1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:10:37.91 :GlgEMs2q0
 
モバマス姫川友紀SSです。 

P「えーと…」キョロキョロ 

ちひろ「あ、ここですよ。プロデューサーさん」 


P「あ、すみません。これ、飲み物です」 

ちひろ「ありがとうございます。しかし…凄い熱気ですねぇ」 

P「そろそろ試合始まりますしねぇ」 

ちひろ「社長に感謝しなきゃですね。野球の試合のチケットをくれるなんて」 

P「まぁ、気分転換してこいってことでしょう。ちなみに、ちひろさんはどこのチームが好きなんですか?」 

ちひろ「…実は、あんまり詳しくなくてルール位しか…。オリンピックとかなら見るんですけど」 

P「ま。俺もそこまで詳しくないですし、雰囲気を楽しみましょうか」 

ちひろ「えぇ、そうですね。あ、選手が出てきましたよ」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:13:44.45 :GlgEMs2q0

ウグイス嬢『メンバーの紹介を致します。先攻キャッツ、一番ライト――』 

応援団『ウォー!!』バンバンバン 

ちひろ「す、凄い応援ですね」 

ちひろ(耳がキーンとする)クラクラ 

P「外野指定席ですからね。応援団とかいるんで当然ですよ」 

ちひろ「えーと、いつもホームラン打った時に映るとこですか?」 

P「そうですね」 

ちひろ「あ、いよいよ始まるみたいですね。先攻は…キャッツってとこですね」 

P「みたいですね」 

?「かっとばせー、かっとばせーキャッツ!かっとばせー――」 

P(隣の人も元気だなぁ。女の子なのに) 

?「ほら、お兄さんも応援しようよっ!」グイッ 

P「えっ?」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:16:24.12 :GlgEMs2q0

?「ほらっ、今日勝てば首位入れ替わるんだから応援しなきゃ、かっとばせー!」 

P「え、えぇ。いけーいけー、キャッツ!お前が打たなきゃ誰が打つ!」 

P(意外と楽しいぞ?) 

?「いいねっ。その意気で!」 

―― 
― 

P「ほらっ、そこだいけっ!」 

?「あー、相手ピッチャーいいなぁ」 

ちひろ(プロデューサーさんもノリノリだなぁ…。あ、このアイス美味し♪)パクパク 

P「だぁ、惜しいっ!」 

?「やっぱ、一球前に決めなきゃだよねー」 

P「そうですねっ。…あ、ちひろさんすみません。俺一人で楽しんでるみたいで」 

ちひろ「い、いえ、別にいいですよ。アイスも美味しいし、プロデューサーさんの意外な一面を見れて、楽しいですから」 

P「ならいいんですけど…」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:18:07.64 :GlgEMs2q0

?「それじゃ、景気づけに一杯やっときますかー!」プシュ 

P「え、未成年じゃないんですか?」 

?「大丈夫二十歳は過ぎてるって!ぷはー美味し! それじゃ、応援頑張ろっか!」 

P「えぇ、ここまで来たら負けられないですよね!」 

カキーン 

P「きたきたきたぁ!」 

?「やったぁ!」 

ちひろ「あ、ボールがこっちに…。あ、ホームランですね」 

応援団「ワァァァァー!」 

?「これで、首位交代だぁっ!お兄さんの応援のおかげだよっ!」ガシッ 

P「ありがとうっ!」ガシッ 

ちひろ「女の子相手に何してるんですかプロデューサーさん…」ジトー


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:21:39.14 :GlgEMs2q0

P「あ、や、これはですね…不可抗力と言うか何と言うか…」 

?「うんっ!喜びは皆で分かち合わなくちゃ!お姉さんも応援ありがとー」ギュ 

ちひろ「きゃっ!あ、ありがとうございます」 

?「あたし、姫川友紀って言うんだけど、今から祝勝会しに行こうよ」 

P「あ、俺はPって言います。はい、行きますよ。あ、ちひろさんはどうします?」 

ちひろ「私は今日は遠慮しておきます」 

ちひろ(雰囲気に疲れちゃった…) 

P「分かりました。駅まで送りますね。姫川さんその後で良いですか?」 

友紀「勿論!その間に居酒屋探しとくねー」ポチポチ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:24:03.34 :GlgEMs2q0

―― 
― 
P「それじゃ、お疲れ様でしたちひろさん」 

ちひろ「プロデューサーさんは、明日も仕事があるんですからね」 

P「はい。そんなにハメは外しませんよ」 

ちひろ「ならいいですけど…。それじゃおやすみなさい」 

P「おやすみなさい」 


友紀「綺麗な人だねー。彼女さん?」 

P「いやいや、仕事の同僚ですよ」 

友紀「ふーん。それじゃ、行こっか。祝勝会♪」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:25:56.49 :GlgEMs2q0

居酒屋 

友紀「それじゃ、今日の勝利にかんぱーい!」 

P「乾杯」 

友紀「んぐんぐ…ぷはぁ!やっぱり勝利の後のビールは美味しいね!」 

P「そうですね。久々にあんなに叫びましたよ」 

友紀「やっぱり応援はいいよねー。こう、体がカァって熱くなるよね!」 

P「そうですよねー」 

友紀「堅いよー。Pさん。こんな席だしフランクにいこ!」 

P「…よし、飲もう!キャッツにかんぱーい!」 

友紀「かんぱーい!」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:28:27.42 :GlgEMs2q0

―― 
― 
友紀「いや、だから、私は先発のえーと…名前が思い出せないけど、26番の起用が間違ってると思うんだよねー」 

P「うんうん」 

P(マズイな。俺詳しくないから全然分からない) 

友紀「てか、それよりも打順がおかしいって、そう思わない?」 

P「俺はあんまり詳しくなくてですねぇ…」 

友紀「あれ?てっきり、外野にいたから熱狂的なファンかと思ってたのに違うの?」 

P「…あの席は社長からチケットを貰ったんですよ。俺自身はそこまで詳しくな――」 

友紀「それは勿体ないよ!えーと、明後日。明後日キャッツのデーゲームがあるから見に行かない?」 

P「え、えーと…明後日なら空いてるかな?」 

友紀「よし、それじゃ、決まりだね。また、二人で応援しようね!それじゃ、アドレス教えとくから待ち合わせ場所は明日にでも決めよ」 

P「は、はい…」 

友紀「よし、それじゃ、残ってるビール飲んで帰ろっか。スポーツニュースでキャッツの試合見たいし」 

P「好きなんですね。キャッツ」 

友紀「うん。大好きっ!それじゃ、また明後日ね。それじゃあ、お疲れ様ー!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:30:57.71 :GlgEMs2q0

当日 

友紀「あ、Pさーん!こっちこっちー!」 

P「あ、おはよう姫川さん」 

友紀「別に友紀でもいいよ。それじゃ、行こっか」 

P「はは。分かりました」 

球場 

友紀「いやぁ、今日は苦手なスターズだからねぇ。なんとしてでも勝たないとねっ」 

P「相性よくないんですか?」 

友紀「今日のピッチャーには負け越しててね。チームとしての通算成績だと勝ってるんだけどさ」 

P「なるほど」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:33:08.03 :GlgEMs2q0

友紀「さぁ、いよいよだね。キャッツ頑張れー!」 

P「いけいけーっ!」 

友紀「あ、今日は始球式やるみたいだよ」 

P「本当だ」 

P(確か最近売り出し中のアイドルだな) 

友紀「いいなー。あたしもあそこで始球式してみたいよ。きっとあたしならいい球投げれるし!」 

P「確かに投げれそうですね」 

友紀「始球式投げる人ってどうやって決めてるのかな。やっぱり芸能人じゃないとダメなのかな」 

P「まぁ、確かに芸能人が投げてるイメージが多いですよね。今投げてる彼女もアイドルだし」 

友紀「だよねー。たまに子供が投げてるの見るけど、そんな年じゃないし。それに、あたしに、芸能界の知り合いいないし、諦めるしかないかー」シュン 

P「……」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:37:03.45 :GlgEMs2q0

―― 
― 

P「なんか流れが悪くないですか?」 

友紀「んー…九回で四点差かぁ…ちょっと難しいかも」 

P(心なし応援団の人も静かだ…) 

友紀「でも、選手はもっと辛いよね」 

P(姫川さんもなんだか元気がない。よし―!) 

友紀「が――」 

P「頑張れーキャッツ!ここで打たなきゃ男がすたるぞー!いけーっ!」 

応援団「そこの兄ちゃんに負けるな!行け行けキャッツ!――」 

カキーン 

P「あっ!」 

友紀「あっ!入った!これで同点だよっ」 

応援団「打て打てキャッツ!オーオーオーオー!燃えろっ!」 

P「そこだ行けっ!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:39:03.08 :GlgEMs2q0

―― 
― 

アナウンサー「それでは、ヒーローインタビューです。今日は九回の勝ち越し打、凄かったですね」 

選手「いえ、ボクも正直難しいと思ってました。だけど、ファンの方の声が聞こえた気がしたんです。そこからやる気が出ましたね」 

選手「間違いなくファンの方が打たせてくれたホームランです。皆さーんありがとうございまーす!」 

友紀「聞いた!?ファンのおかげだって。嬉しいよねー!きっとPさんのおかげだよ」 

P「そんな俺は別に…」 

友紀「凄いカッコよかったよ!よっし、今日はあたしのおごりで夕方だけど飲みに行っちゃおう!いいよねっ?Pさん」 

P「行きますよ」 

友紀「さ、それじゃ、早く向かおっか!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:43:46.30 :GlgEMs2q0

居酒屋 

友紀「それにしても、今日は嬉しかったなー。キャッツが優勝した次くらいに嬉しかったよ!」ゴクゴク 

P「楽しかったですねぇ」 

友紀「うん。あたしが奢るからジャンジャン飲もうよ。…うんっ!美味し!」プハー 

P「いやいや、むしろ俺が奢りますって。一応、お金は持ってるんで…」 

友紀「ん?そういや、なにしてるのお仕事」 

P「アイドルのプロデューサーやってますよ」 

友紀「アイドルの?」 

P「はい。アイドルのプロデューサーです」 

友紀「へぇ、凄い…のかな?あ、店員さん生中追加でー」 

―― 
― 
友紀「…あ、ねぇねぇ。あたしだったらアイドルになれる?…ひっく」 

P「事務所に入ればなれますよ。売れるかは本人次第ですけど」 

友紀「あ、ほんとー?もし、あたしでもなれるんだったらなりたいなぁ…それで始球式で投げたいなぁ。えへへ」 

P「勿論オーディションとか受けなきゃいけな…酔ってます?」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:46:32.88 :GlgEMs2q0

友紀「酔ってないよー。アイドルかー…応援される側かぁ…」スゥ 

P「寝ちゃったか。まだ、七時位だし、寝かせておこうかな」 

友紀「んー…」ムニャムニャ 

P「全然起きる気配がない…。どうしよう」 

店員「すみません。お客様。そろそろ。お待ちのお客様もいらっしゃいますので…」 

P「あ、分かりました。すみません。出ます。ほら、起きて」 

友紀「あ、寝てた?あわっ!ごめん!」 

P「いいですよ。歩けますか?とりあえず、お店から出ますよ」 

友紀「はーい…」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:47:45.78 :GlgEMs2q0

友紀「うーん。飲み過ぎたかなー」 

P「大丈夫ですか?肩貸しますよ?」 

友紀「平気だって!それより、今日はありがとねー!多分Pさんの応援がなかったらキャッツ負けてたよ」 

P「それは言い過ぎですよ」 

友紀「言い過ぎじゃないって!それじゃ、おやすみー」 

P「あ、これ、あげますんで興味があれば…」スッ 

友紀「ん?なに?名刺?」 

P「とりあえず、そこに来ていただければ色々お話するんで」 

友紀「ん。分かった!それじゃ、おやすみ!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:50:56.06 :GlgEMs2q0

事務所 

P「おはようございます」 

ちひろ「あ、おはようございます。今週も頑張っていきましょうね!」 

P「はいっ!あ、近い内にオーディションある所ってありますか?」 

ちひろ「オーディションですか?そうですねぇ…あ、ありますよ」 

P「ありがとうございます」 

ちひろ「なにか――」 

コンコン 

P「はい、どうぞー」 

友紀「失礼しまーす…」 

P「あ、どうも姫川さん。こんにちは」 

友紀「うん。えーと…あたし、昨日アイドルになるとか言ってなかった?」 

P「言ってましたよ」 

友紀「それで、Pさんはなれるって言った気が…」 

P「はい。一応その気があるのかなって思ってオーディションの日程は調べておきましたけど」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:55:12.60 :GlgEMs2q0

友紀「うん…あたしやるよ。目指すは始球式だね!」 

P「それじゃ、今からオーディション当日までみっちり練習ということで」 

友紀「なんのオーディション?」 

P「野球とは関係ないですよ。流石にいきなり、そんな仕事なんて来ないですからね」 

友紀「ならいいや。うん頑張る!あ、でも…」 

P「…数日くらいキャッツの応援はスポーツニュースで我慢してくださいね」 

友紀「はーい…」 


レッスン場 

P「とりあえず、俺が教えるな」 

友紀「あ、Pさん言葉使い変わったね」 

P「一応アイドルとマネージャーになったからな。ま。とりあえず、手始めに歌の方から――」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/28(木) 23:57:53.52 :GlgEMs2q0

オーディション当日 

P「よく頑張った。もうこれで一人前に戦えるはずだ」 

P(球場で応援をやってたおかげか、声は通るし、体力もある。もしかしたら逸材かもな…) 

友紀「あ、あたし、頑張ったよね?」 

P「あぁ、だから行ってこい」 

友紀「う、うん」ガチガチ 

P(ものすごく緊張してるなぁ…) 

P「大きなオーディションじゃないとは言え、初めては緊張するよなぁ…」 

P(大丈夫かな…)


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:01:59.72 :vtzoAL7J0

審査員「次の方」 

友紀(き、緊張してきたぁ!) 

友紀「は、はいっ」 

友紀「あ、あの、あたし、姫川友紀っていひっ!?」 

友紀(あ、噛んじゃった…。どうしようえーとなんだっけ…折角練習したのに) 

友紀「あ――」 

P「頑張れ友紀!!」 

友紀「え?」 

友紀(今客席の方から…) 

P「負けるな友紀!!お前がやらなきゃ誰がやるんだっ!」 

友紀(Pさん…よしっ!)ニコッ 

友紀(体がフッとと軽くなった!) 

友紀「改めまして、姫川友紀、二十歳、趣味は野球観戦ですっ!お願いしますっ!」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:04:27.04 :vtzoAL7J0

P(追い出されてしまった…) 

P「まぁ、あんだけ叫んだら審査の邪魔だもんなぁ。失格になってなきゃいいけど…」チラッ 

P(あ、踊ってる。なんとか審査して貰えてるみたいだ) 

P「流石だなー、いい感じに人を巻き込んでいけてるな」 

P(意外といい結果になるんじゃないかな) 

―― 
― 
友紀「あ、Pさーん」 

P「お、終わったのか」 

友紀「うん。中々楽しかったよ!」 

P「結果はもう少ししたら発表か」 

友紀「うん。とりあえず疲れた」 

P「お疲れ様」 

友紀「うん!それと…ありがと」 

P「俺はなにもしてないって。あ、そろそろだな。行くぞ」 

友紀「うんっ!」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:07:10.99 :GlgEMs2q0

審査員「発表します。今回の優勝者は、エントリー№22番―――」 

P「残念だったな」 

友紀「まぁ、あたしもあがっちゃってたしね。しょうがないか」アハハ 

P「今日はさ――」 

友紀「Pさん、今日は公園に行かない?」 

P「ん?別にいいけど」 

友紀「うん。あたし、着替えてくるからちょっと待ってて」 

P「……」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:11:37.96 :vtzoAL7J0

公園 

P「着いたけどなにを―」 

友紀「そりゃっ!」ビュッ 

P「わっ!ってボールか」 

友紀「鞄の中に入ってたんだ。ヘイ。Pさん」 

P「おりゃ」ビュッ 

友紀「中々やるね。あたしの伝家の宝刀、全力ストレートを受けてみろ!」 

P「ちょ、ちょっと、グローブ付けてないんだから優しく投げてくれって!」 


友紀「はぁ…はぁ…。ちょっと休憩」 

P「息が上がるまでやるとはな」ゼェゼェ 

P「ちょっと、ベンチに座るか」 

友紀「うん…」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:15:46.02 :vtzoAL7J0

友紀「Pさん。あのさー、関係ないんだけどキャッツの選手って二軍含めるとさ、50人以上いるんだよ」 

P「そうなのか」 

友紀「それでもさ、一軍の試合出てるのって九人とちょっとじゃない?」 

P「そうだな」 

友紀「プロの世界ってそんなもんなんだよねー。キラキラと輝く場所の下にはなれなかった人達が大勢いる」 

P「友紀…」 

友紀「分かってたんだけどねー。たかだか一週間程度の練習でそんなとこにいけないなんて…。でも、正直ちょっと悔しい」グスッ 

P「才能はあるんだ。辞めな――」 

友紀「辞めないよ?だってPさんに応援された時、凄い気持ち良かったし。あのヒーローインタビューの時の選手のセリフの意味が分かった気がするんだ」 

友紀「ファンのおかげ。自分を応援してくれる人のおかげってのはあると思ったよ」 

P「そっか」 

友紀「ま。その中でも多分Pさんの応援は特別だけどね」 

P「それって…」 

友紀「よしっ、飲みに行こっか!残念会しなきゃ!」 

P「そうだな。よし、行くかっ!」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:19:37.10 :vtzoAL7J0

居酒屋 

友紀「だからぁ…本当に…悔しかったんですよー」ヒック 

P「うん。分かった分かった」 

P(泣き上戸なのか笑い上戸なのかどっちなんだ…?) 

友紀「あそこまで頑張ってくれたPさんに申し訳が立たなくて…」ヒック 

P「うん。いや、これから頑張ろうな」 

友紀「はい…」グビグビ 

友紀「あ、Pさん隣行っていいですか?」 

P「ん?別にいいけど…」 

友紀「はーい」ポフッ 

P「そこまで近づかれると恥ずかしいな」ポリポリ 

友紀「いいじゃんよー。あたしの女房役はPさんしかいないんだからさっ♪ふふふ」ニヤニヤ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:24:29.14 :vtzoAL7J0

P(出来上がってるなぁ…) 

P「それじゃ、今日は疲れてるだろうし帰るか」 
―― 
― 

友紀「流石に飲み過ぎたかなぁ…。フラフラする」 

P「ほら、とりあえず、家まで送るからっ!」 

P(思ったより酔ってるみたいだ) 

友紀「あ、ありがと。もうすぐそこだから」 

P「謝るなら自分で歩いてくれって」 

友紀「あははー。ここでいいよ」 

P「それじゃあな。ちゃんと寝ろよ」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:31:32.98 :gZhyAbSI0

友紀「うん。…Pさん、あたし決めたよ」 

P「ん?何をだ?」 

友紀「もし、あたしがさ、始球式やって、そのままアイドルとしてトップまで行ったとしてもプロデューサーは、Pさんだけだからね!」 

P「うん」 

友紀「あーもうリアクション薄いなぁ。逆指名だよ。あたしは、Pさんがプロデューサーさんじゃなきゃ、嫌だってこと。じゃね!」 

P「…そんな指名しなくていいぞ」 

友紀「え?」 

P「だって、俺のドラフト一位はいつも、アイドル姫川友紀だからさ」ニカッ 

友紀「あ、あはははは!Pさん流石にクサいってそのセリフ。…嫌いじゃないけどね!」 

P「そりゃよかった」 

友紀「…と、と言うか、そんなこと言うんだったら、あたしの気持ち、ちゃんとキャッチしてね!Pさん!」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 00:34:06.01 :gZhyAbSI0

終わりです。見てくれた方ありがとうございました。


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364479837