俺は一体何をしているのだ。

もう、いいおっさんの年齢なんですが、先日、とあるWEBサービスを公開しました。 5年ほど前からぼーっと考えていたんですが、如何せん、事務職の自分には”創る技術”が無かった。

自分でWEBサービスを作りたいと思っている人へ
http://anond.hatelabo.jp/20101203150748

技術がないところからスタート

事務職の方が、4ヶ月でWebサービスを作って公開していたという増田の記事を読んで、ものすごい衝撃を受けました。

プログラマーが作ったんじゃないですよ。事務職の方が何も無い状態からスタートして、HTMLとCSSを学び、JavaScriptを知り、PerlやPHPで動的なページを出力して、Rubyで書いたクローラーを回してデータを集めて、LinuxをインストールしてVPSを借りて、Webサービスを公開。すごいことだと思います。

素人に負けた

始めのうちは昔の自分を思い出し「微笑ましいなあ」と思いながら読んでいたのですが、段々と焦りというか敗北感に打ちのめされてきました。

私は職業プログラマーです。なので事務職の方と比べたらプログラミングとかサーバーとかネットワークの知識はあるはずです。しかし、知識があるはずの私は未だにまともなWebサービスの一つも作っておらず、知識がなかった事務職の方は見事なWebサービスを完成させて公開していました。

結果を比較すると明らかに私の方が負けています。プログラマーなのに、知識と経験があるだけでは結果にならない。ちくしょー!

見習うぞー

ひと通りパルったので落ち着いてきました。私もあの事務職の人みたいにWebサービスを公開してタバコ代を稼ぎたいです。根拠のない自信にすがって人を妬んでいては精神的に良くないし、悔しがっていてもWebサービスは出来上がりません。損です。見習う点を探して真似してみたいと思います。

好きなことをしている

「AV女優をプロポーションで絞り込みたい」という「自分の好きなこと」を一生懸命やっています。作った人は、このサービスの一番の良ユーザーになるでしょう。そしてサービスをより良いものにしていくのだろうと思います。

私はどっちかというと、自分の好きなことではないことでサービスを作ろうと思っていました。東方新作集を作っていた時はサービスを作りながら動画ばかりみてしまって作業がまったく進まなかったので「これはイカン」と思っていたのです。

ちょっと考えを改めて、自分の好きなことで進めてみようかな。

真剣に取り組んでる

「なんだエロかよ」とか言わないでください。 真剣に作ったんだ。仕事をしながらよく頑張ったと自分をほめてあげたい。

「真剣に作ったんだ」っていうところにグッと来ました。HTMLのソースを見てみたのですがとてもキレイです。HTMLが「見た目」ではなく、構造をきちんと表していることに驚きました。DL,DT,DDタグとか使って、とても素人の仕事とは思えない。各ページURLも、mod_rewriteを使ってキレイになるように作られているそうです。

「とりあえずそれっぽく動けばいいやー」という雰囲気を感じさせません。真剣に作ったことが伺えます。

私は「真剣であること」それ自体に価値はないと思っています。なので「真剣にやったんだ!」という訴えが心に響くことはないのですが、前に書いた敗北感があったのと、HTMLソースがキレイだったのが重なって、真剣に取り組むことによって得られる自分にとってのメリットを考え直しました。

真剣は人のためならず。いい加減に取り組むとその場は楽だけど未来に負債を残してしまうことが多い。

やめない

Webで成功する人はやめない人だ。みたいな本を広告で良く見かけます。

私も今こうやってブログを書いているので、まだやめてはいないのですが、、、更新頻度も落ちてきたし、とても不安です。

ブログ書くのを忘れないためにケータイのアラームはセットしたものの、アラームが鳴ってブログを書くことを思い出してもやっぱり東方動画を見て時間を無駄にしてしまう日々が続きました。東方動画を見るのは毎日毎日続けられるのに、ブログを書くのが続けられないのは何故なんだろう。

「やめない」に近づくために

ケータイのアラームが鳴ってブログを書くことを思い出したにも関わらず、やらずにニコニコ動画ばかり見てしまった今週を振り返ると生きていくのが辛くなります。

なぜ辛くなるのか?それは自分が一度決めたことを実行できないダメな人間だというのが客観的に見えるからです。事務職のおじさんは強い心を持っていて、自分は弱い心を持っているのが誰が見ても自明だから辛いのです。

自分のせいにするのは甘え

書きながら暗くなってきましたが、突然、暗い気持ちを吹き飛ばす考えが浮かびました。逆転ホームランです。

「やる気」だとか「弱い心」だとか「真剣さ」とか、自分の人格に責任を押し付けるのは甘えです。これでは社員を精神論で怒鳴りつける人と変わりません。悪いのは「やり方」であって「人間」ではないのです。

自分を変えるよりやり方を変える方が楽

自分の人格や心はそう簡単には変わりませんが、やり方は見直して変えることができます。そしてお試しして効果を測定することもできます。今上手くいってないのであれば、やり方を見直せばよいのです。上手くいってないと思うとユーウツですが、振り返って「このやり方は上手くいかないな」と気がついたならそれは進歩です。

なんかスッキリしたぞ

スッキリした上にエントリもできて万々歳です。pixivで夢の東方タッグ編の続きを見て寝よう。