1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:05:28.51 :3401sQcg0

真、千早「お鍋を作る」の続きになります。 



真「おっはようございまーす!」 

千早「おはよう、真。久しぶりね」 

真「あれ、今日は他に誰もいないの?小鳥さんもいないけど」 

千早「先ほど慌てて外へ行ったわ。すぐに帰ってくるとは言ってたけど」 

真「そうなんだ。相変わらず小鳥さんはそそっかしいなぁ」 

千早「それよりも、真は今日はオフじゃなかったかしら?」 

真「うん。でも今日来ないとまたずっと千早に会えないと思って」 

千早「そうね。今日会うのもかれこれ一週間ぶりだもの」 

真「やよいが復帰したら途端にみんな忙しくなるなんて。これもやよいパワーなのかな」 

千早「ええ、高槻さんの可愛さのおかげね」 

千早「たk」 

真「千早、まだ朝だから大声で叫ぶのはやめとこう」 


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:11:00.77 :3401sQcg0

千早「それで……今日はどうしたのかしら?」 

真「実は千早にお願いがあって」 

千早「引き受けましょう」 

真「ボクなにも言ってないんだけど」 

千早「前にも言ったと思うけど、真のことなら分かるわ」 

真「一方的な以心伝心だよ……」 

千早「本当にそうかしら」 


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:16:15.37 :3401sQcg0

千早「それで……今日は何を作るのかしら?」 

真「クッキーを作るよ。前回はやっぱり失敗してたみたいだしね」 

千早「あの後レシピ本を読んだら、確かに間違いだらけだったわね」 

真「でも、今のボクと千早なら、絶対に成功できると思うんだ」 

千早「ええ……クッキーリベンジね」 

真「それに」 

真「今日は失敗できないからね」 


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:26:08.51 :3401sQcg0

真「材料はボクが用意したよ」 

千早「小麦粉、卵、砂糖、牛乳に……これはオレンジジュースかしら?」 

真「伊織から貰ったんだ。P○Mジュース」 

千早「不思議ね。まったく伏字になっていない気がするわ」 

真「今回のクッキーは、牛乳の半分をこのジュースにしてみるよ」 

千早「少しくらいのアレンジなら大きな被害は出そうにないわね」 

真「ジュースは甘いから、砂糖も少なめにするよ」 

千早「ちなみにそれで作った事はあるのかしら?」 

真「え、ないよ?」 

千早「えー」 


5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:33:07.67 :3401sQcg0

真「さっそく作ろう」 

千早「バターを溶かすわね。今回はきちんと湯煎するわ」 

真「ボクはその間に小麦粉をふるいにかけるよ」 

千早「そういえば……最近、真のプロフィールに料理が趣味って書いてあったわね」 

真「あれ、そうなの?」 

千早「ええ」 

真「えへへ、これでまた一歩女の子らしさが伝わるといいな」 

千早「きっとプロデューサーが更新したのね」 

真「ちなみに千早も趣味に料理って書かれてあったの?」 

千早「見てないけど……」 

真「じゃあ春香は?」 

千早「載ってなかったけど……愛してるわ」 


6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:39:43.08 :3401sQcg0

千早「気づいたんだけど……この砂糖は少し黄色い気がするわね。ザラメかしら?」 

真「違うよ、和三盆っていう砂糖なんだ」 

千早「和三盆?」 

真「よく知らないけど、美味しい砂糖みたいだよ」 

千早「今日の真はいつもよりも力が入ってるわね」 

真「本気でおいしいものを作るからには、材料から揃えようと思って」 

千早「ふふ……それでは大丈夫そうだからバターと混ぜるわね」 

真「はい、卵黄と小麦粉」 

千早「ありがとう。残った卵白はどうするのかしら?」 

真「折角だし、メレンゲのクッキーも合わせて作るよ」 


7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:48:05.08 :3401sQcg0

貴音「真、千早、おはようございます」 

真「貴音さん、おはよう」 

千早「おはようございます」 

貴音「二人とも、少しよろしいでしょうか?」 

千早「なんでしょうか?」 

貴音「実は小麦粉とお塩を少し分けていただきたいと」 

真「たくさん用意してありますので好きなだけ持っていってください!」 

貴音「感謝致します」 


8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 20:54:23.32 :3401sQcg0

真「貴音さんも何か作るの?」 

貴音「はい、うどんを作ろうかと」 

真「うどん?」 

貴音「先日、千早に頼まれてあらゆるうどんを食しました」 

貴音「真、美味でした」 

貴音「そこで、響にも是非同じ感動を共有したいと思い、作ろうと決心したのです」 

真「同じものを買ってくるんじゃダメなの?」 

貴音「どのお店に行っても売り切れのままでした」 

真「それって……」 

貴音「はい、つい箸が進んでしまいました」 


9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:02:19.70 :3401sQcg0

千早「真、このジュースはどれくらい入れればいいのかしら?」 

真「うーん……とりあえずちょっとずつ入れてみようか」つるっどばー 

真「あ」 

千早「……」 

真「……」 

千早「い、入れすぎじゃないかしら……」 

真「そ、そうかも……ここに牛乳も入れたらホットケーキ行きだね」 

千早「とりあえず材料を継ぎ足しましょう」 

真「そ、そうだね……とりあえず小麦粉を……あれ、ない?」 

貴音「二人とも、どうかしましたか?」どばっさーーこねこね 

真「」 

千早「」 


10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:09:27.04 :3401sQcg0

真「(もうあれは塩を足したあとだ……)」チラッ 

千早「(ええ、あれを入れたら前回の二の舞ね……)」チラッ 

真「(小麦粉はもう無い……どうしたらいいかな?)」チラッ 

千早「(牛乳は……私が飲むわ)」チラッ 

真「(いつも飲んでるの?)」チラッ 

千早「(可能性がある限り、私は諦めないわ)」チラッ 

真「(千早はすごいね……)」チラッ 

貴音「千早と真はすでに心で会話ができる関係なのですね」 

真「えっ?」 


11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:14:21.74 :3401sQcg0

千早「バニラエッセンスを入れて混ぜましょう」 

真「予想外の展開だけど……案外、こっちの方がおいしいかもしれないよね」しゃかしゃか 

千早「そっちのメレンゲの方はどうかしら?」 

真「少し時間かかりそうかもしれないけど大丈夫」しゃかしゃか 

千早「疲れたら交代するわ」 

真「うん、ありがとう」しゃかしゃか 


12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:18:32.96 :3401sQcg0

真「千早、訊きたいことがあるんだけどいい?」しゃかしゃか 

千早「なにかしら?」 

真「千早はプロデューサーのこと、どう想う?」しゃかしゃか 

千早「……善い人よ」 

真「だよね。ごめん、変なこと訊いちゃって」しゃかしゃか 

千早「真は……このクッキーをどうするのかしら?」 

真「プロデューサーに渡すよ」しゃかしゃか 

千早「そう……」 

真「本当はボク一人で作ったほうが良かったかもしれないんだけど」しゃかしゃか 

真「千早と一緒なら、緊張せずに作れると思ったんだ」しゃかしゃか 

千早「そう……私で良ければいつでも手伝うわ」 

真「ありがとう」しゃかしゃか 


13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:24:56.67 :3401sQcg0

真「メレンゲができたからこれを袋に入れて絞っていくよ」 

千早「こっちはもう少しよ」 

真「形は簡単に丸くしてみたよ」 

千早「これもプロデューサーにあげるのかしら?」 

真「ううん。これはみんなの分かな、いつもお世話になってることで」 

千早「オフの日に来て作ってくれたって知ると、きっと喜んでくれるわね」 

真「そうなら嬉しいかn」 

貴音「ひびきぃぃぃぃ」 

千早真「!?」 


14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:29:53.15 :3401sQcg0

貴音「ひびきっ!ひびきっ!」 

真「」 

千早「」 

貴音「ひびきっ♪ひびきっ♪」 

真「た、た、貴音さんが壊れた」 

千早「なぜ我那覇さんの名前を叫びながらうどんを練ってるのかしら」 

真「もしかしたら……千早の春香的なやつ?」 

千早「私の春香的なやつ?」 

真「うん、よく愛情を入れるとかで叫んでるよね。今日はやってないけど」 

千早「なんてこと……忘れていたわ」 

真「え、やっぱりやるの?」 

千早「春香、愛してるわーー」 

貴音「ひびきーーー」 

真「貴音さんもあっちの人だったかぁ」 


15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:34:19.82 :3401sQcg0

千早「は・る・か!」 

貴音「ひ・び・き!」 

千早「は・る・か♪」 

貴音「ひ・び・き♪」 

千早「は・る・か!ぃぇぃ」 

貴音「ひ・び・き!ぃぇぃ」 

千早「はるか!」 

貴音「ひびき!」 

千早「は・る・か!」 

貴音「ひ・び・き!」 

小鳥「ごめんなさいね、ちょっと静かにして」 

真「ご、ごめんなさい」 

千早「はるかぁ……」 

貴音「ひびきぃ……」 


17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:41:12.98 :3401sQcg0

千早「クッキーの生地ができたわ。あとは麺棒で生地を伸ばしていきましょう」 

真「ぺったんこになるまでやるね」 

千早「くっ……」 

真「どうかした、千早?」 

千早「……なんでもないわ」 

真「陶芸やったからか、こういうの結構得意になっちゃったなぁ」 

千早「真は飲み込みが早いわね」 

真「よし、これで真ッ平らになったよ」 

千早「くっ……」 


18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:46:35.57 :3401sQcg0

真「あとは型に取るだけだね。あ、先にメレンゲクッキーは焼いておくね」 

千早「型はあるのかしら?」 

真「ボクが持って来てるから大丈夫だよ」 

千早「ありがとう。星型とハート型の二つね」 

真「千早はどっち使う?」 

千早「半々で使っていきましょう」 

真「多く作りすぎちゃったかな……結構な数作れそう」 

千早「ええ……」 


20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:51:37.72 :3401sQcg0

真「じゃあ焼いていくよ」 

千早「ええ……」 

真「ちょっと味はドキドキだけど、それ以外は順調だったね」 

千早「ええ……」 

真「千早?」 

千早「真、一つだけ訊いてもいいかしら?」 

真「うん」 

千早「プロデューサーには……渡すだけ、なの?」 

真「……ボクの気持ちも一緒に渡すつもりだよ」 

千早「そう……」 

真「ごめんね、千早」 

真「春香がプロデューサーのことを好きなのは知ってるよ」 

真「でも、ボクも春香には負けないくらい好きなんだ」 

真「いくら千早の頼みでも、やめるなんてことはできないよ」 

千早「……」 


21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 21:57:32.20 :3401sQcg0

千早「さっき質問のこと……私はプロデューサーのことを善い人って言ったわ」 

真「うん……違うの?」 

千早「……もしかすると私はプロデューサーのことが嫌いなのかもしれない」 

真「どうして?」 

千早「……私の好きな人を傷つけてしまうかもしれないからよ」 

真「プロデューサーが?」 

千早「私はみんながプロデューサーのことを好きなのを知ってるわ。律子や音無さんも含めて」 

真「そう……だね」 


22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:02:09.27 :3401sQcg0

千早「初めは春香が一緒になれば良いと思ってた」 

千早「春香が一番好きなプロデューサーと結ばれれば、それが一番良いことだって信じてた」 

千早「でも、真の一生懸命な姿を見ていると……誰も選ばれない今が一番いいんじゃないかって思えてきたの」 

真「千早……」 

千早「大切な絆が一つのきっかけで簡単に壊れることを、私は知っているわ」 

千早「私は春香が、真が……みんなが好きだから……今のままが一番いい」 

真「千早……それは違うよ」 


23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:07:28.16 :3401sQcg0

真「ボクたちの絆は、そう簡単に壊れたりなんてしないよ」 

真「ボクだってみんなが好きだよ」 

真「たとえば、プロデューサーがボク以外の人を選んでも、ボクはその相手を祝福したい思う」 

真「一番好きな人が選んだ人なら……それって素敵な人に違いないから」 

真「ボクだけじゃない。みんなもきっと同じように考えてくれてると思うよ」 

真「もちろん、ボクが選ばれたらそれが一番なんだけどね」 


24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:16:08.58 :3401sQcg0

貴音「千早、わたくしからも少しよろしいでしょうか」 

貴音「悩むことは大切なことです。しかし、そこから目を背けてはなりません」 

貴音「今の千早はただ恐れているだけでしかありません」 

貴音「逃げること、留まることはわたくし達には許されておりません」 

貴音「どんなことにも最初の一歩を踏み出さねば終わってしまうのです」 

貴音「わたくし達は、あの方と約束した通り、トップアイドルを目指しているのでしょう?」 

真「プロデューサーはどんなことがあっても、ずっとボクたちを大切にしてくれるよ」 

真「だから、嫌いになるなんてことは言わないでほしいな」 


25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:24:02.99 :3401sQcg0

真「千早、クッキーできたよ」 

千早「ええ……」 

真「はい、半分こ」 

真「春香に渡して、また元気をもらってきて」 

千早「春香に……」 

真「千早の元気がないと安心できないよ。それに、千早の泣き虫を叱るのは春香の方が良いし」 

千早「ありがとう」 

真「じゃあ……ボクは渡してくるね」 

千早「真……頑張って……」 

真「ありがとう、千早の応援は何よりのお守りになるよ」 

貴音「御武運を」 

真「貴音さんもありがとう」 


26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:30:18.75 :3401sQcg0

会議室 


真「プロデューサー!」 

P「おはよう、真。あれ、今日休みじゃなかったか?」 

真「はい!でもプロデューサーにお話したいことがあったので来ました!」 

P「悩み事か?」 

真「そうですね、でもそうじゃないです」 

P「んーどういうことだ?」 

真「プロデューサー、これ、受け取ってください」 

P「クッキー、か。ありがとう、手作りか?」 

真「はい!」 

P「前に比べたら随分上達したよ。焼き色も良いし、星型にもちゃんとなってる」 

真「これからのオーディションにも勝ち星を取れるように、星型にしてみました」 

P「験担ぎか。なかなかいいアイディアだな。うん、おいしいよ。隠し味のオレンジがいいな」 

真「それと……もう一つあります」 


真「プロデューサー、あなたのことが好きです」 


27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:34:35.48 :3401sQcg0

春香「千早ちゃん、おはよっ!」 

千早「おはよう……春香、久しぶりね」 

春香「うん、一週間ぶりくらいだよね」 

春香「えっとその、相談したいことがあるんだけどいいかな?」 

千早「ええ……」 

春香「元気なさそうだけど大丈夫?」 

千早「そんなことは……ないわ。それで相談したいことって?」 

春香「プロデューサーさんのことなんだけど」 

春香「先週のことなんだけど、プロデューサーさんに……えと、好きって告白されちゃった」 

千早「っ!」 


28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:40:36.65 :3401sQcg0

春香「すごく嬉しかった……でも、返事をする前に千早ちゃんに相談したかったんだ」 

千早「まだ……返事をしていないの?」 

春香「うん……」 

千早「私は……私は……春香が好きよ」 

千早「だから……春香が幸せになるのなら、応援するわ」 

春香「ありがとう、千早ちゃん」 

春香「最初は、すごく嬉しかったんだ」 

春香「でも、考えてるうちに私なんかがプロデューサーさんと付き合うのっていいのかなって思っちゃって……」 

千早「春香は誰よりも輝いているもの。『私なんか』なんて言葉は相応しくないわ」 

千早「プロデューサーなら、春香をきっと大切に、幸せにしてくれると思うわ」 


29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:44:50.06 :3401sQcg0

千早「プロデューサーは約束を守ってくれるから……春香を幸せにするという約束も必ず守ってくれるわよ」 

春香「約束……」 

春香「みんなは……私のこと、嫌いになっちゃうかな」 

千早「プロデューサーが春香を選んだのなら、納得してくれるはずよ」 

春香「……」 

千早「真や四条さんも保証してくれてるわ」 

春香「真と貴音さんも?」 

千早「ええ。私も春香と同じ質問をしたから」 

千早「だから、自信を持って、春香」 


30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:48:49.55 :3401sQcg0

千早「あと……これ、今日、真と一緒に作ったの」 

春香「クッキー……千早ちゃん、とっても上手になったね」 

千早「いろいろ勉強した成果かしら」 

春香「きちんと星型になってるね。前はちょっぴり大きかったけど」 

春香「隠し味でオレンジが入ってるね」 

春香「ありがとう……えへへ、おいしいよ、千早ちゃん」 


31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:55:01.75 :3401sQcg0

P「……ごめん」 

P「真が魅力的じゃないとか、そういうんじゃないんだ。ただ……」 

真「春香、ですよね?」 

P「……ああ」 

真「いつから好きになってたんですか?」 

P「気づいたのは……先週くらいかな」 

真「先週かぁ……一週間遅かったですね」 

P「思い切って告白してみた。まあ春香からはまだ返事は貰えてないんだけどな」 

P「でも……ごめん、真の気持ちには応えられない」 

真「いえ、ありがとうございます。きちんとふってくれて」 

真「もしかすると誤魔化されるんじゃないかって冷や冷やしてました」 

P「……できないよ。俺はその真剣なところが好きだからな」 


32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 22:59:28.93 :3401sQcg0

真「プロデューサーは酷いです。ふった直後に好きだなんて」 

P「……プロデューサーだからな」 

真「その、お願いがあります」 

P「なんだ?」 

真「もし春香と付き合うのなら、絶対に幸せにしてください。そうでないと……千早が悲しみます」 

P「ああ、もちろんだ」 

真「あと、ボクとの約束も……ちゃんと叶えてくれますよね?」 

P「真をトップアイドルにしない限りは死ねない。約束は必ず守るよ」 

真「ありがとうございます。これからもボクのプロデュース、お願いしますね!」 


33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:03:17.98 :3401sQcg0

真「千早」 

千早「真……」 

真「うん……プロデューサーに、ふられちゃった」 

千早「そう……」 

真「折角応援してくれたけど、ごめんね」 

千早「真は……頑張ったわ」 

真「ううん……ダメだよ。本気で行けなかったんだから」 

真「どうしてかな。どうしてこっちのクッキーを渡さなかったんだろう」 

真「一番好きな人に渡すのならハートの方なのに……どうして渡せなかったんだろう」 

真「大切なときに怖がっちゃうなんて、さっき千早のことを注意したばかりなのに」 


34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:08:59.57 :3401sQcg0

真「ボクは……ボクは……」 

千早「真……これを受け取ってもらえるかしら」 

真「それって春香に渡す……」 

千早「春香にはもう一つの方を渡したわ……どうしてかはわからなかったわ」 

千早「でも、これは真に渡したかったんだと思うの」 

千早「だから……私のハートを受け取ってもらえるかしら?」 

真「本当にもらっていいの?」 

千早「ええ、春香じゃなく、真に受け取って欲しいの」 

真「うん……ありがとう、喜んで……もらうよ」 

真「少しだけ……泣いても大丈夫かな?」 

千早「ええ、ここに……そぱにいるから、好きなだけ泣いて」 


35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:12:24.99 :3401sQcg0

春香「プロデューサーさん」 

P「春香……か」 

春香「この前の返事をしたいと思います」 

P「場所を変えようか。プライベートな話だからな」 

春香「いえ、ここでいいです」 

小鳥「律子さん、プライベートな話ってなんでしょうね」 

律子「小鳥さん、聞き耳を立てるなんて失礼ですよ」 

小鳥「でも、目の前でこんなこと言われたら気になりませんか?」 

律子「ニヤニヤしながら言わないでください」 

小鳥「律子さんも興味はありますよね?」 

律子「ノーコメントで」 

P「二人とも、黙ってください」 

小鳥「ぴょぉ……」 

律子「はぃ……」 

真「……」 

千早「……」 


36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:15:03.22 :3401sQcg0

春香「私、天海春香は、先週プロデューサーさんから付き合って欲しいと言われました」 

律子「!!」 

小鳥「ぴよっ!!」 

春香「すごく嬉しかったです」 

春香「プロデューサーさんが私のことをとっても想ってくれてると知って」 

春香「だから……」 

春香「だから……」 

春香「…………」 


春香「ごめんなさい、私はプロデューサーさんとはお付き合いできません」 


37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:18:33.82 :3401sQcg0

真「春香、どうして!春香はプロデューサーのこと好きじゃないの!」 

春香「さっき千早ちゃんと話して……だから思ったのかな」 

千早「私と……?」 

春香「プロデューサーさんは、私達との約束を覚えてますか?」 

P「あ……ああ。みんなをトップアイドルにする。それが約束だ」 

春香「まだ誰もトップアイドルになれていないですよね。だから、独り占めは……できません」 

P「春香、それが答えなのか?」 

春香「はい……ごめんなさい」 

春香「私じゃなくてもいいんです、千早ちゃんでも真でも、律子さんでも小鳥さんでも、誰でもいいんです」 

春香「私達がトップアイドルになれたときに、プロデューサーさんが一番好きな人を、選んでほしいんです」 


38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:21:17.03 :3401sQcg0

P「そうだった……な」 

P「まだ春香たちの夢を叶えてもいないのにな」 

P「みんなとの約束を、少しだけど軽く考えていたのかもしれない」 

P「まだまだ考えが甘いな……アイドルをフォローする立場なのにな」 

春香「そこが、プロデューサーさんのいいところですよ!」 

P「嬉しいやら悲しいやら、だな……」 

P「春香、みんながトップアイドルになったときに誰かを選ぶって話、約束してもいいか?」 

春香「はい!」 


39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:24:28.99 :3401sQcg0

定時 


P「はぁ……」 

律子「プロデューサー、今日はもう帰っていいですよ」 

P「え?」 

律子「仕事できないでしょう?」 

P「はぁ……わかる?」 

律子「真をふって、春香にふられたんですよね、今日」 

P「あはははは……真のことも知ってたか」 

律子「はい、小鳥さんから聞きました」 

小鳥「私は真ちゃんからクッキーをもらったときに直接聞きました」 

律子「今日早く帰ったくらいで何かあるわけではないですから、さっさと帰ってください」 


40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:27:05.64 :3401sQcg0

P「はぁ……律子にも嫌われた?」 

律子「ため息が鬱陶しいんですよ。あれからずっとため息しかしてないじゃないですか」 

P「すまん……今日はもうなんかやっぱりダメだ」 

小鳥「プロデューサーさん、雪歩ちゃんには気をつけてくださいね」 

小鳥「真ちゃんをふったんですから、埋められる覚悟くらいはしておかないと」 

P「雪歩には秘密でお願いします……覚悟はしていますけど」 

P「今日はお言葉に甘えてお先に失礼します」 

律子「お疲れ様でした」 

小鳥「お疲れ様でした~」 


41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:30:07.97 :3401sQcg0

小鳥「意外でしたね」 

律子「なにがです?」 

小鳥「春香ちゃんがプロデューサーさんをふるなんて、びっくりしました」 

律子「そうですね……春香らしい理由でしたけど」 

小鳥「これで律子さんにもチャンスはできたんじゃないですか?」 

律子「ど、どういう意味ですか?」 

小鳥「みんながトップアイドルになるってことは、まだまだ先のことです」 

小鳥「その間にアピールすれば……ぐっ!」 


42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:33:10.71 :3401sQcg0

律子「そういう小鳥さんはどうなんですか?」 

小鳥「私は春香ちゃんの次に立候補します」 

律子「なぜ春香の次に?」 

小鳥「最初に春香ちゃんが選ばれたのなら、春香ちゃんが最初に行くべきかなと」 

小鳥「それに、私は益々春香ちゃんことが好きになりましたし」 

律子「あの時の春香は、本当に引き寄せられるものがありましたね」 

小鳥「そうですね……ふられたとは言え、少しプロデューサーさんが羨ましかったですね」 

律子「じゃあ私も春香の次に立候補ということで」 

小鳥「えー」 


43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:35:34.96 :3401sQcg0

真「ねえ春香」 

春香「ん?」 

真「あれで良かったの?」 

春香「うん……きっと間違ってないと思う……」 

春香「でも、ちょっぴり後悔してるかも、えへへ」 

真「春香は強いね……ボクだったら、きっとすぐにOK出したよ」 

春香「真、ごめんね。真もプロデューサーさんに……」 

真「ううん。プロデューサーが春香のことが一番好きって言ったから、ボクも引き下がれたんだ」 

真「その春香が、ボクたちの約束を一番に考えてくれたんだから……」 

真「ありがとう、春香」 


44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:37:56.80 :3401sQcg0

春香「千早ちゃんのおかげだよ。直前までは受けるつもりだったもん」 

千早「私じゃないわ。あれだけの決意は、春香がしたものよ」 

春香「ううん。千早ちゃんの言葉と、このクッキーが勇気をくれたんだ」 

千早「そう……春香の役に立てて嬉しいわ」 

春香「あ、そういえば、オレンジの隠し味がもう少し利いたらもっと美味しくなるかも」 

真「えっ?」 

春香「ふぇ?」 


45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:41:33.76 :3401sQcg0

千早「隠し味にしたつもりはないんだけど……」 

真「うん……結構入れたよ。オレンジジュース」 

春香「で、でもちょっと感じただけ……」 

千早「一口もらってもいいかしら……」 

春香「うん」 

千早「……真」 

真「どう?」 

千早「特訓よ」 

真「失敗してたんだ……」 

春香「味見しないと……」 


46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:46:04.20 :3401sQcg0

真「ところで、春香もクッキー作ってきてるよね?」 

春香「え、えっ?」 

真「久しぶりに春香からお菓子の香りがしたから」 

春香「うっ……うん。実は久しぶりに作ったんだ……渡せなかったけど」 

真「渡してきたらどう?まだ間に合うよ」 

春香「でも、私プロデューサーさんに……」 

真「千早はどう思う?」 

千早「……良い考えね。そうするべきだわ」 

真「春香はプロデューサーに好きって言ったの?」 

春香「言ってない……かも」 

真「ずるいよね。春香だって伝えるべきだよ」 

春香「いいの……かな?」 

千早「春香!」 

真「頑張って!」 

春香「私、行ってくる……!」 

春香「千早ちゃん、あとでお家に行くね!」 


47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:48:20.91 :3401sQcg0

千早「真……どうして?」 

真「ボクも、千早みたいに一押しをしたくなった……っていうのはダメかな?」 

千早「ううん……そんなことないわ」 

真「はぁ……でも春香に全部持っていかれちゃった気がするなぁ」 

千早「春香のああいうところが素敵だから」 

真「でも、トップアイドルになってからってことは、ボクにもまだチャンスはあるってことだよね」 

千早「そうね、私達全員にあるってことになるわね」 

真「今度は……負けない」 

千早「応援はするけど……春香は強いわ。真に春香のようなことができるかしら?」 

真「ボクはボクらしくいくよ。春香の真似じゃダメだから」 


48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:50:43.94 :3401sQcg0

千早「ところで……真の家はこっちだったかしら?」 

真「今日は千早の家に泊まるよ?」 

千早「そう、買い物をしてから帰りましょうか」 

真「そうだね……っと。これ渡すの忘れてた」 

千早「クッキー?」 

真「千早からもらったからね。お返しだよ」 

千早「ふふ……ありがとう」 

千早「真」 

真「なに?」 

千早「好きよ」 

真「ボクも好きだよ、千早」 

千早「叫んでもいいかしら?」 

真「……たまになら、いいよ」 


49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:54:30.59 :3401sQcg0

P「はぁ……今日はいろいろと疲れた」 

P「明日は気持ちを切り替えないとな……」 

P「しかし……やっぱりふられるのは堪えるなぁ」 

春香「プロデューサーーさーん!」 

P「は、春香……先に帰ったんじゃないのか?」 

春香「はい、でもプロデューサーさんに渡すものがあるのを忘れてました」 

P「渡すもの?」 

春香「真と一緒ですけど、クッキーです!」 

P「はは……ありがとう」 

春香「さっきは……ごめんなさい」 

P「いいんだ。俺もちょっと気が早かったかなと思ってるんだ」 

春香「違うんです、まだ、私の気持ちは伝えてませんでした」 

春香「プロデューサーさんの気持ちだけ知ってるのはフェアじゃありませんから」 

春香「その……ごめんなさい」ちゅっ 

春香「私も、プロデューサーさんのことが一番大好きです」 



おわり 


53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 23:59:56.77 :3401sQcg0

以上になります。 

これでちはまこ料理シリーズは終わりになります。 
本当は続ける予定はなく、『お菓子を作る』だけで終わるつもりでした。(レパートリー的な意味で) 
料理の内容は、自分自身が実際に作ったレシピですので、粗が目立つ部分がありました。すいません。 
綺麗にまとまったかなーと感じていただければ幸いです。 

引用した曲。 
『お菓子を作る』→シュガー・シュガー/PARQUETS 
『やっぱりお菓子を作る』→アミュレット/PARQUETS 

御清覧、大変ありがとうございました。 


58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/06(月) 10:00:24.98 :KzSknJhf0

貴音「響」 

響「貴音、どうしたー?」 

貴音「一緒にうどんを食べましょう」 

響「自分、今撮影中なんだぞ……」 

貴音「大丈夫です」 

響「え、でも」 

貴音「大丈夫です」 

響「うっ……」 

貴音「大丈夫です」 

響「た、貴音ぇ」 

貴音「大丈夫です」 


59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/06(月) 10:01:18.92 :KzSknJhf0

貴音「ではこれを」 

響「うどん?」 

貴音「はい、うどん作りは大変困難でしたが、響のためを思えば何の障害にもなりませんでした」 

貴音「では早速食べましょう……はい、響。あーん」 

響「それやらないとだめ?」 

貴音「響はわたくしのことが嫌いなのですね……」 

響「ううっ……あーん……ずるずる」 

貴音「はぁ……響、どうでしょうか?」 

響「意外とおいしいぞ……ちょっと伸びてるけど」 

貴音「響への愛をたくさん入れされていただきました」 

響「貴音が時々怖いぞ……」 

貴音「大丈夫ですよ、響」 

響「でも、貴音がわざわざ手作りしてくれるなんて、自分とっても嬉しいぞ」 

貴音「響のその笑顔こそ、わたくしにとっては幸福の極みです」 

響「今度は自分が沖縄料理をいーっぱい作るから、楽しみにしてほしいぞ!」 

貴音「響」 

響「ど、どうした貴音?」 

貴音「はい、まだうどんはたくさんあります。遠慮せず、召し上がってください」 

響「十玉、二十玉、三十……よん……ご……」 

貴音「響への愛は何よりも大きいのです」 

おまけおわり



61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/06(月) 23:45:42.60 :KzSknJhf0

やよい「伊織ちゃん、はい、お弁当だよ」 

伊織「ありがとう、やよい。お昼がすごく楽しみよ、にひひっ♪」 

やよい「えへへ、伊織ちゃんが喜んでくれるなら毎日作ってもいいよ~」 

伊織「ダメよ。それだと私がやよいに作る日がなくなっちゃうじゃない」 

やよい「はわっ、そうでしたー」 

伊織「交互にお弁当を作るっていうのが約束でしょ?」 

やよい「うー今から明日の伊織ちゃんのお弁当がとーっても楽しみになってきました!」 

やよい「でも……できたら毎日伊織ちゃんにお弁当作ってあげたいかなーって」 

伊織「もう、そんな顔したら断れないじゃない」 

伊織「お弁当箱、もう一つ買いましょ」 

やよい「毎日張り切って作っちゃいます!」 


これくらいしか思いつかなかった。 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367665528