1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:45:50.85 :NMaarKzC0

千早「あなたに、聞いて欲しいことがあるのだけれど」 

千早「いいかしら」 

雪歩「うん、どうしたの?」 

千早「あのね、萩原さん……」 

千早「雪の上を歩く雪歩ッ!」 

雪歩「!?」ビクッ 

千早「…………どう?」 

雪歩「?????」 


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:46:18.98 :NMaarKzC0

千早「時事ネタを絡めた、非常に高度なギャグで攻めてみたのだけれど」 

千早「どうかしら、面白かった?」 

雪歩「ううん、全然」 

千早「……? どうして?」 

雪歩「どうして!?」 

千早「面白かったでしょう?」 

雪歩「ぜ、全然面白くなかったよ」 

千早「…………あっ、逆に?」 

雪歩「逆に!? いや、あのね?」 

雪歩「千早ちゃん、さっきのは明らかにスベってたよ……?」 

千早「ああ、雪の上だけに?」クスッ 

雪歩「違うよ!!」 


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:46:49.29 :NMaarKzC0

千早「それにしても、この時期に滑るだなんて」 

千早「ちょっと配慮が足りてないんじゃない?」 

雪歩「あっ、そうだね……ごめん」 

千早「これから滑る人だているのに、不謹慎よ」 

雪歩「これから滑る人!? 千早ちゃんが一番不謹慎だよ!!」 

千早「それよりも萩原さん、ここは全国の受験生のためにも」 

千早「私のギャグは滑らなかった、と言っておくべきじゃないのかしら」 

雪歩「え?」 

千早「あなたの軽はずみな発言の所為で、大勢の人間が滑ってしまうかもしれないのよ」 

千早「どう? そうなったら、責任取れるの?」 

雪歩「うう……ありもしない圧力に押し潰されそうだよぉ」 

千早「私のギャグ、滑らなかったわよね?」 

雪歩「……うん、スベってなかったよ」 

千早「ふふん、まあ当然よね」 

雪歩「私、今年初めて嘘をついたよ……」 

千早「あら、おめでたいわね」 


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:47:24.74 :NMaarKzC0

千早「そうだ、初めてといえば」 

千早「萩原さん、姫始m 

雪歩「千早ちゃん!!」 

千早「おほん……そうね、おめでたいといえば、今日は四条さんの誕生日ね」 

雪歩「うん、今夜はラーメンパーティーだよ」 

千早「夜遅くにラーメンとか、正直勘弁してもらいたいものだけれど」 

千早「ラーメンって、色々種類があるわよね。 塩とか、醤油とか」 

雪歩「味噌とか、豚骨とかね」 

千早「萩原さんは、どれが嫌い?」 

雪歩「嫌いな方を聞くの!?」 


5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:47:55.74 :NMaarKzC0

千早「ちなみに、四条さんは全部好きなんだそうよ」 

雪歩「へぇ……」 

千早「胃袋は宇宙なんですって」 

雪歩「うん?」 

千早「最終回では美希と、おにぎりの大食いで競い合っていたわ」 

雪歩「ああ……うん、ドラマの話ね」 

千早「ドラマも大食いも出来るだなんて、四条さんって幅広いわよね……色々と」ボソッ 

雪歩「千早ちゃんが黒い……」 


6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:48:24.52 :NMaarKzC0

千早「四条さんって」 

千早「亜美や真美には、『お姫ちん』と呼ばれているわよね」 

雪歩「呼ばれてるね」 

千早「まったく、あの娘たちのネームセンスには驚かされるばかりだわ」 

雪歩「千早ちゃんがそれを言うの……?」 

千早「そもそもとして、ウチにはもう一人お姫様がいるじゃない」 

雪歩「と言うと?」 

千早「ほら、あのデコリボン」 

雪歩「……伊織ちゃんのこと?」 

千早「萩原さん、あなた水瀬さんのことをそんな目で見ていたのね」 

雪歩「えっ!? あっ……いや、違うよ? 今のは千早ちゃんが……」 

千早「ま、水瀬さんはどちらかと言えば女王様かもね」 

千早「なんでも彼女のファンは、まるで訓練されているかのように統率されているそうよ」 

雪歩「まさに、アイドルって感じだね……」 


7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:48:53.01 :NMaarKzC0

千早「私は水瀬さんと違って、華のあるようなアイドルではないけれど」 

千早「恐れ多くもファンの方々から、『歌姫』だなんて呼ばれることもあるわ」 

千早「鑑みるに、女の子はみんなお姫様なんじゃないかしら」 

雪歩「なるほど……面白い意見だね」 

雪歩「じゃあ例えば、私だったらどうなるのかな」 

千早「萩原さんは、白雪姫かしら」 

雪歩「あ、何かそれっぽいかも……春香ちゃんは?」 

千早「春香はシンデレラね。 わざわざ靴を落としたりとか、あの娘のやりそうなことだわ」 

雪歩「美希ちゃん」 

千早「眠り姫」 

雪歩「響ちゃん」 

千早「舞姫」 

雪歩「亜美ちゃん、真美ちゃん」 

千早「ふしぎ星のふたご姫」 

雪歩「懐かしい……」 


8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:49:34.39 :NMaarKzC0

千早「そう考えると、四条さんはかぐや姫なのかもしれないわね」 

雪歩「確かに、そんな感じだよね」 

千早「古風な喋り方するし」 

雪歩「うんうん」 

千早「どことなく、宇宙人っぽいし」 

雪歩「わかる、わかるよ千早ちゃん」 

千早「着物を着るとエロいし」 

雪歩「わからないよ!?」 


千早「ま、何にせよ、お姫様といえばやっぱり四条さんよね」 

雪歩「その心は?」 

千早「ほら、四条さんって隠し事が多いじゃない」 

千早「お秘め様、お姫様……なんてね」 

雪歩「………………千早ちゃん」 

千早「はい」 

雪歩「やれば出来るじゃん!!」 

千早「は?」 


9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:50:10.88 :NMaarKzC0

雪歩「最初の駄洒落と比べたら、普通にギャグとして成立してるよ!」 

雪歩「面白いかどうかは別として!!」 

千早「…………萩原さんって、意外と腹黒なのね」 

千早「これじゃあ白雪姫じゃなくて、黒雪姫だわ」 

雪歩「どういう意味……?」 

千早「そうだ、姫で思い出したのだけれど」 

千早「萩原さん、姫始m 

雪歩「それはもういいよ!!」 


10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:50:48.76 :NMaarKzC0

千早「藪から棒、って言葉があるじゃない」 

雪歩「うん、藪から棒にどうしたの?」 

千早「いや、そういうのいいから」 

雪歩「……はい」 

千早「私ね、恥ずかしながら、つい最近まで『藪から蛇』だと勘違いしていたのよ」 

雪歩「ああ、藪蛇と混同しちゃってたんだね」 

千早「そんなわけで、今年はへび年よね」 

雪歩「話の移り方が雑!」 

千早「萩原さん、こんな話を知っているかしら」 

雪歩「うん?」 

千早「蛇はヤンデレ、なのだそうよ」 


11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:51:15.42 :NMaarKzC0

千早「ヤンデレといえば、萩原さんよね」 

雪歩「そ、そうかな……千早ちゃんも大概だと思うけど」 

千早「ヤンデレって要は、愛が重いわけじゃない?」 

千早「これって、ヘビそのものだと思うわ」 

雪歩「どうして?」 

千早「だってほら、ヘビはヘビーって言うでしょう」 

千早「重いは重い」 

千早「想いは重い」 

雪歩「千早ちゃん」 

千早「はい」 

雪歩「正座」 

千早「!」 


12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:51:44.36 :NMaarKzC0

雪歩「まったくもう……まったくもうだよ、千早ちゃんは」 

雪歩「よくもまあ、あそこまで中途半端なギャグを思い付くものだね」 

千早「む……中途半端とは非道いわね」 

千早「せめて前途多難と言ってくれないかしら」 

雪歩「そっちの方がひどくない!?」 

千早「でも、仕方ないわね。 萩原さんがそこまで言うなら、小粋なギャグはやめにしましょう」 

千早「だから萩原さんも、その変顔をやめてもらえるかしら」 

雪歩「してないよ!!」 


13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:52:12.32 :NMaarKzC0

雪歩「千早ちゃん」 

千早「何かしら」 

雪歩「今日は、どうしたの?」 

千早「どうした、とは?」 

雪歩「今日の千早ちゃん、明らかに変だよ」 

千早「そうかしら」 

雪歩「うん、そうだよ」 

雪歩「だって私初めて見たもん、千早ちゃんがボケてる姿」 

千早「……そうかもしれないわね」 

千早「なぜかしら、萩原さんと話していると気持ちが高ぶってしまって」 

千早「とにかく、とても楽しいの」 

雪歩「千早ちゃん……」 

千早「萩原さん、あなたはどうかしら」 

雪歩「わ、私も! すっごく楽しい!!」 

千早「そう、それはよかった」ニコッ 

雪歩「」キュゥン 


14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/01/21(月) 23:52:38.69 :NMaarKzC0

千早「ねえ、萩原さん」 

千早「あなたに、伝えたいことがあるのだけれど」 

千早「いいかしら」 

雪歩「あ、あの……私も、千早ちゃんに言いたいことが」 

千早「あら、萩原さんもなの?」 

雪歩「ふふ、私達同じだね」 

千早「……そうね。 それじゃあ、一緒に言いましょうか」 

雪歩「うん!」 



  「せーのっ!」 



千早&雪歩「ラジオ! インフェルノー!!」 

伊織「なんなのよ、この茶番は……」 



765プロがあなたにお送りする、Radio inferno。 
皆様の夜更かしのお供をするアイドルは、如月千早、萩原雪歩、 
そして、ゲストの水瀬伊織です。 

-fin-


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1358779550