1:2013/11/13(水) 00:12:12.36 :NRlFZq23o

ガチャッ 


美希「ただいまなのー!」 

P「おう、おかえり美希」 

響「おかえりー!」 

響「それでなプロデューサー」 

P「ん?ああ」 

美希「ハニー!今日も疲れたの…あふぅ」ダキッ 

P「ちょっ、こら、美希!抱きつくのは禁止だ」 

美希「そんなこと言わないでほしいな」ギュッ 

P「う…当たってるって」 

美希「ふふっ当ててるの♪」ムギュー 

響「こ、こらぁっ美希!離れるさー!」


2:2013/11/13(水) 00:17:41.19 :NRlFZq23o

美希「やなの。響には関係ないって思うな」 

響「プロデューサーも嫌がってるでしょ!」 

美希「ミキ的には、プロデューサーは喜んでるように見えるけどな~」 

響「そ、そうなのか!?プロデューサー!」 

P「うっ…そ、そんなことはないさ、あははは」 

響「なんで目をそらすんだ…それに顔がにやけてるぞ…」 

P「違うぞ響!これはだな」 

響「うう……プロデューサーのへんたい……」 

P「お、おい、響!」


4:2013/11/13(水) 00:21:29.08 :NRlFZq23o

P「ほら、美希、もう離れてくれよ」 

美希「もう少しだけ…」 

P「仕事ができないだろ?」 

美希「むーわかったの、ミキは話がわかる女なの」 

P「よーしえらいぞ」ナデナデ 

美希「あふぅ…なでなでは反則なの……眠たくなっちゃう」 

響「(いいな…自分も……って、ヘンタイプロデューサーなんてどうでもいいぞ!)」フンッ 

P「こらこら、ここで寝るなよ?」 

美希「うん、それじゃ、ミキはそろそろ帰るね!また明日ね、は・に・い」 

P「お、おう…お疲れ」 

P「なんだか日に日にスキンシップが増してるような……」 

P「…っと、響はどこだ…」


5:2013/11/13(水) 00:26:50.97 :NRlFZq23o

P「響、ここにいたのか」 

響「……」 

P「隣座ってもいいか?」 

響「……」ツーン 

P「…座るぞ?」 

P「話の途中だったよな?続き、聞かせてくれよ」 

響「…ヘンタイプロデューサーに話す話なんてないからねっ」プイッ 

P「響…」 

P「なんでそんなに怒ってるんだよ」 

響「べ、べつに怒ってないぞ!」 

P「怒ってるじゃないか」 

響「怒ってないもん……」 


8:2013/11/13(水) 00:31:23.30 :NRlFZq23o

P「…嫉妬か?」 

響「うがっ!?な、なんでそーなるの!」 

P「はははっ冗談だよ」 

響「べつに自分は、美希がちょっと、うらやましいとか、そんなことぜんぜん思ってないぞ!」 

P「えっ?」 

響「えっ?…あっ、今、自分なんて…」 

P「まさか図星だったのか…」 

響「うぎゃぁーっ!ち、違うぞ!今のは忘れてぇ!」アタフタ 

P「しっかり聞いちゃったからなぁ」 

響「あう……」 


10:2013/11/13(水) 00:36:06.92 :NRlFZq23o

響「……ぷ、プロデューサー!!」ダキッ 

P「!?ちょっ、響!?」 

響「うう……」ギュー 

P「いきなりどうした!」 

響「……ど、どうなんだ?」 

P「な、なにがだ?」 

響「うれしいのか、うれしくないのかどっちなんだ!?」ムギュー 

P「ひ、響ぃ!押しつけ過ぎだ!」 

響「…もぅ……は、恥ずかしいんだから早く答えてよぉ!」 

P「そんなのうれしいに決まってるだろ!」 

響「ほんと……?」 

P「うっ…(俺のこと覗き込むように、顔真っ赤にして困り顔…かわいすぎるっ!)」 

P「ほんとさ」 

響「そ、そう…」


11:2013/11/13(水) 00:41:00.50 :NRlFZq23o

P「お、おい響…」 

響「なに…?」 

P「いや、その、いつまで抱きついてる気だ?」 

響「え……はっ!ご、ごめん!」ビクッ 

響「(うう…いま自分、絶対、へんな顔してる…はずかしくて前向けないぞ…)」 

P「…響」ナデナデ 

響「ぁっ…」 

P「こっち向いてくれるか?」 

響「うん……」ドキドキ 


12:2013/11/13(水) 00:43:20.46 :NRlFZq23o

響「…うう、なにか言ってよぷろでゅーさー」 

P「あ、うん。そのだな、べつに謝らなくていいんだぞ」 

P「さっきも言ったが、むしろうれしいしな」 

響「ふふっそうだったね」 

P「まあ……ちょっと恥ずかしいけど」 

響「プロデューサーも恥ずかしいのか?」 

P「ああ、もう、おっさんだってのに、なさけないよな」 

響「そんなことないぞ……でも、そっか、なら自分と一緒だね」 

P「そうだなっ、一緒だ」ナデナデ 

響「えへへっ…」 


13:2013/11/13(水) 00:46:15.77 :NRlFZq23o

P「…な、なんなら、もういっかい抱きついてみるか?」 

響「ふぇっ!?」 

P「俺はかまわんぞっ」 

響「い、いいの?」ドキドキ 

P「響がしたいなら、いつでも」 

響「じ、じゃあ…」ダキッ 

P「(ああああっ!!抱きしめたい抱きしめたい抱きしめたい抱きしめたい抱きしめたい)」 

響「……ハ、ハニー」ギュー 

P「!?」ガタッ 

響「やっぱり…自分じゃ似合わないねっ」 

P「(抑えろ抑えろ抑えろおおおおおっ!!!)」


19:2013/11/13(水) 01:26:23.75 :NRlFZq23o

響「ひとつ聞いてもいい?」 

P「うん?」 

響「プロデューサーは、その…美希のことが……」 

響「す、好きなのか?」 

P「なっ!?……そ、そんなことはないさ、美希はまだ中学生だしな、うんうん」 

響「そっか……」 

P「おう…」 

響「じ、じゃあ……自分のことは?」 

P「えっ…それは」 

響「あ、ほら!自分はもう高校生だし、年齢的には問題ないっていうか…だから、その」 

P「…ノーコメントで」 

響「ええっ!?それはひどいぞー!」


20:2013/11/13(水) 01:30:53.36 :NRlFZq23o

響「そ、それじゃっアイドルとして自分のことは、どう思ってるんだ?」 

P「んー、そうだな…アイドルとしての響か…」 

響「う、うん…」 

P「歌もダンスも上手くて、元気で明るくて、人前でも怖じ気ずに喋れて、そのうえ、家事や編み物もこなして」 

P「完璧って言う言葉が、ほんとに合ってると思うよ。響ならどんな営業や番組にだって出られるんじゃないかな」 

響「うんうん、やっぱり自分はカンペキだなっ」 

P「でも…」 

響「?」 

P「響の本当の魅力は、そういうところじゃないと思うんだ」 

響「そうなのか?」 

P「まあ、あくまで俺の考えだけどな」 

響「じゃあ、自分の魅力ってどこなんだ?」 


21:2013/11/13(水) 01:36:37.38 :NRlFZq23o

P「感情が豊かなところさ」 

響「…?」ウーン 

P「ははっ、まさにそういうところだよ」 

響「えっ?どういうこと?」 

P「響は表情に出るんだよ。今も、考えてるけどよくわからないってところが、はっきり表情に出てた」 

P「その表情ひとつひとつがまた、どれもかわいいんだよな。笑ってる顔も、困ってる顔も、悲しんでる顔も、気の抜けた顔まで…すべてがさ」 

響「か、かわいいって…うう、不意打ちでそういうこと言わないでよね…」テレテレ 

P「うむ、いまの表情もかわいかったぞ!」 

響「うう、もー!からかうなー!」 

P「すまんすまん。けどな、その中でも笑顔が、響の一番の魅力だと思うんだ」 

響「笑顔?」 

P「ああ、響の笑顔は、見てる人を元気にさせる、そんな不思議な力があるんだ。やよいもそうだな」 

P「響が笑ってると、なんだか、こっちまでうれしくなるんだよ」 

響「そうなのかっ!?じゃあ、自分、笑うねっ!えへへっ」ニコニコ 

P「(かわいい……ああ、そうそう、こういう単純なところも魅力的だよな)」 


22:2013/11/13(水) 01:40:26.35 :NRlFZq23o

P「まあ、結局何が言いたいのかというと」 

P「俺はそんな、アイドル我那覇響が、大好きだってことだ!」 

響「そっか、ありがとプロデューサー!」 

響「(けど、やっぱり女の子として、好きって言ってもらわなきゃ、意味がないぞ…)」 

P「なにか考えごとか?」 

響「うぇっ!?な、内緒さー」 

響「……」 

響「……プロデューサー、かなさんどー」ボソッ 

P「ん?」 

響「なんでもないぞー」 

P「?……あっそうだ、響」 

響「なんだ?」 

P「話の続き、聞かせてくれよ」 

響「!……うん!」


23:2013/11/13(水) 01:46:28.64 :NRlFZq23o

ガチャッ 


響「はいさーい!」 

P「おっ、響ぃ!良いところに来たっ!たすけてくれー!」 

美希「響、おはようなの」ギュー 

P「朝から抱きつくんじゃないっ!」 

美希「あはっハニーってば、顔がぜーんぜん嫌がってないの」ギュー 

P「くっ…」 

響「……」 

P「響?」 

響「…っじ、自分も!」ダキッ 

美希「!?」 

P「お、おい!」 

美希「ひ、響!ハニーはミキのものなの!」ムギュー 

響「そんなの知らないぞー」ムギュー 





おわり 


24:2013/11/13(水) 01:49:36.72 :NRlFZq23o

短いですが、以上です。響SSはもっと増えるべき 
また、ネタを考えねば


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1384269132