1:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:00:30.13 :N0nTjNxDO

・・・・・ 



P「?」 

仁奈「…」ウトウト 


P「…」 

P「仁奈」 

仁奈「?」カク 

仁奈「あ…。えへへ、Pでやがりますかー…。どーしたでごぜーますか?」コク… 

P「うん」 

P「疲れてるなら、もう帰っても大丈夫だぞ? なんだったら送ってくけど」 

仁奈「……」 

仁奈「…………」ボー… 

仁奈「にへ」ニヘラ 

P「」ビク 

仁奈「ふふ。心配にはおよばねーですよ。仁奈は…なんともねーですから…」 

仁奈「…ふみゅ」カクン 

P(どこが?) 


3:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:06:37.27 :xZAJCOGuo

ぱさ 


仁奈「ん…」モゾ 

P「冷房効いてるし、風邪引かないようにな」 

仁奈「…」エヘヘ 

仁奈「…うん。…ありがと…P」ニコ 

P「…、おう」 

仁奈「……えへへ」モフモフ… 

P「…」ナデナデ 



美玲「……」ポリポリ 


美玲「顔、にやついてるぞ」 

P「仕方ない。仁奈だし」 

美玲「…、まあ、それは、仕方ないけど…」ポリポリ… 

P(あ、仕方ないんだ) 


4:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:10:35.64 :N0nTjNxDO

P(美玲は、仁奈には本当に甘いな)クス 

美玲「?」ポリポリ 

美玲「おい。さっきよりもにやついてるぞ」 

P「仕方ないだろ。仁奈可愛いし」キリ 

美玲「お、おお。さっきも聞いたけど…」 

美玲「でもなんでウチを見て言うんだよ」 

P「仕方ない仕方ない」ウンウン 

美玲「ッ、それ以上にやにやすんなッ」ガリリ 

P「いたいです」ブシャア 


6:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:15:44.03 :xZAJCOGuo

P「美玲はまだ帰らないのか?」 

美玲「…」フン 

美玲「こいつをこのままにして帰れないだろ」 

P「…なるほど」 

美玲「…、まだひっかかれ足りないのか?」 

P「もう十分です」ゴメンナサイ 

美玲「ふん」 


ぽすん 


美玲「…」ナデナデ 

仁奈「ん…」 

美玲「本でも読んでる。オマエは仕事に戻れよ」 

P「了解です」ハイ 


7:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:19:35.73 :N0nTjNxDO

・ 
・ 
・ 



カタカタ… 


P「…ふう」 

P(そろそろ、何人か戻って来る時間かな)ギシ 


がちゃ 


まゆ「戻りましたぁ……あ、プロデューサーさん。お疲れさまです」ペコ 


きらり「おっすおっすたっだいまー☆」ニョワー 


P「おっすおっす。お疲れさまー」ニョワー 

P「二人はまたあいつと飯にでも行くのか?」 

まゆ「うふふ。分かっちゃいますかぁ?♪」 

P(まあいつものことだし) 

きらり「うぇへへへー☆ 分かっちゃうかにぃー♪」ニョヘラー 

P(嬉しそうだし) 



※この二人はべつのPが付いている設定です 
分かり辛いですが、 
まゆ(きらり)「プロデューサーさん(ちゃん)」→仁奈たちのP 
まゆ(きらり)「Pさん(ちゃん)」→まゆ(きらり)P 
って感じで区別しています 


8:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:24:28.30 :xZAJCOGuo

まゆ「もう少しだけお仕事がかかるそうなので、」 

まゆ「少しだけ、事務所でのんびりしていてくれって言われたんです」 

P「そっか」 

きらり「他にはだれもいないのかにぃ?」キョロキョロ 

P「あ、そうだ。ちょっとだけ静かにな」 

まゆ「?」 


仁奈「…くぅ」モフ… 

美玲「ん…」モゾ 


P「仁奈と美玲がいるんだけど、二人とも寝てるところなんだ」 

まゆ「あらぁ……ふふふ」ニコニコ 

きらり「…………」ウズウズ 

P「起きちゃうからはぴはぴしちゃだめだぞ」 

きらり「わ、分かってるよぉー! もぉー! きらりは気の遣える女の子だにぃ!?」バシバシ 

P「いた、ちょ」バキボキ 

まゆ「き、きらりちゃん。静かに、ね?」 


9:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:28:24.32 :N0nTjNxDO

きらり「あ、ありゃ…えへへ、ごめんにぃ。プロデューサーちゃんだいじょぶー?」サスサス 

P「お、おう。なんとかな」ハハ… 

まゆ「うふふ。でもたしかに」 


仁奈「……もふ」スピー 

美玲「むにゃ」モゾ… 


まゆ「あの二人、とっても可愛いですねぇ」 

きらり「だよね? だよねっ☆」ウキャー 

P「そうだな」 


10:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:31:40.28 :xZAJCOGuo

まゆ「だから、あの、プロデューサーさん」 

P「ん?」 

まゆ「起きないようそーっと、近くから寝顔を見るくらいなら…大丈夫ですよね?」 

P「…うん、大丈夫だよ」 

P「そっとな」 

きらり「うぇへへ☆ きらりんパワー☆ で音を殺すにぃ…!」ソー… 

P(たまにこの子がなにを言っているのか俺には分からん…) 

まゆ「うふ♪ まゆも忍び足には自信がありますよぉ♪」ソー… 

P(ふぇぇ……この二人怖いよぉ) 


12:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:35:34.66 :N0nTjNxDO

ぽん 


仁奈「にゅ」 

まゆ「……」ナデナデ 

まゆ「可愛いね。きらりちゃん」 

きらり「…」コクコクコクコク 

きらり「……うぇへー。か、かわいいにぃ…お、お持ち帰りしたい……でも我慢すぅ…」ナデナデ 

美玲「……んぅ」モゾモゾ 

まゆ「ふふ。きらりちゃんは偉いですねぇ」ニコニコ 

きらり「そんなことないにぃー」ニョワー 



P(…楽しそうだな) 


13:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:38:13.46 :xZAJCOGuo

ブー ブー 


まゆ「あっPさんからだぁ♪」パッ 

きらり「ま、まゆちゃん。しーっだよー」シー 

まゆ「あ、そ、そうでしたぁ…」ゴメンナサイ… 

P(まゆちゃんも可愛いなあ) 


こそこそ 


まゆ「それじゃあプロデューサーさん、私たちはお先に失礼しますねぇ」 

きらり「また明日! だにぃ☆」ニョワー 

P「うん。お疲れさま。また明日」 


ばたんっ 


P「……二人とも、いいお姉さんだな」ウン 


14:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:44:19.10 :N0nTjNxDO

がちゃ 


小梅「お…お疲れさま、です」 


みく「おつにゃー」 


P「おう。お疲れさま」 

小梅「は、はい。……ここは、れ、冷房がよく効いてて……すず、くしゅ」 

P「っと悪い。冷えすぎてたかな」サスサス 

小梅「あ…」 

小梅「い、いえ。急に……ひ、冷えた、から……その」// 

みく「……」ニャーン 

みく「Pチャン! みくも体が冷えちゃったにゃ! だからっ暖めて欲しい――」 

P「おう、電子レンジなら好きに使っていいぞ」 

みく「ボケにしてもひどくないかにゃ」 


15:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:46:53.81 :xZAJCOGuo

小梅「?」 

小梅「……」とてとて 



みく「にゃー! 肌で暖めろって言ってんだにゃ! 女の子にこんなこと言わせるにゃー!」ガバッ 

P「口調も台詞も女の子のそれじゃねえだろ!」ガシッ 



ニャーニャーニャー!! 


16:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:49:54.08 :N0nTjNxDO

ぽすんっ 

もぞもぞ 


仁奈「くぅ?」 

美玲「んん…」モゾ 

小梅「……」モコモコ 

小梅「え、へへ。あったかい」モフモフ 

小梅「…。おやすみ、なさい」モゾ… 

仁奈「もふ…」ピー… 

美玲「んぅ」ムニャ 

小梅「…♪」…スヤスヤ 


17:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:52:44.27 :xZAJCOGuo

にゃんにゃん 


みく「ぜぇ…ぴ、Pチャン…な、なかなか手ごわいにゃあ…」フニャー… 

P「と、年頃の女の子が、軽々しく男に抱きつこうとしないの」ハァー… 

みく「え? みくはべつに、Pチャンのことを男だとは思ってないにゃあ」 

P「えっ 俺なんだと思われてんの?」 

みく「雄」 

P「生々しいわ!」ペチン 

みく「ふにゃっ!? に、にゃにするんにゃ!」フシャー! 


18:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:55:08.64 :N0nTjNxDO

P「おっと。いかんいかん。仁奈と美玲が寝てるんだった…」 

みく「ふふん。Pチャンてばーおっちょこちょいだにゃぁー」 

P「だれのせいだよ…。まあとにかく、いまからでも静かに…」チラ 

P「……」 

みく「? ……あ」 



仁奈「…♪」モフピー… 

美玲「……くぅ」 

小梅「…」スヤスヤ 



P「…いつの間に」 

みく「…」ニャー 

みく「三人ともかわいいにゃ!」モフモフダニャ! 

P「本当だな」 


19:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:57:42.26 :xZAJCOGuo

ぽすんっ 


P「……」 

みく「仕方にゃいので、みくも大人しくしてるにゃ」 

P「…それはいいんだが」 

P「俺は椅子じゃないぞ」 

みく「もぉー♪ …Pチャンでがまんしてあげるって、言ってるん 

P「えい」ペイッ 

みく「しゃべってるところでにゃげることないにゃ!?」ポーイ 

P「さて。仕事仕事っと」ギイ 

みく「無視するにゃぁ!」 

P「ほら。静かに」シー 

みく「あ、う……は、はい」ゴメンニャサイ… 

P「よし」ナデナデ 

みく「あっ……。ふふ、分かったにゃっ。大人しくしてるにゃー」ニコニコ 

P「そっか。みくはえらいな」ナデナデ 

みく「うんっみくはえらいにゃっ」ニパー 


20:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 16:59:55.26 :N0nTjNxDO

・ 
・ 
・ 



P「…」 


仁奈「…」zz… 

美玲「ん…」ムニャ 

小梅「……」スヤスヤ 

みく「…にゃ…んぅ」モゾモゾ 

仁奈「えへへ…へへ…♪」モフモフ 


P「…」 

P「みくはいいお姉ちゃんって感じだな」クス 


29:◆qEJgO2U6bM:2013/08/17(土) 23:58:40.51 :utCPxuX1o

がちゃ 


比奈「ただいまーっス」 

楓「戻りましたー」 

P「お疲れさまです」 

比奈「はい …?」 

比奈「わ、なんだか」 


  もふもふ  すやすや… 


楓「みんな幸せそうですね」ニコ 

P「ええ」 

P「ということで、少々お静かにお願いします」コソ 

比奈「りょーかいっス」クス 

楓「しー、ですね」ハーイ 


30:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:03:37.52 :g/dxzUuDO

仁奈「…」モフ…ピー… 



比奈「やー…」 

比奈「それにしても、相変わらず仁奈ちゃんは天使っスねぇ」ナデナデ 

P「比奈ちゃんも天使っスよー」ナデナデ 

比奈「気のせいっス」 

楓「比奈ちゃんも天使だよ?」ナデナデ 

比奈(なんでこの二人が揃うといつも私に矛先が来るんスかぁ…) 

P「ねー」 

楓「ねー」 

比奈「…、もー」ハア… 

P「顔赤いぞ」 

比奈「気のせいっス」 


31:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:10:17.05 :jE0FniDAo

ぽん 


楓「そうだ。あの、もう夜になりますけど…」 

楓「仁奈ちゃん。起こしてあげなくて平気ですか?」 

P「ああ、それなら…」 

P「さっきご家族に電話を入れておきました。お姉さんも帰りが遅くなるそうなので、よかったらもうしばらく預かっておいてくれと」 

P「それに…仁奈もその方が喜ぶだろうって」 

楓「そうでしたか」 

比奈「私がお姉ちゃんなら抱き締めて離さないっスけどねー。よくできたお姉ちゃんでスねぇ」モフモフ 

楓「ね。そんな大人の女性になりたいね」モフモフ 

P「いやあんたらも大人でしょうが」 

もふもふ 
仁奈「…??」ウーン 


32:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:14:49.82 :g/dxzUuDO

もふもふ 


楓「…」オトナ… 

楓「え、ええまあ、一応」 

P(一応て) 

楓「それよりプロデューサーさん。あんたらって、なんだか可愛いですね」 

P「はい?」 

楓「あんたらー、アンタラー。ふふっそんな怪獣とか居そう……」フフフ… 

P(やばい久し振りに楓さんについて行けない) 

比奈「甲殻類っぽいスね。おいしそうかも」 

P「よくついて行けるな…」 

比奈「プロデューサーもまだまだっスね」フフーン 

楓「アンタラーとゴデチアだと、どっちが強いでしょうか?」 

P「知りません」 


34:>>33 ありがとうww◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:20:57.66 :jE0FniDAo

P「四人が起きたらご飯にでも行こうと思ってたけど」 

P「どうする? それまで待ってるのも退屈か」 

比奈「ん、そうでスね…」モフモフ… 



仁奈「…むにゃ」ウヘヘ 



比奈「…」ニコ 

比奈「今日は帰りまス。仁奈ちゃんよく寝てるし。邪魔しちゃ悪いし」 

P「そっか」 

比奈「はい。楓さん、私と一緒にご飯でも――」 



仁奈「……」スピー 

楓「くぅ」 



比奈「……」 

P「……」 

比奈「…天使っスね」 

P「天使だな」 


37:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:26:19.05 :g/dxzUuDO

美玲「…ん…」モフ 

仁奈「ふみゅ」モフモフ 

楓「ぐうぐう」モゾ 

小梅「……」スヤスヤ 

みく「にゃぁ…」フトン… モゾ 



比奈「…なんか」 

比奈「なんで一緒に寝てんスか! ――とか、どうでもよくなるっスねぇ」ホッコリ 

P「まったくだ」ホッコリ 

比奈「…ふふ」ニコ 

比奈「じゃ、楓さんのこと、よろしくお願いしまス」 

P「了解。お疲れさま」 

比奈「はい。また明日」ニコ 


39:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:31:58.69 :jE0FniDAo

・ 
・ 
・ 


P「……、さて」 

P「みんなが寝ている間に、俺はもう一仕事するかなー」ヨシ 


ぽてっ 


……もふころん 


P「?」 

仁奈「にゅう」アウー コロコロ… 

P「……」 

P「まあ、狭いからそうなるよな」 


40:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:36:04.80 :g/dxzUuDO

P「にしたって、一番年下の仁奈をはじき出すことはなかろうに…まったく」ブツブツ 

P「よっと」モフ 

仁奈「?? …ふわ…」 

P「…かるいな」 

仁奈「…」エヘヘ 

P「……」ナデナデ 

P(仁奈だけ仮眠室に連れて行ってやるか) 

仁奈「…ん」 


ぎゅう 


P「ん?」 

仁奈「…」 

仁奈「……パパ…」 

P(…寝惚けてるのか) 

仁奈「んぅ……さむい」ギュウ 

P「あ…そっか。大丈夫だぞ。すぐ布団に連れて行って――」 

仁奈「や」ギュー 

仁奈「…ひとりぼっちは、いや……。おいて、かないで…」 

P「…………」 


41:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:41:09.90 :jE0FniDAo

なでなで 


仁奈「んぅ」ムニャ 

P「分かったよ。一緒にいよう」 

仁奈「…」コク 


もふ 


仁奈「…えへへ」 

仁奈「こうすると、あったけーです…」ギュー… 

P「そっか」 

仁奈「……はぃ…」カクン 

仁奈「…ね……、ずっと、仁奈と、一緒にいてくだせー……」 

P「……」ナデ 

P「うん。いるよ。大丈夫」 

仁奈「…」エヘヘ 

仁奈「ほんとですか?」 

P「本当だよ」 

仁奈「…………」ニヘヘ 


42:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 00:47:36.54 :g/dxzUuDO

仁奈「じゃー…やくそくでごぜーます。ずっと、一緒」 

P「おう。約束」 

仁奈「……ふふ」 

仁奈「…なら、仁奈はもう、なんともねーです。なんにも、怖くねーです。あったけーです…」 

仁奈「……くぅ」…スピー… 

P「…」 

P「…」ナデナデ 

P「約束な」 


46:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 10:56:15.99 :UQJpdmwLo

ぱちっ 


美玲「……、ん…」モゾ 

美玲「…」グシグシ 

美玲「? ……」 



小梅「……」スヤスヤ 

みく「くー…」ムニャー 

楓「……くぅ…」スピー… 

美玲「……」ナンダコレ 

美玲「…」ハア… 

美玲「動けないし……暑いし」 

美玲「……」 

美玲(まあ…たまにはこんなのもいいか) 

美玲「あ、こいつはひんやりしてて…気持ち良いな」ピト 

小梅「……」スヤスヤ 


47:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:00:17.60 :g/dxzUuDO

かくん 


P「…ん」 

P(いかんいかん。ちょっとうとうとしてたか…)ゴシ 

P「?」 

美玲「……」キョロキョロ 

P「お、美玲は起きたのか。おはよう」ナデナデ 

美玲「…おう」 

美玲「なあ」 

P「どうした」 

美玲「それ」 

P「?」ナデナデ 

美玲「ずるい」 

P「ずるいって…、…ああ」ナデナデ 


48:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:03:35.76 :UQJpdmwLo

なでなで 
仁奈「♪」モフモフ 



P「美玲もこっちに来ればいいじゃん」ナデナデ 

美玲「…動けないんだよ」ガッチリ 

みく「にゃふー…」スリスリ 

美玲(暑い) 

P「…」クス 

美玲「…」ム 

美玲「さっきにやにやすんなって言ったばっかりだろ」フン 

P「さっきか。美玲は寝ちゃってたから、あれからけっこう経ってるけどな」 

美玲「うぐ…」 

美玲「さ、さっきなもんはさっきだ。い、いいから、にやにやすんなッ」モゾモゾ… 

P(引っかきたくても身動きのとれない美玲可愛い) 


49:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:06:33.56 :g/dxzUuDO

P「…」 

P「というか」 

美玲「なんだよ」 

P「いや…べつに、なにも構わないんだが」ナデナデ 

P「仁奈が俺の方にいるのをずるいって言うの、恥ずかしくなかったか?」 

美玲「……、……」 

美玲「……、はっ」 

美玲「、恥ずかしくなんてないモンッ!」 

P「そっかー」 

美玲「……」//ボシュー 

美玲「あ、ああぁあぁ。い、いちいち、にやにやすんにゃぁッ」 

P「いまにゃあって」 

美玲「噛んでにゃい!」 

P(美玲は可愛いなあ)ホクホク 


50:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:10:48.24 :UQJpdmwLo

みく「いまにゃあって言ったかにゃぁ!」ガバッ 

美玲「わ」ビクッ 

P「言ってないよ」 

みく「にゃはっ☆ みくの猫耳をごまかそうったってそうはいかないにゃ!」 

P「言ってないよ」 

みく「えっ」 

みく「い、いや、でもみくはたしかに聞いて」 

P「言ってないよ」 

みく「……」ニャーン… 

みく「そ、そんな気もして来たにゃあ……み、みくの空耳かも。ごめ――」 

P「美玲は言ってたけどな」 

みく「やーっぱ言ってたんだにゃあ! もー! どーしてみくをからかうの!」ニャー 

P「自分の意見には責任を持って、最後まで自分を曲げないようにな」 

みく「いじめだにゃ! これってぜーったい、いじめだにゃー!」フニャー! 

美玲(うるせぇ) 


51:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:15:03.20 :g/dxzUuDO

ぺち 


みく「ふにゃっ」 

楓「……」 

楓「みくちゃん。人が寝ているときには、静かにね」ニッコリ 

みく「…」 

みく「が、がってんしょうちにゃ」 

楓「…」ニコ 

楓「……くぅ」パタ 

みく「……」ドキドキ 

P「怒られたな」 

みく「お、大人しくするにゃあ。みくは違いの分かるおんにゃだよ!」 

P「それはなんか違う気がする」 

みく「というか怒られたのはPチャンのせいでもあるにゃ!」コソコソ 

P「人のせいにするなよ」 

みく「どの口が言うんにゃ!?」フシャー 

美玲(子どもの喧嘩かよ) 


52:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:18:11.03 :UQJpdmwLo

むく 


小梅「……」 

美玲「…お」 

小梅「……」ボー… 

美玲「…、お、おはよ」 

小梅「……」 

小梅「…」ニヘラ 

美玲「」ビクッ 

小梅「えへ。み、美玲さんは、……あ、あったかいね」 

美玲「…、そ、そうか? …というかお前がつめたいんだろ」 

小梅「……そ、そかな」 

美玲「うん」 

小梅「……えへ」ヘ… フラ… 

美玲(寝惚けてるな) 


53:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:21:24.99 :g/dxzUuDO

どさ 


美玲「うぐ。おも…くは、ない」 

小梅「……ま、まだ、…寝たりない、です」 

美玲「……」フン 

美玲「じゃあもうちょっと寝てれば」 

小梅「……えへへ。や、優しい…ですね」 

美玲「べつに」 

美玲「お前、ひんやりしてて気持ちいいから…。それだけだ」 

小梅「……う、うん」ニコ 

小梅「じ、じゃあ……もうちょっと。こ、して、ます」モコモコ 

美玲「…好きにしろ」 



P「…」ニヤニヤ 

みく「…」ニヤニヤ 

美玲「…………」イライラ 

美玲「…はぁ」ナデナデ 

小梅「♪」スヤスヤ 


54:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:25:50.36 :UQJpdmwLo

ぱっ 


P「うお」 

仁奈「……」 

P「びっくりした。仁奈。目が覚めたのか」 

仁奈「…」 

P「?」 

P「どうかしたか?」 

仁奈「お腹が空きやがりました」グー 

P「…………」ポカン 

P「ぷ、はは。そっか。そうだよな」ナデナデ 

仁奈「はい。ぺこぺこでやがります」グーグー 


55:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:29:30.00 :g/dxzUuDO

P「じゃ、もう少ししたら、みんなでご飯を食べに行こう」 

仁奈「ホントですか!?」ワーイ 

みく「わーい!」ニャ! 

楓「わーい」 

P(いつの間に起きたんですか) 

小梅「わ、わーい」 

美玲「……」 

P「…」 

美玲「…」 

美玲「わ、わーい…」 

P「…」グッ 

美玲「無言でガッツポーズはやめろ」 


57:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:33:09.97 :UQJpdmwLo

美玲(あーなんだこれ…なんだこれホント…)グルグル… 

P「仁奈はなにが食べたい?」 

仁奈「えっと」 

仁奈「えへへ。みんなと一緒ならなんでもいいですよ!」ニパッ 

P「…そっか」 

仁奈「はい!」 

みく(仁奈チャンはいい子だにゃー)コソ 

楓(そうね)フフ 


58:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:37:02.86 :g/dxzUuDO

P「よし。じゃあどこか適当なファミレスにでも行こう」 

「「「「はーい」」」」ニャ! 


・・・・・ 


仁奈「…」 

P「?」 

P「仁奈。行くぞー」 

仁奈「あ…はい」トテトテ 

P「…どうかしたか?」 

仁奈「…いえ」 


59:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:41:09.61 :UQJpdmwLo

仁奈「今日はいつもと違うみんなでごぜーますね」 

P「……」 

仁奈「あ、べつに、それでも仁奈はたのしーですよ」 

仁奈「だから、えっと…たのしーです!!」 

P「変わってないな」 

仁奈「あれ?」 


60:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:44:38.25 :g/dxzUuDO

P「……」 

仁奈「…その、あと、えと…」ワタワタ… 

P「…」クス 


ぽん 


仁奈「わぷ」 

P「よしよし」 

P「仁奈だって、たまにはわがまま言ったっていいんだぞ」 

仁奈「……、」 

仁奈「そうでごぜーますか?」 

P「おう」 

仁奈「……」エヘヘ 


61:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:48:10.49 :UQJpdmwLo

仁奈「じゃあ…」 

仁奈「今度はきっと、また、いつものみんなでご飯に連れてってくだせー!」ニパッ 

P「おう。了解」 

仁奈「約束ですよ!」 

P「ああ」 

P「…って、考えてみると仁奈との約束はこれで二つ目か。はは、仁奈は欲張りだなー、なんて」 

仁奈「??」…フタツ? 

仁奈「ね、ねえ、P。仁奈はいまの約束しか覚えてねーですよ?」グイグイ 

P「そっか。まあ、べつにそれでいいよ」 

仁奈「よ、よくねーです。気になっちまいますよ。ねーねー」グイグイ 

P(可愛い) 


62:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:51:14.92 :g/dxzUuDO

みく「おーい! 二人ともー早く来るにゃー。置いてっちゃうよー!」 

P「車で行くんだから置いて行きようがないだろ」 

みく「楓チャンが今日こそは峠を攻めると張り切ってるにゃ」 

P「あの人に運転させると攻める=谷底へダイブになっちまうぞ! とめろとめろ!」ダッ 

仁奈「あ、ま、待ってくだせー!」モフモフ 


・・・・ぱたん 


63:※おまけがあります◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:55:12.15 :UQJpdmwLo

P「仁奈」 

仁奈「え?」 

P「約束な。俺忘れっぽいから。代わりに覚えておいてくれ」 

仁奈「…。はい! 分かりやがりましたよ! Pはしたかねーですね!」ヘヘー 

P「うん。ありがとう」 

P「じゃあ行くか」 

仁奈「はい!」 



・・・・・おしまい 


64:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 11:59:05.62 :g/dxzUuDO

☆おまけ 



がちゃ 


輝子「た、ただいまー」フヒ 


輝子「……?」 



輝子「みんな寝てる…」キョロ 

仁奈「むにゃ」モフピー 

P「…ん…」コク 

輝子「……、し、親友も、寝てるな」フヒ 

輝子「……」フヒヒ 

輝子「ね、寝込みを襲うのは、よくない」ウン 

輝子「……フヒ、いいんだよー。マイフレンドはたくさんいるよー…」モゾ 

輝子「……」ギュウ 


輝子「…うん、これも、幸せ。マジで」 

輝子「…………」フヒ 

輝子「お、お疲れ親友。ひゃはっごーとぅーすりーぷだぜぇ…」サスサス 

P「??」ウーン… 


65:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 12:05:05.90 :UQJpdmwLo

がちゃ 


幸子「戻りましたー …おや」 


幸子「……カワイイボクが戻って来てもだれも起きないとは。みなさんよほどお疲れみたいですね」 

幸子「…」チラ 

P「……」コク… 

幸子「…プロデューサーさんが寝てどうするんです。頼りないですねぇ」クス 

幸子「……まあ、いつもそれだけ頑張っているということですか」 

幸子「そういうことにしておいてあげましょう、ボクは優しいので」フフーン 

P「……」 

幸子「…」ナデナデ 

幸子「?」 

輝子「…………むにゅ」 
キノコ「…」zz… 

幸子「」ビクッ 


66:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 12:09:06.14 :g/dxzUuDO

幸子「……」 

幸子「し、輝子さん、なぜわざわざプロデューサーさんの机の下で…。というか、みなさんいるのにボッチですか」 

輝子「」キ、キノコガイルカラ 

幸子「…」ハア 

幸子「仕方ないですねーまったく」 


もぞ 


輝子「?」zz… 

幸子「…さすがに、二人は狭いですね…。まあいいや」ギュウ 

輝子「ん…ぅ」モゾ 

幸子「ふふ。ボクもボッチにしようたってそうはいきませんからね。寝苦しくても一緒に寝させてもらいますよ」 

輝子「……くぅ」 

幸子「……ぐぅ…」 

輝子「……」フヒヒヒ 


67:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 12:13:34.71 :UQJpdmwLo

がちゃっ 


柚「ただいまーっ」 


柚「…っと…。あれ…みんな寝てる」ワヘー 

P「……」コク… 

柚「……」Pサンモネテル… 

柚「…へへ、珍しいなー…」 

柚「とと、寝顔を撮っとかなきゃだね!」ケータイケータイ 

P「……」 


68:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 12:17:43.14 :g/dxzUuDO

ぱしゃっ 


P「…?」ウーン 

柚「うへへ…これはこれは…いいものが手に入ったカモ!」ヘヘー 

柚「……」 

P「…ん…」 

柚「……」ナデナデ 

P「……」ン… 

柚「……」ニコ 

柚「いつもお世話になっております」ナデナデ 

P「…………」 


69:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 12:21:53.17 :UQJpdmwLo

柚「…」 

柚「…!」ピーン 

柚「えと、だれも起きてないよね……」キョロキョロ 

柚「……」 

P「……」 

柚「……」 

柚「…えい」ダキ 

P「ん」 

柚「……」ギュー… 

P「……ぅん」 

柚「…おー……あれだね。意外と、がっちりしてるねえ。Pサンあなどりがたし」ムムー 

P「……」ウーン… 


70:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 12:26:29.83 :g/dxzUuDO

ぱっ 


柚「…ん」 

P「……」 

柚「てへ。こ、このくらいなら――い、いいよね?」 

柚「うんうん。Pサンが寝てるところを見て手を出すなって方が無理だよね!」ウンウン 

柚「……」 

柚「あ、手を出すって、その、そういう意味じゃなくてね」テ、テヘ ワタワタ 

柚「……。な、なにやってんだろアタシ」//ハハ… 

P「……」 

柚「…へへ」 

柚「じゃー今日は帰ろっかな! Pサンお疲れ!」ニパッ 

P「……」コク 

柚「ん!」 

柚「……」 

柚「も、もう一回だけいいかな」テヘ エイッ 

P「…」ウーン… 

柚「えへへ…♪」スリスリ 


71:◆qEJgO2U6bM:2013/08/18(日) 12:29:10.54 :g/dxzUuDO

これ以上だれかを出すつもりがなかったので、おまけで取って付けました。すいません 
とか言いつつ一番好きなのは柚です。嫁です。いやみんな好きだけど 

以上で終わります。楽しかったです 
レス、それにお読み頂き、ありがとうございました。お疲れさまでした


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376722830