外貨両替の手数料

はじめての方へ

外貨両替の手数料は、インターネットを活用すると劇的に安くなります。
この方法を知れば、銀行で外貨両替をすることは一生なくなります。




身近な外貨両替


外貨の両替手数料
外貨両替の身近な例は、海外旅行や海外留学です。その他にも仕事での海外赴任や、海外に住む家族への送金など、いろいろなケースがあります。



手数料がかさみがち



外貨両替の手数料は、普通、銀行なら1米ドルあたり片道3円です。たとえば「円をドルに変える」「ドルを円に変える」とき、1ドルあたり3円の手数料がかかります。

またユーロは6円、オーストラリアドルは10円、ポンドなら11円ほどです。

外貨両替の金額が大きくなるにつれて、手数料もけっこうな額になります。ですので外貨両替の手数料を抑えることが、大切になってきます。




外貨両替の裏技


外貨両替の裏技
あまり知られていませんが、FX会社には外貨両替のサービスを行っている所があります(別名:コンバージョン)。

しかも、その手数料が1通貨単位あたり0.2円と、格安のFX会社もあるのです。たとえば1米ドルなら、銀行なら3.0円、FX会社なら0.2円です。その差は明らかですね。

さらにFX会社なら、時々刻々変化するレートの好きなタイミングで両替ができるので、銀行よりも小回りがききます。

そして両替できる通貨も豊富で、アメリカドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフランなど、さまざまです。




おすすめのFX会社


おすすめのFX会社
FX会社の中でも、現時点でのおすすめはマネーパートナーズです。

その理由は、外貨両替におけるかなりの部分を無料で利用できるからです。

1. FXの口座開設が無料

2. その口座へ円を入金するのが無料(クイック入金サービス)

3. 外貨両替の手数料が、どの通貨でも最低水準の0.2円

4. 両替した通貨を、日本の銀行口座(外貨もしくは円の普通預金口座)へ
   出金する手数料が無料


5. FX業界初の上場企業で信頼性がある

外貨両替サービスを行っているFX業者は他にもありますが、両替手数料の安さ、入出金手数料が無料なことから、マネーパートナーズが一歩リードしています。

マネーパートナーズ




マネーパートナーズをもう少し詳しく知りたい方へ



マネーパートナーズのサイトの、一番左上にあるロゴマーク赤色の枠で囲った部分をクリックします。

パートナーズFX口座開設




そして飛び先のマネーパートナーズ公式サイトの一番下の、コピーライト表示のすぐ上に、小さなリンクがあります。

このなかに「外貨両替」というリンクがあるので、これをクリックすれば、外貨両替について詳しく説明したページに行けます。下の赤丸の部分をクリックです。

マネーパートナーズ両替説明ページへのリンク




そして移動した「デリバリー・コンバージョン」ページの、真ん中より下に、外貨両替(コンバージョン)という部分があります。ここに詳しい説明があります。以下に引用します。

マネーパートナーズの両替説明ページ




外貨両替の操作は簡単ですし、親切な説明もあります。また、サポートも充実しているので、その点でも安心できます。

マネーパートナーズ




その他のFX業者



FX会社の、ひまわり証券や、外為どっとコムも、両替サービスを行っています。

・ひまわり証券の場合も、外貨両替の手数料は0.2円ですが、そのお金を出金するときに5000円の手数料がかかります。

・外為どっとコムは、手数料が0.3円と少し高く、そして三井住友銀行以外への出金だと、3500円の手数料がかかります。

以上の理由から、マネーパートナーズが一番おすすめしやすいです。




(補足) 出金先の銀行について


シティバンクの口座開設
出金先の銀行は、シティバンクがおすすめです。その理由は、

1. 外貨キャッシュカードを使えば、アメリカの約32万台のCD/ATMから、自分の米ドル普通預金口座にある米ドルを引き出せる(※ 米ドルのみ。アメリカ、ハワイ、グアム、サイパンで可能)。

2. シティバンクに口座を開設していると、トラベラーズチェックの手数料(通常は額面の1%)が無料になる(※ 米ドル、英ポンド、豪ドル、ユーロの4種類のみ)。

3. シティバンクのマルチマネー口座に両替した外貨を入金すると、その通貨の普通預金口座が自動的に作られて便利(※ 米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランド・ドル、カナダ・ドル、英ポンド、スイス・フラン、香港ドルのみ)。

マネーパートナーズで格安に外貨両替する → 無料でシティバンクへ出金する → シティバンクでお得に活用する という流れです。




キャンペーン情報


マネーパートナーズ公式サイト
マネーパートナーズは、2010年7月1日までキャンペーン中です。

キャンペーン中に、FX口座を新規に開設して、口座開設月の翌月末までに

1.初回取引をしたすべての方に、2,000円!

2.150万通貨取引をしたすべての方に、3,000円!

合計すると、現金5,000円がプレゼントされます。

マネーパートナーズ










・・・ここからが本ブログの概要です。



外貨両替手数料というのは、外貨両替の手数料のことを念頭におかずに、円をドルと交換したり、逆に円に戻したりすることのみだと思っていました。

以前、為替相場などを全然気にしないで、外貨両替のために銀行に出向いたことがあったのですが、その銀行は外貨両替をしていなくて、手数料のことも理解できずに帰ってきた記憶があります。

それからしばらくして、外貨両替には手数料がかかり、さらに為替相場や株価や円高や円安など、いろいろなファクターが関係してくることを知りました。

今は大幅な円高傾向にあるので、外貨両替のチャンスがやってきたと考え出ています。私はとてもというか、基本的に無知なので、不安を覚えています。無知ほど怖いものはありませんので、外貨両替、手数料を特に調べてみました。

外貨両替・手数料、その手数料はどのくらい必要なのか、手数料は銀行や郵便局などによって、違いがあるのかなどを比較してみました。

外貨両替の手数料が安いから安心でもありません。円高だから外貨両替を行って、海外旅行などのために保管しておこうというのも心配です。怖がるのみでは、何もできないですけど。


tgykm at 23:37|Permalink

外貨両替の手数料を比較

外貨両替の手数料を比較してみました。

郵便局のサイトには外貨両替の手数料が記述されていなかったので、銀行の外貨両替の手数料にフォーカスをして比較してみます。

【外貨両替相場】

      日本円→外貨両替    外貨→日本円

みずほ銀行   T/C  99.41    T/C  97.22
        現金 101.41    現金  95.41

三井住友銀行  T/C  99.40     T/C  不明
        現金 101.40    現金  不明


三菱東京UFJ T/C  99.40     T/C  97.40
        現金 101.20    現金  95.40


※2008年10月31日現在 米ドルの比較


その日の為替レートを基準にして、1日の外貨両替の手数料が決められます。サイトで見つけられず申し訳ありませんが、直接外貨両替の手数料について窓口で聞くか、電話するといいかもしれません。三井住友銀行のサイトの外貨両替の手数料は、やっとの思い出探して上記の通りです。比較出来なくてかなり残念です。

外貨両替の手数料の表示の仕方も銀行によって違います。これもやはり直接聞くのが一番です。

外貨両替に手数料がかかり、比較すれば各銀行で違うのだと分かれば分かるほど、私の初の海外旅行が遠くなっていきます…。なぜかというと、比較してもなかなか理解出来ないからです……。

T/C(トラベラーズチェック)が、「旅行小切手」と学べてスッキリしました。もっと外貨両替の手数料を比較して、詳しくなろうと決めました。


tgykm at 23:32|Permalink

郵便局の外貨両替の手数料

郵便局で外貨両替の手数料を調べてみようとしました。しかし郵便局の外貨両替について書いてあるページにたどり着くと、手数料という文字がありませんでした。

郵便局では手数料の代わりに、換算割合というそうで、毎営業日午前11時〜12時に変更されるようです。ちなみに、米ドルが11時に、他の外貨が12時に変更とのこと。

急激な為替変動があったりすると、時間外にも変動する可能性はあるようです。

今は変動が激しい時期なので、外貨両替する際にチェックは忘れたくはありません。郵便局に出向いて外貨両替しようとしたら、手数料等でショックは受けたくないです。もちろん、サイトに記述がないからといって、手数料が無料なワケではありません。

サイトに記述がない=手数料がない、ワケではないということです。

郵便局では、外貨をもっていない局でも2〜5日程度で、最寄りの郵便局で外貨両替をすることができます。手数料が不明ですが、素晴らしいです。郵便局なら外貨両替を、取扱局に限らず、どの局でも外出来るから便利ですね。

郵便局で取り扱っていない通貨があり、希望通りにはいかないケースもあるようなので、その点はあらかじめ、外貨両替やその手数料について問い合わせてください。


tgykm at 23:29|Permalink

外貨両替の手数料の安い所

外貨両替で手数料が安いこと、これは私としては重要な部分になります。日本円から外貨両替するだけで興奮するのに、手数料が高かったら別の意味で興奮します。本当。

外貨両替で手数料が安いことは、海外旅行や海外出張などをするケースで、大きく関わってくると思います。

「外貨両替 手数料 安い」でネット検索すると、大黒屋外貨両替サイトが見つかります。

他に比べて面倒でもなく、お得に交換できて、他では見られない硬貨も外貨両替が可能なようです。これは重宝します。

しかし、外貨両替にはいくつかの方法があるようで、現金か、クレジットカードか、銀行などを経由した送金なのかと、それぞれにより手数料の安いもの高いもの色々のようです。さらに別の手数料がかかることもあるようで、知らないでいると、思ったより損失が多い(オーバーな表現ですが)ということもありえます。

空港で外貨両替して、その後により安い手数料の所を見つけて、がっくりしないようにしてくださいね。

空港での外貨両替が悪いとは言っていません!出来るだけ安、お得な外貨両替の手数料を考えると、大黒屋などは、結構おすすめということです。

外貨両替の手数料の安いところを見つけて、いつか海外旅行へ行くぞと、あらたなる決心をしました。


tgykm at 23:28|Permalink

銀行の外貨両替の手数料

銀行で外貨両替の手数料を簡単に知れます。銀行に電話などを直接かけて外貨両替や手数料のことを聞いたり、サイトで手数料を確認すればよいのです。

銀行(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行など)のサイトを見てみました。「銀行 外貨両替 手数料」で検索すれば、すぐに見つかります。グーグルやヤフーです。

どこの銀行のサイトでも、取扱いのある外貨両替の手数料が表にされて掲載されています。必要な方には、手数料が一目瞭然となるのでかなり便利です。

初心者の私としては、手数料がかかることに驚き、郵便局も銀行も、双方とも外貨両替の手数料が高くて、しみじみ見入りました。外貨両替に手数料がかかるなんて・・・。

銀行によっては外貨両替ショップも存在する所があり、銀行そのものよりもお得な外貨両替が出来るようですね。嬉しいことに、平日に加えて土・日・祝日も営業しているようです(場所によっては)。

多くの外貨両替取扱店舗では、硬貨は扱っていません。紙幣のみの外貨両替とは、少し残念ですね。重たくてかさばるからでしょうか、硬貨は。

硬貨も外貨両替したいなら、金券ショップなどで交換したり使ったりするのが早道かもしれません。

手数料さえなければ、と思います。硬貨を記念にすることも、外貨両替することも、気ままになるのですけどね。使えなくたって思い出になる!そう考えて、硬貨はしまっておくのがよいのかもしれません。


tgykm at 23:27|Permalink

外貨両替の手数料

外貨両替の手数料

外貨両替に手数料がかかるのは、何となく知っていましたが、外貨両替に手数料がかかり、しかも外貨両替の手数料が結構な額になるとは、全然知りませんでした。

外貨両替の手数料を理解していくうちに、私の周辺で流行っているFX(外国為替証拠金取引)の話題も多々出てきました。

それはつまりFXを有効活用すると、外貨両替の手数料をおさえられたり、無料にできる会社が多いようなのです。

しかし外貨両替というと、身近な海外旅行が真っ先に思い浮かびます。私は海外旅行の経験がまだないので、とりあえず外貨両替とは無縁の人生なのですが、これから先は、必ずお世話になる予定なので、ここでしっかり学ぼうと思います。

通信販売を行っているあるサイトには、為替レートをほぼリアルタイムで表示しているところもありました。リアルタイムで、というのには、個人的に驚きました。

店舗によってもレートが違うようですが、なるべく最新の情報を手に入れて、外貨両替をしたいです。手数料も、昨日1円で今日は3円…?私の勘違いでなければ、変動があるみたいなのです。外貨両替の手数料もタイミングによってかなり変わるのですね。

けれども銀行によっては、さらに店舗によっては、取扱いのない所もあるようなので、外貨両替をしたい通貨とその手数料を一通りさらっておきたいですね。


tgykm at 16:39|Permalink