1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:04:53 :4FzIWL1S0

美希「セブンのコーヒー? それって缶コーヒーのこと?」 

P「いや、セブンイレブンが独自に販売してるコーヒーだよ」 

美希「ふーん? それって缶コーヒーより美味しいの?」 

P「まあ、飲んでみれば分かるよ。すぐそこの角にあるから入ろう」 

美希「はいなの」


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:08:40 :4FzIWL1S0

~セブンイレブン店内~ 

美希「あ! ミキ達が表紙の雑誌なの」 

P「最近はどこに行ってもお前達の顔を見るなあ」 

美希「これもハニーのおかげなの」 

P「俺は何もしてないよ。美希達の実力だ」 

美希「そんなことないの」 

P「ま、それはさておきコーヒーだ」 

美希「あれ? ハニー、そっちは冷凍コーナーだよ?」 

P「いや、ここでいいんだ」 

美希「?」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:12:08 :4FzIWL1S0

P「この中に氷が入ったカップがたくさんあるだろ?」 

美希「うん」 

P「これを買うんだ」 

美希「へぇ。面白いの」 

P「レギュラーサイズとラージサイズがあるけど……ま、最初はレギュラーでいいと思う」 

美希「はいなの」 

P「ちなみにレギュラーは100円だ」 

美希「安いの」 

P「このお手頃感がいいんだよな」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:14:53 :4FzIWL1S0

美希「あ、ハニー。たけのこの里買ってもいい?」 

P「おう、いいぞ。今日の美希は仕事頑張ったからな」 

美希「えへへ」 

P「まあ俺はきのこの山を買うけど」 

美希「戦争なの?」 

P「いや、同盟で」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:18:44 :4FzIWL1S0

美希「ハニーハニー、このクリーム白玉ぜんざいもほしいの!」 

P「お前な……まあ、今日だけだぞ」 

美希「わーい」 

P「よし、じゃあレジに行くぞ」 

美希「あ、ハニー。アイスコーナーがミキを呼んでる気がするよ?」 

P「呼んでません」 

美希「ちぇっなの」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:21:40 :4FzIWL1S0

店員「ありがとうございましたー」 

P「さあ、いよいよセブンのコーヒー実体験だ」 

美希「ワクワクさんなの」 

P「この機械でコーヒーを淹れるんだ」 

美希「あー、そういえば前から気にはなってたの、これ」 

P「一見なんかよくわからんよな」 

美希「うん」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:25:21 :4FzIWL1S0

P「まずはさっき買ったカップの蓋をはがす」ベリリ 

美希「はいなの」ベリリ 

P「そしてこの機械にセットする」カチャッ 

美希「ふむふむ」カチャッ 

P「あとはこのアイスコーヒーのRってボタンを押すだけだ」ポチッ 

美希「ぽちっとな」ポチッ 

P「美希はシロップたくさん入れるのか?」 

美希「むぅ。ミキはそんなにお子様じゃないの。一個で十分なの」 

P「そりゃ悪かった。あ、コーヒーがドリップされるぞ」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:27:21 :4FzIWL1S0

美希「ドリップって何なの?」 

P「俺もよく分からんが、多分豆から直接煎り出す的な意味だと思う」 

美希「ハニーは結構テキトーなんだね」 

P「でもほら、この上の部分にコーヒー豆めっちゃ詰まってるだろ」 

美希「ホントなの」 

P「お、出たぞ」 

美希「おお~」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:30:27 :4FzIWL1S0

美希「って、これ、何か湯気出てない? ハニー、ホットと間違えたの?」 

P「いや、これでいいんだ。キンキンに冷えた氷の上から熱々のコーヒーをドリップするのが最高に美味いんだよ」 

美希「ふーん。でもでも、ぬるくなっちゃわないの?」 

P「そこもちゃんと考えられてるよ。飲む頃には十分冷えるようになってる」 

美希「へぇ、計算尽くってカンジなの」 

P「そういうことだ。お、出来たぞ」 

美希「もう取り出していいの?」 

P「ああ、まだ滴がぽつぽつ落ちてるから気を付けてな」 

美希「はいなの」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:32:41 :4FzIWL1S0

P「後はシロップとミルクを入れて」 

美希「入れるの」 

P「ストローで混ぜて」 

美希「混ぜるの」 

P「出来上がりだ。さあ、おあがりよ!」 

美希「ミキ的には、そんな大層に言わなくてもいいって思うな」 

P「……冷静にツッコむなよ」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:35:53 :4FzIWL1S0

美希「じゃあ、飲んでみるね」 

P「おう」 

美希「んっ……」チュー 

P「……どうだ?」 

美希「……んん! おっ、美味しいの!」 

P「だろ?」 

美希「な……なんなのなの……ミキ、こんなに美味しいコーヒー、飲んだことないの!」 

P「美希はどうようしている」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:39:32 :4FzIWL1S0

美希「この、キンキンに冷えた氷の上からドリップされた熱々のコーヒーがたまらないの!」チュー 

P「そうだろうそうだろう。それさっき俺が言ったまんまだけどな」 

美希「これで100円はお買い得過ぎるの! ラージサイズにしても良かったって思うな!」チュー 

P「気に入ってもらえたようで何よりだよ」 

美希「しかもこのストロー、先端が丸くなってて、お口を傷付けないように配慮されてるの!」チュー 

P「流石美希。素晴らしい観察眼だな」 

美希「セブン恐るべしなの」チュー


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:44:44 :4FzIWL1S0

P「ちなみに、この氷もウィスキーなどにも使われる、溶けにくいものを使っているそうだ」 

美希「すっ、すごいの。至れり尽くせりなの。100円なのに……」 

P「……こういうのを、『良い仕事』って言うんだろうな」 

美希「……うん。そうだね」 

P「ひとつひとつの細かいところに気を遣って、妥協をしない。だから結果として、素晴らしい商品ができる」 

美希「まるで職人芸みたいなの」 

P「ああ、そうともいえるかもな」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/01 21:53:25 :4FzIWL1S0

美希「……ねぇ、ハニー」 

P「ん? 何だ?」 

美希「これからはミキ、歌もダンスもお芝居も、もっともっと、ひとつひとつ丁寧にやっていくの」 

P「ああ、それがいい。そうすれば、アイドルとしての美希はもっとずっと上に行けるさ」 

美希「えへへ……ハニーがそう言ってくれるなら、ミキ、もっともーっと頑張れちゃうの♪」 









元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383307493