1:2013/08/07(水) 02:14:47.66 :BWeL5qXD0

~事務所~ 

P「ふーっ …スタドリあと何本あったかなぁ」 

ガチャッ 

P「ただいま戻りましたー」 


『きゃぁっ!!!』 


P「………」


2:2013/08/07(水) 02:18:39.67 :BWeL5qXD0

愛海「うひひひっ、可愛い声だね!拓海さん!」 

拓海「て、テメー…っ、愛海ッ!!さわんじゃねえっつってんだろッ!!!」 

愛海「そんな!目の前に立派な果実があるのに触らないなんて、果実に失礼だよっ!」 

拓海「…。一度痛い目見ないと、わからねぇみたいだなァ…?」 

愛海「うひっ、その台詞は聞き飽きたかなっ」 

拓海「そ、それ以上近づいたら、マジで殴るぞっ!」 

愛海「うひひひひ…じゅるり」ジリジリ 


P(…。またこれか…。)


3:2013/08/07(水) 02:19:31.12 :BWeL5qXD0

P「おはよーっ」 


拓海「あ、Pっ!」 

愛海「お。おはよう、プロデューサー」 

P「朝っぱらから何してんの?」 

拓海「良い所にきたっ!早くコイツを止めてくれッ!」 

愛海「今、いいとこなんだ…私の邪魔はしないでもらえる?」ジリジリ 

P「…。うん、仲良さそうで何よりです」 


4:2013/08/07(水) 02:20:15.84 :BWeL5qXD0

拓海「どこをどう見たら仲良しに見えるんだ!?」 

愛海「! 隙ありっ」モミッ 

拓海「うひゃぁっ!!」 

拓海「て、てめ~っ/// マジでぶん殴る!」ダッ 

愛海「ふひっ、そんなんじゃ当たらないよー」スカッスカッ 

拓海「くそッ! このッ!」スカッスカッ 


P「今日も事務所は平和です まる」


6:2013/08/07(水) 02:21:28.13 :BWeL5qXD0

愛海「い、いい加減…あきらめて…。その、特大黄金桃をもませてよっ!」ゼェゼェ 

拓海「はぁっ…はぁっ…ふざけんなっ!」ゼェゼェ 

P「あー…仲良いのはわかったから、準備運動はそれくらいにして…。午後からレッスンなのに、体力もたないぞー?」 

拓海「愛海に言えッ!コイツが大人しくすれば済む話だろ!?」 

P「愛海…」 

愛海「拓海さんに言ってよ!拓海さんが大人しくもまれれば済む話だよっ!?」 

P「た、拓海…?」 

拓海「ふざけんなっ!!」 

愛海「ふざけてません!『本気』と書いて『マジ』です!!」 


7:2013/08/07(水) 02:23:11.47 :BWeL5qXD0

P「う、うーん……。拓海?」 

拓海「却下」 

P「まだ何も言ってないんですけど…」 


拓海「アタシの方が大人なんだし、ちょっとくらい、触らせてあげよう。とか言うんだろ!?」 

拓海「いつもそのパターンじゃねえかッ!!」 


P「え、えーと、愛海…?」 

愛海「ヤだっ。私はね、夢を前に諦めたくないんだ…っ! この手に大きな夢を掴むまで!!」 

愛海「プロデューサー…、アイドルも一緒でしょ?」 

P「え、あ、そ、ソウナノカナー…?」


8:2013/08/07(水) 02:24:00.32 :BWeL5qXD0

拓海「なぁ。…前々から思ってたんだが」 

P「うん?」 

拓海「そこまで言うならなァ、P。お前が揉ませてやれば、いいんじゃねェ?」 


P・愛海「「!?」」


9:2013/08/07(水) 02:25:26.66 :BWeL5qXD0

愛海「え、良いの!?プロデューサーに、アンナコト、コンナコトしちゃって…いいの!?」 

P「ダメ。触れたら、コ□スから」 

拓海「アタシには、触らせておいて自分のはダメ…?世の中なァ、そんなにテメーに都合よくいかねェんだよッ!」ジリジリ 

P「うっ…」後ずさり 

拓海「愛海、アタシが抑えてやるから、思う存分揉め」 

愛海「イエッサー!!姐御!!」 

拓海「せっかく、そんな良いモン持ってるんだから、触らせてやれよッ なァ?」 

愛海「くぅ~っ ついに!!アタシの手に!!!あの、プロデューサーの!!!!E65が!!!!!」 

P「な、何でサイズ知ってんの!?というか、落ち着こう。ね?」 


10:2013/08/07(水) 02:26:53.12 :BWeL5qXD0

P「…(マズい)」 

拓海「観念しろ」ジリジリ 

愛海「うひ、うひ、うひひっ」ジュルジュルリ 

P「わ、わかったわかった。仕様がないなぁ…。今まで拓海には苦労かけてきたし、今回は私が生贄になるよ…」 

拓海「い、生贄って…アタシのことそう思ってたのかッ…!?」 

P「あ、あー…冗談ですよ冗談」 

拓海「テメェ…」プルプル 


拓海「ボロボロにしてやる…っ。いくぞ愛海ッ!」 

愛海「あいさーっ!!」 


P「ちょ、ちょーっとまったぁ!」


12:2013/08/07(水) 02:28:28.70 :BWeL5qXD0

拓海「…あんだよ?生贄になってくれるんだろ?」 

愛海「うひ?うひひ、ひひひ…」ジュルジュルジュルリ 

P「なる、なりますよ。けど、その前に! その…、愛海の、…ヨダレがついても困るから、拭いてくれない?」 

拓海「あ、あぁ?」チラッ 

愛海「うひ?」ジュルルルリ 

拓海「…。確かにこれは困るな。仕様がねぇなッ、愛海。ちょっとこい」 


拓海「ったくだらしねえな…」フキフキ 

愛海「ふぁい、ふみまふぇん」フキフキ 


14:2013/08/07(水) 02:29:45.62 :BWeL5qXD0

P「!」キラリッ 

その瞬間、愛海が見せた一瞬の隙を…Pは見逃さなかった 

P「せいッ!」ガスッ 


愛海「グッ!?」 


拓海「…は?」ポカーン 


愛海「   」 


P「…正義は勝つッ!」 


15:>>13すみません:2013/08/07(水) 02:32:55.58 :BWeL5qXD0

拓海「な、な、な…、なんつーことを…アタシだってやらねェぞ…」 

P「こ、これにて一件落着!」 

拓海「ひでェ…」 

P「いやぁ、正面から行っても、避けられそうじゃん?さっきの様子から見て」 

拓海「た、確かにそうだけどよォ…、これは流石に…」 

P「ま、まぁまぁ!悪は去ったんだし。良いじゃないかっ!」 

拓海「…。アタシの目の前に、巨悪が残ってるけどなァ?」 

P「て、てへ?」 


16:2013/08/07(水) 02:34:22.55 :BWeL5qXD0

加蓮「ねぇねぇ、Pさん。私の花嫁姿どうだった?」 

P「…とっても綺麗だったよ」 

加蓮「そっかっ。ありがとね。ふふっ」 

P「…うん」


17:2013/08/07(水) 02:35:57.87 :BWeL5qXD0

加蓮「あ、そうだ」 

P「…はい、なんでしょう?」 

加蓮「あの純白ドレス…とても素敵だったし、Pさんからも誉められてすごく嬉しいんだけど…。留美さんから聞いたんだ」 

P「…うん」 

加蓮「結婚前に白いドレスを着ると、婚期が遅れるんだって…Pさん、知ってた?」 

P「…まぁ、噂くらいは」 

加蓮「そっか。」 

P「…うん」


18:2013/08/07(水) 02:37:07.81 :BWeL5qXD0

加蓮「もし…。もし、だよ?」 

P「…うん」 

加蓮「私が結婚できなかったら…、Pさんが責任とってくれる?…ふふっ、なーんてね」 

P「…加蓮なら大丈夫だよ。美人だし、気が利くし、努力家だし、人気アイドルだし…。こんな娘ほっとくなんて、世の男どもの気がしれないから、ね?」 

加蓮「その……ありがとう…Pさんも素敵なプロデューサーだよ」 

P「…うん、ありがと」 

加蓮「~♪」


19:2013/08/07(水) 02:38:04.69 :BWeL5qXD0

P「…あの、加蓮ちゃん」 

加蓮「ん、どうしたの?」 


P「このやり取り何回目?」 


加蓮「えーと、…133回目。かな?」 


20:2013/08/07(水) 02:39:02.39 :BWeL5qXD0

P「な、何回やれば気が済むのかなー?一日一回、多いときは三回は、やってるよね?」 

加蓮「…うん。ごめんね?Pさんの口から、何度でも聞きたくて、つい…ね」 

P「うっ…。か、加蓮が良いなら良いけどさぁ・・・」 

加蓮「ふふっ、だからPさん好きだよっ」 

P「そうですか」 

加蓮「そうなんですっ」 


21:2013/08/07(水) 02:39:44.32 :BWeL5qXD0

P「…あの、加蓮ちゃん」 

加蓮「んー?」 

P「ただでさえ、ずっと密着しているのに、頬ずりはやめてくれる?」 

加蓮「えー」スリスリ


22:2013/08/07(水) 02:40:59.84 :BWeL5qXD0

P「もう夏だし、暑いんだって。この貧乏事務所はエアコンも入れてくれないんだよ?」 

ちひろ「…何か言いました?」ニコ 

P「な、何でもないでーす(どっから出てきたんだ…)」 

ちひろ「はぁ…。節電ですよ、節電。これも事務所の為なんですよ?…プロデューサーさんも、もっとお金の使い方を考えたほうがいいですよ」 

P「それもそうですね。それじゃぁドリンクと、ガチャから削っていこうかなと思います。」 

ちひろ「や、やだなぁ、プロデューサーさんっ!それは必要な出費じゃないですか!」 

P「…」 

ちひろ「あー、それにしても暑いですねー。エアコン入れてきますね~」スタスタ 


加蓮「んー♪」スリスリ 


P「…暑い」


23:2013/08/07(水) 02:42:07.14 :BWeL5qXD0

P「っていうかさ、加蓮」 

加蓮「んー?」スリスリ 

P「婚期が遅れるってあんま言わないでよ…。心配なのは、私の婚期の方なんだけど…」 

加蓮「えー、Pさんなら大丈夫だよ。その気になれば、すぐできると思うよ?美人だし」 

P「…。そいつぁ、どうも。相手いない、出会いもないのに、誉められたもんだー」 

加蓮「…結婚したいの?」 

P「いや、そういうわけじゃないけど?今は仕事が楽しいからね。でも、やっぱり、いつかはーって考えるとね」 

加蓮「そっか」 

P「うん」 


加蓮「…私がいるじゃん?」 


P「…へ?」ポカーン


25:2013/08/07(水) 02:43:37.14 :BWeL5qXD0

加蓮「だから、私がいるよ?」 

P「え、急にどうしたの?私がいるって何の話?」 

加蓮「だから…、結婚の話、でしょ? もうっ」 

P「デスヨネー」 

P「いや、いやいや、常識的に考えよう。ね?加蓮はアイドルだし、私はプロデューサー。それに、私たち女同士だから」 

加蓮「大丈夫。あなたが育てたアイドルだよ?」 

P「…う、うん?」 

加蓮「あなたが育てたアイドルだから。海外なら同姓結婚できる国もたくさんあるし、ね?」 

P「…育てた云々関係なくない?」 


加蓮「んー♪」スリスリ 


P「聞いちゃいねぇ…。」 



おわり


26:2013/08/07(水) 02:48:29.83 :BWeL5qXD0

くぅ疲 以上ですー 

流行に乗って、女性P、愛海でいってみたのですが 

注意書きするべきでしたね。不快な思いさせてすみませんでした。 

お付き合いありがとうございましたー 

html依頼出してきます

 
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375809287