■四条貴音の「余興」シリーズ
貴音「ちん こんか、ですか」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:09:47 :G5RIGrGF0

P「なんでひらがなにしたんだ、貴音」 

貴音「いいえ、なんとなくですが」 

P「カタカナ苦手だもんな」 

貴音「はい、苦手です」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:11:46 :G5RIGrGF0

貴音「ちんすこう、ですか」 

P「なんで…って最初からひらがなだったな」 

貴音「はい」 

P「食べたいのか?」 

貴音「あるのならば是非」 

P「すまん、ない」 

貴音「そうですか…」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:13:28 :G5RIGrGF0

貴音「ぺぺろんちーの、ですか」 

P「食べるならオフの日にするんだぞ…?」 

貴音「いいえ、決して食べたいわけでは」 

P「そうか」 

貴音「えろい、でしょうか」 

P「意外とそうでもないな」 

貴音「そうですか…」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:15:07 :G5RIGrGF0

貴音「まんごー、ですか」 

P「ああ、一時期そこそこ流行ったよな」 

貴音「食べたいです」 

P「今度は食べたいのか」 

貴音「ありませんか?」 

P「さすがにないな ペペロンチーノくらいならどうにか作れるぞ」 

貴音「いいえ、まんごーの気分です」 

P「そうか…」 

貴音「はい」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:17:20 :G5RIGrGF0

貴音「ぴすたちお、ですか」 

P「ぴ、ピスタチオが食べたいのか?」 

貴音「あれを単体で食べるという方はそういないと思います」 

P「そうだよな」 

貴音「はい」 

P「じゃあどうしたんだ?」 

貴音「いってみただけですよ、ふふっ」 

P「そうか」 

貴音「……」ジーッ 

P「別にエロくないぞ」 

貴音「そうですか…」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:20:17 :G5RIGrGF0

貴音「くり、ですか」 

P「随分と直接的に来たな」 

貴音「?」 

P「えっ」 

貴音「単純に、もんぶらんなどが食べたいと感じました」 

P「あ、そうか、そうだよな 買ってくるか?」 

貴音「いいえ ここからだと少し距離がありますから 帰りに自分で買います」 

P「そうか ちょうど俺も食べたかったんだけど」 

貴音「では、一緒に買いに行きますか?」 

P「貴音が我慢できるなら帰りでいいんじゃないか」 

貴音「そうですね…」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:24:57 :G5RIGrGF0

貴音「ぱいの実、ですか」 

P「ああ たまに食べるとうまいよな」 

貴音「何層にも重なる生地の触感、そしてしんぷるながら裏切らないちょこれーと…」 

P「本当に貴音は何でも食べてそうだよな」 

貴音「拾い食いなどしません」 

P「そうじゃなくてだな どんな食べ物を挙げても食べたことあるって答えそうだって意味だ」 

貴音「いいえ、さすがにそれはないと思いますよ」 

P「…そうだよな」 

貴音「はい」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:30:23 :G5RIGrGF0

貴音「おまんじゅう、ですか」 

P「昨日社長が買ってきてくれたのがあるぞ そういや貴音まだ食べてなかったな」サッ 

貴音「なんと… 是非いただきます」ヒョイパクヒョイパクヒョイパク 

P「うん、まぁやると思ったけどな 春香と千早も食べてないから最悪でも2つは取っておいてくれよ」 

貴音「ぷろでゅーさー殿はいただいたのですか?」モグモグ 

P「ああいや でも貴音がうまそうに食べてくれた方が俺もうれしいからな」 

貴音「そうですか では遠慮なく」ヒョイパク 

P「少し遠慮しような」 

貴音「はい」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:32:21 :G5RIGrGF0

貴音「ふらんくふると、ですか」 

P「貴音 それはもう聞こえというよりルックスの話になってるぞ やめろ」 

貴音「…少し行きすぎましたか 失礼しました」 

P「いや、まぁいいけどな バナナとかゴーヤとかもだめだぞ」 

貴音「何故ごーやが…?」 

P「すまん 忘れてくれ」 

貴音「はい」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:35:05 :G5RIGrGF0

貴音「なめこですか」 

P「ああ… えっ、なめこ?」 

貴音「はい なめこです」 

P「うん 味噌汁とかに合うよな」 

貴音「えろいですか?」 

P「そうでもないな…」 

貴音「そうですか…」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:38:11 :G5RIGrGF0

貴音「みるくせーき、ですか」 

P「あれはあまり飲めないな… なんというか、飲むと喉と鼻の間あたりが痛くなる」 

貴音「濃いですから」 

P「そうだな…」 

貴音「濃いですから」 

P「わかったよ」 

貴音「はい」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:40:33 :G5RIGrGF0

貴音「ほっき貝、ですか」 

P「もはや食べたいものを言ってるようにしか聞こえなくなってきたぞ」 

貴音「申し訳ありません… すぐに浮かぶものが食べ物しかないのです」 

P「別に誤ることじゃないけどな 最初のレクイエムはどうした?」 

貴音「ちん こんか、ですよ」 

P「そうだったか …って一緒だよ」 

貴音「そうですね」 

P「…ほっき貝だっけ」 

貴音「それはもういいです」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:42:22 :G5RIGrGF0

貴音「おやこどん、ですか」 

P「おいおい上級者だな… どこで知ったんだ…」 

貴音「ふふっ 秘密です」 

P「うん、どの親子丼だ?」 

貴音「えっ 卵と鶏肉かと…」 

P「…そうだよな」 

貴音「何故落ち込まれたのです」 

P「すまん、なんでもないから気にしないでくれ」 

貴音「そうですか…」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:46:10 :G5RIGrGF0

貴音「ちゅっぱちゃっぷすですか」 

P「あ、それちょっとエロいな」 

貴音「本当ですか!?」パァ 

P「なかなかナイスな発音だと思った」 

貴音「ちゅっぱちゃっぷす」 

P「うんうん 貴音にチュッパチャップスのCMやってほしいな」 

貴音「こまーしゃるを取るには大きすぎると思いますが…」 

P「そうだな 自分でハードルあげてたわ… 忘れてくれ」 

貴音「ふふっ わかりました」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:48:36 :G5RIGrGF0

貴音「ぴーちぱい、ですか」 

P「ポプラおばさんのーってやつか」 

貴音「それは同社内の他作品ですよ」 

P「冗談だよ ピーチパイはちょっと語呂としては可愛い側だろう」 

貴音「か、かわいいですか…?」 

P「ああ かわいい」 

貴音「そうですか」パァ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:51:20 :G5RIGrGF0

貴音「かるぴすですか」 

P「そろそろうまい季節だな…」 

貴音「年間を通して美味だと思います」 

P「それはそうなんだけどな」 

貴音「かるぴす」ドヤ 

P「ドヤられても… あまりエロくない」 

貴音「そうですか…」 

P「まぁ、あきらめるな」 

貴音「はい!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:53:34 :G5RIGrGF0

貴音「ばーべきゅーですか」 

P「ああ… えっ、バーベキュー!?」 

貴音「はい、ばーべきゅーです」 

P「ばーべきゅーか… また海でやりたいな!」 

貴音「ええ…是非とも」 

P「……」 

貴音「……」 

P「な、なぁ バーベキューのどこにエロさを感じた?」 

貴音「しーくれっと、ですよ」 

P「そうか なら聞かないよ」 

貴音「えっ、あ… そうですか…」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12 19:56:29 :G5RIGrGF0

貴音「……ちゅろす、ですか」 

P「もうわからなくなってきたよ 貴音」 

貴音「そうですか… 私の勝ちのようですね」 

P「勝負だったのか… ん、まぁ俺の負けでいいよ…」 

貴音「ふふっ」 

P「…ふぅ …貴音は何もしてなくてもエロいぞ」 

貴音「そうですか…」 

P「ああ じゃあ、そろそろ休みも終わりだ 仕事に戻るぞ」スタスタ 

貴音「えっ なにもしなくてもえろい…ですか…?」 

貴音「どういうことなのです!あなたさま!」 

おわり


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336817387