1:2013/06/30(日) 17:35:48.21 :Hu/b3Pvuo

~原宿~ 

みく「にゃあああああっ」バタリ 

ちひろ「You WIN」 

雪歩「や、やりましたぁプロデューサー!」 

P「見てた見てた。まずは初勝利だな、良くやったぞ雪歩」 

みく「ぐぅぅ……」プルプル


2:2013/06/30(日) 17:38:07.82 :Hu/b3Pvuo

ちひろ「チュートリアル、お疲れ様でした。それじゃあみくちゃん……」 

みく「嫌にゃ!」 

ちひろ「え?」 

みく「みくは絶対自分を曲げないにゃ。だから絶対にスカウトされたりしないにゃ」 

ちひろ「ええっ!?」 

みく「み、みくはまだ……負けを認めてはいないにゃ!」スタタタ 

ちひろ「みくちゃん?ちょっと、みくちゃーん!?」


3:2013/06/30(日) 17:40:42.49 :Hu/b3Pvuo

みく「――あれから三日経ったにゃ」 

みく「あのプロデューサーチャンは、みくがいなくてきっと困ってるはず!」 

みく「何せ、みくがいないとチュートリアルから先に進めないからにゃ~♪」 



みく「さぁプロデューサーチャン、改めて勝負にゃ!」 

P「あ、チュートリアルの子か」 

みく「この三日間、鍛えに鍛えたこのみくの強さ……改めて、思い知るがいいにゃ!」ビシィ


4:2013/06/30(日) 17:43:34.60 :Hu/b3Pvuo

みく「ぎにゃあああああっ」バタリ 

ちひろ「You WIN」 

未央「いぇーい、プロデューサー見てるー?」 

P「見てた見てた。良くやったな未央」 



みく「ぐぅぅ……な、なぜにゃあ……」プルプル


5:2013/06/30(日) 17:46:09.55 :Hu/b3Pvuo

P「こっちも三日間、みっちり未央を鍛えたからな」 

ちひろ「ガチャも良く回してくれますしね」 

みく「そ、そんなのズルい!お金で解決だなんて卑怯だにゃあ!!」 

ちひろ「さぁ、次こそはプロデューサーさんに、ちゃんとスカウトされ……」 

みく「チュートリアルはまだ終わってないにゃ!……お、覚えてるにゃー!!」スタタタ 

P「あっ」


6:2013/06/30(日) 17:51:32.16 :Hu/b3Pvuo

~さいたま~ 

P「君が埼玉エリアのボスアイドルか」 

幸子「こんなにカワイイアイドルのボクに挑」 


ドカッ 


幸子「ぎゃふんっ!」ビターン 

P「!?」 

みく「ふふふ……プロデューサーチャン、もう一度勝負にゃあ!」


7:2013/06/30(日) 17:54:54.41 :Hu/b3Pvuo

幸子「な、なっ……何ですか、いきなり!ボクの前に立」 

みく「雑魚は黙ってるにゃ」 

幸子「はぁ!?」 

みく「みくはプロデューサーチャンに用があるのにゃ」 

幸子「こ、ここのボスはボクなんですけど!」 

P「……あーもう、どっちでもいいから。さっさとLIVEバトルしよう」 

みく「ぐぬぬぬ……その余裕の鼻っ柱、ここでへし折ってやるにゃあ!」 

幸子「だぁかぁらぁ!ここのボスは、ボクなんですけど!!聞いてます!?」


8:2013/06/30(日) 17:57:48.96 :Hu/b3Pvuo

幸子「む、むーん……」ガクッ 

みく「………」 

ちひろ「You WIN」 

藍子「ありがとうございましたっ」 

茜「うううう~~~、ボンバーーーーーーっ!!」 

未央「いぇーいプロデューサー、見てるー?」 

P「見てる見てる。流石だな、未央達は」 

みく「……ちょ、ちょっと待つにゃ!」


9:2013/06/30(日) 18:01:42.24 :Hu/b3Pvuo

P「何だよ」 

みく「ちゃんみおしか出さないんじゃなかったの!?」 

P「はぁ?誰もそんなこと言ってないぞ」 

みく「三人がかりとか……卑怯にゃ!姑息にゃ!反則にゃ!!」 

P「そっちも二人がかりだったろうが。だからどっちでもいいって言っただろ?」 

みく「……こ、今回のLIVEバトルは無効にゃ!」 

みく「つまりノーカウント!ノーカウントにゃあ!」スタタタ 

P「お、おい!」


10:2013/06/30(日) 18:08:19.07 :Hu/b3Pvuo

みく「む~……」 

みく「どうしてあのプロデューサーチャンに勝てないにゃ。絶対おかしいにゃ」 

みく「この際、真剣に考えてみるにゃ」 



みく「まず、みく自身に問題があるとは思えないにゃ。うん」 

みく「となると、やっぱりLIVEバトルで着る衣装が良くないせいにゃ。そうだよ、衣装が悪い!」 

みく「でも新しい衣装は普通に買うと高いし……」 



みく「あっ!だったらプロデューサーチャンから奪い取ればいいのにゃ!」ポン


11:2013/06/30(日) 18:14:36.33 :Hu/b3Pvuo

ドグシャァ 





みく「ぐぇあ……」ガクッ 

ちひろ「You WIN」 

P「ん?」


12:2013/06/30(日) 18:17:04.68 :Hu/b3Pvuo

みく「あ……ありのまま、今起こったことを話すにゃ……」 

みく「アイドルの衣装を奪おうとしたら、上からクローゼットが降ってきた……」 

みく「何を言っているのか分からにゃいと思うけど、みくも何をされたのか分からにゃい……」 





みく「……今のみくに足りないのは……やっぱり、力にゃ!」 

みく「プロデューサーチャンに勝てる位の、超強力な力が必要にゃあ……!」


13:2013/06/30(日) 18:21:11.33 :Hu/b3Pvuo

~数週間後~ 


バターン 


みく「プロデューサーチャン!今日こそ決着を付けるにゃあ!」 

P「やれやれ、また君か」 

みく「もうみくは、以前のみくとは違うにゃ。それを……」 

未央「ねぇねぇ、プロデューサー」 

P「ん?」


14:2013/06/30(日) 18:24:59.65 :Hu/b3Pvuo

未央「あの子さ……別に、倒してしまっても構わないんでしょ?」 

P「そうだなぁ」 

みく「……もうキレた。もうキレちまったにゃ……!」 

みく「こうなったみくは、もう誰にも止められないにゃ!」 

みく「絶対の、絶対に!容赦しないにゃあっ!!」ゴゴゴゴゴ 

未央「よーしっ、勝負だ~!」 

P「!……ま、待て未央!」 



みく「先生、お願いしますにゃ!」ササッ


15:2013/06/30(日) 18:35:28.67 :Hu/b3Pvuo

先生「天海春香、行きますっ!」ワッホイ 

未央「えっ」 


ドンガラガッシャーン 


未央「きゃああああああっ!」 

ちひろ「あらま」 

P「み、未央ーーーーーーー!!」 

先生「ありがとうございました!」イェイッ 

みく「やったにゃ……遂に、遂にプロデューサーチャンを負かしたにゃあ!」


16:2013/06/30(日) 18:38:31.43 :Hu/b3Pvuo

未央「プロデューサー……ごめんね、私……」ハァハァ 

P「もういい、喋るんじゃない!」 

未央「やっぱり……ノーマルで2コスじゃ、厳しかったよね……」 

P「馬鹿を言うな。俺のプロデュースに、強弱なんか関係ない」 

未央「グスッ……ありがと、プロデュー……」ガクリ 

P「!……未央っ!!」ギュッ 



みく「(……やっと勝てたのに、何だかものすごい罪悪感を感じるにゃ)」


17:2013/06/30(日) 18:41:31.52 :Hu/b3Pvuo

P「……前川ぁぁぁぁ!」ギロッ 

みく「ひっ……!」 

P「君にはもう、容赦はしない……!」 

みく「ふふふ、茜チャンと藍子チャンが来たって、みくは全然平気だにゃ~」 



未央A「やぁやぁプロデューサーくん。今日も頑張ってるかね?なーんて」 

未央B「やっほー!」 

みく「……にゃ?」


18:2013/06/30(日) 18:44:01.37 :Hu/b3Pvuo

未央C「プロデューサー、今日の私、どお?けっこー自信あるよ!」 

未央D「プロデューサー、コレ終わったら買い物だからね!ねっ♪」 

未央E「私のステージ、見ててよね♪」 


ゾロゾロ…… 


みく「こ、これは、どういうことにゃあ!?」 

P「ウチのフロントメンバーに決まってんだろ」 

みく「な、何で同一人物がこんなにいっぱい……!?」 

P「愛のなせる業に決まってんだろ、言わせんな恥ずかしい」


20:2013/06/30(日) 18:47:48.94 :Hu/b3Pvuo

みく「ふ、ふーんだ!どんなにちゃんみおが増えても、こっちには先生がいるにゃ!」 

みく「みく達はそう簡単には負け……」 



亜子「前川さーん、前川さーん」 

みく「?」 

亜子「ハイハイ、いやー探しましたよ前川さん。ちょっといいですかー?」 

みく「……誰?」 

亜子「毎度どーも。こちら、アイドルレンタルセンターでーす」


21:2013/06/30(日) 18:50:12.42 :Hu/b3Pvuo

みく「な、何の用にゃ」 

亜子「王道アイドル仕様の先生、お試し期間終了ですわー」 

みく「え、ウソ!?もう少し使えると思ってたのに……」 

亜子「と言う訳でね、先生を引き取りに来ました」 

みく「……今すぐ?」 

亜子「今すぐ」 

みく「も、もう少し待ってほしいにゃ。あとちょっとで終わるから!」 

亜子「お試し期間終了後のご利用は一年貸与契約に移行、支払いはトイチのリボ一択となっておりまーす」 

みく「!?……と、トイチのリボ払いだけは勘弁してほしいにゃ!払い切れる気がしないにゃあ!」


22:2013/06/30(日) 18:54:24.08 :Hu/b3Pvuo

亜子「ふひひ……またのご利用、お待ちしてまーす!でわでわ~」 



みく「(や、ヤバッ……先生がいないと、みくは……!)」 

P「もういいか?」 

みく「え、えっと……その」 

P「………」 



みく「……プロデューサーチャン!弱い者いじめは、良くないにゃあ♪」ニコッ


23:2013/06/30(日) 18:58:15.97 :Hu/b3Pvuo

みく「」チーン 

ちひろ「You WIN」 

P「………」 



みく「か、完敗にゃ……もう、みくの負けでいいにゃ」 

P「そうか」 

みく「……今度は逃げないにゃ。大人しくスカウトされてあげるにゃ」 

P「いや、もう間に合ってるから」 

みく「えっ?」


24:2013/06/30(日) 19:01:40.14 :Hu/b3Pvuo

P「猫系アイドルは他にもいるし」 

みく「にゃんですとぉ!?」 

P「これ以上増えるのもちょっとなぁ。今更感が」 

みく「そ、そんにゃあ……」 

P「でもまぁ、スカウトはするぞ。スカウトはな」 

みく「……つまり、どういう事……?」 



ちひろ「邪教の館へようこそ♪」 

P「ちひろさん、今日はこの子を材料に」 

みく「えっ」


25:2013/06/30(日) 19:04:25.13 :Hu/b3Pvuo

ちひろ「分かりました。どのアイドルをレッスンされますか?」 

P「丁度アナスタシアにネコ成分が欲しかったところなので。彼女をお願いします」 

みく「え?え?」ガタガタ 

ちひろ「では、すぐレッスンを行いますか?」 

P「えぇ」 



みく「ぷ、プロデューサーチャン……!?」ビクビク


26:2013/06/30(日) 19:07:47.99 :Hu/b3Pvuo

ちひろ「それでは合……レッスンを始めます♪」カタカタ 

みく「プロデューサーチャン!プロデューサーチャン!!」ドンドン 

P「なぁに、心配するな。御魂合体とそう変わらん」 

みく「プロデューサーチャン!これゲームが違うにゃ!……プロデューサーチャーンッ!!」ドンドン 

ちひろ「ポチっとな♪」ポチ 


シュワシュワシュワシュワ…… 


みく「にゃああああああああああああああ―――」ゴボゴボゴボゴボ


27:2013/06/30(日) 19:10:52.58 :Hu/b3Pvuo

― 

――― 

――――― 



みく「――っ!!」ガバッ 



みく「……はぁ、はぁ……!」 

みく「ひ、酷い夢を見たにゃあ……」ガタガタ


28:2013/06/30(日) 19:14:06.09 :Hu/b3Pvuo

~原宿~ 

みく「にゃあああああっ」バタリ 

ちひろ「You WIN」 

雪歩「や、やりましたぁプロデューサー!」 

P「見てた見てた。まずは初勝利だな、良くやったぞ雪歩」 

みく「ぐぅぅ……」プルプル


29:2013/06/30(日) 19:16:28.43 :Hu/b3Pvuo

ちひろ「チュートリアル、お疲れ様でした。それじゃあみくちゃん……」 

みく「………」 

ちひろ「みくちゃん?」 

みく「あの……も、もしみくが、ここでスカウトを断ったら……どうなるにゃ?」 





ちひろ「次は、ありませんよ?」ニコッ 

みく「!!!」ゾクッ


30:2013/06/30(日) 19:18:32.37 :Hu/b3Pvuo

みく「あ……あんなことされたのっ、初めてにゃあ!」ガシッ 

P「ん?」 

みく「ちゃぁ~んと責任、とってよねっ☆さぁ、みくをトップアイドルに仕立て上げるのにゃ☆」 

P「え……いや、まだ君をスカウトするとは決めて」 



みく「……仕立て上げて、ほしいにゃあ……」ウルウル 

P「お、おう……」


31:2013/06/30(日) 19:26:23.38 :Hu/b3Pvuo

ちひろ「――はい。テストの結果は良好でした」 

ちひろ「もちろん選択肢の方も、ちゃんと……えぇ、出来得る限りのチャンスを、彼女に与えました」 

ちひろ「その上で、どのルートや手段を用いても、きっちり叩き潰しますので」 

ちひろ「バグに対しては一縷の望みも持たせない事が一番ですよ、やっぱり」 

ちひろ「……そうですね、あまり手間もかかりませんでした。みくちゃんが素直な子で良かったです」 

ちひろ「これでもう、チュートリアルに関して、問題が起きる可能性は……」 

ちひろ「はい?」


33:2013/06/30(日) 19:30:40.40 :Hu/b3Pvuo

ちひろ「……えぇ?また不具合ですか」 

ちひろ「………」 

ちひろ「はぁ、特技の効果が……ナターリアちゃんと、笑美ちゃん、ですね」 

ちひろ「はい……では、告知はイベント終了後に」 

ちひろ「えぇ、修正の方は必ず……はい。それでは、失礼します」プツッ 



ちひろ「はぁ~……デバッグって大変ですねぇ。ホントに」 



おわり


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372581348