1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:26:22.89 :OaWnWXi70

ちひろ「はぁ。それは良かったですね」

P「バレンタインですからね! いやぁ嬉しかった!」

ちひろ「そうですねぇ、嬉しいでしょうね」

P「あれ、なんだか投げやりじゃありません?」

ちひろ「当たり前ですよ。何が悲しくてのろけ話を聞かなきゃ――」

P「え、のろけ話? そんなに聞きたいですか! そうだなぁまずは……」

ちひろ「ちょっと」 


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:30:44.57 :OaWnWXi70

―――

美穂「ぷっ、ぷぷろぷろ、ぷっ!」ガチガチ

P「み、美穂? ありえないほど震えてるけど大丈夫か?」

美穂「は、はひゃいぃ! だい、だいだいじょびゅれっしゅ!」

P「お、おう……もはや何言ってるか分からん」

美穂「あ、あああ……! きききん、きんちょうしててててぇぇぇ!」ガクブル 


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:34:20.15 :OaWnWXi70

P「初めてのライブの時より緊張してるじゃないか……」

美穂「は、はひっ! ごみぇなさぁっ」ペコペコ

P「大丈夫、待ってるから。ほら深呼吸、深呼吸」

美穂「ぁぅぅ……すっ、すぅぅぅ……」

美穂「ぅぅぅぅぅ……!」

美穂「ぅぅぅぅ!」プルプル

P「ちょ、吐け吐け! 吸うだけじゃダメだ美穂!」 


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:37:58.96 :OaWnWXi70

美穂「は、はっふぅ!」

P「だ、大丈夫か美穂」

美穂「は、はい……すみませんプロデューサー、お手数お掛けして……」

P「気にすんなって。美穂のタイミングでいいからな?」

美穂「はいっ。……よぉしっ! Pさん!」

P「おう!」

美穂「あ、あの! 心を込めて作りました! 良かったらチョコ、受けとてくだしゃぁ!」 


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:41:02.01 :OaWnWXi70

P(噛んだ……)

美穂(噛んだああああああ)

P「……」

美穂「……」

P「……」

美穂「あぅぅ、な、何か言ってください……!」プシュー 


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:45:33.45 :OaWnWXi70

P「……可愛い」

美穂「へっ?」

P「可愛いよ美穂おおお!!」ナデナデナデナデナデナデ

美穂「みゃっはぅああああ!?」

P「お前は! なんてっ! 可愛いんだよおおおお!!」ナデナデナデナデナーデナデ

美穂「あああやめてくださあああ!?」

P「美穂おおお!!」

美穂「それよりチョコっ、チョコを! あわわわ恥ずかしいですからああっ!」



ひなたん編おわり 


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:49:11.06 :OaWnWXi70

―――

藍子「Pさんっ」ヒョコ

P「よう藍子」

藍子「ふふっ、バレンタインですね?」

P「そだな。藍子もチョコくれるのかっ?」ワクワク

藍子「んー……残念! 今年はチョコ、用意してないんですよね」 


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:52:56.97 :OaWnWXi70

P「え、そうなの?」

藍子「はい!」

P「えええ……俺、藍子のチョコ楽しみにしてたのに」

藍子「その代わり、です。もっと素敵なもの、プレゼントしちゃいますっ」スッ

P「おお! ってこれ、カメラか?」

藍子「はいっ、トイカメラです♪ 私の持ってるのと色違いで、お揃いなんですよ!」 


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 22:55:54.33 :OaWnWXi70

P「へぇ……」マジマジ

藍子「ふふ、こうしてですね……」ヒョイ

ぎゅっ

P「あ、おいっ!」

パシャッ

藍子「撮れました! Pさんとツーショット♪」

P「急に抱きつくなって……ったく」

藍子「えへ、他の子だって抱きつくんですから、いいじゃないですか」 


17:画像先輩には頭が下がるね:2013/02/14(木) 22:59:56.34 :OaWnWXi70

P「お前はそういう事しないと思ってたけどな」ナデ

藍子「ふふ♪ みんなに感化されてますからっ」

P「良い事なのか、悪い事なのか……」

藍子「良い事ですよ、絶対。……今度一緒に、カメラ持ってお散歩行きません?」

P「ん? あぁ、いいぞ」 


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:03:29.86 :OaWnWXi70

藍子「じゃあ約束! いっぱい写真撮りましょうねっ!」

P「そうだな。藍子の色んな顔、撮ってやろう」

藍子「景色撮るんですよ?」

P「俺は、藍子のとびきり可愛らしい笑顔が撮りたいなー?」

藍子「ななな、なんて事言って、もうっ! 私だって、Pさんの笑顔撮っちゃいますからね!」カァァ



あらもーど編おわり 


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:07:40.03 :OaWnWXi70

―――

奈緒「……」

P「うー…………ん」カタカタ…

奈緒「……」コソ

P「ふむ」カタカタ…

奈緒「……」コソコソ

P「……奈緒?」クル

奈緒「ぅなっひゃあ!?」ビックゥ 


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:10:17.37 :OaWnWXi70

P「うおっ」

奈緒「び、びびびビックリさせんなバカぁ!!」ドキドキドキ

P「俺もビックリしたよ……何か用か?」

奈緒「な、何もねぇよっ!」

P「ん、そうか。なにかして欲しいなら落ち着いてから、な?」ポン

奈緒「にゃっ! う、うん……」

P「よしよし」

奈緒「すぅー……はぁー……」

奈緒「…………よしっ」 


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:13:49.25 :OaWnWXi70

奈緒「Pさんっ!」

P「なんだ、奈緒?」

奈緒「えと、これ、その……! ん、んっ!」スッ

P「これ……くれるのか?」

奈緒「ん!」コクコク

P「もしかして……バレンタインチョコ、とか?」

奈緒「ん!」コクコク

P「ありがとな。あとで食べてもいいかな?」

奈緒「ん! ん!」コクコクコクコクッ 


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:18:17.29 :OaWnWXi70

P「あはは、何か喋ってくれないと」

奈緒「ん、んーん!」フルフル

P「恥ずかしいから無理?」

奈緒「ん……」カァァ

P「可愛いなぁ奈緒は」ナデナデ

奈緒「う、~~っ!」ペシンッ

とてとてっ

P「おっと」

くるっ

奈緒「あ、あ、あとでっ! 感想、聞かせろ! じゃなくて……聞かせて! ……ね?」 


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:21:55.23 :OaWnWXi70

P「あぁ、もちろん」

奈緒「……ん♪」ニコッ

ガチャッ バタン

P「良い子だなぁ、奈緒は」

P「あとで、とは言ったけど……正直待ち切れない」ガサゴソ

P「あらハート。頂きます」

P「……美味い!」

―――ドアの向こう

ウマイ!

奈緒「聞こえてるよ……へへっ、良かった♪」



なおちん編おわり 


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:30:07.79 :OaWnWXi70

―――

P「……」

小梅「……」ジー

輝子「……」ジー

幸子「……」ジー

P(ちっこいのが三人、こちらを見つめてくる) 


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:32:34.45 :OaWnWXi70

P「あー、そのだな。そう見られてると恥ずかしいんだけども」

小梅「!」ピャッ

輝子「!」ピャッ

幸子「!」ピャッ

P(隠れちゃった) 


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:35:24.40 :OaWnWXi70

P「……」

コソコソ コソコソ

P(なんか内緒話してるみたいだ……ちょっと様子をみよう)

小梅「ど、どう、しよ……はず、恥ずかしい……!」ボソボソ

輝子「ふ、ふひ……心臓バクバク、やばいやばい……!」ボソボソ

幸子「そ、そもそもプロデューサーさんなんかにチョコ渡すなんて……!」

小梅「さ、さっちん、声……大きいよ……」ボソボソ

幸子「あぅ、ごめんなさい……」ボソボソ 


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:38:24.86 :OaWnWXi70

P(あいつら仲いいなぁ。チョコかぁ)

輝子「とっ、とにかく……プロデューサーの前まで、行かないと」

幸子「そそ、そうですね。ふ、ふふん! ボボボクがお手本見せましょうか」

輝子「おいおいさっちんよぉ、声がふふ震えてるるるじぇ!」

幸子「しょーちゃんもですけどね!」 


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:43:19.32 :OaWnWXi70

P(まだかなー……お?)

小梅「わた、私、行って、くる……! 二人は……あと、から……」テテテッ

幸子「お、おお……! 頑張ってください!」ボソボソ

輝子「う、うめちゃんの骨は拾ってやる……」ボソボソ

P(最初は小梅か。積極的になってきたなぁ) 


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:45:52.26 :OaWnWXi70

小梅「ぷっ、プロデューサー、さん……!」

P「なんだ、小梅?」

小梅「え、と。あの……その……」モジモジ

P「うん、ゆっくりでいいぞ」

輝子(どきどき)

幸子(どきどき) 


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:48:15.89 :OaWnWXi70

小梅「は、はぅ……はい、そ、の……! え、えいっ」

ぽふんっ

P「えっ」

輝子「えっ」

幸子「えっ」

P(抱きつかれましたけど?) 


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:50:19.63 :OaWnWXi70

小梅「……はっ。あ、あれ、……あ、あ! ま、間違えた……!」ギュー

P「間違え、え? えっ?」ポカーン

輝子「……」プルプル

幸子「な、なんで抱きつい……! ってしょーちゃん? どうしました――」

輝子「ひゃあああっっっはあああ!! 私も混ぜろ、うめちゃあああんんん!!」

幸子「ひぃっ!?」 


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:55:03.32 :OaWnWXi70

輝子「ヒャア! プロデューサあああ!」ピョーン

がばっ

P「のわあああなんだなんだああ!」

小梅「あ、し、しょーちゃん」

輝子「ふひ、ふひひ! ずるいようめちゃん、私もプロデューサーぎゅってしたい……!」ギュー

P「俺の意思は無視なのか……両腕塞がっちまった」

小梅「えへ……♪」

輝子「ふふ、ふ……♪」 


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 23:58:05.80 :OaWnWXi70

P「うーん……あ、幸子ー?」

幸子「はっ、はい! なんですプロデューサーさん! カワイイボクに用ですか!」ヒョコッ

P「お前も来るか? こうなったら二人も三人も同じだし」

幸子「こ、このボクがそんな……!」

輝子「ふひひ、今ならプロデューサー膝の上、空いてるよ……」

小梅「さっちん、特別……だね」

幸子「あ、え、えっとぉ……」モジモジ 


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:01:26.04 :QuXCcxuc0

P「おいで、幸子」

幸子「……ふ、ふふーん! そんなに来て欲しいですかそうですか! でもこんなにカワイイボクがそちらに行ったら」

小梅「じゃ、じゃあ私、が……」

輝子「じゃあそのあと、私ね。ふひ」

幸子「あ、行きますすぐ行きます!」 


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:04:56.85 :QuXCcxuc0

P「あはは! 幸子も二人にかかれば形無しだな」

幸子「うるさいですよ! 友達同士なんですからいいでしょう。ほら、座らせてください!」

P「ん、はいよ」

幸子「ん……ま、まぁまぁの座り心地ですね!」

P「そりゃ光栄だ。悪いな、今手が塞がってて撫でてやれないや」

小梅「えへへ……プロデューサーさんの腕、あったか、です……」 


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:07:43.64 :QuXCcxuc0

輝子「……ふひ」

P「ん? どうした、輝子?」

輝子「ね、ねぇさっちん、うめちゃん」

幸子「はい? なんですしょーちゃん」

小梅「……?」

輝子「私達って、と、友達……?」 


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:11:45.93 :QuXCcxuc0

幸子「何言ってるんです。当たり前でしょう?」

小梅「うん……しょーちゃんも、さっちんも……私の、友達」

P「……だってさ。輝子、良かったな?」

輝子「う、うん。と、友達……私と、さっちんと、うめちゃん……ふひ……♪」 


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:14:45.53 :QuXCcxuc0

ボッチジャナイコー♪ アノコモトモダチー…♪ ボクカワイイー♪

P「……なぁ?」

小梅「は、い……?」

P「楽しく歌ってるとこ悪いんだけどさ」

幸子「なんですか?」

輝子「今ノッてるとこだ、ソウルブラザー!」

P「何か忘れてる物、あるんじゃないかなーって」

『……?』キョトン

『……あっ!』



142cmトリオ編おわり 


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:18:42.42 :QuXCcxuc0

―――

バンッ

未央「プロデューサーっ!」

P「こら未央。ドアはゆっくり開けなさい」

未央「あ、ごめんなさーい」

P「素直でよろしい」

未央「じゃなくて! プロデューサー、バレンタインだよバレンタイン!」

P「いや知ってるけど。あぁそうだ、チョコお渡し会お疲れさま」ナデナデ

未央「えへへぇ、ありがとー♪」 


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:22:50.59 :QuXCcxuc0

P「未央にもたくさんファンがついてきたなぁ」ワーシャワーシャ

未央「んぅー♪ プロデューサーのおかげだよぉ」

P「俺の目に狂いはなかったな!」

未央「私の自慢のプロデューサーだ! 舐めてもらっては困るねキミィ!」

P「社長の真似は似てないな、うん」

未央「えー、ちょっと自信あったんだけどなー。もっと撫でてー!」

P「あいよ」ナーデナーデ

未央「わふぅん♪」スリスリ 


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:26:07.19 :QuXCcxuc0

未央「って違ーう! バレンタインプレゼント渡しに来たんだよ私ぃ!」

P「うん、そうだと思った」

未央「なんでこういう時だけノリがいいの!」プンスカ

P「未央が可愛いから、かな?」

未央「えへー」ニマー

P(チョロい) 


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:29:33.88 :QuXCcxuc0

未央「という事で、はいこれ! 愛情たっぷり手作りチョコでーす!」

P「ん、ありがとう。……しかし愛情、ね。未央からはいつも愛情もらってるしなぁ」

未央「むっ、いつも以上に愛情込めてるもん。こうやってむちゅー、って!」

P「はは、プロデューサー冥利に尽きるよ」 


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:33:53.04 :QuXCcxuc0

未央「……むぅ」

P「ん? どうした」

未央「いいもんね、次は直接むちゅーってしてやる! 覚悟しとけーっ!」タタタッ

P「あ、おいっ! 直接ってお前、どういう事か分かって……!」

未央「プロデューサーのバーカ! 大好き!」



ちゃんみお編おわり 


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:37:28.31 :QuXCcxuc0

―――

凛「プロデューサー」

P「凛? こんな時間にどうした。もう帰ったかと思ったよ」

凛「うん……二人っきりの方が良かったから待ってたの。隣、座ってもいい?」

P「あぁ、いいよ」

凛「ん……ありがと」ポスン 


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:40:25.45 :QuXCcxuc0

凛「……」

P「……」

凛「……」チラッ

P「ん?」

凛「!」ビクッ

凛「……」プイッ

P(……ふむ) 


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:43:11.97 :QuXCcxuc0

P「……」

凛「え、と……」ソワソワ

P「……そうそう、チョコ美味かったよ」

凛「ふえ!? なな、なんっ!」

P「みんながいる前じゃ、感想なんて聞くに聞けないもんな? お前の性格じゃ」ナデナデ

凛「あ、ぅぅ……!」 


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:47:24.50 :QuXCcxuc0

P「はは、耳まで真っ赤だぞ?」ナデナデ

凛「やめ、やめてよっ! 恥ずかしいからに決まってるでしょ!」ペシッ

P「えー、なんでだよ。チョコの感想聞きに来たんじゃないのか?」

凛「そうだけど、そうだけど! プロデューサーがこんなに察しがいいとか思わないじゃんっ」プイッ

P「えっ……そ、そんな……凛に鈍感だと思われてただなんて……ショックだ……」

凛「え、いやそういう事じゃなくて!」

凛「その……別に、気づいてくれるなら……それはそれで……いいし」ブツブツ

P(しどろもどろで真っ赤な凛ちゃんかわいい) 


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:50:11.02 :QuXCcxuc0

凛「あの、プロデューサー?」

P「はぁ……俺、もうやっていけないかもなぁ……プロデューサー、辞めようかなぁ」

P(もう少しからかってみよう、ふひひ)

凛「え、やっ、やだよ! そんな事言わな、やだ、いや……ご、ごめん、ごめんなさいっ!」ウル

P「いやいい! 俺が悪かった、凛は何も悪くないすべて俺の責任っ!」

凛「ぐす、え?」

P(誰だうらぁっ! からかってみようだなんて言った奴ぁ! 出てきやがれぶっ転がしてやる!) 


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:55:17.37 :QuXCcxuc0

―――
――

凛「最低。バカ。変態」ペシッ ペシッ

P「はい、その通りです……俺は最低でバカでアイドルをからかって楽しんじゃう変態です。嫌われても仕方ありません」

凛「ちょっと、何もそこまで……ホントにバカなんだから」ギュ

P「ふへっ?」

凛「いいよ、別に……こんな事で嫌いになるわけないでしょ」ギュー

P「り、凛……」 


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 00:59:02.33 :QuXCcxuc0

凛「ふふ、あったかいねプロデューサーって」スリスリ

P「お、おおう……で、でもこういう事は」

凛「さっきの仕返しだよ。ほら、プロデューサーもぎゅってしてよ」

P「え、いやそれもちょっと」

凛「ふうん。私の言う事が聞けないんだ?」

P「あ、はいすみませんでした」ギュー

凛「んっ。そう、それでいいの。……ふふ♪」ギュー 


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:02:50.23 :QuXCcxuc0

P「……」ナデナデ

凛「んふ……もっと」

P「ん」ナデリナデリ

凛「……♪」コシコシ

ガチャッ

卯月「プロデューサーさーんっ! えへへ、バレンタインチョコ渡すの忘れてました!」

P「へ?」

凛「」

卯月「あれ?」

 


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:06:10.97 :QuXCcxuc0

P「お、おおお、おう卯月! こここれはな」

凛「」

卯月「あーっ、凛ちゃん! ずるいよぉ、私も私も! 一緒にぎゅーってしましょー!」ムギュー

P「ちょっ、卯月!? あ、凛! 息をするんだりーん!」

卯月「えっへへー♪ あったかいですね~♪♪」ギュー

凛「」



しぶりんとしまむらさん編おわり 


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:12:15.57 :QuXCcxuc0

―――

李衣菜「うーん……」

P「……」

李衣菜「どうしようかなぁ……こう、スマートに……いやいや、情熱的に? んー……」

P「……」

李衣菜「よし、ちょっと練習してみよっと」

P(へぇ……) 


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:17:31.28 :QuXCcxuc0

李衣菜「Pさん、作ったんでこれ上げますね。……捻りがないなー」

P「……」

李衣菜「私の魂、チョコに込めました! ……なんかオカルトっぽい」

P「……」

李衣菜「Hey、myプロデューサー! とってもスウィートなチョコはどうだい!  yeah!」ビシッ

李衣菜「……なんだこれ。違うなぁ」

P「……」 


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:21:44.40 :QuXCcxuc0

李衣菜「か、可愛く……とか?」

李衣菜「い、いいよね? バレンタインくらいロックじゃなくてもいいよね、ね?」

P(いいよ)

李衣菜「Pさん♪ 私のチョコ、受け取ってほしいなっ♪ えへへっ♪」キャピ

李衣菜「~~っ!」バンバン

P(やって後悔しちゃう李衣菜かわいい) 


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:24:36.32 :QuXCcxuc0

李衣菜「だ、ダメだ……恥ずかしいよぉ」プルプル

P「……」

李衣菜「そもそもPさん、私のチョコ貰ってくれるのかな……」

P「……」

李衣菜「もう他の娘に貰ってるだろうし……今更、私のなんて……」

李衣菜「……諦めよっかなぁ。どうせそんなに美味しくないだろうし……」 


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:27:40.65 :QuXCcxuc0

李衣菜「はぁ……Pさん……」ショボーン

P「……どうした、李衣菜」

李衣菜「ひゃっ!? ぷっプロデューサー! いつの間にっ」

P「今来たばっかりだよ。しょぼくれたアイドルがいそうだったからな」

李衣菜「だ、誰の事です?」

P「さぁ、誰だろうな?」

李衣菜「あ、あはは」 


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:30:00.91 :QuXCcxuc0

P「……で、そのプレゼントは誰に上げるんだ?」

李衣菜「え、あっ! こっこれは!」ササッ

P「李衣菜?」

李衣菜「う、ぁぅ……えと……」

P「李衣菜から貰える奴は、きっと幸せ者だなぁ。少なくとも俺は、貰えたらすごく嬉しいな」

李衣菜「! そう、ですか……?」

P「うん」

李衣菜「そっかぁ……」 


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:33:10.17 :QuXCcxuc0

李衣菜「……あの、Pさん!」

P「うん?」

李衣菜「こっこれ、あのっ! あんまり美味しくないかもしれませんっ」

李衣菜「でも……たくさん、たくさん! 気持ち込めました!」

李衣菜「良かったら、貰ってくださいっ!」

P「……あぁ。ありがとう、李衣菜」ニコッ

李衣菜「ぁ……は、はいっ!」パァッ 


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:37:25.13 :QuXCcxuc0

―――
――

李衣菜「えへ、えへへへへ……♪」

P(李衣菜のチョコはとても甘かった。少し苦いところもあったけど)

李衣菜「ふんふんふーん♪」

P(まさか、あーんってされるとは思わなかった……ちくしょう恥ずかしい)

李衣菜「Pさんが♪ 美味しいって♪ 言ってくれた♪」ルンルン 


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:40:46.62 :QuXCcxuc0

P「のんきに歌いやがって……あ、そうだ。李衣菜、李衣菜」

李衣菜「ウッヒョー♪ って、はい? なんですかPさんっ」

P「実はな、お前に話しかける前からいたんだ、俺」

李衣菜「……ほ? いた? 誰が?」

P「俺が」

李衣菜「……いつから?」

P「具体的には、『ちょっと練習してみよっと』ってところくらいからかな?」ニヤニヤ

李衣菜「えっ」 


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:44:17.14 :QuXCcxuc0

P「なんか色々やってたけど……一番良かったのは、異様にキャピキャピしてた奴だな!」

李衣菜「えっ」

P「もう一回やって欲しいなぁ、あれ」ナデナデ

李衣菜「」ボンッ

P「うおう、爆発した」

李衣菜「………………はぅ」パタム

P「あらー……気絶しちゃった。可愛いなぁ、李衣菜は」

李衣菜「きゅぅ……」プシュー



だりーな!だりーなかわいい!編おわり 


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 01:45:17.23 :QuXCcxuc0

書き溜めおわり支援感謝
出てない子は別の人に任せるおやすーん 


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360848382