進む民営化

公営企業は、赤字で潰れないのが特徴。
そんな公営企業は減っている。

私達は1980年代前半まで、税金と公営企業をこよなく有り難がっていた。
しかしそんな公営企業は民営化で減りつつある。
よって、税金なんかクソ食らえとますます言えるようになっている。

・大手公営企業の民営化の歴史
1985年、公営企業の電電公社(電話会社)が民営化されNTTになる。
1987年、公営企業の国鉄(鉄道会社)が民営化されJRになる。
2005年、公営企業の道路公団(高速道路管理会社)が民営化されNEXCOになる。
2007年、公営企業の郵政(郵送会社)が民営化される。

大都市を走る地下鉄も民営化が進んでいて、地下鉄=市営と決めつけてはいけなくなっている。
2004年、東京の地下鉄が民営化される。
2018年、大阪の地下鉄が民営化される。

老年層か若年層かはどう判断すればいいか

方言は、老年層と若年層とで喋り方が異なる。
で、老年層とはどんなものか。
古い時代に生まれた存在である。

今では、年齢ではなく生まれた時代で、老年層か若年層かを判断する。
老年層:1939年度以前生まれ。
若年層:1940年度以降生まれ。

若年層は、戦前生まれも含むが、義務教育を小学校1年生から受けている存在である。

60歳未満が若者、60歳以上が老人である。
1999年度までは、老年層か若年層かを年齢で判断していいものだった。
2000年度以降は、老年層か若年層かを生まれた時代で判断すべきものになっていて、老人=老年層と決めつけてはいけなくなっている。

そう、今では老年層か若年層かを見た目だけで判断してはいけなくなっているのだ。

オモチャと化す子供

最近では、児童虐待が社会問題になっている。
子供達は親に、オモチャのように扱われ、いたぶられ、そして死んでいく。
その様なことに対して、怒らずにいられるだろうか。


ゆとり世代(1973年度以降生まれ)は、就職も結婚も難しい存在。
国のためにも家のためにもならないのである。
そう、今では、子育ては娯楽と化していて子供はオモチャと化しているのである。
なので、児童虐待があるのは、おかしくないのである。


530575600EML

産婦人科は今では、子供という玩具を売り捌く所と化している。

産婦人科
1973年:この年から「ゆとり世代の子供」という玩具を、社会のための存在というマスクを被せて販売する。
1980年:ゆとり教育が小学校で開始され、ゆとり世代の子供を玩具として販売していたのではないだろうかと思われる。
1981年:ゆとり教育が中学校で開始されたことで義務教育が始終ゆとり教育になる。それにより、ゆとり世代の子供を玩具として販売していたことが明らかになる。

ギャラリー
  • オモチャと化す子供
  • 女アイドル
  • 中学校の国語・数学
  • 世の中は全て多数決
  • 掌を返す女性アイドル業界
  • 国際化で日本の作品から僧侶が消える!?
  • 保護者と未成年者
  • 私が考えた小説である『平和の戦士に生まれ変わった男』
  • 私が考えた小説である『平和の戦士に生まれ変わった男』