言語

2013年09月13日

中文(繁体字)の看得到的化學(作:西奥多・葛雷)

taiwan1


中文(繁体字)で出版されたグレイさん(Theodore Gray = 西奥多・葛雷)の元素図鑑(看得到的化學)です。

你一輩子都會用到的化學元素知識

人類有史以來第一本集合所有化學元素拍攝成的寫真書!

不論你以前有沒有學過化學,本書保證會成為你的第一堂化學課,作者用最華麗的視覺饗宴,打開你學習(或者重温)「一輩子都會用到的化學」的美麗旅程。

作:西奥多・葛雷(科學軟體公司Wolfram創辦人)

博客來(www.books.com.tw)の看得到的化學のページ


taiwan2


セオドア・グレイさんは、中文では西奥多・葛雷さんと書くのですね。


taiwan3


「史上最美化學元素週期表」!

史上、最も美しい、化学元素周期表! という意味だと思います。


taiwan4


付録の周期表も、もちろん中文(繁体字)版です。


taiwan5


元素名は 中文(繁体字)で書かれています。

参照:中文の周期表〜元素週期表(中文繁体)・元素周期表(中文簡体)〜


taiwan6


数々の化学啓蒙書の執筆で有名な John Emsley先生も推薦。

Emsley 先生の所属の「劍橋大學化學」って、英国ケンブリッジ大学化学科(坂根の滞在記)のことですね。

中文で「ケンブリッジ(cambridge)」を「劍橋」と書くとは、知りませんでした。

「劍」の部分は「cam」の音をあてたものですが、「橋」の部分は「bridge」の意味をあてたものですよね。

もし日本語でも「ケム橋大学」と表現したら、また一風変わった雰囲気が感じられます。

ケム橋大学ケム学科(University of Cambridge, Department of Chemistry)。Chem@Cam


出版社:大是文化
語言:繁體中文
 
※日本のアマゾンでの取り扱い






tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年09月12日

スペイン語でも世界一美しい元素図鑑

espanol1


LOS Elementos

Una exploracion visual de todos los atomos que se conocen en el universo

スペイン語で出版された世界一美しい元素図鑑です。


espanol2


Noticias de la Ciencia y la Tecnologia (Amazings / NCYT)による書評はこちら


espanol3


巻末付録の周期表ももちろんスペイン語版。

ヘリウム(2He)はHelio, リチウム(3Li)はLitio, ホウ素(5B)はBoro, 炭素(6C)はCarbono, 窒素(7N)はNitrogeno, 酸素(8O)はOxigeno と、語尾が「オ」で終わる元素名が多いですね。

Japonで、Idioma espanolで書かれたグレイさんのLos Elementosを見る。

なかなか楽しいことです。

スペイン語(espanol)はスペインだけではなく、メキシコ、コロンビア、アルゼンチンなど多くの国・地域で使われている言語ですから、このLos Elementosも需要が大きいと思います。


※日本のアマゾンでの取り扱いです。







スペインのアマゾンでの情報
アメリカのアマゾンでの情報
 

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年09月10日

ドイツで一番美しい元素図鑑?!

DieElemente1


ドイツ語書籍「Die Elemente - Bausteine unserer Welt」です。

私はドイツ語は大学生の時に習って以来、ほとんど使うことなく過ごしているので、現在ではほとんど読めませんが、日本語や英語と違った言語で、このお馴染みの図鑑を読む(眺める)のも楽しいものです。


DieElemente2


付録の「世界一美しい周期表」も、もちろんドイツ語版です。 

炭素(6C)はKohlenstoff, 窒素(7N)はStickstoff, 酸素(8O)はSauerstoff, 硫黄(16S)はSchwefel, スズ(50Sn)はZinn, ヨウ素(53I)はIod など、なるほどなるほどと興味津々です。

 
Die Elemente
Theodore Gray
Fackeltraeger Verlag Gmbh
2011-02
※日本のアマゾン書店での取り扱いです。






参照:ドイツのアマゾン書店での情報

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年08月27日

いろいろな言語での「周期表」(3)

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年08月08日

中文の元素周期表クリアファイル

CF_cn1


化学同人の中文元素周期表クリアファイルです。

文字を見やすくするために、白い紙を1枚、クリアファイルに挟んで撮影しました。


CF_cn2
 

このクリアファイルに記されているのは、簡体字の中文です。

中文(簡体字,繁体字)の周期表はこちらにあります。
 

tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年07月28日

いろいろな言語での「周期表」(2)

tgs0001 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年07月27日

いろいろな言語での「周期表」(1)

tgs0001 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年07月26日

日本語の元素周期表(Japanese Periodic Table)

nihongo2


日本語で元素名を大きく書いた周期表です。

【pdfファイル,ダウンロード可,印刷可】


nihongo1


日本語ひらがな周期表日本語カタカナ周期表日本語冗談周期表日本語人生周期表中文周期表白周期表穴埋め周期表(40撰)と併せてご利用いただければ幸いです。

英語文化圏から見たJapanese Periodic Table(日本語の周期表)、例えば以下のようなものが出回っています。

Japanese periodic table


えっ?! 文字化け?! どの辺が日本語?!

This is a periodic table with element names in Katakana.

確かにカタカナかもしれませんが、メチャクチャです。かけらも合っていません。

なるほど、元素記号をローマ字風に、強引にカタカナに持っていったのですね。

推測するに、日本語のローマ字一覧表(ローマ字とカタカナの対応表)を見ながら、元素記号をカタカナに直していったのではないでしょうか。

H: ホゥ He: ヘ Li: リ Be: べ B: ブ C: ク N: ヌ O: オ F: フ Ne: ネ

ほぅへーりーべーぶくぬ、お船。

こういうのはよくないですね。実によくない。

元素記号を(かなり無茶な)ローマ字読みしたカタカナ表記でもって、これを日本語周期表(カタカナ)だとしてしまうなんて、日本語の使い方に対する誤解も甚だしい。

元素記号(世界共通)と元素名(言語によって表記が異なる)の区別がついていないところも、看過できない。

英語ではIndium(In)、日本語ではインジウム(In)、それを「イヌ」って、そりゃないですよ、ワンワン!

元素記号のInは、英語ではアルファベットを読んで i-n と言うでしょうが、日本語でもInと書いてアイエヌと読むのです。

鉄(Fe)はエフイーとは読みますが、「フェ」なんて読みません。

 マグネシウム(Mg):「ムグ」  塩素(Cl):「クル」  マンガン(Mn):「ムヌ」

 亜鉛(Zn):「ズヌ」  ヒ素(As):「アス」  臭素(Br):「ブル」  銀(Ag):「アグ」

 アンチモン(Sb):「スブ」  タングステン(W):「ウゥ」  白金(Pt):「プツ」

FeCl3なら、「フェックルスリー」ですか?!

AgBr(臭化銀)なら、「アグッブルッ」。背筋も凍る驚愕の黄色固体って感じですね。

ネタ(ジョーク)としてなら、一見の価値があるかもしれませんが(私は、それほど面白く感じませんが)、真面目に日本語の(日本語風の)周期表を作ろうとしてデザインした結果こうなったのだとしたら、それは日本語の使い方に対する誤解であり、元素記号は世界共通なのにそれを無理矢理日本語のカタカナに置き換えたという,やってはいけない禁じ手です。

日本語のカタカナは表音文字ですから、カタカナを読んで、聞いたとき、その音から意味が取れなければなりません。

「ムヌクル2はピンク色の結晶です」って、日本語としてありえない方向に間違っています。

「ウゥの融点はとても高い」など、日本語が崩壊しかかっています。

本物の日本語の化学文化の姿を守るためにも、元素記号(世界共通)と元素名(日本語での元素名)を区別するためにも、正しいJapanese Periodic Tableを発信しなければいけません。

正しい日本語のひらがな周期表は: Japanese Hiragana Periodic Table (pdf)
This is a periodic table with element names in Japanese Hiragana.

正しい日本語のカタカナ周期表は: Japanese Katakana Periodic Table (pdf)
This is a periodic table with element names in Japanese Katakana.

正しい日本語の周期表は: Japanese Periodic Table (pdf)
This is a periodic table with element names in Japanese.



tgs0001 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote