1:2013/05/05(日) 01:47:19.10 :OjU4ScMxo

P「君、名前は?」 

智絵里「えっと......緒方...智絵里です......あの...その...頑張ります」 

P「あ、ああ、よろしくな」 

P(ずいぶんおどおどした子だな...) 

P「それじゃあ早速だけど君の曲を作ってもらいにいこうかな。その曲でレッスンとかするからね」 

智絵里「えっと...わかりました...」 

P「よし、それじゃあ車に乗ってくれ」


2:2013/05/05(日) 01:48:02.88 :OjU4ScMxo
━━━━━━━━━ 

帰りの車内 

ブロロロロロ 

P「良い曲ができるといいな」 

智絵里「は、はい...そ、そうですね」 

P「......」 

智絵里「......」 

P「...そ、そうだ、智絵里ちゃんは趣味とかあるのかい?」 

智絵里「その...クローバーを...集めてます」 

P「クローバー?四葉のクローバーを集めてるの?」 

智絵里「はい...幸せの象徴なんです」 

P「そうなのか」 

智絵里「......」 

P「......」 

P(会話が続かんなぁ)


3:2013/05/05(日) 01:48:33.66 :OjU4ScMxo

智絵里「......あの」 

P「あ、ああ、なんだい?」 

智絵里「えぇと...その...見捨てないでくださいね...?」 

P「ち、智絵里ちゃん...」 

智絵里「......」 

P(自信が無さ過ぎるのか?なんとかしなくちゃな...) 

P「とりあえず、帰ったらレッスンだからね」 

智絵里「あ、はい...」 

━━━━━━━━━ 

レッスン後 

P「どうですか、智絵里ちゃんは」 

トレーナー「そうですね...素質はあるんですが、なにせ引っ込み思案で...」 

P「そうですか...わかりました」 

智絵里「...あの、見捨てたりしないですよね...?」 

P「...智絵里ちゃん!」 

智絵里「!...な、なんですか?」 

P「特訓をするぞ!俺が一ヶ月特訓する!俺がアイドルとして智絵里ちゃんをしっかりプロデュースしてやるからな!」 

智絵里「は、はい...よろしくお願いします...」


4:2013/05/05(日) 01:49:03.10 :OjU4ScMxo

━━━━━━━━━ 

P「特訓とは!!自分自身と!!向き合うことだッ!!」 

智絵里「は、はい...それで、具体的には何をすればいいんですか...?」 

P「そうだな、まずは自分のことをよく見るんだ」 

智絵里「自分を...ですか?」 

P「ああ、まずは自分自身の理解から始めるんだ」 

智絵里「わかりました、頑張ってみます...」 

P(鏡と真剣に向き合う智絵里ちゃん可愛い)


5:2013/05/05(日) 01:49:29.35 :OjU4ScMxo

━━━━ 

P「次は街頭でパフォーマンスだ。昨日できたこの曲を流しながら、智絵里ちゃんをアピールするんだ」 

智絵里「や、やってみます...あ、あの......あ、行っちゃった...」 

P「智絵里ちゃん、笑顔が足りないな。ほら、笑って!」 

智絵里「こ、こうですか?」 

P「いや、まだだ。もっとにっこり笑ってみてくれ」 

智絵里「にっこり...え、えへ」 

P「よし!そのまま、そのまま!」


6:2013/05/05(日) 01:50:19.45 :OjU4ScMxo

━━━━ 

P「よし、CDを売るぞ。智絵里ちゃんが手渡しするんだ」 

智絵里「て、手渡しですか...?」 

P「ああ、そのほうが印象に残って、覚えてもらえる」 

智絵里「わ、わかりました」 

P「ほんとはお店に置いてくれるといいんだけど、まだ知名度が低くてな...これから頑張ろうな」 

智絵里「はい...あ、来ました...えと、あの、わたしのCD......」


7:2013/05/05(日) 01:50:47.34 :OjU4ScMxo

━━━━━━━━━ 

一ヵ月後 

P「よし、特訓終わりだ!一ヶ月頑張ったな!」 

智絵里「Pさんのおかげです!あの...これからもよろしくお願いします」 

P「おう、よろしくな、智絵里ちゃん」 

智絵里「あの...」 

P「なんだ?」 

智絵里「その...ち、智絵里って呼んでくださいっ」 

P「おう、わかったぞ智絵里」 

智絵里「えへへっ♪」


17:2013/05/05(日) 23:54:51.51 :OjU4ScMxo

P「よし、そろそろレッスンだったな。頑張れよ」 

智絵里「はいっ...いってきます!」 

P「いってらっしゃい」 

バタン 

P「『Pさん』か...プロデューサー、と呼ばれてたころよりは打ち解けてきたのかなぁ」 

P「まぁなんにせよ積極的なのは良い事だな」 

ガチャ 

智絵里「Pさんっ」 

P「...ずいぶん早いな。というか今でていったばかりじゃないか」 

智絵里「あの...これ渡したかったんです」 

P「ほう、四葉のクローバーか」 

智絵里「はい、クローバーです。Pさんにも...幸せがあるようにって」 

P「ありがとうな、智絵里」 

智絵里「えへ...Pさん、クローバーですよ」 

P「ああ、クローバーだな」 

智絵里「...CLOVERですっ」ズイッ 

P「あ、ああ...顔近いぞ」 

智絵里「もう...レッスン行ってきますっ」 

バタン 

P「...クローバー...CLOVERか...花言葉はなんだったかな」 

P「さて、これは栞にでもしようかな」 


18:2013/05/05(日) 23:57:39.26 :OjU4ScMxo

━━━━━━━━━ 

とあるオフの日 

智絵里「Pさんと四葉のクローバー探し...楽しみです」 

P「たまにはこういうのもいいなぁ」 

智絵里「四葉探しにはこつがあるんですよっ」 

P「ほう、じゃあ教えてもらおうかな」 

智絵里「はい...えっと、中心に向かって円を描くように探すといいんですよ」 

智絵里「あとは...ひとつ見つかるといくつか見つかることが多いです...あ!ほらっ」 

P「おお、綺麗な四葉のクローバーだ」 

智絵里「それじゃ...幸せを探しましょうね、Pさん」 

P「おう。さて、どこにあるかな...」


19:2013/05/05(日) 23:58:36.09 :OjU4ScMxo

━━━ 

P(うーん、意外と見つからないな...) 

智絵里「ラ~~♪ラララ~~~♪」 

P(智絵里もだいぶ変わったよな...) 

P(人見知りもだいぶ減ってきたし...まだ少しおどおどしてるがそこもまた可愛い) 

P(だが、最近俺に近づきすぎな気がする) 

智絵里「Pさん、ありましたか...?」 

P「うおぉ!びっくりした...」 

智絵里「ご、ごめんなさい...」 

P「いや、別にいいよ...クローバーはまだ見つからないよ」 

智絵里「そうですか...じゃ、じゃあわたしも一緒に探しますっ」ピトッ 

P「ああ、頼むよ。それはそうと、そんなにくっつく必要はないんじゃないかな」 

智絵里「こ、こうしたほうが...その、見つけやすいんです!」 

P「そ、そうか」 

智絵里「はいっ...どこかな...」 

P(やばい、いろいろと。智絵里ってこんな子だったっけ...) 

智絵里「あ、ありました!...ほら、ここ」 

P「お、あったあった。ん?二本あるな」 

智絵里「ほんとだ...わたしとPさんみたい...幸せです」 

P「そ、そうか、それは良かった」


24:明日って今さ(一日遅れ):2013/05/08(水) 00:38:19.27 :552RXNlNo

━━━━━━━━━ 

某日 

P「......」カタカタ 

智絵里「......」 

P「......」カタカタ 

智絵里「...あの、Pさん」 

P「んー?」カタカタ 

智絵里「その...チョ...チョ...」 

P「?...なんだ?」 

智絵里「チョップです、えいっ」ペシ 

P「いたっ」 

智絵里「ご、ごめんなさい...痛かったですか?」 

P「いや、全然痛くないよ。でもなんで急にチョップなんか」


25:>>9今更ですが画像ありがとうございます:2013/05/08(水) 00:39:11.20 :552RXNlNo

智絵里「チョップは関係なくって...あの...こ、これ!バレンタインのチョコですっ...受け取ってくれますか...?」 

P「ああ、ありがとう!それじゃ失礼して...ふむ、ハート型が四つか」 

智絵里「それはクローバーですっ!」 

P「おっと、すまんすまん。智絵里といえばクローバーだったな」 

智絵里「Pさん、知ってますか?四葉のクローバーには、一枚一枚に意味があるんです...」 

P「知らなかったなぁ」 

智絵里「それでですね...四枚揃っても意味があるんです」 

P「ほう、それはすごいな。どんな意味なんだ?」 

智絵里「『True Love』ですっ...そ、それじゃあお仕事行ってきますね!」 

バタン 

P「...ふぅ、なんだこの胸の高鳴り......それにしても、真実の愛か」 

P「チョコ食べようかな......お、四つとも味が違うのか」 

P「...おいしい」


27:2013/05/08(水) 01:22:18.19 :552RXNlNo

━━━━━━━━━ 

某日 

P「......」カタカタ 

智絵里「......」 

P「......ふぅ」カタカタ 

智絵里「......」 

P「...智絵里、そろそろ帰ったら?」 

智絵里「...今日は...帰りたくないです...」 

P「ほう、なにかあったのか...あったんだろうな」 

智絵里「...は、はい...とにかく今は...」 

P「ふむ...近所に宿泊施設は無いしな...すまないが事務所で我慢してくれ」 

P「毛布と布団はあるから、向こうの部屋で寝てくれ。あと、シャワーはレッスン場のを使ってくれ」 

智絵里「あの...Pさんは帰っちゃうんですか...?」 

P「え、いや、まあそれは...」 

智絵里「一人は寂しいから...Pさんもいてくれませんか...?」 

P「し、仕方ないな、でも俺は事務所のソファで寝るからな」 

智絵里「...ありがとうございますっ」


28:2013/05/08(水) 02:03:37.08 :552RXNlNo

━━━━━━━━━ 

智絵里「Pさん...どうですか、わたしのパジャマ...」 

P「おお、可愛いな。髪を下ろした智絵里も良いな」 

智絵里「えへへ...♪」 

P「よし、明日も早いし、もう寝ようか」 

智絵里「あ...布団ありがとうございます」 

P「おう、お休み。良い夢見ろよ」 

智絵里「はいっ...おやすみなさい...」 

バタン 

P「......」 

P(最近、智絵里が積極的じゃないか) 

P(こないだ手をつないでくれって言われたときはどうしようかと...嬉しいけど) 

P(ただ...なんでチョップなんだろう)


31:>>29なにそれ最高じゃん:2013/05/08(水) 23:00:29.50 :552RXNlNo

P(さて、そろそろ俺も寝よう) 

━━━━ 

P「......」 

P「......グー」 

......サン...テ... 

P「...ん...グー」 

...P......キテ... 

P「...んー...」 

智絵里「...Pさん...起きて...」 

P「...なんだ、どうした智絵里」 

智絵里「えぇと...その......レが...」 

P「レ?」 

智絵里「...トイレが怖くって...あうぅ...」 

P「...十六歳なんだからそのくらい一人で...」 

智絵里「...お願い...Pさん...」 

P「仕方ないなぁ...」


32:2013/05/08(水) 23:01:05.56 :552RXNlNo

━━━━ 

智絵里『Pさん...いますか...?』 

P「ああ、いるよ...ふあぁ」 

智絵里『あの...置いていかないでくださいね...』 

P「ああ...ねむ」 

P(ああ...なんか心地良い水音が...眠くなる...)フラッ 

カチ 

智絵里『きゃっ!Pさんっ...暗いです...!』 

P「...グー」 

智絵里『...Pさん...?あの...怖いですっ』 

P「...はっ!おっと、すまんすまん」


33:2013/05/08(水) 23:01:36.80 :552RXNlNo

━━━━━━━━━ 

智絵里「もうっ...すっごく怖かったんですよ...?」 

P「すまんな...ついうっかり」 

智絵里「...チョップです。えいっ」ペシ 

P「あはは、それじゃあおやすみ」 

智絵里「...おやすみなさい」 

P「...智絵里、寝る部屋は向こうだぞ」 

智絵里「怖いんですっ...電気が急に消えたから...だから...一緒に寝てください!」 

P「え、いや流石にそれはちょっと」 

智絵里「お願いしますっ...ダメですか...?」 

P「う...し、仕方ない...布団持ってくるか...」 

智絵里「やったぁ!...えへへ」


34:2013/05/08(水) 23:02:10.61 :552RXNlNo

━━━━━━━━━ 

P「よし、こんどこそおやすみ」 

智絵里「...おやすみなさいっ」 

P「......」 

智絵里「......」 

P(ふぅ...最近の智絵里はぐいぐいくるな...) 

P(それよりも、ご家族となにかあったんだろうか...場合によっちゃ訪問も考えなくちゃな) 

智絵里「......Pさんは寝たかな...」 

P(おやっ?) 

智絵里「...えへへ、四葉のクローバーは幸せの象徴でした」 

智絵里「たぶん...Pさんに会えたのもクローバーのおかげ、です」 

智絵里「わたし...とっても幸せですよっ」 

P(智絵里...良い子だ...) 

智絵里「...今なら...」モゾモゾ 

P(...ん?近づいてきた?) 

智絵里「ちょっとずるいかも...だけど今なら...」 

P(...これはまずい...どのタイミングで起きるか...) 

智絵里「ほっぺたなら...Pさんっ...」スッ 

P(今か...起きるか)


35:2013/05/08(水) 23:02:47.66 :552RXNlNo







智絵里「...やっぱりチョップですっ...えいっ」ペシ 







P「いて」


37:2013/05/08(水) 23:35:04.20 :552RXNlNo

━━━━━━━━━ 

智絵里「起きちゃいましたね...」 

P「そりゃ起きるわ。あと自分の布団に戻りなさい」 

智絵里「...まだ...わ、わたしには無理...」 

P「......眠れないのか?」 

智絵里「...Pさん...あの、お話してもいいですか...?」 

P「ああ、なんだい」 

智絵里「...もし、もしもですよ...もしも、この事務所の子が、Pさんのことを好きだとしたらどうしますか?」 

P「ふむ...それは、男として、か?」 

智絵里「...はいっ」 

P「そうだなぁ...俺も一人の男だから、嬉しいが...一応社会的な面子もあるからな」 

智絵里「そうですか...じゃあ...も、もし、もしも...」 

P「もしも、なんだ?」


38:2013/05/08(水) 23:35:31.19 :552RXNlNo

智絵里「...もしも、その子が...わ、わたしだったら...?」 

P「ぐ...う、うーん、そうだな...」 

智絵里「...えへへ、今はいいですっ!...もう少し、このままで...」 

P「そ、そうか...お、おやすみ」 

智絵里「おやすみなさい......えいっ!」ギュッ 

P「おい、それは流石に...」 

智絵里「......すーー」 

P「......寝よ」


39:2013/05/08(水) 23:36:13.74 :552RXNlNo

━━━━━━━━━ 
━━━━━━ 
━━━ 

智絵里「Pさんっ...起きて!」 

P「ううん...おはよう智絵里...」 

智絵里「...おはようございますっ!...それより仕事ですよ!」 

P「え...げ、こんな時間かよ!!早く着替えて行くぞ!」 

智絵里「は、はいっ」 

P「仕方ない、朝飯は車内で食べるとして...ああ!なんでアラームかけなかったんだ!」 

智絵里「Pさん、準備終わりました...」 

P「よし行くぞ、智絵里!」 

智絵里「...はいっ!」 




Pさん、好きですっ...いつか、きっと......これからもよろしくお願いしますっ!


40:2013/05/08(水) 23:36:40.79 :552RXNlNo

終わり 

ここまで書き足りないと思った子は初めてだ 


チエリスト目指して頑張ります


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367686038