!) 

モバP「フツウの日常」というSSの続きのようなものになります。 
(その後、柚→比奈→仁奈と、一応のメインを決めてシリーズが続いています) 


柚、比奈、仁奈、楓さんの四人がPとのんびりする、 
というだけのSSですので、未読の方でもよかったらよろしくどうぞ。


2:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:36:35.82 :AKORdv7Wo

カコン 


楓「…ぷはっ……」 

楓「ほらプロデューサーさん。飲んでますか?」 

P「はいはい。飲んでますよ」 

楓「むぅ…つれないですねぇ…。おつまみもたくさんありますよー」ガサ 

P「どうも」 

P「…あの、楓さん」 

楓「はい?」ポリポリ 

ダラーン 

P「くつろぎすぎです」 

楓「そうですか?」 

P「ええ」 

比奈「どこ見てんでスか」カリカリ… 

P「言いがかりだ」 

楓「?」チビチビ


3:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:37:09.65 :AKORdv7Wo

P「ここは事務所ですよ」 

楓「ええ。知ってますよー」ニコ 

P「……そうですか」 

比奈「ま、湯上り楓さんに見惚れるのは分かりまスけどね」グビ 

P「だろ?」 

比奈「かまかけでス。この変態」ポイ 

P「んがっ」カコーン 

柚「ストライクー♪」 

比奈「ばーか」


4:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:37:57.51 :AKORdv7Wo

楓「銭湯、気持ちよかったですね」ホッコリ 

仁奈「ですー」 

楓「ふふ。仁奈ちゃんは髪の毛ももふもふねー」サラ… 

仁奈「楓おねーさんのお手入れは気持ちいいですよ……フワフワーってして、…眠くなっちまうです…」ウトウト 



P「酒を片手に仁奈の相手をするのはどうなんですかね」 

比奈「…缶を置きっ放しにしておくよりはいいんじゃないでスかね」


5:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:38:42.32 :AKORdv7Wo

柚「ぽりぽり」 

P「バタピーは鉄板だよな」ポリポリ 

柚「だねー」 

比奈「柚は飲んでないっスよね?」 

柚「飲んでるよー♪」 

P「コーラじゃねえか」 

柚「えへへー」 

比奈「(可愛い…)」ポリポリ 

P「お前も可愛いぞ」ポリポリ 

比奈「ふえ?」 

P「ジャージ姿で、ペンと缶ビールを持ち変えつつバタピーをつまむところにお前の魅力があるよな」 

比奈「…。あ、もしかして私バカにされてるっスか?」 

P「そんな子が可愛い衣裳を来たときの破壊力は異常」モグモグ 

比奈「…。どもでス…」チビチビ 

柚「ぐびぐびー」


6:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:39:18.28 :AKORdv7Wo

仁奈「……もふ…」コク 

楓「仁奈ちゃん。もう寝る?」 

仁奈「…まだ…起きていたいですよ……せっかくの、お泊り…」ウト 

比奈「無理はよくないっスよ」 

P「そうだな」ナデ 

P「…明日はお休みだからな。起きてからだって遊べるだろ?」 

仁奈「…そうで、ごぜーますね…」 

仁奈「分かりやがりました。では…また明日…みんなで、モフモフするですよ…」 

P「(もふもふするのか)」 

比奈「ふふ。約束しちゃいましたね」 

P「……まあ、いいさ。仕事じゃないなら、きぐるみくらいいくらだって着てやるよ」 

柚「おっ。Pサンなんだかオコトマエだね?」 

P「オコトマエってなんだよ」 

楓「ぷふっ」 

P「あ、別に駄洒落じゃなくてもいいんですね」


7:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:40:14.31 :AKORdv7Wo

仁奈「ほんとでごぜーますか?」ムニャ 

P「おう」 

比奈「…それにしても、けっこう嫌がっているのかと思いましたけど…着るときにはすんなりそうするんでスね」 

P「まあな」 

P「…こうして欲しいって言われて、いつでもはいはいって言うこと聞いて、甘やかすのはだめだと思うんだよな。まあ明日はお休みだしいいかなって」 

比奈「……」 

P「まあ、仁奈みたいなしっかりした子にはよけいな気遣いかもしれないが」ナデナデ 

仁奈「…えへへ…」 

比奈「……。プロデューサーって、やっぱ腐ってもプロデューサーでスね」 

P「前も聞いたぞ、それ。お前はそんなに俺を腐らせたいか」 

比奈「えへ。プロデューサー、私と一緒に腐りましょうよー」ダキッ 

P「どんな口説き文句だ!」 

楓「むー。プロデューサーさんは、私と一緒にふやけるんですよー」グイ 

P「普通に一緒に温泉に行きたいって言えないんですか」 

楓「…っ…」プルプル 

P「だから自分の発言で笑っちゃだめでしょ」


8:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:41:05.38 :AKORdv7Wo

柚「…ええっと」 

P「?」 

柚「……アタシは、どうしよっかな…」ンー 

P「べつに無理に流れに乗る必要はないと思うが」 

柚「いやっ」 

ダキッ 

柚「アタシだって、Pサンのことが好きだもん!♪」 

P「…」 

P「あ、ありがとう」 

比奈「顔が赤いでスよ」 

P「うるさいな。好きだなんて言われたことないんだよ」 

比奈「へえ?」 

P「なんだよ」 

比奈「いえ。白々しいなって」 

P「失敬な」 

楓「もうプロデューサーさんったら。まだ赤くなるには早いですよー。もっと飲みますよー」プニプニ 

P「ふぁい」 

柚「♪」//スリスリ


9:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:41:49.57 :AKORdv7Wo

仁奈「仁奈も!」バッ 

P「うおっ」 

ダキッ 

仁奈「…Pのこと……大好きでやがります…」ニヘラ 

モフッ 

仁奈「…くぅ」 

P「……体力が尽きたな」ハハ 

比奈「最後の力を込めて、プロデューサーに愛を伝えたっスね」 

P「重いわ」 

比奈「あ、私も一応プロデューサーのことは好きでスよー」ニヘラ 

P「軽いわ」 

楓「分かるわ」 

P「怒られますよ」


10:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 15:42:48.03 :AKORdv7Wo

仁奈「…もふ…」zz… 

柚「へへ。仁奈ちゃんは可愛いなー…」ナデナデ 

柚「それじゃアタシはそろそろ寝るね。仁奈ちゃんと一緒に」ヨイショ 

仁奈「もふ…」 

P「悪い。頼むな」 

柚「うんっ。じゃーオトナのみなさんは、ごゆっくりー♪」 

比奈「お休みっス」 

楓「よく休んでね」ニコ 

パタン 

P「…ま、俺たちも酒はほどほどにしときましょうね」 

楓「えー」ブー 

比奈「そうでスね。私は原稿もありまスし…」チビチビ 

P「……ほどほどにな」グビ


17:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 21:41:49.66 :TwBdSafDO

こんにちは。 
高垣楓といいます。 


ええっと…そうですね…。 


楓「…」 

P「? 楓さん、どうかしましたか」 

楓「…エビ…」ボソ 

P「?」 


好きな食べ物は、エビです。 


比奈「(ゆるい自己紹介っスね…)」チビチビ


18:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 21:44:53.27 :o/3VVAHWo

P「ふあ…それにしても」 

P「…いろいろありましたね。この事務所も」 

楓「ふふ、そうですね」 

楓「…いつの間にか、若い子たちと四人で、…とっても楽しくお仕事ができました」 

比奈「ちょうど五歳ずつくらい違うんでスよね。私たち」 

比奈「プロデューサーは、なにか考えがあって私たちを四人組にしたんでスか?」 

P「いやなにも」キッパリ 

比奈「…」エー 

P「…仲がよさそうだったから、ってだけだよ。正直」チビチビ 

比奈「雑でスね」 

P「いいんだよ。というか、それを言ったら俺を含めて五人まとめて適当な性格してるし」 

比奈「否定できないでス」 

楓「? 比奈ちゃんはしっかりしてると思いますよ?」 

P「あなたがしっかりしてください」 

楓「えへへ」 

比奈「(可愛い…)」


19:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 21:48:44.01 :TwBdSafDO

比奈「やっぱり、柚の怪我はきっかけになったんでスか?」 

P「きっかけにはな。あんなことがなくても、きっといずれ四人で組ませてたと思うけど」グビ 

楓「でも、きっと柚ちゃんなら」 


柚『結構運命的なんじゃないかなーとか!』テヘ 


楓「…って、言ってくれそうですね」フフ 

P「ああ、実際言って来ましたよ」 

比奈「ひゅーひゅー」 

P「子どもか」 

比奈「なんて返したんでスか?」 

P「怪我しといてなに言ってんだと小突いといた」 

比奈「お暑いっスねー」 

P「え、なにが」


20:◆qEJgO2U6bM:2013/05/15(水) 21:52:34.87 :o/3VVAHWo

P「…まあ…いろいろあったこの事務所とも、もうお別れになるが」 

比奈「でスねぇ。さみしいでスけど」 

楓「…」チビチビ 

楓「?」キョトン 

楓「あの…プロデューサーさん…いま、なんと?」 

P「へ?」 

楓「……事務所、なくなるんですか?」 

P「…そうですが」 

楓「…え?」


25:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 13:58:47.33 :y9ACx6QDO

・ 
・ 
・ 


楓「…」ムッスー 

P「…」 

比奈「…」 

比奈「プロデューサー、ちゃんと伝えたんじゃなかったんでスか?」コソ 

P「…ここのところ忙しくて、…すっかり忘れてた…」 

比奈「…しかも、楓さんにだけ伝え忘れたんでスよね?」ハア 

P「…たぶん」 

比奈「もおー。ホント、しっかりして欲しいっス…」ハア 

P「(比奈がもーとか言うと可愛いな)」 

比奈「なんか言ったっスか」ギロ 

P「い、いえ」


26:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:00:04.70 :zHDIgPUTo

楓「…」ムス 



比奈「…なんでもいいでス。とりあえず、フォローして来るっス」 

P「ど、どうフォローすればいいんだ」 

比奈「自分で考えてくださいっ」ドンッ 

P「おわっ」 



楓「?」 

P「…あ、…と、その、楓さん…」 

楓「なんですか?」プクー 

P「(…可愛い)」 

比奈「真面目にやれっス」ポイ 

P「あてっ」カーン


27:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:01:29.39 :y9ACx6QDO

楓「…私、聞いてませんでした…そんな大事なこと」プクー 



私たちの事務所が、なくなってしまうそうです。 

あ、別にお仕事ができなくなるわけじゃなくて、…お引っ越しだそうですけど。 


……でも…。 



楓「…」グルン 

楓「知ってたなら、もう少し…残りの時間を、大切に過ごすことができたんじゃないかなって、思うんです…」 

P「…楓さん…」


28:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:02:57.15 :zHDIgPUTo

楓「…えへへ。ごめんなさい、わがままなこと言って。今さらプロデューサーさんを責めたって、どうにもならないですし…」 

P「あ、いや…その」 

比奈「(…なんとか言って、楓さんは大人で素敵っスねぇ…)」 

P「えっと、あの」アタフタ 

比奈「(プロデューサーはもっとしっかりしてくださいっス)」ナサケネェ


29:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:04:20.36 :y9ACx6QDO

P「あ、と、…えっと、ですね。それで、実は、俺から一つ提案があるんです」 

楓「? はい、何でしょう」 

P「明日はお休みだって言いましたよね。俺も含めて五人ともなんですけど」 

楓「ええ。そう言えば、珍しいなーって思っていました」 

P「一応、頑張ってスケジュールを調整してみたんですけど…」 

楓「?」 

P「明日、このままみんなで事務所の掃除でもしませんか? 面倒かもしれませんが、世話になった場所だし、お別れついでにと思って…」 

楓「…」 

楓「…そう、ですね。素敵なご提案だと思います」 

P「本当ですか?」 

楓「ええ」ニコ 

楓「まあ…私にだけ教えてくれなかったのは、許しませんけど」プクー 

P「…反省します」


30:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:05:13.25 :zHDIgPUTo

楓「いいですよ。お掃除ってことで、綺麗さっぱり水に流してあげます」フフ 

P「…ありがとうございます」 

比奈「普通に上手いでスね」 

P「逆に反応に困るな」 

楓「…それはひどくないですか…?」シュン


31:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:06:28.72 :y9ACx6QDO

・ 
・ 
・ 


ガチャ 

楓「おはようございまーす」 

楓「?」 

P「…ぐぅ」 

楓「…あ…プロデューサーさん、まだ眠ってる…」 

P「…」zz… 

楓「ふふ。えい」ムニ 

P「ふが」 

楓「むにー」 

P「…?? …」ムニムニ 

楓「これで、昨日のことは許してあげます。ふふっ」ムニムニ 

比奈「(なんスかあの可愛い二十五歳児は)」ズルイ


32:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:07:25.08 :zHDIgPUTo

楓「…えっと…コーヒーでも飲んで、のんびり待っていようかしら」 

比奈「おはようございまス、楓さん」 

楓「? あ、比奈ちゃんおはよう。早いのね」 

比奈「うス。というか、机に突っ伏して寝ちゃいましたから、目が覚めただけなんでスけど…」ハハ… 

楓「大丈夫? 無理はしないでね」ヨシヨシ 

比奈「どもっス」 

比奈「ちょっと、眠気覚ましにドリンクでも買って来るんで。なにかいるものはありまスかね?」 

楓「ううん大丈夫。気をつけてね」 

比奈「はいでス」


33:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:08:00.72 :y9ACx6QDO

パタン 


楓「…ふぅ」 

楓「……」 

楓「なんだか、朝の事務所って、静かだなー…不思議な感じがする…お家にいるときとは違う…」ズズ… 

楓「あついっ。…うぅ、やけどしちゃった…」ヒリヒリ 

P「…」zz… 

楓「…やけどしたやけど、気にせーへん、とか…ふふ…」ニヘラ 

P「ぷふっ」 

楓「?」 

楓「プロデューサーさん、起きてます?」 

P「…ん…」zz… 

楓「寝てますよね。…ひょっとして、眠っているとよく笑ってくれるのかな」 

楓「…えっと、えっと…」ウーン


34:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:10:39.40 :zHDIgPUTo

スッ 

楓「コーヒーは、濃ーいー方がおいしいですよね」ボソ 

P「…ぷっ」プルプル 

楓「!」パアァァ 

楓「えっとえっと、…昨日私、ブーツを履いてて脚をぶつけちゃったんです」ボソ 

P「ふっ…くっ…」 

楓「わー」キラキラ 

楓「私、こんなに笑ってもらえたの、初めてかもしれないです…!」ニコニコ 

楓「えっと、それから――」 



比奈「(…戻って来たら、楓さんが何やら嬉しそうにプロデューサーの耳元で囁き続けてるっス…)」ナニアレ


35:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:11:05.65 :y9ACx6QDO

楓「…」ニコニコ 

P「…」zz… 



比奈「…」 

比奈「まあ、楓さんが幸せそうでなによりって感じでスかね」 

柚「比奈サンは優しいねー」シャコシャコ 

比奈「うおう」 

比奈「…って、なんだ柚っスか。後ろから急に声をかけるのはやめるっスよ」 

柚「てへ?♪」シャコシャコ 

比奈「…あと、歯を磨きながら喋るのもだめでスよ」チョーップ 

柚「あうー♪」


36:◆qEJgO2U6bM:2013/05/16(木) 14:12:21.50 :zHDIgPUTo

柚「よしよし」ナデナデ 

比奈「……」 

柚「そんな比奈サンが、アタシは大好きだよ」 

比奈「…」 

柚「えへへ」 

比奈「…どもっス。はあ、…」 

柚「えっどうして肩を落とすのカナ?」シャコシャコ 

比奈「……ずるいでス。うちの事務所は、どうしてこう可愛い子ばかりなんでスかね…いやまあ、アイドルだから当然でスけど…」 

柚「比奈サンも可愛いよー」ナデナデ 

比奈「ども」


39:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:13:26.41 :B/43itd/o

トン 

柚「ン?」 

仁奈「…もふ」 

柚「仁奈ちゃんだ」 

比奈「どっから転がって来たんスか、この子」 

柚「まだおねむだったみたいだから、仮眠室で寝かせておいてあげたんだけどね」 

比奈「置いて行っちゃだめじゃないでスか」 

柚「てへ…だって、なんだか可愛い女の子がいたもんだから」 

比奈「? 楓さんのことでスか?」 

柚「またまたー♪」 

比奈「??」 

仁奈「…むにゃむにゃ…もふもふふ…♪」コロコロ


40:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:15:40.42 :HqwfE1cDO

P「…ん」 

楓「あ」 

P「…」パチ 

楓「ふふふっ。目が逢いましたね」 

P「……ですね」 

楓「おはようございます。プロデューサーさんが起きるの、待ってたんです、ふふ」 

P「…あ、すいません…ふあ」 

楓「…」フルフル 

楓「プロデューサーさんの寝顔を眺めてるだけでも、飽きませんでした」 

P「…そうですか?」 

楓「はい♪」


41:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:16:28.12 :B/43itd/o

P「…ん~…くあ。やっぱソファで寝ると身体が凝るなあ…」パキパキ 

楓「…あ」ピーン 

楓「ふと思ったんですけど」 

P「? なんですか?」 

楓「やっぱりおふとんで寝るのが一番ですよね」 

P「…」 

楓「…」 

P「…え、ええ。そうですよね」 

楓「…」 

楓「…プロデューサーさん、さっきは私を弄んでいたんですね…」グスン 

P「えっ、な、なんの話ですか?」


42:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:18:07.72 :HqwfE1cDO

モフッ 

P「うげ」パタッ 

仁奈「P! 楓さんを泣かせちゃダメでごぜーますよ!」 

P「う、うぇいうぇい! 違うぞ誤解だ!」 

比奈「あの、それ完全にやっちゃった人の取り繕い方でスよ?」 

柚「素直に吐いたらどうだー♪」 

P「柚はその悪乗りする癖を直しなさい」 

仁奈「えいっえい」モフモフ 

P「仁奈は俺にきぐるみを着せたいだけだろっ」モフモフ 

仁奈「てへ?」 

P「(アカン、テヘペロ要員がまた一人増えた…)」 

柚「てへっ」


43:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:19:04.79 :B/43itd/o

楓「…ふふっ。なんて」 

P「?」 

楓「冗談ですよ。プロデューサーさん、…てへ」 

P「…っ」 

P「(あかん、…楓さんのてへぺろはあかん、鼻血出る)」 

仁奈「てへー」 

柚「てへー♪」 

P「柚、恐ろしい子だっ…」 

比奈「なに言ってんでスか」


44:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:19:50.46 :HqwfE1cDO

比奈「…あの…」 

P「ん?」 

比奈「……私もやった方がいいでスかね?」 

P「ぜひ」 

比奈「…や、やっぱやめとくっス」 

P「…そうか」シュン 

比奈「…」 

比奈「な、なーんて。てへっ」 

P「…」 

比奈「…ど、どうですか…?」 

P「……」 

比奈「な、なんか言ってくださいよぅ!」グイグイ 

P「(言うまでもない)」


45:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:20:40.64 :B/43itd/o

ガチャ 

ちひろ「…あれ?」 

P「あ、ちひろさん。おはようございます」 

ちひろ「はい。…えっと、なんだか今朝は賑やかですね」 

柚「ちひろさーん、おっはよー」 

仁奈「で、ごぜーますー」 

比奈「早い時間にお疲れさまでスー」 

楓「ふふっ。今日もいい天気ですね」 

P「楓さん、今日はまだ外に出てないですよね?」


46:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:21:42.29 :HqwfE1cDO

ちひろ「…はあ、お泊りですか…それで、今日は大掃除を…」 

P「ええ。えっと、通常の業務の邪魔にはならないようにしますので…」 

ちひろ「ええ。構いませんよ」ニコ 

ちひろ「…それにしても」チラ 

P「?」 



比奈「楓さん、ひょっとしてまだ飲んでるんでスか?」 

楓「? ち、違うよ? コーヒーです、もう、比奈ちゃんってば」ムー 

比奈「冗談でスよ」 

柚「あ、アタシもなにか温かい物が飲みたいなー。仁奈ちゃん、一緒にココアでも淹れよっかー」 

仁奈「はいっ。ぜひ、お付き合いしやがります」ニヘラ 



ちひろ「…やっぱり、このみんなは仲良しですねぇ」 

P「…ですね」 

ちひろ「え?」 

P「? …どうか、しました?」


47:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:22:44.60 :B/43itd/o

ちひろ「いや…なにを他人事みたいに言ってるのかと」 

P「え?」 

グイ 

柚「ね、Pサンも一緒になにか飲もうよー」 

比奈「プロデューサーはコーヒーでスよね?」 

楓「一緒に飲みましょう?」ニコ 

仁奈「むー。Pは仁奈と同じココアにするといいでごぜーますよ」 

P「いや、…先に、とりあえず歯を磨きたい…」 

比奈「空気読めっス」 

P「辛辣だなあ!」 


ワイワイ 


ちひろ「…プロデューサーさんも含めて、五人が、とっても仲がよさそうなんですよ? ふふっ」


48:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:23:33.86 :HqwfE1cDO

・ 
・ 
・ 


幸子「戻りましたー」 

輝子「た、ただいまー。フヒ」 

幸子「…おや」 

P「……」グッタリ 

幸子「…」 

P「…」 

幸子「…」ズイ 

P「…」 

幸子「…」ムゥ 

輝子「? さっちん、ど、どうかした?」 

幸子「…た、大変です。プロデューサーさんが息をしていません!」 

輝子「えっ」 

比奈「いや生きてまスよ? たぶん」 

幸子「あ、比奈さん。お疲れさまです」ペコ 

輝子「お、お疲れさま、です」 

比奈「うス」


49:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:24:14.97 :B/43itd/o

幸子「しかしですね」ズイ 

P「……」 

幸子「ほら。ボクがこれだけ近づいてもぴくりともしません! 死んでいるか、カワイイを受容する能力が欠如したかの二択です!」 

比奈「なんスかそれ」 

P「勝手に殺すな」ムクリ 

輝子「あ、おはよ…も、戻ったよー。トモダチが帰って来たよ……無視しないでねー…」フフ 

P「おう。お疲れさん」ナデナデ 

輝子「んっ…あ、ありがと。うん。なでなでは友情の証、だね。フヒヒ」 

比奈「(ちょっと違う気もするっスけど)」


50:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:25:33.50 :HqwfE1cDO

幸子「……プロデューサーさん…元気出してください」 

P「ん?」 

幸子「働き過ぎて、感受性に乏しくなってしまったんですね…。でも大丈夫です! ボクの可愛さにかけて、きっとプロデューサーさんが失った感情を取り戻してあげます!」 

P「妙な感動のストーリーを作ろうとするんじゃない」ペチ 

幸子「あう!?」 

P「…リアクションいいなぁ、お前…」 

幸子「そ、そうですか? まあカワイイですからね!」ドヤァ 

P「うん、ニュアンスが違う気もするが、まあいいや」


51:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:26:28.41 :B/43itd/o

幸子「…それで、なにかあったんですか? ずいぶんお疲れのようですが」 

輝子「あ、……そう言えば…」 

幸子「? どうかしましたか」 

輝子「う、うん。…なんだか、事務所が、ぴかぴかしてる気が、する。…落ち着かない…」ソワソワ 

P「なんでだよ」 

比奈「奇遇でスね」ガシ 

輝子「…! だよなぁ!」フハハ! 

幸子「」ビクッ 

P「幸子はいい加減輝子のテンションに慣れろよ」 

幸子「お、怯えてなんていません!」


52:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:27:16.44 :HqwfE1cDO

幸子「お掃除をしたと」 

P「そう…それでもう、へとへとなんだ、…ぐへぇ」 

幸子「なに情けない声を出しているんです」 

幸子「…というか、誘ってくれたら手伝ったのに…」ボソ 

P「まだ引っ越しは週末だしな。楓さんたち四人のスケジュールが合うのが、ここだけだったんだ」 

P「幸子も休みの日には俺が付き合うからさ。言ってくれよ」ナデナデ 

幸子「…」 

幸子「ええ、当然です。誘わずとも付き合ってくださいよ!」 

P「おう」 

輝子「…」 

P「もちろん、輝子もな」 

輝子「! …う、うん。あ、ありがと…フヒ…」


53:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:28:06.29 :B/43itd/o

ガチャ 

柚「ゴミ出して来たよー」 

仁奈「やがりましたー」 

P「そこだけ切り取ると謎だな。お疲れさま」 

比奈「じゃあ、そろそろ行きましょうか」 

P「そうだな」 

幸子「? お食事にでも?」 

P「ああ。そうだ、二人も来るか?」 

幸子「……。いえ。ボクは輝子さんと約束をしていますから」 

P「そっか。残念だな」 

輝子「……フヒ。さっちんは、やさしーね…いい子だね」 

幸子「な、なんの話ですかね!」 

P「?」


54:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:28:48.53 :HqwfE1cDO

P「じゃあちひろさん、お疲れさまでした」 

ちひろ「いえ。プロデューサーさんこそ、休日返上でしたもんね。ありがとうございました」 

P「いえ。…まだ少し時間はありますけど…新しい事務所でも、頑張りましょう」 

ちひろ「はい」ニコ 

P「では」 

比奈「お疲れさまでス」 

柚「また明日ー♪」 

仁奈「で、ごぜーますよー」フリフリ 






パタン… 


55:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:29:47.86 :B/43itd/o

P「そう言えば、楓さんは?」 

柚「ン、多分外で待ってるよ」 

P「そっか」 



楓「…」 

P「楓さーん」 

楓「? …あ、プロデューサーさん」ニコ 

P「ごめんなさい、待たせてしまって」 

P「…なにをしていたんですか?」 

楓「…えっと……なにということもないですけど…」 

P「…」チラ 

楓「…この建物は、何でもない普通の風景ですけど、思い出が詰まっているとそうは見えませんね…なんだかこれって、素敵なことじゃないですか?」 

P「…ええ、そうですね」 

楓「はい。…そんなことを、こう、ぼーっと考えていました」フフ… 

P「楓さんらしいですね」 

楓「そうですか?」 

P「ええ」


56:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:30:36.68 :HqwfE1cDO

P「…あの、もう一度、謝っておきますね…伝えるのが遅くなって、すいませんでした」 

楓「…いいんです。私こそくり返しになりますけど、プロデューサーさんが忙しいのは、私たちのためですから」 



柚「おーい」 

比奈「二人とも、なにしてるっスかー」 

仁奈「早く行くですよ! でないと置いて行きやがりますよー」 



P「っと。行きましょうか」 

楓「ええ。…あの、プロデューサーさん」 

P「どうしました?」


57:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:31:16.88 :B/43itd/o

楓「私、楽しかったです。柚ちゃんと、比奈ちゃんと、仁奈ちゃんと一緒にお仕事ができて」 

楓「だからプロデューサーさんには、どれだけ感謝してもし尽くせないんです。私たちを選んでくれて…ありがとうございます」 

P「…大げさですよ。こちらこそ、…」 

P「みんなに振り回されて、毎日が楽しいですよ」ニコ 

P「それに、これでおしまいってわけじゃないですからね。これからもっと頑張りましょう!」 

楓「ええ。そうですね」クス


58:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:32:02.43 :HqwfE1cDO

楓「今日はこの事務所でみんなで過ごす、サイゴの一日だったんですよね」 

P「そうですね」 

楓「ふふ。けれどそんな今日が、今まででサイコーの一日だった気がします」 

P「…」 

楓「…」ドヤァ 

P「…そうですね。行きましょうか」 

楓「あ、…も、もう、プロデューサーさん! ま、待ってくださーい…」タタッ


59:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:32:42.79 :B/43itd/o

比奈「遅いっスよー」 

柚「だよー」 

仁奈「もう。やっぱりPは、キグルミを着せないと分からない困ったやつでやがりますよ」 

P「仁奈は最近正直になりすぎだ」 

柚「だれのせいかな?」テヘ 

P「おい」 

比奈「プロデューサーの適当さが移ったんじゃないでスかね」 

P「お前が言うか」 

楓「…。ふふっ」


60:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:33:31.45 :HqwfE1cDO

本当に。今日はサイゴで、サイコーの一日で。 


きっとこれからも、フツウだけど、幸せな毎日が続くと思います。 
このみんなでいられるなら、きっと。 





おしまい


61:◆qEJgO2U6bM:2013/05/17(金) 03:37:43.68 :B/43itd/o

以上、 高垣楓「サイゴの一日」 でした。 


これで モバP「フツウの日常」シリーズ? シリーズというほどでもないですが…一連のSSは完結です。 
こんな当たり障りのない、のんびりするだけのSSでしたが、ここまでお付き合い頂けた方には大変感謝です。 


ありがとうございました。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368599714