1:2012/09/15(土) 13:50:18.34 :tLNm26Bto
 
雪歩「帰り際に誰かと電話でよく喋ってるんです」 

P「普通だな」 

雪歩「お昼に仕事が終わると用事があるからって、すぐ直帰しちゃうんです」 

P「んー、珍しくはないな。俺もたまに……」 

雪歩「これは貞操の危機なんですよ!真ちゃんのっ!」バンッ 

P「はい?」


2:2012/09/15(土) 13:54:41.69 :tLNm26Bto

雪歩「まずは真ちゃんの携帯を取り上げて、電話の相手を確かめるべきです」 

雪歩「それが憚られるなら、せめて電話会社に通話記録を確認……」 

P「いやいやいや、ちょっと待て待て。いきなり何だって俺がそんな事しなきゃ」 

雪歩「プロデューサーでしょう!?」バンッ 

P「はい、プロデューサーです」 

雪歩「だったら!」 

P「何がだったらなの?」


3:2012/09/15(土) 13:59:23.41 :tLNm26Bto

雪歩「プロデューサーなら、アイドルのプライベートは把握しておくべきでは!?」 

P「うーん、それはそうかもしれないが」 

雪歩「かもしれない、じゃなくてそうじゃなきゃいけないんです!」 

P「それじゃあ、今日の雪歩のパンツの色教えてくれ」 

雪歩「イヤです」 





P「あれ?」


4:2012/09/15(土) 14:06:04.81 :tLNm26Bto

P「大体なぁ、真に限らずアイドルのプライバシーは尊重しt」 

雪歩「電話相手が男だったら!?貞操の危機なんですよ、真ちゃんのっ!!」バンッ 

P「親父さんかもしれないだろ?とりあえず、俺のデスクバンバン叩かないでくれ」 

P「つーか、真に男?今んとこ、女の子しか寄り付かないあいつに?」 

P「……ないわー」ヘラヘラ 

雪歩「どうしてそこまで楽観視できるんですか!?もっと真剣に」 

春香「それじゃプロデューサーさん、私行ってきますねー」 

P「おう、生放送頑張ってこいよー」ヒラヒラ 

雪歩「っ……もういいです!」ガタッ 

P「ん?……なーんか忘れてるような……何だったかな」


5:2012/09/15(土) 14:10:55.40 :tLNm26Bto

亜美「ほうほう、まこちんにカレシがねぇ」 

真美「まこちんも女の子だったんだねぇ」 

雪歩「感心してる場合じゃないの。電話の内容だと多分、今日……」 

雪歩「真ちゃんは電話の相手と二人きりで、お昼に会う約束をしてるはず」 

亜美「ほほう、顔に似合わず盗聴してたんだ、ゆきぴょん」 

雪歩「ううん、私は右斜め後方半歩後ろから見守ってただけ」 

雪歩「ともかくあなた達二人に手伝ってもらって、何とか阻止できたらと思って」


6:2012/09/15(土) 14:18:20.14 :tLNm26Bto

亜美「そだねぇ、亜美もまこちんのカレシ、気になるし……」 

真美「んっふっふ~、これは真美達が一肌脱いで」 

P「それは全力で阻止」ガシッ 

真美「!?」 

律子「あんた達は午後からレッスンでしょーが」ガシッ 

亜美「げぇっ!律っちゃん!!」 

P「サボろうとしたってそうはいかんぞ、二人とも」


7:2012/09/15(土) 14:22:16.04 :tLNm26Bto

真美「うあうあー……」ズルズル 

亜美「ざんねん!!あみの ぼうけんは ここで おわってしまった……」ズルズル 

P「……何をするつもりだか知らんが、程々にな。雪歩」 

雪歩「………」 





雪歩「……こうなったら、今日オフの人を呼び出して……!」ポパピプペ


8:2012/09/15(土) 14:28:39.35 :tLNm26Bto

美希「……あふぅ」ボケー 

貴音「今日も暑いですね、雪歩」 





雪歩「……なんか頼りない」 

美希「じゃ、帰っていい?」 

雪歩「ダメ」


9:2012/09/15(土) 14:32:03.16 :tLNm26Bto

貴音「美希、寝癖がついております」 

美希「雪歩から携帯で叩き起こされるまで寝てたから。仕方ないの」 

雪歩「もう……お昼奢ってあげるんだから、しっかりしてよ」 

貴音「それで、わたくし達は何をすれば……?」 

雪歩「真ちゃんが午前中のお仕事を終えて事務所から出てくるから、そこを尾行するんです」 

貴音「尾行、ですか」 

雪歩「という訳で二人とも、尾行しやすいようにコレで変装してもらいます」ゴソゴソ 

美希「ハンチング帽とサングラス?……ベタすぎない?」 

貴音「何やらワクワクしてきました」


10:2012/09/15(土) 14:37:23.20 :tLNm26Bto

美希「……あ、真君が出てきたの」 



真「~♪」フンフン 



貴音「鼻息混じりで上機嫌ですね。何かあったのでしょうか」ヒソヒソ 

雪歩「恐らくこれから待ち合わせ場所に向かうはず……さぁ、行きましょう」ヒソヒソ 

美希「ねぇ雪歩ー、ミキお腹空いたー」 

雪歩「シーッ!」ヒソヒソ


11:2012/09/15(土) 14:42:27.25 :tLNm26Bto

真「やっほー!待った?」 

「いえ、私もさっき来たばかりで……」 





雪歩「お、女……!?」プルプル 

貴音「ほう……真と同年代の女性、でしょうか」 

美希「何か全然問題なさそうだね。もう帰っていい?」 

雪歩「ちょっと待って!」 

美希「……何~?」


12:2012/09/15(土) 14:46:22.57 :tLNm26Bto

雪歩「真ちゃんは女の子と個人的にデートするような人じゃない!きっと何かワケがあるんです!」 

美希「えー?」 

雪歩「だって私ですらまだ誘ってもらったことないのに、あの女……!」ギリッ 



真「着いたばかりでなんだけど、お腹空いちゃって」グゥ 

「あはは、もうこんな時間ですしね……それじゃ、まずはお昼を済ませちゃいましょうか」 



貴音「む……どうやら二人でご飯を食べに行く模様ですね」 

美希「ご飯?それならミキも行くの!」


13:2012/09/15(土) 14:54:46.00 :tLNm26Bto

店員「らっしゃーせー、お二人様ですかー?」 

真「はい、禁煙席でお願いします」 

店員「こちらへどうぞー」 





店員「らっしゃー……」 

雪歩「三人です。さっき入ってきた二人と、なるだけ近い席にお願いします」 

店員「は、はぁ」 

美希「何食べよっかな~♪」


14:2012/09/15(土) 14:58:21.61 :tLNm26Bto

真「ミックスグリル一つお願いします」 

「それじゃ私は、このナポリ風ドリアのプチフォッカ付きで」 





店員「ご注文はお決まりデス?」 

貴音「そうですね……では、これを一つ」 

美希「ミキはね、カルボナーラと……」 

雪歩「……日替わりで」


15:2012/09/15(土) 15:03:17.13 :tLNm26Bto

「真さん、ちょっと」 

真「ん?」モグモグ 

「ハンバーグのソースが付いてますよ」フキフキ 

真「あっ……ありがとう」 





雪歩「っ……!!」バンバン 

貴音「見てください、雪歩。このご飯、丸くかたどられておりますよ!何と美しい……」 

美希「店員さーん、追加で生チョコケーキとマンゴージェラート!」


16:2012/09/15(土) 15:09:01.82 :tLNm26Bto

真「ふぅ、お腹一杯……ご馳走様でしたっと!」 

「ご馳走様でした」 





雪歩「あっ……私達もそろそろ出ますよ!」 

美希「まだ食べてるのに席を立つのは失礼なの」モグモグ 

店員「お会計は○千円となりまーす。オノコシはキョカされませーん」 

雪歩「うぐっ……!」 

貴音「りんごゼリー、まこと美味でした。玩具は付いてないのでしょうか?」 

店員「申し訳ありません、ウチは付けないシュギなんで」 

貴音「いけずです……」


17:2012/09/15(土) 15:15:18.73 :tLNm26Bto

雪歩「……四条さんはともかく、美希ちゃん連れてきたのは間違いだったかも」 

美希「そんな事ないの。あのお店、とってもおいしかったよ?」 

雪歩「ひ、人の金だと思って……!」 

貴音「シッ……静かに」 



真「色々とあそこで見てみたい服があるんだよね~」 

「真さんならどんな服も似合いそうですけど」 

真「うちのプロデューサーと同じ事言うんだなぁ、もう」 



雪歩「服選びなら私がいつもしてあげるのに……!」ギリッ 

美希「あの百貨店に入るつもりなのかな?」 

貴音「なかなかにふれんどりぃですね。行きましょう」


18:2012/09/15(土) 15:19:25.42 :tLNm26Bto

シャーッ 

真「どう?」ビシッ 

「うん、すごく似合ってますよ。とてもカワイイですね」 

真「でしょー?えへへ……皆否定的なんだよなー、ボクが選ぶ服」 

「そうですか……」 





雪歩「ダメだよ、真ちゃん……そんなフリフリ、私は認めないっ!」 

貴音「声が大きいです、雪歩」


19:2012/09/15(土) 15:24:32.12 :tLNm26Bto

シャーッ 

「ど、どうでしょうか、これ……」 

真「うわぁ、ピッタリだね!すっごくカワイイよ」 

「あはは……ふ、普段は、あんまりこういうの、着ないんですけどね」 

真「それは流石にもったいないよ、うん。今度から選んであげよっか?」 

「そ、それはちょっと考えさせて下さい」 





雪歩「私だったら即OK出すのに……あの女っ……!」ワナワナ 

美希「!……あの子、真君から離れてくの」


20:2012/09/15(土) 15:28:17.67 :tLNm26Bto

「えぇっと……真さんのは、どれにしようかな」 

美希「チョコナッツクランチ」 

「へっ?」 





美希「チョコナッツクランチ、オススメなの」キリッ 

「は、はぁ……」


21:2012/09/15(土) 15:32:33.88 :tLNm26Bto

「真さーん、買ってきましたー」 

真「そう、これこれ!ボクが一番好きな奴」ペリペリ 

「自販機で売ってるアイスなんて滅多に見ないもんですから、迷っちゃいました」 

真「行きつけのレッスン場の近くに、今でも置いてあってね~」 

真「プロデューサーと帰りによく食べるんだ」パクパク 

「そうだったんですかー」 

真「んん~!最高~」ホッコリ


22:2012/09/15(土) 15:37:41.74 :tLNm26Bto

美希「でもミキなら、ここはマカダミアナッツを選ぶの」ペロペロ 

雪歩「『ここはミキに任せて!』って、200円もしないアイス買いに行っただけ!?」 

美希「そうだよ?」ペロペロ 

雪歩「そうだよ?って……」 

貴音「……雪歩」 

雪歩「……何です?」 

貴音「わたくしは宇治抹茶ラテ、スティックタイプでお願いします」キリッ 

美希「えー?ミキはスティックよりワッフルコーンの方が……」 



雪歩「二人とも、いい加減にしてください!」ダンッ


23:2012/09/15(土) 15:41:31.79 :tLNm26Bto

雪歩「あの二人のデートをブチ壊すのが私達の目的だったじゃないですか!」 

貴音「そうだったのですか?」 

雪歩「そうなんですよっ!」 

雪歩「仲を引き裂くどころか、逆に手助けしてどうするんですか!?」 

美希「……でも、女の子同士だよ?何も問題ないと思うけど」 

貴音「雪歩……わたくし、人の仲を裂くというのは、あまり気乗りが致しません」 

雪歩「四条さんまで……!」


24:2012/09/15(土) 15:47:07.48 :tLNm26Bto

雪歩「……分かりました、もういいです」 

美希「もういいって?」 

雪歩「後は一人で、やりますから」ダッ 



貴音「な、何ということでしょう……」 

美希「ほっとけばいいんじゃない?」ペロペロ 

貴音「……美希、お金を貸していただけないでしょうか」 

美希「えっ?」ペロペロ 

貴音「このままでは、宇治抹茶ラテが買えません……!」


25:2012/09/15(土) 15:51:40.43 :tLNm26Bto

「!……ま、真さん」ソワソワ 

真「?……どうしたの?」 

「ちょ、ちょっとトイレ……行って来てもいいですか?」ソワソワ 

真「いいよ~。じゃ、ここで待ってるね」 





雪歩「真ちゃんを一人待たせてトイレ……!?」 

雪歩「私だったら漏らしてでも買い物に付き合えるのに、あの女っ……許せない!」


26:2012/09/15(土) 15:55:55.37 :tLNm26Bto

「………」キョロキョロ 

「……誰も、見てないよね」 

ガラッ 





雪歩「……女子トイレの方に行かず、多目的トイレに入った?」 

雪歩「あの中で一体何を……はっ!」 

雪歩「も、もしかしたら、このネタで真ちゃんから引き剥がせるかも!」


27:2012/09/15(土) 16:00:15.28 :tLNm26Bto

雪歩「カギは……」スッ 

雪歩「開いてる!……普段誰も使わないから、油断した……?」 

雪歩「これはチャンス……早速、中を」 



デーデーデー デーデデー デーデデー 

雪歩「!?」 

デーデーデー デーデデー デーデデー 

デーデーデー デーデデデデッ デッデーデーデ デデデッ 

pi 

雪歩「っ……もしもし!」 

春香『あ、雪歩?今大丈夫?オフの日に突然ごめんねー』


28:2012/09/15(土) 16:04:11.19 :tLNm26Bto

雪歩「何?今忙しいんだけど」 

春香『えっ?……あ、あのね、今私』 

雪歩「用がないなら切っちゃうよ」 

春香『あっ、ちょっと待って!今隣に』 


ブツッ 


雪歩「ったく……」 



デーデーデー デーデデー デーデデー


29:2012/09/15(土) 16:08:52.53 :tLNm26Bto

デーデーデー デーデデー デーデデー 

雪歩「………」 



pi 

春香『わ、わっほーい』 

雪歩「………」 

春香『あ、あのね、落ち着いて私の話を』 

雪歩「もう!いい加減にしてよ、ホントに!」


30:2012/09/15(土) 16:15:30.48 :tLNm26Bto

雪歩『春香ちゃんの話を聞いてるほど、私暇じゃないの!分水嶺なの!!』 

春香「そ、それは、うん、分かってるんだけど……分水嶺?」 

雪歩『分かってるなら、今は電話してこないで!それじゃ!』ブツッ 

春香「あっ、ちょっ……雪歩!?」 


ツー ツー ツー 


春香「………」 

タモリ「……間髪いれず、切られたねぇ」


32:2012/09/15(土) 16:19:59.11 :tLNm26Bto

春香『あ、あは……あははは……』 

タモリ『もしかして、嫌われてるとか?』 

春香『い、いえ!全然そんな事はないですよ!あはははは』 



P「」 

高木「これは……」 

真美「うっわぁ……思いっきり放送事故ってるよ」 

小鳥「や、やっちゃいましたね……」 

P「……雪歩だよ……そうだよ、完全に忘れてた……」ガクリ


33:2012/09/15(土) 16:24:13.91 :tLNm26Bto

雪歩「もう……どいつもこいつも私の邪魔ばかりして……!」 

DQN「おいそこの姉ちゃん、ちょっと通行の邪魔……」 

雪歩「うるさいっ!」バシッ 

DQN「あ?」 

雪歩「……あっ」 



DQN「何やねん、自分……ええ度胸してるやん」 

雪歩「」


35:2012/09/15(土) 16:28:22.60 :tLNm26Bto

雪歩「ご、ごごごめんなさいぃぃ……」ガクガク 

DQN「いやー傷ついたわー、ほんま傷ついたわー」 

DQN「あー、これは慰謝料もらわんとな。ちょっと話付けよか、この中で」グイッ 

雪歩「い、イヤですっ!は、放してくださいぃぃ……!」ブルブル 

DQN「けったいな帽子にグラサンはめとるけど……君、なかなかどうして、可愛い顔しとるやん」 

雪歩「ひっ……!」 

DQN「これはアカンなー、アカンアカン。さ、多目的トイレの中へ行ってQ……」 


ガラッ 


「……私の連れに、一体何してるんです?」


36:2012/09/15(土) 16:33:13.40 :tLNm26Bto

雪歩「あっ……!」 

DQN「な、何や、先客がおったんか……こんなん、ただの冗談やで、冗談。ハハハ」 

「……人、呼びますよ?」 

DQN「あ、アカーン!それだけはアカーン!」タタタ 



「だ、大丈夫ですか!?あいつに何か変な事、されませんでした?」 

雪歩「うっ……」 

「……?」 

雪歩「うわぁぁぁぁんっ!!」ブワッ


38:2012/09/15(土) 16:37:52.65 :tLNm26Bto

真「――という事があったらしいんですけど……」 

真「それからボクのそばを離れなくなっちゃってて」 

雪歩「………」ギュッ 

P「そ、それは災難だったな、雪歩……」 

真「その場にいたら、ボクもそいつをとっちめてやったんですけどねー」 

真「……って、プロデューサーも元気ないみたいですけど、どうしたんです?」 

P「いや……こっちもちょっと、色々あってな」ズーン


39:2012/09/15(土) 16:42:33.65 :tLNm26Bto

P「しかし、悪い事をしたな。せっかくのオフに事務所まで来る羽目になって」 

真「いえ、どうって事ないですよ。今日の予定はほぼ終わってましたし」 

P「そうか……雪歩、今から俺と二人だけで、ちょっと話せるか?」 

雪歩「は、はい……その前に少し、いいですか」 

P「ん?」 

雪歩「……真ちゃん」 

真「?」 

雪歩「連れの人の事、なんだけど……」


40:2012/09/15(土) 16:46:36.71 :tLNm26Bto

~翌日~ 


愛「ハッピバースデー、ツーユー!ハッピバースデー、ツーユー!!」 

愛「ハッピバースデー、ディーア涼さーん!!ハッピバースデー、ツーユー!!!」 

涼「ふーっ」 



愛「涼さん、お誕生日おめでとうございまーすっ!!!」パチパチ 

絵理「おめでとう、涼さん?」パチパチ 

まなみ「おめでとうございます」パチパチ 

石川「おめでとう、涼」パチパチ 

涼「ありがとう、みんな……私、とても嬉しいよ」グスッ


41:2012/09/15(土) 16:50:49.89 :tLNm26Bto

石川「そうそう、私からあなたにプレゼント……って程のものじゃないけれど」 

涼「えっ?」 

石川「テレビ、付けて御覧なさい」 

涼「は、はい」 


パチッ 


タモリ『いやー、それにしても昨日はビックリしたね~』 

雪歩『す、すみませんでしたぁ……』 



涼「あっ……」


42:2012/09/15(土) 16:55:05.71 :tLNm26Bto

タモリ『それじゃあ、お友達を紹介してくれないかな』 

雪歩『はい、えっと……私のお友達は、秋月さんを』 

タモリ『765プロの?』 

雪歩『いえ、そっちじゃなくて、秋月涼さんです』 

タモリ『へぇ~、秋月涼さん、ねぇ。仲いいの?』 



涼「わ、私!?」 

愛「涼さん、早く電話をっ!」 

絵理「ステンバーイ、ステンバーイ……」


43:2012/09/15(土) 16:59:04.74 :tLNm26Bto

涼「も、もしもしっ?」 

雪歩『あ、もしもし。秋月涼さん……ですか?』 

涼「は、はい!」 

雪歩『……先日は、本当にありがとうございました』 

涼「あ、いえ、とんでもないです……」 





雪歩『あの、今度また……お会いできませんか?』 

涼「えっ?」 

雪歩『その……真ちゃんと、三人で』


44:2012/09/15(土) 17:07:15.71 :tLNm26Bto

涼「さ、三人でですか!?……は、はい!大丈夫です!……はい、分かりました!」 

愛「涼さん、顔が真っ赤になっちゃってますよ?」 

石川「……胸が熱くなるわねぇ」 

まなみ「爆発しろって感じですね」 



タモリ『えぇっと、秋月涼さん?』 

涼「は、はい!初めまして、秋月です!」 

タモリ『明日の出演なんだけど、来てくれるかな?』 

涼「い、いいともー!」 



おわり


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1347684618