1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:15:24.43 :2KFdLTuS0

--事務所-- 

P「ただいま戻りました」 

やよい「おかえりなさい、プロデューサー!」 

P「ああ、ただいまー」ガサガサ 

やよい「その袋はどうしたんですか?」 

P「帰りにコンビニでジュース買ってきたんだ。冷蔵庫に冷やしておくから飲んでいいぞ」 

やよい「うっうー!ありがとうございまーす」 


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:17:27.35 :2KFdLTuS0

亜美「あ、兄ちゃんおかえりー。亜美たちが頼んだの買ってきてくれた?」 

P「ああ、これで良かったか?」 

真美「それそれ!ありがと兄ちゃん」 

やよい「二人とも、プロデューサーに何をお願いしたの?」 

亜美「んふふ~、ボルヴィックだよ」 

やよい「……プロデューサー、ぼるヴぃっくって何ですか?」 

P「ミネラルウォーターのことだ」 

やよい「ミネラルウォーター……はわっ、もしかしてお水を買ったんですか?」 

P「あれ、何か問題あったか?」 

やよい「お水なら蛇口から出るじゃないですか!うー、ちょっともったいないかも」 

P「あはは、やよいはそう感じるかもな……さて、来週のスケジュール確認するか」 


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:21:40.16 :2KFdLTuS0

真美「……聞いたかね、亜美隊員」 

亜美「どうやら、やよいっちはミネラルウォーターの奥深さを理解してないようですな……」 

真美「これは、教育が必要ですな……」 

やよい「どうしたの? ……なんか怖いよ、二人とも」 

真美「やよいっち、真美たちのボルヴィック飲んでいいよ」 

やよい「え? いいよ、まだ喉乾いてないから」 

亜美「いいから飲むんだ!!」 

やよい「……じゃあ一口だけもらうね」 

やよい(事務所のお水でいいのに……)ゴクリ 

やよい「……!?」 


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:24:28.26 :2KFdLTuS0

真美「どうどう? やよいっち、初めてのミネラルウォーターの感想は?」 

亜美「大地の味がするっしょ?」 

やよい「こ……これは」 

亜美「これは?」 

やよい「これは、『水』です!」 

真美「……ねぇ、やよいっち。ミネラルウォーター飲んだ感想で『これは、水です!』はないよー」 

亜美「……うん。アイドルなんだから、もっと気のきいたコメントが欲しいよねー」 

やよい「……」 


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:28:39.81 :2KFdLTuS0

貴音「フフフ、亜美、真美。あなたたちはまだまだのようですね」 

亜美「うわっ、お姫ちん! びっくりさせないでよ~」 

真美「真美たちの背後をとるとは、おぬしやりおるな……」 

貴音「おや、驚かせてしまいましたか?」 

亜美「寿命が縮まっちゃうよ!」 

貴音「なんと! 他人の生命力を奪う術は、とうに失ったはずですが……」 

亜美「え?」 

真美「それよりも、真美たちがまだまだってどゆこと?」 

亜美「そ、そうだよ! 大地の味がする、は流行語大賞だと思うよ?」 

貴音「いえ。二人とも、やよいの発言の真意が理解できていないようなので」 


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:33:59.37 :2KFdLTuS0

亜美真美「「真意?」」 

やよい「……」 

貴音「そうです。やよいがぼるヴぃっくを口にした時の衝撃。それは、ヘレン・ケラー嬢が、 
    サリバン氏の助けによって、水という存在を理解した時のような感動だったのでしょう」 

亜美真美「……」ポカーン 

真美「……つまり、どゆこと?」 

貴音「あまりの衝撃ゆえ、彼女はぼるヴぃっくを、その本質である『水』と肯定すること。 
   それより他に讃えることができなかったのです」 

真美「うーん……よくわかんないけど、お姫ちんから聞くと謎の説得力があるよね」 

亜美「やよいっちは、水という存在を心で理解したんだね」 


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:39:20.16 :2KFdLTuS0

やよい「……うーん」 

亜美「さっきからずっと黙ってると思ってたけど」 

真美「何か考えてるみたいだね」 

やよい「……わ、わかりました!」 

貴音「やよいがぼるヴぃっくを表現しようとしています」 

亜美真美「「 表現? 」」 

やよい「このお水は、 







     とっても優しい味がします!」ゴクゴク 


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:40:41.23 :ampIUT9r0
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i 


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:45:25.25 :2KFdLTuS0

真美「な、なんだ。ちゃんとコメントできるじゃん」 

亜美「やよいっちがなんて言うのか、ちょっとドキドキしちゃったよ」 

真美「お姫ちんも、表現だなんて大袈裟なことを…」 

やよい「……このお水は、お父さんからのあふれる愛情」 

亜美真美「え?」 

やよい「ここは夜の公園。お父さんに怒られて泣いている女の子がいます」 

亜美「これは?」 

真美「いったい?」 


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 11:53:44.11 :2KFdLTuS0

やよい「いつまでも泣きやまない女の子におろおろしているお父さん。 
     それでも覚悟を決めて、女の子をぎゅ~って抱きしめてあげます」 

やよい「お父さんの厳しさと優しさ。そして家族のぬくもりを感じます。 
     そう、この『ぼるヴぃっく』には」ドヤァ 

亜美真美「……」ポカーン 

真美「う、うわ~!やよいっちがおかしくなっちゃったよーう……」 

亜美「どういうことなの……」 

貴音「これが表現するということなのです」 

真美「……真美たちにはさっぱりだよ」 

亜美「わかりやすいようで……いや、圧倒的にわかりにくいよ」 


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:00:13.85 :2KFdLTuS0

貴音「そうですか……時に二人とも。硬水と軟水の違いはわかりますか?」

真美「真美わかるよ!ボルヴィックは軟水だよね」

亜美「軟水は飲みやすいよね。でも硬水は亜美苦手」

真美「真美も。飲んだ後は、うへーってなるよね」

貴音「なるほど。硬度が高い水には独特のえぐみがありますね。私たちが普段口にする飲料水が、
   ほとんど軟水であることも飲みづらさの一因でしょうか」

亜美「硬水と軟水、どうして差がついたのか……」

真美「慢心、環境の違い……」

貴音「環境の違いは間違っていませんね」 


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:09:21.31 :2KFdLTuS0

亜美「優しさっていうのが、軟水だからってことは、なんとなくわかるけどさ」

真美「お父さんとかは意味分かんないっぽいよ」

貴音「それは、ぼるヴぃっくを採っている場所によるものでしょう。どこの国か知っていますか?」

真美「ボルヴィックって日本のお水じゃないの?」

亜美「当たり前っしょ。日本のお水だったら、お姫ちんが『ぼるヴぃっく』なんて言うはずないじゃん」

貴音「ぼるヴぃっくの採水地は、フランスのオーヴェルニュ地方に広がる火山国立公園にあります」

亜美「えっ、ボルヴィック以外は普通に喋れるの!?」 


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:17:56.44 :2KFdLTuS0

貴音「今からおよそ3500万年前に、火山帯『ピュイ連山』での大きな火山活動により、
   非常に珍しい6つの火山層からなる天然フィルターが生まれました。
   ろ過性の高いこのフィルターを長い歳月をかけてゆっくり通過する事で、
   自然の奇跡が生み出したおいしい軟水『ぼるヴぃっく』が生まれたのです」ドヤァ

亜美「すごいよお姫ちん!まるで公式サイトの説明文だよ」 


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:22:08.96 :2KFdLTuS0

音「やよいは、そのたぐいまれな想像力から、採水地の環境を感じ取り、
   水を生み出した火山を父性として感じ取ったのでしょう」

貴音「表現としては、まだまだ未熟ですが」

亜美「くっ、高槻やよい……」

真美「恐ろしい子……」

亜美「でも、表現に出てきた女の子は、絶対やよいっちのことだよねー」

真美「まだまだ甘えたい年頃なんでしょうな」

やよい「……」ゴクゴク 


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:27:33.35 :2KFdLTuS0

亜美「それにしても……」ジー

亜美「……」ゴクリ

真美「……亜美?」

亜美「ねえ、真美。のど乾かない?」

真美「そういえば……やよいっちの持ってるボルヴィックがすごく飲みたい気分」

亜美真美「「……」」ジー

やよい「!?」ゴフッ 


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:30:44.06 :2KFdLTuS0

やよい「ごほっごほっ……なんで二人ともこっち見てるの?」

亜美「やよいっち!!」ガシッ

やよい「はわっ!」

真美「ボルヴィックをやると言ったな……あれは嘘だ」

やよい「え?」

亜美「そういうわけで、返してもらうね」バッ

やよい「そ、そんな!」 


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:35:56.34 :2KFdLTuS0

亜美「ふっふっふ。ボルヴィックは我が手中に!」

真美「そうだ! 亜美、今からレッスン行こうよ!」

亜美「うん! レッスン後に飲むボルヴィックは激うま確定だよ!」

真美「間違いないね! じゃあ、いってきまーす」

亜美「わっ、ちょっと待ってよ真美ー!」

バタン

やよい「……」ポカーン

やよい「うー、私のぼるヴぃっく……」 


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:45:13.31 :2KFdLTuS0

やよい「……」ズーン

P「あ~疲れた」

やよい「……」ズーンズーン

P「……やよい、大丈夫か? 元気ないぞ」

やよい「ぷろでゅーさー、ぼるヴぃっく……」

P「ん? なんだ、のどが乾いたのか。ちょっと待ってろ」

やよい (……もしかして、冷蔵庫にまだあるのかな?) 


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:51:55.10 :2KFdLTuS0

P「ほら、やよい。ジュース冷えてたぞ」ゴトッ

やよい「……はぁ」

P「あれ、どうした? これ、うまいぞ。俺のお気に入りで…」

やよい「プロデューサーは気が利かないかなーって」ゴクゴク

P「えー……」

おわり 


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 12:53:00.76 :2KFdLTuS0

きのう『神の雫』読んでたから……
モーニングで一番面白い漫画は『クレムリン』だよ(ステマ) 


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353896124