1:2013/11/14(木) 00:59:52.97 :ojnxzs8Z0

P「お疲れさま千早、今日も良かったぞ」 

千早「ありがとうございますプロデューサー、今日のお仕事はここまででしたよね」 

P「ああ、直帰してもいいがどうする?」 

千早「そう…ですね。プロデューサーは他にも仕事が?」 

P「事務処理くらいかな、千早が一発で終わらせてくれたから今日は早く帰れそうだ」 

千早「それじゃあ事務所に一度戻ります、プロデューサーの帰宅時間を遅らせたくはありませんから」ジトー 


2:2013/11/14(木) 01:00:51.78 :ojnxzs8Z0

P「そ、そういう意味で言ったんじゃないぞ!? 千早の送迎は俺が好きでやってるんだから!」オロオロ 

千早「ふふっ冗談です、確認したい雑誌もあるので事務所でお願いします」クスクス 

P「勘弁してくれ心臓に悪い……。それじゃあ事務所に戻るか」 



車内―― 

千早「――♪―――♪♪―――♪」 

P「……なんていうかさ、」 

千早「――♪……、どうかしましたか?」 

P「いや、送迎中に歌って貰うのにも随分慣れたなって」


3:2013/11/14(木) 01:01:27.92 :ojnxzs8Z0

千早「慣れるなんて酷い言い方ですね」クスクス 

P「最初の頃は緊張でどうにかなりそうだったよ、レッスンでもこの距離で聞く事なんてないだろ?」 

千早「まあ、そうですけど」 

P「すぐ隣から聞こえるからさ、耳元で囁かれてるみたいでな」 

千早「それは…そう言われると、私も恥ずかしくなるじゃないですか……もう」 

P「最高の贅沢だけどな、千早のプライベートな歌を独り占めできるこの時間は」 

千早「そこまで差がありますか? プライベートでもお仕事でも手を抜いたことは一度もありませんが」ムスッ


4:2013/11/14(木) 01:01:55.01 :ojnxzs8Z0

P「そうだな、プライベートの方が同じ歌でもちょっとだけ優しい感じだ」 

千早「優しい…ですか?」 

P「ああ、なんていうかな……そうだ、子守唄とかならプライベートの歌声が心地良いと思うぞ」 

千早「子守唄ですか……そうですね、今度プロデューサーに歌ってあげましょうか」 

P「はははっ、それなら膝枕もして欲しいな。……なんて冗談だが」 

千早「膝枕、いいですね、どこでします? プロデューサーの家……はさすがに駄目ですね、私の家か事務所の仮眠室でしょうか?」 

P「え? ちょっと、千早?」 

千早「事務所なら誰もいない時間じゃないと……そうなると早朝か皆が帰った後がいいですね」 

P「もしもーし、千早さーん?」 

千早「私の家なら休日が重なる日を探さないと……プロデューサーの次の休日はいつでしたっけ?」 


5:2013/11/14(木) 01:02:21.75 :ojnxzs8Z0

P「ちーちゃんちーちゃん、少し落ち着こうか」トントン 

千早「え?…………はっ!? す、すみません!」 

P「よーしよし、落ち着いたな? ちょっとコンビニに寄らせて貰うぞー」 

千早「は、はい、大丈夫です」 

P「何か食べたいものとかある?」 

千早「そうですね…あ、のど飴が切らしていたのでそれを」 

P「いつものヤツでいいか?」 

千早「はい」 

P「よし、じゃあ行ってくる。ちょっと待っててくれ」ガチャ


6:2013/11/14(木) 01:02:48.58 :ojnxzs8Z0

千早「………あの、さっきの話ですけど」 

P「さっき?……ああ、子守唄の事か」 

千早「はい、いつがいいですか?」 

P「本当にやるのか……」 

千早「べ、別に……嫌なら、そういってくれていいですけど」 

P「嫌とは言ってないぞ? そうだな、やってくれるならお願いしようかな」 

千早「ふふふっ、はい。任せてください」


7:2013/11/14(木) 01:03:19.39 :ojnxzs8Z0

P「とは言ってもいつになるか分からんけどな」 

千早「私は覚えてますよ、忘れると酷いです」 

P「千早に膝枕してもらうためにスケジュール調整しないとな」ハッハッハッ 

千早「……今日の事務処理、早く終わればその後にしましょうか?」 

P「ん?」 

千早「覚えている限りではしばらく休日が合う事も無いので、寝心地のチェックとかするべきだと思いませんか」 

P「事務所でか?」 

千早「駄目でしょうか?」 

P「駄目じゃない駄目じゃない、これは急いで終わらせないとな!」 


8:2013/11/14(木) 01:03:45.73 :ojnxzs8Z0

事務所―― 

千早「………」ペラ 

P「…………」カタカタカタ 

千早「………」ペラ 

P「あ………」カタッ 

千早「?」 


9:2013/11/14(木) 01:04:13.95 :ojnxzs8Z0

P「うん……」カタカタカタッ 

千早「ふふっ……」ペラ 

P「?」カタカタカタ 



P「終わったぁ……!」ガタッ 

千早「お疲れさまですプロデューサー、お茶をどうぞ」コトッ 

P「おおありがとう。いやあ、こうやってみると小鳥さんのありがたみが分かるな」ズズズ 


10:2013/11/14(木) 01:04:39.45 :ojnxzs8Z0

千早「もう、細かい事務処理を全部小鳥さん任せにしてはいけませんよ?」クスッ 

P「小鳥さんが休みの度にやってるもんなぁ……」 

千早「要改善ですね」 

千早「…………それで、プロデューサー」 

P「ん?」 

千早「さっきの話……それほど早いというわけでは無いですが、遅いというほどでも無いですし、どうしますか?」 

P「ああ、膝枕な! 千早が良いならお願いしようかな」 


11:2013/11/14(木) 01:05:10.22 :ojnxzs8Z0

千早「それではこちらへどうぞ」ポンポン 

P「行動が早いな……、それじゃあお邪魔します」ゴソッ 

千早「…………ふふっ」ナデナデ 

P「あのー、千早さん?」 

千早「どうしました?」ナデナデ 

P「いや、重くないかなぁって」 

千早「大丈夫ですよ。プロデューサーこそ私の膝枕、硬かったりしませんか?」ナデナデ 

P「ああ、このまま寝ちゃいそうだよ」ウトウト 

千早「ふふっ……今からだと30分も寝れませんよ?」ポンポン 


12:2013/11/14(木) 01:05:35.93 :ojnxzs8Z0

P「んー、30分でも十分だって」ウトウト 

千早「仕方無いプロデューサーですね、30分経ったら起こしますよ?」ナデナデ 

P「おー」ウト……ウト 

千早「――♪――――♪♪――♪」 

P(何か、懐かしい感じだな……)ウト…… 

千早「――♪♪――♪――――♪」 

P「母さん……」ボソッ 

千早「――♪――♪♪――♪――///」 

P「……ん」Zzz 

千早「……おやすみなさい」クスッ 



おわり


13:2013/11/14(木) 01:07:09.89 :ojnxzs8Z0

半年くらい前にどっかで書く書く言って書いてなかった奴です。思ったよりも短かった…… 

お粗末様でした


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1384358392