable Archival Documents and Real Element Samples - Including Pure Gold!Theodore Gray's Elements Vault: Treasures of the Periodic Table With Removable Archival Documents and Real Element Samples - Including Pure Gold! [ハードカバー]
著者:Simon Quellen Field
出版:Black Dog & Leventhal Pub
(2011-11-30)
 

日本語版(8,400円)は、英語版(現在3,910円)の倍ぐらいの価格設定ですが、内容が充実しているならば問題ありません。やはり日本語で読めるというのは嬉しいことですよね(特に、私の知人男性(8歳)にとっては)。

さっそく本日、予約注文しました。

10月16日が楽しみです。
 

tgs0001 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年07月30日

素早く参照できる周期表

QuickAccess1


REA(Research & Education Association)のQuick Access Reference Chartシリーズの「周期表(Periodic Table)」です。

私が持っているものは、周期表には原子番号109番のマイトネリウム(Mt)までが掲載されています。


QuickAccess2


1枚もので、防水加工が施されています。

3つ穴が開いていますので、3つ穴バインダーに綴じることができます(ただし、A4とは微妙にサイズの異なるレターサイズです)。

原子番号、原子量、単体の密度、単体の融点、単体の沸点、とりうる酸化数、元素記号、元素名(英語)、電子配置、単体の結晶構造などの情報が、素早く参照できます。

裏には、物質、エネルギー、原子スペクトル、周期表、化学結合などの用語の解説とともに、主な有機化合物の一覧表も掲載されています。

アメリカなら$4.95、日本円で言えばだいたいワンコイン(500円硬貨1枚)といった価格設定です。

日本にも(日本語で)こういう、さっと参照できる情報シートがあると良いですね。

REA(Research & Education Association)のQuick Access Reference Chartシリーズには、多種多様な分野のものがあるようです。

Quick AccessのPeriodic Tableは現在、以下のように日本のアマゾンでも取り扱いがあるようです。


Periodic Table: Quick Access (Fast Facts Review)Periodic Table: Quick Access (Fast Facts Review) [パンフレット]
出版:Research & Education Assn
(2009-11-11)




tgs0001 at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年07月20日

日本語カタカナ周期表

katakana1


カタカナの周期表を開発してみました。

【pdfファイル,ダウンロード可,印刷可】


katakana2


横に読むと面白いです。

ハキスタナビ、ポアラ(吐き捨てのカーナビ「ポアラ」という意味?!)。

せっかく日本語には、「漢字かな交じり」、「ひらがな」、「カタカナ」など、豊富な表現方法がありますので、周期表でもいろいろな表現ができるかなと思ったまでです。

日本語冗談周期表」、「日本語人生周期表」、「日本語ひらがな周期表」、「日本語カタカナ周期表」と揃いましたので、普通の日本語での元素名を記した周期表も、後日、作ってみようと思っております。

中文周期表」、「白周期表」、「化学を専門としない理系大学生のための穴埋め周期表」も公開中です。



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年07月12日

日本語ひらがな周期表

hiragana


知人女性(4歳)向けに、ひらがなの周期表を開発してみました。

【pdfファイル,ダウンロード可,印刷可】
日本語ひらがな周期表(Japanese Hiragana Periodic Table) 
〜げんそしゅうきひょう(ひらがな)〜


hiragana2


きゅりうむばーくばーくって、知人女性が好きな女性歌手の名前みたいですね。

周期表を音読するには、大人でもこの「日本語ひらがな周期表」は便利かもしれません。

周期表教をたちあげて、信者は毎朝、この周期表をお経のように唱えるなんていかがでしょうか。



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年06月28日

化学を専門としない理系大学生の方々に覚えていただきたい元素40選

periodictable2_1


化学を専門としない(する予定のない)理系の大学生の方々にも、現代社会で理系人間として生きていくうえで、これぐらいは知っておいてほしいという元素を40種類、(私が勝手に)選んでみました。

【pdfファイル】

http://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/BlankPeriodicTable2.pdf

http://goo.gl/JW3Gd
 (Google URL Shortener で作成)

ダウンロードして、印刷してご利用いただければ幸いです。

上半分が問題、下半分が解答です。

用紙を半分に折って、問題に挑戦していただければと思っております。


periodictable2_2
 

この40種類の元素(解答で、黄色に塗られた赤文字の元素記号)については、周期表での位置が分かり、元素記号が書け、元素名を話すことができ、できたら英語の元素名を書けると素晴らしいと思います。

現在、114種類もある元素の、周期表での位置、元素名(日本語、英語)、元素記号を、全て暗記するのは大変です。

無機化学を専攻する大学生・大学院生の方々だったら、遠慮なく114種類全部覚えていただきたいと思いますが、化学を専攻していない大学生の方(例えば、生物系の大学生の方々)だったら、まずは私が(勝手に)選んだ40種類の元素に親しんでいただければ、いかがでしょうか。

元素に囲まれた物質文明社会で生きていくうえで、きっといつかどこかで、役に立つと思います。

個人的な意見ですが、高等学校の化学で、原子番号1番から20番ぐらいまでの元素を暗記することが多いと思いますが、もっと小学校高学年や中学校の段階で、周期表とは関係なく、今回私が選んだ40種類ぐらいの元素については、その元素名(日本語の元素名のみ)ぐらいは、紹介してしまったらよいのではないかと思います(元素記号は必要ないと思います)。

元素の名前を40種類ぐらい知っていれば、身近な物質が原子という粒子からできていること、その原子という粒子には種類があって、鉄、アルミニウム、銅、酸素など、いろいろな名前で呼ばれていること、などを知って、物質、原子、分子に親しみを感じることができるのではないかと思います。
 

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年06月27日

ダイヤモンド型構造

diamond1


ダイヤモンド型構造の模型(モルタロウ)です。

モルタロウの分子模型は、透明感があって美しいですね!
タロウ(TALOU)は、Teaching And Learning Of Understandingの略だそうです。

モルタロウのDNAセットを昔、徹夜して組み上げたことがあります。


diamond2


ダイヤモンド型構造は、ダイヤモンド(炭素)、ケイ素、ゲルマニウム、α−スズなどの結晶で見られる構造です。

構成原子の配位数(隣の原子と結合している手の数)は4、共有結合性が強く、配位数が優先されるので、空間充填率は高くありません。

すなわちダイヤモンドは、とても硬い物質ですが、炭素原子のつまりぐあいは、金属元素の単体などにみられる六方最密充填、立方最密充填(面心立方格子)に比べると、けっこうスカスカなのです。

金属元素の単体に見られる最密充填は、常磐線のラッシュ時(私の高校時代、毎日通学で使っていた常磐線の松戸−北千住間は、信じられないほど人間の空間充填率が高い状態で、酸素不足で息が荒くなり、空気が循環しないので汗ばみ、湿度が高まり、最悪の環境でした)のように、もう体と体がビッタリとくっつきあって詰まっている様に譬えられます。

一方、ダイヤモンドにおける炭素原子の詰まり方は、炭素原子同士が、太い腕でがっしりと手をつなぎ合って、全体としてはがっしりと硬い構造をつくっているものの、体と体は接していない状態(こちらの方が、車内の空気は美味しそうで、涼しそうです)に譬えられます。

六方最密充填、立方最密充填(面心立方格子)の空間充填率が74 %ほどであるのに対し、ダイヤモンド型構造の空間充填率は34 %ほどです(原子球と原子球が接し合うと仮定したときの計算)。


diamond3


スズ(Sn)は普通(13.2℃以上)ではβ−スズ(白色の金属)の状態で、正方晶系、配位数は6、密度は 7.3 g/cm3 ほどです(正確な値は、データ集などをご参照ください)。いわゆるスズ金属がこの状態(構造)です。

しかし低温では、別の構造に変化します。

α−スズ(灰色の半導体)で、ダイヤモンド型構造をしています。

α−スズは配位数が4、密度は 5.8 g/cm3ほどです(正確な値は、データ集などをご参照ください)。

すなわち、β−スズ(白色の金属)がα−スズ(灰色の半導体)に変化すると、密度が小さくなり、体積としては膨らみます。

金属としての性質も失われるので、膨張するとともに展性も失われて、脆くなります。

マイナス何十℃という寒い環境では、スズ金属(β−スズ)は、まずある一部分から金属光沢を失ってくすんだ灰色になり、それがやがて全体に広がって、膨張して脆くなって、崩れやすくなります。

低温下で、まるで伝染病のようにスズが脆くなっていくので、この現象はスズペストと呼ばれています。

ナポレオンに率いられたフランス軍のロシア遠征で、フランス軍兵士の服のスズ製ボタン(金属スズ、β−スズ)が、ダイヤモンド型構造(α−スズ)に変化して、脆くなって崩れて取れてしまって、寒さを凌げなくなったことが、ロシア遠征の失敗の理由の一つであると歴史書には書いてあります。

ダイヤモンド型構造は、1種類の元素が結晶を形成したときの構造の一つですが、2種類の元素がダイヤモンド型構造をとった場合(1個おきの位置に、AとBという2種類の原子が並んだ場合)、これは閃亜鉛鉱(ZnS)型構造と呼ばれます。

zinc blend(ジンクブレンド)型構造とも呼ばれます。

※硫化亜鉛(ZnS)は天然で、閃亜鉛鉱またはウルツ鉱として産出します。
 閃亜鉛鉱とウルツ鉱は、化学式は同じですが構造が違います。

モルタロウで組み立てたダイヤモンド型構造を眺めているだけで、ダイヤモンド型構造をとる様々な物質の結晶構造が想像できます。

私は夜、けっこうすき間のあるダイヤモンド構造の通路を、自分が原子サイズになって飛んでいく夢をよく見ます。


モル・タロウ ダイヤモンド・フラーレン ( ブルー )モル・タロウ ダイヤモンド・フラーレン ( ブルー ) [おもちゃ&ホビー]
商標:タロウ
(2006-02-20)



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年06月23日

元素の鉱物コレクション

minelal1


The Periodic Table in Minerals Collection

いろいろな元素を含む鉱物のコレクション(20種類)です。

以前、鉱物の周期表を紹介(2013年3月1日のblog)したことがあります。

今回紹介する鉱物コレクションは、鉱物の周期表を制作した会社と同じ会社(Jensan Scientifics)の商品です。

同社の別の商品で、The "Grand Tour" the Ultimate in Periodic Tables というすごい鉱物(元素コレクション)セット(60種類!)(periodic.comでの紹介)もあって、喉から周期表が出てくるほど欲しいのですが、日本円で7〜8万円(送料別)もするので、悩んでいます(Surface Pro 256 GB を買ったばかりですし・・・)。

高額な60種類セット(の夢)はさておき、今回は私の手元にある20種類セットを見ていきます。


minelal2


水素、リチウム、ベリリウム、ナトリウム、マグネシウム、アルミニウム・・・


minelal3


ホウ素、炭素、酸素、フッ素、ケイ素、硫黄、塩素・・・


minelal4


20種類でもこの迫力。

もしも60種類セット:The "Grand Tour" the Ultimate in Periodic Tables の鉱物を使って、周期表を組み立てたら、もっとすごい迫力でしょうね。


minelal5


今回の、「含まれている元素に着目した鉱物コレクション(20種類)」は、Jensan Scientifics, LLC の2008年の商品です。


minelal6
 

この鉱物コレクション(20種類)には、それぞれの鉱物を解説した説明書もついており、知識欲も満たしてくれます。

そして60種類のGrand Tour of the Periodic Table in Minerals Collection には、教師向け説明書(カラー版)350ページが付属しているとのこと、ますます欲しくなります。

amazon.com で $895.00(送料別)、www.sciencemall-usa.com では セール中で、なんと $699.95(送料別)!

Theodore W. Grayさんによる60種類セットの美しい紹介写真(永遠にグルグルと回転する動画をみたり、マウスでグルグルと自由に回転させることもできます)を見ていると、ますます欲しくなってきます(Grayさんによる60種類セットに関する説明文)。

思わず喉から周期表が出てきます。

何といっても、地球という惑星の表面から採取した、本物の元素(鉱物)コレクションです。

宇宙の歴史の中で、いつかどこかの星の核反応(p-p連鎖反応、CNOサイクル、s過程、r過程など)で合成されたさまざまな周期表の元素、それが今、地球という惑星で鉱物として存在している。

集めたくなりますよね、はい。

周期表の財布の紐も緩みます。

(まだ、買うと決心したわけではありません)

しばらく、悩み続けることにします。
 

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年06月05日

イギリスのラミネート周期表

Visual1


英国王立化学会のA4サイズのラミネート周期表 "The Visual Elements Periodic Table Data Sheet" です。

原子番号、原子量、電子配置、安定同位体、電気陰性度、よくある酸化数、元素記号、第一イオン化エネルギー、単体(気体・液体)の沸点もしくは単体(固体)の融点、密度、元素名(英語)が、とてもくっきりと(文字は小さいですが、解像度が高い印象)印刷されています。

Visual Elements の特徴であるイラストは、16種類だけが抜粋され掲載されています。


Visual2


裏面はデータ集です。役に立ちそうなデータが厳選されています。

ありがたいことにこのイギリスのラミネート周期表は、amazon.co.jpでも売っています。


The Visual Elements Periodic Table Data SheetThe Visual Elements Periodic Table Data Sheet [用品]
出版:Royal Society of Chemistry
(2009-08)



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年05月31日

肖像画のイラストが素敵な周期表

illustration1


アメリカ合衆国フロリダ州マイアミSafari Ltd. の周期表です。

ジョゼフ・プリーストリー Joseph Priestley (1733-1804)

ロジャー・ベーコン Roger Bacon (1214-1292)

イェンス・ベルセリウス Jons Jacob Berzelius (1779-1848)

ドミトリ・メンデレーエフ Dmitry Mendeleyev (1834-1907)

マリ・キュリー Marie Sklodowska Curie (1867-1934)

ヴィルヘルム・レントゲン Wilhelm Rontgen (1845-1923)

アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein (1879-1955)

といった歴史上の科学者のイラストと説明がかかれていることが特長です。


illustration2

肖像画のイラストが、どれも若々しく可愛らしい感じがします。

周期表を眺めながら、歴史上の科学者の伝記も少し読める!

周期表には、元素発見に関わる科学者達の紆余曲折のドラマ・伝説(歴史)が込められています。

そうした意味で、一石二鳥の周期表ポスターかもしれません。

周期表-いまも進化中 (サイエンス・パレット)周期表-いまも進化中 (サイエンス・パレット) [新書]
出版:丸善出版
(2013-05-25)



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年05月30日

アルドリッチの周期表

AldrichPT1


試薬メーカーアルドリッチ(シグマアルドリッチ)の周期表 Periodic table of the elements(Binder size, Z258334-1PAK)です。

アルドリッチとは、正確には、シグマアルドリッチグループ(Sigma-Aldrich family)の中の、"ALDRICH"というブランド(有機試薬、材料科学試薬、実験器具など)です。

このアルドリッチの周期表、おおよそA4のサイズで、しっかりとラミネート加工されています。

コペルニシウム(112Cn)まで掲載されています。
比較的情報が新しいですね。

原子量、原子番号、取りうる酸化状態(および安定な酸化状態)、元素記号、元素名、電子配置、単体の融点、単体の沸点、単体の密度、電気陰性度、第一イオン化エネルギーなどが、所狭しと周期表の枠の中に書き込まれています。

実用的です。

裏返すと、また違った情報が掲載されています。


AldrichPT2


Acid/Base Properties, Crystal Structure, Allotropic Form, Covalent Radius, Metallic Radius, Van der Waals Radius, Atomic Volume, Zeff/Polarizability, Electrical Resistivity, Enthalpy of Fusion, Enthalpy of Vaporization, Enthalpy of Atomization, Specific Heat Capacity, Thermal Conductivity と、これだけの物性値が所狭しと掲載されています。

実用的です。

ちょっとしたデータ集ですね。 

周期表の元素を縦横無尽に用いる材料科学分野の研究者には、とても役立つ周期表です。

アルドリッチの周期表は、アルドリッチ社のWebサイト上にもあります。

The Interactive Periodic Table
↑ クリックすると開きます。


ALDRICH_PT_net


元素記号をクリックすると、その元素の単体(金属)、化合物(金属塩など)、合金など、アルドリッチから購入できる試薬のリストを見ることができます。

言い方を変えれば、上の"The Interactive Periodic Table"で、クリックできない(色が淡くなっている)元素は、アルドリッチからは入手(購入)できません。

たとえば、マンガン(Mn)の下にあるテクネチウム(Tc)は入手できないのですね、ということが一目瞭然で分かります。

試薬を身近に扱う化学系の学生の方は、試薬っておよそいくら(何円)ぐらいなのか、というコスト感覚も身に着けると良いと思います。

アルドリッチの "The Interactive Periodic Table"は、周期表をベースに、金属、金属塩、金属酸化物、合金などの試薬情報を検索することができます。



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年05月01日

元素のひみつ

小学館の図鑑NEOシリーズ

元素のひみつ 著/ダングリーン 編/坂根弦太

が来月(6月19日予定)書店等で発売されます。

私たち人間の体をはじめ、身の周りのものから、生き物、海、山、川、地球、星、銀河・・・。世界のすべては「元素」でできています。知られている元素は全部で118種類。金、銀、銅、鉄、水素、酸素、窒素など、その原子は小さすぎて見えませんが、とても数え切れないくらいたくさんの原子が集まって、すべての「物」になっているのです。この本は、そんな元素の図鑑です。「元素って何?」といういちばんはじめの疑問から、金属、金属でない元素、気体などの種類の説明、そして元素発見の歴史など、1冊で元素の基本がわかるようになっています。美しい周期表や、写真の数々で、元素が身近に感じられることでしょう。 
小学館のWebサイトより)

子供向けの化学の図鑑は、少し珍しいかもしれません。

【amazon.co.jp】
元素のひみつ (小学館の図鑑ワールドNEO) [−]
著者:ダン グリーン
編集:坂根 弦太
出版:小学館
(2013-06-19)
 

tgs0001 at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月24日

元素記号マグカップ

elemenmug1



elemenmug2


元素記号(および原子番号、日本語での元素名)を水素からレントゲニウムまで、日本語流に縦の順番で並べて配置したマグカップです。

Db Bk Ac Tl Ta Tb La In Nb As Mn Cl  F  H
Sg Cf Th Pb  W Dy Ce Sn Mo Se Fe Ar Ne He
Bh Es Pa Bi Re Ho Pr Sb Tc Br Co  K Na Li
Hs Fm  U Po Os Er Nd Te Ru Kr Ni Ca Mg Be
Mt Md Np At Ir Tm Pm  I Rh Rb Cu Sc Al  B
Ds No Pu Rn Pt Yb Sm Xe Pd Sr Zn Ti Si  C
Rg Lr Am Fr Au Lu Eu Cs Ag  Y Ga  V  P  N
−− Rf Cm Ra Hg Hf Gd Ba Cd Zr Ge Cr  S  O

周期表ではありませんので、族や周期と言った情報は読み取れませんが、その代わり白いマグカップのキャンバス一面に、元素記号が埋め尽くしています。

たとえるなら、お寿司屋さんでよく目にする「魚漢字湯呑」の化学版といったところでしょう。

中文(繁体字)の元素名で、「元素漢字湯呑」も作ってみたいものです。

お寿司も元素からできている!
「元素漢字湯呑」

魚へんではなく、金へんの漢字が圧倒的に多いですが。

お茶を飲んでるだけなのになんだか頭が良くなるマグカップ 元素記号 マグカップ DM2578お茶を飲んでるだけなのになんだか頭が良くなるマグカップ 元素記号 マグカップ DM2578 [ホーム&キッチン]
商標:FARZEN (ファーゼン)








tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月21日

周期表カード

card1



card2


考え事をしていて、ふと周期表を見たくなる時があります。
そんな時に便利なのが、お財布や名刺入れなどに入る周期表カード。
銀行カード、クレジットカード、ICOCASuicaなどとピッタリ同じサイズです。

アメリカでは毎年10月に一週間、アメリカ化学会(American Chemistry Society)が先導するNational Chemistry Weekという行事があります。

日本の科学技術週間は4月18日の「発明の日」を含む一週間ですが、アメリカのナショナル・ケミストリー・ウィークは、10月23日の「モルの日」を含む一週間です。

なぜ10月23日がモルの日なのか? 1 mol の物質は、6.02 × 1023 個の粒子(原子、分子、遊離基、イオン、電子)を含んでいるから・・・1023なので、10月23日。

この行事関連で作られたのがこの周期表カードです。

在庫があれば、アメリカ化学会のStoreで50枚が1パックになったものを購入することができます。 

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月13日

世界地図と周期表

map

世界地図の上に印刷された周期表ポスター。

地球という世界の全体を俯瞰できる世界地図。
化学という世界の全体を俯瞰できる周期表。

周期表は、化学の世界のガイドマップだとよく言われます。

世界地図と周期表、地球と化学、人間にとっては大きな存在である地球のガイドマップと、小さな存在である原子の種類のガイドマップが重ねて印刷されているこのポスター、私は気に入っています。


周期表ポスター〜地球〜周期表ポスター〜地球〜
出版: グローバルサイエンス








tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月09日

逆引き元素名(日本語元素名と英語元素名)辞典

elementname2



elementname1


水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウム・・・

日本語での元素名には、漢字で書くもの(炭素、硫黄、亜鉛など)とカタカナで書くもの(マグネシウム、アルミニウム、カルシウムなど)があります。

そういえば、語尾が「素」で終わるものも結構ありそうです。

「後方一致」で日本語の元素名を整理してみました。

ついでに、英語の元素名も。

【pdfファイル】   
元素名(日本語)に用いられているカタカナと漢字の一覧(1H〜112Cn, 114Fl, 116Lv)
元素名(English)の一覧(1H〜112Cn, 114Fl, 116Lv)


元素名(日本語)に用いられているカタカナと漢字の一覧を見ると、鉄、銅、銀、金など、古い時代から知られていただろう元素は、漢字で書かれています。

燐、硫黄、鉄、銅、亜鉛、銀、錫、白金、金、水銀、鉛。

そして周期表の上の周期の元素のうち身近なもの、およびハロゲンの4元素は、語尾が「素」で終わっています。

水素、硼素、炭素、窒素、酸素、弗素、珪素、塩素、砒素、臭素、沃素。

ホウ素、フッ素、ケイ素、ヒ素、ヨウ素については、カタカナ漢字まじりで書かれているのは、単に書きにくい(読みにくい)漢字をカタカナ書きしているに過ぎません。

リンとスズに関しても、これは漢字をカタカナ書きしているだけです。

ここまでの元素は、(現代では一部、漢字をカタカナ書きしていることはさておき)漢字で書ける元素名で、漢字として意味が伝わってきます。鉄、銅、銀、錫、鉛が金へんであり、金属であるなど。

さて、周期表のそれ以外の元素名は、すべてカタカナ書きです。そしてそれらの元素名は、英語、ドイツ語、ギリシャ語、ラテン語などの欧米の元素名の音をカタカナ表記していることが分かります。

すなわち、燐、硫黄、鉄、銅、亜鉛、銀、錫、白金、金、水銀、鉛、水素、硼素、炭素、窒素、酸素、弗素、珪素、塩素、砒素、臭素、沃素は日本語は日本語でも表意文字。

ヘリウム、リチウムなど、それ以外の元素名は、表音文字。

英語の元素名を見てみます。

英語の元素名の多くは、語尾が“〜ium”で終わっていることが分かります。

それ以外の元素名は、Lead, Nickel, Arsenic, Tin, Goldなど、語尾があまり統一されていません。

そして、日本語の元素名と比べてみると、日本語の元素名で「漢字」=「表意文字」であった元素は、英語の元素名では、すべて語尾が“〜ium”以外であることが分かります。

燐(リン) = phosphorus
硫黄 = sulfur
鉄 = iron
銅 = copper
亜鉛 = zinc
銀 = silver
錫(スズ) = tin
白金 = platinum
金 = gold
水銀 = mercury
鉛 = lead
水素 = hydrogen
硼素(ホウ素) = boron
炭素 = carbon
窒素 = nitrogen
酸素 = oxygen
弗素(フッ素) = fluorine
珪素(ケイ素) = silicon
塩素 = chlorine
砒素(ヒ素) = arsenic
臭素 = bromine
沃素(ヨウ素) = iodine

語尾が“〜ium”で終わっているものは一つもありません!

日本語で漢字で書ける元素、英語で語尾が“〜ium”でない元素、いわば最近のルールにのっとっていない名前であるこれらの元素は、人類にとって古くから身近な存在であったということなのでしょう。

漢字で書ける日本語の元素名のうち、水素、炭素、窒素、酸素については、岡山県津山市と所縁のある宇田川(うだがわ)榕菴(ようあん)氏(当時は江戸在住)が考案したとのことです。

詳しくは以下をご参照ください。

岡山は日本の化学の聖地?!

元素、水素、酸素などの化学用語を考案したのはどこの誰?

 

tgs0001 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月08日

元素と鉱石

ore


周期表の元素の単体を集めようとして気付くのは、意外に、身近なところで探しても、単体はあまりみつからないということです。

アルミ箔(アルミホイル)のアルミニウム、お母さんの指輪のダイヤモンドなどは、数少ない身近な単体の例です(アルミ箔の表面は、酸化アルミニウム(アルミナ)で覆われていますが、その量は極めて少ないので無視することにします)。

私達の物質世界は、周期表の約90種類の元素から出来てはいますが、そのほとんどは混合物、化合物、合金などで、意外に単一の元素が集まってできた純粋物質である単体は、身近には珍しいものです(化学の実験室、研究室には、いくらでもあります)。

私達は、周期表の元素の組み合わせで、様々な物質を合成していますが、その原料となる元素資源は、自然界では鉱石と呼ばれています。

鉱物の周期表は、以前、紹介申し上げました。

本日紹介するのは、上野の科学博物館ミュージアムショップで以前購入した、資源(鉱石)コレクション21種です。

銅、アルミニウム、鉛、亜鉛、フッ素、銅、鉄、炭素、クロムなどの鉱石の実物が含まれています。

岡山理科大学の化学科で、無機化学系の講義で、教材として使っております。


地球スペシャル標本 宝石 (原石) コレクション 21種類地球スペシャル標本 宝石 (原石) コレクション 21種類 [おもちゃ&ホビー]
商標: 富士コスモサイエンス








地球スペシャル標本 ジェムストーン 18種類地球スペシャル標本 ジェムストーン 18種類 [おもちゃ&ホビー]
商標: 富士コスモサイエンス








地球スペシャル標本 化石スペシャル標本 12種類地球スペシャル標本 化石スペシャル標本 12種類 [おもちゃ&ホビー]
商標: 富士コスモサイエンス







 【富士コスモサイエンス】 富士コスモ 地球スペシャル標本 岩石21種 MH03 MH03
【富士コスモサイエンス】 富士コスモ 地球スペシャル標本 岩石21種 MH03 MH03



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月01日

ガラスの硫酸銅五水和物

CuSO4

硫酸銅五水和物 CuSO4・5H2O の青い結晶、高等学校の化学の授業などで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

でも、五水和物の5つの水分子が、同じ立場というわけではありません。

4つの水分子は銅イオンに配位しており(結合しており)ますが、1つの水分子は銅イオンには配位していません(結合していません)。

銅イオンに配位していない(結合していない)水分子は、他の水分子と水素結合で弱く結合しています。この水分子は、結晶水と呼ばれています。

硫酸銅五水和物 CuSO4・5H2O にX線を照射して構造を解析した結果は、こちらに詳しく紹介しております。

この硫酸銅五水和物 CuSO4・5H2O の構造を、ガラスに三次元的に彫刻してあるのが写真のガラスストラップです。

下からLED照明をあてて光らせてみました。

 CuSO4・5H2O の文字も彫刻されています。

ガラスストラップ〜硫酸銅()五水和物〜ガラスストラップ〜硫酸銅()五水和物〜 [おもちゃ&ホビー]
商標: グローバルサイエンス

 

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年03月28日

実物の元素の単体も添付されている元素の書籍

Theodore Gray's Elements Vault: Treasures of the Periodic Table With Removable Archival Documents and Real Element Samples - Including Pure Gold!Theodore Gray's Elements Vault: Treasures of the Periodic Table With Removable Archival Documents and Real Element Samples - Including Pure Gold! [ハードカバー]
著者:Simon Quellen Field
出版: Black Dog & Leventhal Pub
(2011-11-30)

本もなんらかの元素からできているので、元素が添付されている元素の書籍といっても説得力がありませんが、そうではなく、周期表の元素の解説本で、元素の単体の実物や、化合物の実物、取り外しのできる貴重な文書の複製など、あちらこちらのページに、楽しそうなものが糊付けされた袋に入って本に挟まっている、そんなリアル感あふれる元素本です(英語版)。

Vault1

これは、ジルコニウムの紹介のページで、ページに取り付けられている本物の「キュービックジルコニア」です。

肉眼ではダイヤモンドとはそう簡単には見分けがつかないというこのキュービックジルコニアを、実際に手っとって触って眺めることができます。

Vault2

こちらはご存知、金箔。金の紹介のページで、本物の金箔が、ページに取り付けてあります。

Vault3

ポリビニルアルコール(洗濯糊)とホウ砂でスライムを作る実験は定番です。ホウ素の紹介ページでは、ホウ素を含んだ粘土状の物質が(ビニール袋に入れられて)実際に本に挟み込んであります。

 Vault4

フッ素のページでは、テフロン(ポリテトラフルオロエチレン)コーティングされた物質が、ページに直接張り付けてあります。フッ素樹脂の本物に触ることができるのです。

Vault5


キュリウムの紹介の箇所では、ポーランドの古くて価値のあるキュリー夫人の切手が4枚、ページに取り付けられています。

いろいろなもの(取り外しのできるカードや文書が多い)がページに取り付けられているので、ページをめくるのにちょっと重たい感じはしますが、手に取って顔に近づけてみて触りながら眺めるというのは、楽しいものです。


tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年03月27日

穴埋め周期表(2)

fill_in_the_blank4

おおかたの元素記号を覚えたら、「テスト」に挑戦してみましょう。

別に急ぐ必要はないのですが、タイムトライアルを楽しみたい方のために、時間計測機能も付いています。

原子番号順に元素記号を入力する場合は、「Tab」キーをたたけば、次の原子番号の枠にカーソルが移動します。

入れられるだけ入れて、「一斉採点する?」をクリックすれば、一斉に採点してくれます。

fill_in_the_blank5

2005年度に開発されたFlash化学教材ですので、原子番号111番のレントゲニウム(Rg)までしか入力できません。

コペルニシウム(Cn)、フレロビウム(Fl)、リバモリウム(Lv)については、別途、ご記憶ください。

この「テスト」に挑戦してみようという方は、以下のリンクをクリックして開始してください。
※お使いのブラウザに、Adobe Flash Playerがインストールされていることが必要です。



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年03月19日

IUPACの周期表

国際純正・応用化学連合(International Union of Pure and Applied Chemistry, IUPAC)は、周期表の元素名を制定している組織です。
 
そのIUPACの周期表は、いわば最も公式な周期表と言えるかもしれません。

すっきりしていますが、シンプルイズベスト、単純明快で機能的な周期表です。

あまりごてごてと情報を盛りすぎた周期表は、過ぎたるはなお及ばざるが如し、かえって使いにくいものです。 


tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年03月12日

マジキャップ(MAGIQUP)のある生活

MAGIQUP


新製品のプラスチック製マジキャプ(L-10)正三角形プレート80枚を使って、緑茶入り周期表マグカップの周りに花を咲かせてみました。

春ですね。

一辺が10 cmの正三角形プレート4枚を使って、正四面体が組み上がります。

一辺が10 cmの正三角形プレート8枚を使って、正八面体が組み上がります。

四配位正四面体型錯体では、中心金属イオンのd軌道が結晶場により分裂し、e軌道とt2軌道に分かれます。

六配位正八面体型錯体では、中心金属イオンのd軌道が結晶場により分裂し、t2g軌道とeg軌道に分かれます。

錯体化学の学習にもマジキャップは役立ちます。

tgs0001 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年03月11日

マジキャップに新製品登場!

L10


「理科の探検」誌2009年4月号の「特集2 おめでとう!入学進級お祝いに贈りたい科学グッズ」で紹介した「立体組立ブロック・マジキャップ(MAGIQUP)」の新開発の製品(MAGIQUP L-10)が発売されました。

一辺が10 cm。

前は、硬質発泡スチロール製だったのですが、今回の新製品はプラスチック製です。

プレートの強度が増し、プレート同士の接合力もアップしました。

以前の硬質発泡スチロール製も、手になじんで、暖かく柔らかな触り心地で好印象でしたが、今回の新製品は、スタイリッシュで機能的な印象です。

耐久性は抜群でしょう。一度手に入れれば、永く使えそうです。

私は、大学での無機化学系の講義で、この新製品を使う予定です。

「錯体(配位化合物)」の勉強をする時に、正三角形プレート4枚で正四面体、正三角形プレート8枚で正八面体を学生自ら作って、三次元的な金属イオンの配位の向きを実感してもらいます。

マジキャッププレートは黒板やホワイトボードにもよくくっつくので、多面体の展開図を黒板またはホワイトボードに貼り付けて示し、学生と一緒に多面体を組み立てられます。

算数の幾何の授業でも重宝すると思います。

この新製品(L-10)の定価は、一辺あたり、105円(税込)です。

正三角形プレートなら、三辺あるので、105円 x 3 = 315円(税込)。

正方形プレート なら、四辺あるので、105円 x 4 = 420円(税込)。

正五角形プレートなら、五辺あるので、105円 x 5 = 525円(税込)。

 ※その他、送料等が必要。


時期によっては、割引キャンペーンが実施されているようです。

一度に枚数を多く購入すると、一見、価格が高いような印象を受けますが、授業で永く使える教材としては、ネオジム磁石の値段を考えても、一辺105円(税込)というのは、それほど高いと私は思いません。

もちろん教材としてだけでなく、子供が遊ぶ組み立てブロックとしても、永く愛用できる製品だと思います。 

昔、ブログで紹介した私の知人のマジキャップマンは、現在小学校1年生(もうすぐ8歳)になりましたが、いまだにほぼ毎日、マジキャップで構造物をつくっています。もちろん、今回の新製品もお気に入りで、その強い接合力を活かすことで、彼の制作意欲はますます増しているようです。

マジキャップマンの知人、マジキャップウーマン(現在4歳)は、 マジキャップの正方形プレートが何よりのお気に入りで、家や保育園といった建築物を毎日構築しています。中には人形が住んでいるそうです。



tgs0001 at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

元素コレクション

collection

元素の単体の実物を集めた周期表は迫力があります。

岡山理科大学の化学科で私が担当する無機化学系の講義で、学生の皆さんに実感してもらうために、元素の単体をサンプル管瓶に封入したコレクションを用意しました。2000年4月頃の話です。

日常生活の中では、元素の単体を集めるのは、思いの外むずかしいものです。

アルミ箔、一円玉、お母さんの指輪のダイヤモンドなどは、身近に見られる単体の例です。それ以外は、10円玉の銅、鉄釘の鉄などが考えられますが、単体と言ってよいかどうか、純度の観点からは迷います。

幸い、学校の理科の教員の場合は、試薬会社から試薬として元素の単体を購入することができるので、前述のような元素集めができました。

元素集めについては、以下のWEBサイトが興味深いでしょう。
http://www.element-collection.com/

全国の科学館・博物館でも、元素の単体(実物)の展示があります。

WEBサイトを検索した限りでは、

国立科学博物館地球館地下3階・元素周期表

名古屋市科学館元素周期表

大阪市立科学館元素と周期表

原子力科学館実物周期表

愛媛県総合科学博物館立体周期表

秋田大学鉱業博物館周期表に並べられた元素標本(金属および非金属標本)

倉敷科学センター大型周期表

などにあるようです。もちろん、他にもいろいろな科学館・博物館にあると思います。

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月28日

結晶構造、電子・核密度等の三次元データ、及び結晶外形の可視化プログラム VESTA Ver. 3.1.5

結晶構造、電子・核密度等の三次元データ、及び結晶外形の可視化プログラム VESTA Ver. 3.1.5 が公開されています。

Windows版(32bit, 64bit)、VESTA Ver. 3.1.5 は、2月26日(火)にリリースされました。

DV-Xα分子軌道計算プログラムユーザーの方々には改めてご紹介するまでもなく、DV-Xα法で計算した分子の波動関数の等値表面図、静電ポテンシャルマップなどを描く必須ソフトウェアです。

ここでは、まだVESTAを使ったことがないという方に、DV-Xα法で計算した単原子の原子軌道をVESTAで描いてみる方法を紹介いたします。

1.  VESTAのWEBサイトのDownloadページから、Windows XP, Vista, 7 (32 bit)の方は、VESTA.zipを、Windows 7 (64 bit), 8 (64 bit)の方は、VESTA-win64.zipをダウンロードし、解凍します。

2. VESTA.exe をダブルクリックして、VESTAを起動します。

3. 楽しい電子状態計算のWEBサイトの原子軌道Downloadページから、お好きな元素の計算結果ファイル(DV-Xα法で単原子の電子状態を計算した結果、元素記号.zip)をダウンロードし、解凍します。

4. VESTAのFile-Open...で、3. でダウンロード・解凍した元素記号フォルダの中のF01を開きます。

5. VESTAのEdit-Edit Data-Volumetric Data...で、Isosurfacesの箇所のImport...ボタンをクリックし、3. でダウンロード・解凍した元素記号フォルダの中の適当な*.scaファイル(例えば、ネオジムの場合、Nd3f-3m2.sca)を開き、Choose operationsダイアログボックスでそのまま「OK」をクリック、「Apply」、「OK」をクリックします。

6. 原子のボール(球)表示が邪魔なので、画面左上に表示されている(Styleページの)Structural modelsの□Show models のチェック(レ)をクリックして外します。

7. 原子軌道の等値表面図が表示されている右の画面で、マウスでドラッグすれば、原子軌道を回転できます。

8. 右上に配置されている「+(Zoom in)」ボタンをクリックすれば、拡大できます。

9. 立方体に表示されている黒い枠が邪魔な場合は、画面左下に表示されている(Styleページの)Properties...ボタンをクリックし、Properties画面のGeneralページのUnit cellのLineを◎Single unit cell ではなく、◎Do not showにします。「OK」でProperties画面を閉じます。

このようにして、まずは周期表の水素からプルトニウムまでの原子の主だった原子軌道をVESTAで三次元可視化できます。

VESTAで描いた原子軌道の画像は、以下にも置いてあります。

水素(H)の1s, 炭素(C)の2p, 鉄(Fe)の3d, ネオジム(Nd)の4f

ウンウンオクチウム(Uuo)の5g

ウンウンオクチウム(Uuo)の6h

ウンウンオクチウム(Uuo)の7i

もちろん、パソコン上にDV-Xα法計算支援環境を構築していただければ、周期表の全元素(現在は暫定的にプルトニウム(Pu)まで、いずれはコペルニシウム(Cn)、フレロビウム(Fl)、リバモリウム(Lv)まで対応予定)の単原子の電子状態だけではなく、様々な分子(原子数=999まで計算可能)の電子状態も計算し、三次元可視化システムVESTAで原子軌道や分子軌道の等値表面図を見ることができます。

窒素(N2, D∞h対称)、酸素(O2, D∞h対称)、一酸化炭素(CO, C∞v対称)、二酸化炭素(CO2, D∞h対称)、アセチレン(C2H2, D∞h対称)、シアン化水素(HCN, C∞v対称)、水(H2O, C2v対称)の分子軌道、硫化水素(H2S, C2v対称)の分子軌道、アンモニア(NH3, C3v対称)の分子軌道、エチレン(C2H4, D2h対称)、エタン(ねじれ型, C2H6, D3d対称)、三フッ化ホウ素(BF3, D3h対称)、テトラクロロ白金(II)錯イオン(PtCl42-, D4h対称)、ベンゼン(C6H6, D6h対称)、メタン(CH4, Td対称)、六フッ化硫黄(SF6, Oh対称)、テトラカルボニルニッケル錯体([Ni(CO)4], Td対称)、ヘキサカルボニルクロム錯体([Cr(CO)6], Oh対称)、ヘキサアクアコバルト(II)錯イオン([Co(H2O)6]2+, D2h対称)、テトラクロロコバルト(II)錯イオン([CoCl4]2-, Td対称)、ヘキサフルオロコバルト(III)錯イオン([CoF6]3-, Oh対称)などの分子軌道計算、およびその三次元可視化につきましては、DV-Xα法計算支援環境から呼び出して使える教育用分子軌道計算システムeduDVおよびVESTAにて、容易に体験できます。

tgs0001 at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月27日

教育用分子軌道計算システムeduDVを更新

周期表のすべての元素を取り扱える分子軌道計算プログラムDV-Xα法を、講習会や講義などで使うときに便利な教育用分子軌道計算システムeduDVの配布ファイルを更新しました。

 docフォルダのpdf文書(eduDV.pdf, d2h24.pdf, d3d26.pdf)を改訂したものです。

この3つのpdf文書は、以下の報告がもとになっております。

[1] 坂根弦太,
  (The Bulletin of the Information Processing Center,
  Okayama University of Science), ISSN 1341-6839, 31, 9-17, (2010).

[2] 坂根弦太,
  “教育用分子軌道計算システムeduDVの開発(2)”,
  岡山理科大学情報処理センター研究報告
  (The Bulletin of the Information Processing Center,
  Okayama University of Science), ISSN 1341-6839, 32, 11-36, (2011).

[3] 坂根弦太,
  “教育用分子軌道計算システムeduDVの開発(3)”,
  岡山理科大学情報処理センター研究報告
  (The Bulletin of the Information Processing Center,
  Okayama University of Science), ISSN 1341-6839, 33, 1-31, (2012).

詳しくは、配布ファイル(eduDV.zip)に同梱されているreadme_eduDV.txtをご参照ください。

tgs0001 at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

単体写真の周期表(3)

RikaTan

季刊「理科の探検」2012年夏号(季刊の創刊号)は、「元素周期表の世界」の特集号でした。

 私も「116元素を簡潔でわかりやすく解説!−宇宙も地球も私たちも万物が約100種類の元素でできている−」という記事でナトリウム、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素、リン、硫黄、塩素、アルゴン、カリウム、カルシウムの10元素の解説を担当いたしました。

この季刊誌に付録として挟み込まれていたのが「RikaTan & 結晶美術館特製 きれいな元素周期表」です。

結晶の写真がきれい! であることが特長の周期表です。

私などは日常的に顕微鏡下での「単結晶」を取り扱っているので、きれいな結晶を見ると、条件反射的にブルッと惹きこまれます。

季刊 理科の探検 (RikaTan) 2012年 夏号 [雑誌]季刊 理科の探検 (RikaTan) 2012年 夏号 [雑誌]
発行元:株式会社SAMA企画
販売元:株式会社文理
(2012-05-26)
定価1400円

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月26日

単体写真の周期表(2)

RSC

英国王立化学会(Royal Society of Chemistry)の元素単体写真周期表(TIME-LIFE Books, 1987)です。

英国王立化学会の周期表といえば、現在では“Visual Elements Periodic Table”の方が有名ですが、私の学生時代にはまだ「インターネット」なるものは存在せず(パソコンのOSはCPM/86とかMS-DOSの時代)、ここで紹介している元素単体の写真周期表“A PERIODIC TABLE OF THE ELEMENTS”の方が有名でした。

調べきってはいませんが、1987年に発行されたこの“A PERIODIC TABLE OF THE ELEMENTS”ポスター、元素単体の写真周期表ポスターとしては、先駆けではないでしょうか。

21世紀の現在見ても、単体写真の鮮やかさは色あせておらず、例えばいかにもリチウムが軽そうに写ってたり、黄リンと赤リンが一緒に写っていたりと分かりやすく、とても真面目で教育的です。

原子の周期表実物写真付き原子の周期表実物写真付き [おもちゃ&ホビー]
商標: 仮説社
 

tgs0001 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月25日

単体写真の周期表(1)

Illustrated

迫力のある(または美しい)元素の単体写真を中心とした周期表は、元素のイメージがつかみやすく、親しみが持てます。

その一つが、ここで紹介するEuroGraphicsの“Illustrated Periodic Table of the Elements”です。

英語に加えて、フランス語、スペイン語、ドイツ語の四か国語で元素名が表示されています。

英語:Illustrated Periodic Table of the Elements
フランス語:Le Tableau Periodique des Elements Illustre
スペイン語:La Tabla Periodica de los Elementos  Ilustrada
ドイツ語:Illustriertes Periodensystem der Elemente

英語:hydrogen
フランス語:hydrogene
スペイン語:hidrogeno
ドイツ語:Wasserstoff

フッ素が蛍石の写真で表現されるなど、一部の元素は鉱物で代用されています。

ポスター 写真入り元素周期表 The Illustrated Periodic Table of the Elementsポスター 写真入り元素周期表 The Illustrated Periodic Table of the Elements
商標: 科学全般



tgs0001 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月23日

周期表ジグソーパズル

puzzle

周期表のジグソーパズル(jigsaw puzzle)を紹介します。

左は「世界で一番美しい元素図鑑」のジグソーパズル、右は国立科学博物館で開催されていた特別展「元素のふしぎ」会場で販売されていた「元素周期表パズル」と題したジグソーパズルです。

「世界で一番美しい元素図鑑パズル」は1000ピース、40 x 87 cm、「元素周期表パズル」は300ピース、38 x 53 cm、いずれも完成させれば立派な周期表が完成します。

「元素周期表パズル」の箱書きには、「このパズルのすべても、元素でできている。」と書かれています。

世界で一番美しい元素図鑑パズル ([バラエティ])世界で一番美しい元素図鑑パズル ([バラエティ])
著者:セオドア・グレイ
販売元:創元社
(2012-07-06)
販売元:Amazon.co.jp



tgs0001 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月22日

おてんば娘も喜ぶ元素カード周期表

card


世界一美しい元素の単体写真がカードになりました。

1枚、1枚のカードがそれなりの大きさなので、理科の授業で元素の話をするときには便利かもしれません。

自宅の和室で、この元素カードを周期表の形に並べてみました。
「元素の歌」で周期表の元素名を水素からコペルニシウムまで全部暗記している「おてんば娘」も歌って踊って大喜びです。

ノーベリウムのことを「呑兵衛リウム(のんべいリウム)」と言ってしまいますが・・・。




The Photographic Card Deck of the Elements: With Big Beautiful Photographs of All 118 Elements in the Periodic TableThe Photographic Card Deck of the Elements: With Big Beautiful Photographs of All 118 Elements in the Periodic Table
著者:Theodore Gray
販売元:Black Dog & Leventhal Pub
(2010-10-27)
販売元:Amazon.co.jp

世界一美しい周期表原子カード世界一美しい周期表原子カード
販売元:仮説社

販売元:Amazon.co.jp



tgs0001 at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月21日

顔では攻めない普通のドイツ語の周期表

periodensystem

物理学・化学・生物学

と題した、普通のドイツ語の周期表です。

上下に周期表2つから構成されているポスターで、上段の周期表には物理っぽいデータを、下段の周期表には生物っぽいデータを記してあります。

普通に役に立つ周期表です。

Periodensystem Der ElementePeriodensystem Der Elemente
著者:Ekkehard Fluck
販売元:Wiley-VCH Verlag GmbH
(2010-08-25)
販売元:Amazon.co.jp


tgs0001 at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月20日

元素発見者の顔で攻める歴史周期表

historische


私の周期表コレクション(出張講義などに持っていくので、扱いは粗雑ですが)の中から面白い周期表を紹介していきます。

元素の発見者の顔でつくった元素周期表(歴史周期表)です(ドイツ語版)。

なぜか顔の画像が少々粗い(解像度が低い)ですが、ふむふむ、なるほど、といった面白さは感じます。

一人でこんなにたくさん発見しているのかと、同じ顔がずらずら並んでいる箇所もあり。

炭素、硫黄、鉄、銅、亜鉛、銀、スズ、アンチモン、白金、金、水銀、鉛など、人類が古来から知りえて、元素としての発見者が不明なものは、単体の画像や鉱物の写真などに置き換えられています。

元素発見の歴史を復習するには、好適な周期表かもしれません。

Das Historische Periodensystem: Wer Hat Was Entdeckt?Das Historische Periodensystem: Wer Hat Was Entdeckt?
著者:Hans-Jurgen Quadbeck-Seeger
販売元:Wiley-VCH Verlag GmbH
(2006-06-20)
販売元:Amazon.co.jp


tgs0001 at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月18日

書籍の周期表

book


ROSEN Publishing の“Understanding the Elements of the Periodic Table”シリーズは,それぞれの元素について,平易な英文で詳しく解説されている書籍です.

2004年のSet 1 (Carbon, Hydrogen, Iron, Nitrogen, Oxygen, Sodium),

2007年のSet 2 (Aluminum, Copper, Gold, Helium, Nickel, Silver),

2007年のSet 3 (Beryllium, Boron, Fluorine, Lithium, Magnesium, Neon),

2008年のSet 4 (Calcium, Chlorine, Phosphorus, Potassium, Silicon, Sulfur),

2008年のSet 5 (Argon, Chromium, Cobalt, Manganese, Titanium, Zinc),

2009年のSet 6 (Arsenic, Krypton, Lead, Mercury, Platinum, Plutonium),

2009年のSet 7 (Bromine, Iodine, Radium, Radon, Tin, Zirconium),

2010年のSet 8 (The Alkali Metals, The Alkaline Earth Metals, The Boron Elements, The Carbon Elements, The Nitrogen Elements, The Transition Elements),

2010年のSet 9 (The 15 Lanthanides and the 15 Actinides, The Halogen Elements, The Noble Gases, The Oxygen Elements, The Transactinides),

以上全53冊,すべて買い揃えて自宅の書庫に並べてあります.

鉛(Lead)だけ,ちょっと他のところ(職場)に置いてあったので,それ以外の52冊を自宅の和室に並べて写真を撮ってみました.

青少年向けの平易な元素の各論で,これだけ膨大な書籍のシリーズは,日本語では目にしたことがありません. 

Carbon (Understanding the Elements of the Periodic Table)Carbon (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Linda Saucerman
販売元:Rosen Pub Group
(2004-10)
販売元:Amazon.co.jp

Hydrogen: Understanding the Elements of the Periodic Table (Interpreting the Periodic Table)Hydrogen: Understanding the Elements of the Periodic Table (Interpreting the Periodic Table)
著者:Linda Saucerman
販売元:Rosen Pub Group
(2004-08-30)
販売元:Amazon.co.jp

Iron (Understanding the Elements of the Periodic Table)Iron (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Heather Hasan
販売元:Rosen Pub Group
(2004-08)
販売元:Amazon.co.jp

Nitrogen (Understanding the Elements of the Periodic Table)Nitrogen (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Heather Hasan
販売元:Rosen Pub Group
(2004-08)
販売元:Amazon.co.jp

Oxygen (Understanding the Elements of the Periodic Table)Oxygen (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Michele Thomas
販売元:Rosen Pub Group
(2004-08-30)
販売元:Amazon.co.jp

Sodium (Understanding the Elements of the Periodic Table)Sodium (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Michele Thomas
販売元:Rosen Pub Group
(2004-06)
販売元:Amazon.co.jp

Helium (Understanding the Elements of the Periodic Table)Helium (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Heather Hasan
販売元:Rosen Central
(2006-08-31)
販売元:Amazon.co.jp

Nickel (Understanding the Elements of the Periodic Table)Nickel (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Aubrey Stimola
販売元:Rosen Central
(2006-08-31)
販売元:Amazon.co.jp

Aluminum (Understanding the Elements of the Periodic Table)Aluminum (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Heather Hasan
販売元:Rosen Central
(2006-08-31)
販売元:Amazon.co.jp

Copper (Understanding the Elements of the Periodic Table)Copper (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Paula Johanson
販売元:Rosen Central
(2006-08-31)
販売元:Amazon.co.jp

Silver (Understanding the Elements of the Periodic Table)Silver (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Brian Belval
販売元:Rosen Central
(2006-08-31)
販売元:Amazon.co.jp

Gold (Understanding the Elements of the Periodic Table)Gold (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Brian Belval
販売元:Rosen Central
(2006-08-31)
販売元:Amazon.co.jp

Lithium (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)Lithium (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)
著者:Paula Johanson
販売元:Rosen Central
(2007-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

Beryllium (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)Beryllium (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)
著者:Rick Adair
販売元:Rosen Central
(2007-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

Boron (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)Boron (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)
著者:Rick Adair
販売元:Rosen Central
(2007-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

Fluorine (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)Fluorine (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)
著者:Heather Hasan
販売元:Rosen Central
(2007-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

Magnesium (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)Magnesium (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)
著者:Edward Willett
販売元:Rosen Central
(2007-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

Neon (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)Neon (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3)
著者:Edward Willett
販売元:Rosen Central
(2007-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

Zinc (Understanding the Elements of the Periodic Table)Zinc (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Kristi Lew
販売元:Rosen Central
(2008-01-30)
販売元:Amazon.co.jp

Manganese (Understanding the Elements of the Periodic Table)Manganese (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Heather Hasan
販売元:Rosen Central
(2008-01-30)
販売元:Amazon.co.jp

Argon (Understanding the Elements of the Periodic Table)Argon (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Kristi Lew
販売元:Rosen Central
(2008-01-30)
販売元:Amazon.co.jp

Cobalt (Understanding the Elements of the Periodic Table)Cobalt (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Paula Johanson
販売元:Rosen Central
(2008-01-30)
販売元:Amazon.co.jp

Chromium (Understanding the Elements of the Periodic Table)Chromium (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Greg Roza
販売元:Rosen Central
(2008-01-30)
販売元:Amazon.co.jp

Titanium (Understanding the Elements of the Periodic Table)Titanium (Understanding the Elements of the Periodic Table)
著者:Greg Roza
販売元:Rosen Central
(2008-01-30)
販売元:Amazon.co.jp


tgs0001 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

紙とハサミとノリとつまようじでつくる分子模型

model


以下のpdfファイルをダウンロード,印刷し,ハサミで切りぬいて,つまようじとノリ(もしくはステップラー)で組み立てていく分子模型(手の数が4本の原子(sp3の炭素原子など)限定)です.

【pdfファイル,ダウンロード,印刷可】
〜部品を切り抜いて実線を谷折りし,4つの部品を糊かステップラーで合わせて一つの原子とする.
4つの頂点に爪楊枝を挿し,結合の手とする.爪楊枝は程よい摩擦で結合の手が回転するのが丁度良い.〜
http://www.chem.ous.ac.jp/~gsakane/moleculemodel/moleculemodel.pdf

最初の1つの原子を作るのに,切り抜いた紙部品が4つ,つまようじが4本いります.

ほどよい摩擦でつまようじの結合の手が回転するようにすれば,シクロヘキサンのいす型ふね型などの学習に用いることもできます.

高等学校などへの出張講義で用いたこともありましたが,あまりに時間がかかりすぎるので最近は使っていません.

4〜6人程度で班をつくって,班員で協力し,班ごとに1つのシクロヘキサン分子を作るというのが良いと思います(時間節約のため). 


tgs0001 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年02月16日

元素記号に用いられているラテン文字(アルファベット)の一覧表

ABC


元素記号はラテン文字のアルファベット1,2,3文字のいずれかで表されます(Uuoなどアルファベット3文字で表される元素は,IUPACでまだ正式に認定されていない元素です).1文字または2文字で表される114種類の元素について,どんなアルファベットが多く使われているか,表を作成して整理してみました.

【pdfファイル,ダウンロード,印刷できます】
元素記号に用いられているアルファベット一覧表
~ 水素からコペルニシウム,フレロビウム,リバモリウムまで~


【html版】
元素記号に用いられているアルファベット一覧表
~ 水素からコペルニシウム,フレロビウム,リバモリウムまで~


この表を見ると, 1文字目で一番多く使われているアルファベットは「C」(12種類,炭素Cを含む),2文字目で一番多く使われているのは「r」です(11種類).

1文字目と2文字目を通して一番多く使われているのは「R(r)」(19種類)です.

一方,1文字目にも2文字目にも一度も使われていないのは「J(j)」と「Q(q)」です.

もし将来,113番元素の名前がジャパニウム(Jp)になれば,「J(j)」が初めて使われることになります.

tgs0001 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック